2017/1/21~23 ザ・5周年
いつもながらこの日は特別な日です。

2012年1月21日は、僕が発達障害の診断を受けた日、
人生の大きな舵の切り直しであり、仕切り直しでもあった時でした。


この日は、今だから書けることでもありますが……
2015年の9月8日9日と二日間に渡って、
その当時診断を受けた病院で、診断を受けた日になんて言われたか、
その後もどんなことを言われたり、どんな扱いをされてきたかを
刻銘にこのブログに書いたことがあります。

はっきり言って、大阪の精神科医療において間違いなく
最大最悪のがんとなっている病院であったのではないか、
とも思っています。
最初にただ診断を受けるうちはまだ良かったのですが……
詳しくは、ハイパーリンクを貼った先を見て頂いた方が
早いかもしれません。
(※長文・重い内容のため、ご注意ください)


この診断の時からは、乳幼児期、幼稚園……と時間を経るごとに
自分が落としてきた人生のパズルのピースを埋め込んでいく時間。

大まかにいうとこんな感じで人生を取り戻すプロセスが進んでいきました。

2012 …… 乳幼児期、幼稚園、小学校
2013 …… 中学校
2014 …… 高校、大学1~2年生
2015 …… 大学3~4年生
2016 …… 社会人1年目~ 診断を受けた2012年~15年のこと

いやはや……5年はかかるだろうかと2012年も思いましたが
本当にその通りになっていたようです……

去年の真夏頃から、過去のピースがほぼ完全に埋まっていき、
そして、決して順風満帆とはいかずにいた
2013年以降、就職してからの支援などの数々。
過去の関係のうち、実は有害な関係だった歪みにも、
急速に気づいていかざるを得なくなり、
凄まじい葛藤を強いられた時代でもありました。
この時何かと頼っていた人もいたのですが、
その人も結局は、鎮痛剤を打ち込む程度の効果で、
本当に心を癒し、前に進ませる手伝いをさせるものではなかった。
言いたいことはたくさんある。

だが、それでもようやく過去と現在が一致し、
視線は『未来』をようやく向けつつある。
そして、その『未来』を阻害する過去にも今にも救う魔物たちを
打ち破る準備が着々と進んでいる……


今年は、今まで個人的に何周年だと思ってきた中で
一番心豊かで穏やかな日だった。
ここ半年くらいは僕の周りでも慶事が結構多く、
しかもそれを積極的に僕にシェアしてくれる人たちもいる016.gif024.gif
心からの信頼が無ければ、絶対にありえないものだ。
彼らもまた、新年明けて間もなく僕が到達した
ある到達を祝ってくれた…068.gif

何よりも大きいのは、仲間たちの存在。
その数も、質も、奇跡的と言っても過言ではないくらいに
素晴らしいものとなっていきました。
そして、もしかしたらまだまだ先もあるかもしれません。
ですが、ここにたどり着く土台にもまた、
それ以前から、僕を支えてきてくれた数々の仲間たちが
いてくれたことも大きかったでしょう。



いかなる修羅にあろうとも、心のどこかで『仲間のために』が
かすかにでも生き残っていたことは、
恥ずかしくないことなのかもしれない…
そう思えるようになってきた。

冒頭に述べた、当時の女医の呪わしい態度や笑いも、
聖なる光に当てられて浄化されていっているのを感じる。


来年も、再来年も、そのまた先も、
たくさんの人たちの温かみを感じて、感謝できる、
1月21日は、そんな日にしたい。


1/21 今日のいいこと:
土曜出勤の朝、朝から激しいドイツのバンド曲でテンションUP。

1/22 今日のいいこと:
ぶりの刺身、めちゃウマ。

1/23 今日のいいこと:
久々に会社の食堂で食べたカツカレーが結構おいしかったこと。
たまにはいいなあ。

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2017-01-30 00:51 | 発達障害 | Comments(0)
<< 2017/1/24~27 再び朱に 2017/1/17~20 Sc... >>