2015/1/6 ~睦月~ 絆の花を咲かす一歩
ここ数年の1月におきましては、
『もうだめかもしんない…』
『これで、このまま終わってしまうのかな』

と思っていたようなご縁が、
年賀状を頂くなど、ふとしたことがきっかけで
再びよみがえり始める、ということが結構起きています。


今年もどうやら、そんな兆しがありそうです。
ともすれば、彼らと時間を共有する機会の多かった時代より、
もっともっと、深い友情を築けるかもしれない。
実際、そのようなこともたくさんありました。
特に、冬を乗り越えた、春以降に
そうした絆が花咲くことが多かったです。

その彼らのほとんど全員が、今の僕の真実、
同じく、この1月という月で僕の見つけた運命、
僕が『アスペルガー症候群』であることを知っています。
それを知り、特性を知れるだけ知ろうとした上で
友人として接そうとしてくれます。

それも、過去に僕がどれほど迷惑をかけてきたかにも関わらず…
(なお、この"迷惑"については、
 僕の障害特性とはもう一つ違う側面も、大きく影響しています)


一昨年の春に関しては、に続いてかなり辛い事件も多かったのですが、
その同年の1月には、4年ぶりくらいに年賀状をくれた友人がいて
それをきっかけに、親交が再開しました。

その彼は去年3月、僕が前の職場のことについて話をしたときには、
自殺しそうになった話をするにあたり、彼は涙まで浮かべてくれました…。
今年の夏が終わる頃には、ひさびさに家に来てくれて
笑って遊んででとても楽しい思い出を頂きました。

例え話ですが、そんなこともありました。
他にも、色々と再開したご縁、
改めてお会いして、自分がその人に会った時の自分の器を反省すると同時に
そんな人の魅力を再確認しながら自分もいさせて頂けることに
感謝と安らぎがもたらされたものでした。

自分も、そんな人たちのように、
もっといえば、この人たちに恩返しできるくらいに
成長できれば。

2015年、静かにまた時は動き始めているようです。
花を、咲かせてみせたいな。


今日の(・∀・)イイ!こと
夕飯で出たワンタンスープのワンタンがとても美味だったこと

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2015-01-06 23:43 | 未分類 | Comments(0)
<< 2015/1/7 血霧を超えた... 2015/1/5 いざ、冬の陣 >>