<   2018年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
2018/1/29~31 今月の別れ:さよならタブレット
実は今月の上中旬、2年半使っていたXperia Z3のタブレットが
突然充電が全くできなくなってしまいました。

大阪だと梅田にソニーストアがあるので、修理を依頼しましたが
結局は新品注文と同等の値段になるため、修理は断念。
ご臨終となりました。


8インチのタブレットは、別途SimフリーのASUSのタブレットがあり
タブレットライフは引き続きエンジョイできています。
言語設定は実はASUSの方がスムーズにできます。
(※Xperiaだと、日本語を除き3言語しか設定できない)

ですがあの軽さと防水性能はやはり特別なものだったように感じています。
僕が買った2015年の夏以来、1万円くらい中古価格も下がっているようですが
まだまだ根強い人気があるようです。
8インチのSONY製タブレットも、このXperia Z3のタブレットだけで
僕以外で使っている人も見たことがほとんどありませんでした。


使っていればいつか壊れるものですから、
今後のガジェットライフについても考えていかないといけないですね。



1/29 今日のいいこと:
残業中、ちょっと暗い所で作業をしていた所
部長が心配?して声掛けをして下さいました。

1/30 今日のいいこと:
いつもお世話になっているカフェ&ビール処のマスターさんが
お気に入りのバンドを教えてくれました…これは、イイ!

1/31 今日のいいこと:
年金の追加支払いのために寄ったセブンイレブン、
ドイツのリースリングワインがあって、嬉しくなりました

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2018-01-31 23:59 | 未分類 | Comments(0)
2018/1/25~28 Reminiscing the decades その4
(※この記事は一部非常に暗い内容や残酷な比喩表現があります。)


根拠もないのに自分は万能で何でも出来る人間だという
病的な勘違いのような思想は、10代の後半にほぼ完成されるに至った。

だが心の奥底は、臆病で打ち震える自分でいっぱいだった。
健全な承認などをされてこなかったことは
当時の自分でも自覚はあったし、
そしていつしか、本当の承認を得るために当人がする努力すら
しなくなっていくようになった。

ただ大学3年のうちに全部の単位を取りたいという願望はあり、
大学の単位だけはしっかり取っていた…。
後に就職活動で(当然のごとく)とても苦労したので
これには助かったが…
それでも、主体的でときめきや溌剌さのある学びは全く無かった。

僕にとって勉強とは
『大人たちに良く思ってもらうこと
 =孤独にならない、見捨てられない、なおかつ承認されるための手段』
でしかなかったのだ。

だから、決められたこと以上のことを調べたりなどはしない傾向にあった。



今でもやってる勉強でもある語学で言うなら、
派生語は何か、などには全く眼を向けない、面倒くさがりだった。
そうした知識を調べること
何をやっても認められないという諦めのようなものもあったが
誰にもこうした苦しみを相談したことが無くて、壊れていったと思う。
要は、学習などにあたる『自発性』が、ほぼ完全に死滅していた。
どうか今を生きている10代20代の人たちがそうならないでほしい。
万一不幸にもそうなってしまった場合、どんな年齢であったとしても
その『自発性』の復活があってほしいと願う。


結果的に、知識の定着が億劫出ますます時間が掛かるという
悪循環が出来上がっていた。

人生が『衰退する』『自爆する』パラダイムは、
大学の4年間で着実に仕上がっていた。

それに呼応するかのように、大学の3年、4年では
自己啓発セミナーに堕ちかけたり、
今思えばどれほど意味があったのかも疑わしい
学生同士の交流も多かったと思う。
それに加えて、模範となるような大人や仲間が
ほとんど全くいなかった。


自分が今でも時々、
『俺には、本当に人に愛される資格はあるのだろうか…140.png
と恐ろしく虚しい気持ちに襲われるのは、
子供の頃から積み重なり、そしてついに花開いた
この時のいかれた体験もベースになっている。



1/25 今日のいいこと:
何度かビールを呑みに行ったことのある友人が
自分のおすすめの呑みどころに興味を持ってくれたこと

1/26 今日のいいこと:
沖縄にいる友人とついにチャットができた。うれしかった。

1/27 今日のいいこと:
体調不良気味で家に籠っていましたが
その時見た映画がとても面白かったこと

1/28 今日のいいこと:
家でゆっくりアイスを食べるのも久しぶりです

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2018-01-31 23:58 | 葛藤 | Comments(0)
2018/1/21~24 Reminiscing the decades その3
(※この記事は一部非常に暗い内容や残酷な比喩表現があります。)


2000年代。
この時期は、序盤の2000~02年は、かなり暗い孤独の時代だった。
からかいやいじめのターゲットにされることも多かった。
最悪なことに、本来最も信じるべきであるはずの大人から、
精神的な暴力を加えられ続けてきたこともあり、
これはその後も10年以上続き、非常に暗い影を落としている。
(僕の役目は、その影を駆逐し、未来を影で染めないことでもある。
もしかしたらそれを駆逐するために僕は生まれたのかもしれない。
自分のもつ力に責任は持たないといけない。
We fight in the darkness, to serve the light....)

それを差し引いても、一方では僕自身にも問題が多かった頃でもある。


この時代は小学校~中学校の頃で、
今も僕の中学時代の学生証が手元にあるのだが、
本当に暗く、沈んだオーラを放った少年になってしまっている。
だがその『彼』も、僕の大切な一部なのだ。
今『彼』を護り育てることも、僕の責務なのだ。

03年は僕自身の人との接し方も変わり始めてきて、
それにつれて人生が少しずつ明るくなる。
04年に高校に入ってからは、自分が入るはずだった4クラスのうち、
その1クラスの担任の先生がとても良い先生で
(後から知ったのだが、この先生は発達障害に関しても
 かなり造詣が深い先生でもあった)
あわやからかいやいじめのターゲットにされかけた所を
影ながら助けて頂いたこともあった。

高校生活は全体を通して愉しかった。
だが、振り返ってみても、05年、ある致命的な出会いが
少しずつ、僕を狂気へと追い込んでいったかもしれない。
加熱する受験戦争と、周囲の大人との軋轢、
僕は必死で正常な人間であろうとしたけれど、
振り返れば、自己愛性パーソナリティ障害などの
異常な性格を一部持っている人間へと変貌していたと思う。
07年、大学に入ってからは、本当に振り返ればクレイジーだった。

今もまだ『クレイジー』な状態のままだったら、
恐らくここ2年間くらいでであった友人達とは
ここまで深く強い絆を創ることは出来なかったと思う。
再び縁が再建された友人達とも、
ここまでの仲良しにはなれなかったとも思う。

当時から僕を知る友人達は、よく自分と付き合ってくれているな、と
ある種の奇跡のようなものを感じざるを得ないし、ただ感謝だ。
(だが、再びあの時と同じかそれより酷い状態になってしまい、
 今も友人でいてくれている人たちを裏切るのは、
 金輪際、御免蒙りたい。)


時に、受験戦争、そして07年からの大学生活において
『自己愛性パーソナリティ障害』を持っていたかもしれないと
一部書いたが、それについて次回言及してみたい。


1/21 今日のいいこと:
2014年に買ったゲーム『ゴーストリーコン・フューチャーソルジャー』を再プレイ。
昔よりプレイする際に肩がこらなくなった気がする。

1/22 今日のいいこと:
お世話になっている人に数日前に言った自分の好きなゲームネタ、
まだその人の中では生きていたようです笑

1/23 今日のいいこと:
2~3月にビールetcを通じて会えた方とまた会えそうなこと

1/24 今日のいいこと:
関東地方のある場所への電撃旅行を計画中。
地図などを調べていたら楽しみになってきました

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2018-01-31 23:56 | 葛藤 | Comments(0)
2018/1/18~20 Reminiscing the decades その2
振り返ってみれば、それまでの10年単位はというと…
1990年代、子供の頃は、
年が経つにつれ、情況が悪化して行ったような気がしている。
はたから見たら、豊かな子供時代だったように見えるかもしれないが
心の世界では、人間らしい時間が、どんどん死に絶えていった。

1999年の『恐怖の大王』と合致していたと思う。

ただ、たった一人二人でも助けてくれる大人が
家の外で何人か居て下さった。
今にして思えば、どんな暗黒の絶望や
365日24時間心身を苦しめる苦悩の中にあっても、
たとえわずかでも光を求めて生きようとするメンタリティが
この時にすでに有る程度は鍛えられていたのかもしれない。



1/18 今日のいいこと:
帰国する豪州出身の友人との絆が一層深まる夜。
再会を誓って……!

1/19 今日のいいこと:
今ニラが高いですが、久々にニラ饅頭食べる。美味しかった

1/20 今日のいいこと:
10年くらい前からずっとお世話になっている方に、
恩返しにと好きなクッキーを上げた所とても喜んでもらえたこと

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2018-01-31 23:55 | 葛藤 | Comments(0)
2018/1/14~17 Reminiscing the decades その1
(※この記事は一部非常に暗い内容や残酷な比喩表現があります。)



2010年代も2018年に突入するにあたり
2010年代の10年間、というのを考えてみることが増えてきた。

10年前の2008年、10代から20代へと足を踏み入れていった際は
あまりそういうことは考えなかったけれど、
長生きした、って証拠か127.png

20代から30代への変化は、静かだが、
大いなる導きがあるようなそんな予感が実はひしひしとしている。


実は数年前までは、そのようなときめきのようなものがあると、
それを奪われないか、犯されないか、恐ろしくて仕方が無かった。
そして恐ろしいことに、それに呼応するかのように
それを奪いつくす人間が現れて全てを犯しぬかれる……
というパターンが実際にかなりあった。
更に哀しいことに、そうした陵辱行為を働いてきた人間達は、
かつて僕が友と信じた人間達もかなりいた。

だが、僕も友と信じた彼らのあり方の、『異常さ』には、
発達障害の診断を受けて、そこから更に自分を見直し、
人生を生きるうえでの考え方などのリプログラミングをしていき、
時間が経てば経つほど、気付かざるを得なくなっていった。
毎日、心臓が生きたまますりつぶされそうなほどの、地獄の葛藤。
何故、こんなに犯しあうのか、潰しあうのか、
何度考えても分からなかったし、ただただ哀しく、怒った。

この加害者たちの中には、後天的な精神疾患やパーソナリティ障害、
中には本当に発達障害の可能性がある人たちも少なからずいた。
恐怖や弱さを植え付け、進みたくても進むことを諦めさせられていく
共依存のような生き方へと舵取りをさせられていくような
確実に人生を破壊されていく恐怖とも隣り合わせだった。
そして、自分もそのような人間達との接触が濃く、
自分もまたこのような恐ろしい毒素をばら撒く人間だったのかと
心の底から恐怖し、絶望してきた。
(普段から、未診断・未自覚であり、ケアがされていない……
 そうした当事者達の恐ろしさを僕が強調するのは、
 こうした私体験から来る部分もある。
 僕だって、犯す側の人間として、何人もの、良識を持ち、美しい感性を持つ人たちを、
 絶望させ、悲嘆にくれさせ、凄まじい憤怒へ走らせたりしていたかもしれない…)


その毒素に染まるまいと、必死でもがくしかなかった。
たとえ、心臓に穴が空いて真冬の北風がヒュオオ、ヒュオオと
吹き込むような孤独の中にあったとしても。
さもなくば、いつか心ある誰かと出会えたときに、
僕は確実にその誰かを汚染してしまう番になってしまう…
そんな恐怖と隣りあわせだった。
助けを求めても、更に現れたのは僕の心の傷に寄ってたかって
意識的にでも無意識的にでも、更に僕を利用しようとする人間達。

自殺願望、までは至らなかったにせよ、
最後の選択肢としての『自殺』の二文字は、
どこかでほぼ常に頭の中にあったと思う。


耐えてきた。

そして今は、
それに向けたときめきを奪われたり陵辱されたりしないように、
今はそれほど肩肘を張らなくてもよくなってきているのは、
本当にありがたい。

2010年代の10年間は、
前半戦が自分を取り戻しつつ、改良するための
血にまみれた闘いだったけど
後半の2016年に入ってからは、確実に変わってきた。
まるでそれまで生きてきた人生が信じられないほどに。
守り抜いてきたものが、ようやく報われ始めてきた。


長かった。

ただ、ひたすらに、長かった・・・


それでも、僕は、生き延びてきたんだな。


1/14 今日のいいこと:
お気に入りのビールカフェ、やっぱりサンドイッチが絶品です

1/15 今日のいいこと:
近々お世話になっている人と飲み食いする場所を再検討したら
もっといいお店が浮かんできたこと

1/16 今日のいいこと:
無料サービスで見ている映画配信、
今見ている作品が面白くなってきたこと

1/17 今日のいいこと:
今日会った方から思わぬお土産を頂けたこと。感謝!

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2018-01-31 23:55 | 葛藤 | Comments(0)
2018/1/10~13 スロウスタート
僕はどうやら、大体1~2月の酷寒の時期というのは
ゆっくりしたスタートを切るものらしい。

今までの人生を振り返っても、
年の後半から劇的な向上を迎えることが多かった。
『苦』月となることが多かった九月を除いて。


まあそういうもんだろうかな、と思ってから
妙な焦燥感や脅迫感が無くなっていった。
まあこれは、自分がより良い人生を送る上で、
健全な落ち着きや冷静さを僕の根本から、見えないように
かなり大虐殺してきたある人間との対決から
そこそこの時間が経ってきたのも大きいが…
ただこの人間がもたらした毒が再びまた悪影響を行使しつつある。
それをいかに乗り越えていくかが、今の壁となりそうだ。


1/10 今日のいいこと:
試してみたかった昼食メニュー、とてもいい薫りでした

1/11 今日のいいこと:
手元で使えるデジタル機器としてiPhoneを探す。
探してみるのも結構楽しい

1/12 今日のいいこと:
とある国のとある宮殿の近くをGoogle Mapで見てみた。
めちゃくちゃ美しくて昇天しそうなくらいすごかった

1/13 今日のいいこと:
人生で初めてイェーガーマイスターを呑みましたが
これは好きな味です。

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2018-01-29 21:36 | 未分類 | Comments(0)
2018/1/5~9 甘美なる毒瓦斯
気づく時がきた

その甘い薫りをあたりに振りまく

毒ガスの正体


金星に振る

強酸性の雨のように

防護服すら溶かし

ガスで包み込み昇天させる

ガスを吸った者に

淡い幻聴を聞かせながら


正体を知りながら

それをもう吸う必要はない

ワタシは

その毒瓦斯に愛され死モノ


―――――――――――――――――――――――

1/5 今日のいいこと:
新年早々の仕事のミス……
関連部署の上長の方に助けられました。感謝

1/6 今日のいいこと:
土曜の出勤日でしたが、安定して進みました

1/7 今日のいいこと:
北欧からの友人と今やっているゲームの話題で盛り上がる

1/8 今日のいいこと:
自分の心の持ち方について相談に乗ってくれた友人が
今後生きやすくなる考え方についてヒントをくれました

1/9 今日のいいこと:
自分が訪問を検討している旅行先のビアバー、
メールを送ったらフレンドリーな返信が返ってきました

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2018-01-28 21:53 | 詩文形式 | Comments(0)
2018/1/1~4 Feeling good 2018
★ ☆ 2018年あけましておめでとうございます ☆ ★


新年は、夜中の『ゆく年くる年』を見てすぐに寝て、
朝日が出るか出ないかの時にいそいそと外出。

今年は初日の出を自宅近くでエンジョイしてから、
そのまま近所の神社に初詣。朝、本当に人がいませんでした。
貴重な正月時間を清らかで厳かな気持ちで迎えられた気がします。


今年は……序盤は差して大きな大きな変化はないかもしれませんが、
春頃にかけて大きな変化が起こっていくような気がしております。
更なる『深化』、そして『進化』があってほしいなあ…と祈るばかり。

ああ、愛情を頂いてるって、こういうことなんかな。


1/1 今日のいいこと:
新年初のイクラ丼。ああ、イクラ高いけどおいしい。

1/2 今日のいいこと:
梅田にあるカフェの一つが元旦も営業していることが判明。
そこでコーヒータイムを愉しみました

1/3 今日のいいこと:
一緒に呑みたいと前々から思っていた方との呑み会が
現実味を帯びてきたこと

1/4 今日のいいこと:
GAPでの服買い物、愉しみました

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2018-01-27 21:47 | 未分類 | Comments(0)