人気ブログランキング |
2018/3/8~11 相模原の事件から真の『多様性』を考える
※この記事には少々重い内容が含まれています。



前回の津久井やまゆり園、そして
その加害者である植松氏のことから考えたこと…

この加害者自身も精神疾患だったことを話しましたが
ある意味、障害者が障害者を殺した事件、
それがこの津久井やまゆり園の事件ではないか、と考えています。


私経験ですが……僕の抱える発達障害においても
未診断の中で深い心の闇を抱えっぱなしになっている人、
診断を受けたものの診断自体や自分の与える影響を軽視している人が
周囲に破壊や混沌を撒き散らしてしまうことも、少なくないと思います。
障害者が別の障害者を『破壊』することも少なくありません。

実は僕自身も、未診断のとき、特に小学生~高校生のときに、
僕と同じように発達障害だったのではないか…という周りの子を
いじめてしまったり、ひどいことを言ったりしてきたこともあります。
その懺悔の為にも、僕は一生自分の持っているものと向き合う必要があると
考えています。

そして大人になり、発達障害の診断を受けた今は……
他の発達障害、精神障害の人たちに
精神をむちゃくちゃに引っ掻き回され、
その中には、『精神的レイプ』と言っても過言ではないことも
何度も何度もありました148.png163.png

レイプとは『魂の殺人』とも言われる恐怖と暴力の行為とはいいますが
精神の世界では、僕も男ですがその恐怖を感じることがあります…。


SNSでブロックしているのに執拗に僕に話しかけてきたり
汚い冗談を放ったり、まるでナチスの強制収容所の兵士のように
すごく怖い強圧的な態度で僕にがなり立ててくる者。
初対面で僕を侮辱するかのような(SMバーのようなネタ)をしては
歴史に関する話で高圧的な態度で機関銃のようにまくし立て
汚いいじりの言葉を衝動的に撒き散らしてくる者。
TPOを全く考えず、10代後半の僕でもすることをためらうような
下ネタや性的な話題を寺院や歴史的な風致地区で夢中で続ける者。

……発達障害関係の人たちを上げるだけでもこれだけ
害をもたらしてしまう人がいます。
そして、被害妄想と言われるのを覚悟で申し上げると
彼らはどうやら、僕のような人間にはどうしても彼らの持つ
闇や暴力の衝動を抑えきれなくなり、僕は
決して掃除されない便所のように扱われ続けるようだと感じています148.png140.png


ナゼダ、 ナゼ… … …
俺が20歳ちょっとで抑える・止めることができたことを
この人たちは止めることができないんだ……
(一人理由を推測すると、こういう人たちが人間的な哲学など
 読書や考察などが足りてないのかなと思うことは普段でも多々ある137.png


僕はこうした『闇』を伝えることも、
当事者だからできることでもある、と思っています。


僕は僕自身にとってだけではなく
個人的にはこれは非常に危機的な状態だと思っています。

ダイバーシティ社会っていうのは、少数派、
ここで言うなら、障害者という少数派だけが得する社会じゃない。
僕も自分の特性の全部を何でもかんでもわかってもらって
尻ぬぐいばっかりしてもらおうとは思わない。

今は自分の持っているものを認めてくれる人たちが
ありがたいことに徐々に確実に増えてきているといっても
それでも僕は今いてくれる人たち、これから出会う人たちを
裏切ったり悲しませたくない……。
そのためには向き合うべきことにもちゃんと向き合わないといけない。
というか、そこを粗末にして、
人と人との温もりや信頼の中で生き、助け合うといった
本当の意味での幸せで生きている人を見たことがない。
自己評価も低く、闇を撒き散らす人も多い。


発達障害には『こだわり特性』ってあるけど、
僕は同じこだわるなら……
人を不幸にしないこと(かつ自分を抑圧しすぎない)ことに、こだわりたい。




3/8 今日のいいこと:
友人とのメッセージアプリでの爆笑トーク

3/9 今日のいいこと:
↑の友人と、震災2日前に東北のクラフトビールをたくさん満喫。
素晴らしい夜をありがとうございました

3/10 今日のいいこと:
1000円カットのお店でうぶ毛剃りもやってもらえました

3/11 今日のいいこと:
やっとニラの価格が98円に落ち着いてきましたね

by sannkaku-shikaku | 2018-03-24 13:09 | 葛藤
<< 2018/3/12~15 遅れ... 2018/3/4~7 相模原、... >>