2017/7/16~19 上から目線、なにゆえに?
この1年では本当に、日本の方だけではなく、
世界各国の友人達、それも本当に素晴らしい心を持った友人達が
これまでの人生では考えられないほど増えてきた。
そしてこれこそが、僕が闇の中においても、
ずっと求めて、求めて、求めてきた人々とのつながり。

その中には、アジア圏の人たちもたくさんいるのだが、
その人達に向けたごく一部の日本人の中で、
少し『気になる』態度を見せる人もいる。



これは、ちょっとフォーマルな場ではあったのだが、
ある日本人男性が、仕事でバングラデシュの労働者の方々と
仕事をしたことがあるらしく……
その際、プレハブの簡易な小屋の中で、
バングラデシュの方々が、普通に昼寝休憩をしていたそうだ。

その人がその時の話をしたときに、僕にこう言った。
『熱中症なんか気にしないであいつらああいう小屋で
 普通に雑魚寝していますからね104.png


その言葉を聞いた時の僕の内心は、こうだ。


"あいつら"、ってなんなんやろう…"あいつら"、って……148.png 133.png


まるで、バングラデシュの人たち全員を、
見下しているような、どことなく優生思想的な言い方で
すごく気持ちの悪いい方だった148.png
あとは、まるであら捜しをしているような、
いじめや暴力のメンタリティを感じた…。
そういえば、僕が大学でドイツ語を勉強していた時、
一人『あいつら』とドイツの人を酷評した人もいた。
その人はドイツ文学かドイツ社会学の先生だったが……
(幸いだったのは、僕の最初の、日本人のドイツ語の先生は
 そのような言動とはかけ離れた感じの人だったことだ)

この人たちに限らない。
国に限らず、外国の人たちの一部だけをみて、
『あいつら』『あいつら』と言う
見せかけだけ国際人の人たちが、未だに日本社会にはびこっている。

この言い方は、学生時代からずっと気になっていた言動だ。

もし、『あいつら』と言われたその人達が
日本語が分からなかったとしても、
目の前でその言葉を聞いていなかったとしても、
その言われた人たちも、感じるのではないだろうか。

今の僕は、手前みそで恐縮だが……
ありがたいことに、外国の人でも僕のことを
初対面でものすごく信頼してくださる人もいる。
この傾向は欧米よりは、アジア圏の方が強いかも?です。
僕自身が、間違った生き方をしていないという現れなら
ありがたいことですね…。
(中には、人たらしで利用したりだまそうとしたりする人、
 過度に依存的になっている人もいるので要注意ではありますが)


考えすぎと思われるかもしれないが、
こういう『あいつら』等の発言は潜在的な差別を助長し、
日本をより生きづらい社会に変えてしまうのではないだろうか、
とも考えてしまう。
そして、『あいつら』と言った当人も、回りまわって
失いたくないものを失うことになるかもしれない142.png

何にせよ、止めた方がいい発言なのは間違いないと、
それだけは言えそうだ。


追記:
私事ですが、僕にもインターネット越しで交流が続いている、
バングラデシュ人の友人がいます。
向こう側で何かと僕のことを気にかけてくれているみたいです。
その人のことを思って、今回の怒りが湧いてきたのもありました。


7/16 今日のいいこと:
友人と入ったカフェで友人が頼んだチーズケーキ、
おすそわけしてもらったら、メチャウマでした…

7/17 今日のいいこと:
昨日借りたパンク系の曲にドハマリしました。
近々、このブログのライフログにも上がるかも?

7/18 今日のいいこと:
↑の曲聞きながら料理するのは楽しかったです。

7/19 今日のいいこと:
最近関係が深まってきた友人に図らずも
色々シリアスめな話を聞いてもらいました。感謝。

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2017-07-22 00:11 | 葛藤 | Comments(0)
<< 2017/7/20~22 【R... 2017/7/12~15 去り... >>