2014/2/11 趣味の海の世界、心の底で・・・
建国記念の日。
この日は、寒い日であることが多い気がします((((´Д`)))))Brrrr

今の職場が一番忙しい時期だったので
この日は祝日出勤でした。


今日は、建国記念日との寒さとも関係の浅い話。
それは僕が今、英語版でプレイしている『大航海時代Online』について。


今ではこのゲームは、立派なリラクゼーションのひとつ。
コーヒーや紅茶、お酒を飲みつつ、好きな音楽を聴いて
世界中を動き回るのは最高です。
もちろん、初期設定のBGMもいいものです。

『コール・オブ・デューティ』『バトルフィールド』など、
殺伐とした戦争のゲームからの『逃げ場』にもなってくれます。


時に、日本語版をプレイしていた大学の3年間、
このゲームでやりたい!と思っていたことがあまりできていなかったりします。
そのうちのいくつかを箇条書きすると……

・地理学以外の冒険全般
・交易レベル60超え
・沈没船のサルベージ
・陸戦バトル
・基本生産スキル(調理、工芸、縫製、保管、鋳造)の全R15達成
 (※現在調理、鋳造では達成)
・インカ帝国の首都『テノチティトラン』の発見(※難易度激高)


日本語版では、いろいろと、特に人間関係による制約を感じることが多く、
今思えばあまりのびのびとゲームができなかった気がします。
自分の人生の可能性をスポイルさせるような人間もいて、
そういう人たちとの葛藤はかなり強かった覚えがあります。

たとえば、何かにつけてネガティブなことばっかり言って、
僕には『英語を分かるには留学するしかない』とか、
やたらと『~しかない』と完ぺき主義・諦め主義を主張する人とか。
最終的に、基本的な会話はほぼまったく不自由しなくなりましたが何か?
現在進行形で日本語を話せない友人もできてますが何か?

しかしあのころは僕もまだ若く、
こうした人たちと『距離』をおかず、つい闘ってしまうことも多かった。
何かしら、闘いという強迫観念があった。
今ならすぐに、距離を置くように努めるだろうけど……。

とはいえ今は、幸いにも周りの人もストレスフリーな人たちばかり。
大人、っていうのはこういう人たちのことを言うのでしょう。
昨日の『マトモな人たち』に通じる人たちとはこういう人たち。
倫理は、国境を超えるんだな…。
それは、別に難しい哲学書とか読まなくても、通じるところもあって。

今接している世界中のユーザーたちは、ひねくれた感じの人がすくなく、
特に自分のいる商会(≒ギルド)は、
本当にいい人が多いです。アメリカ、カナダ、トルコ、スペイン、プエルトリコ……。
(商会以外では、フィンランド、イギリス、フィリピンなど)

日本語版の大航海でも、もちろんいい人もた~くさんいて
今も名前とその会話内容がいい思い出として刻まれています。
同じ大阪のDさん、R卿さん
僕のアパルタメント(≒自宅)で語りつくしたF.F.さん、Sさん、Kさん。
僕の『チェンジ』を応援してくださりつつ、客観的な視野を持っていた
社会人としても尊敬していたFさん、Aさん。
ほかにも面白く、変な毒の無い会話で笑いや感動をもたらしてくださった
人々も多数。


人と人とのつながり。
それこそが、一番の喜びなのかもしれません。

まだまだまったりと大航海時代でも
楽しめることがありそうでワクワク( ´∀`)


今日の(・∀・)イイ!こと
食費の節約になんとか成功。ちょっと栄養価は偏ったけど……w
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2014-02-12 21:46 | ゲーム | Comments(0)
<< 2014/2/12 忍の生き様... 2014/2/10 たどりつき... >>