2013/7/30 使命―――愛を育てる
このオイラが血の雨振らせ続け

攻めてくる残虐な悪鬼どもを

滅ぼし続けてきたこの戦場から

少し隔離されたこの場所にある 愛情の樹


慈雨の雨粒を大切に大切にタンクにためて

その水を少しずつ与えて育ててきた

育ち始めて、そろそろ3年ほどになる

どれほど外の世界の血を吸いこんだ土壌の

生々しい鉄の味を味わうことなく済んでいるだろうか

樹の隅々を見ることと、この木の下で友と語らうことが

その何よりの証明

やっと見つけた 守り通したいもの


神々に与えられたこの聖域をやらせぬために

再び血塗れの覚悟と決意を新たにする

―――――――――――――――――――――――――――

今日の(・∀・)イイ!こと
今月初めに覚えた仕事が少しずつ体系的に覚えられてきたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2013-07-31 00:09 | 詩文形式 | Comments(0)
<< 2013/7/31 相談という証明 2013/7/29 山陽の旅を... >>