2013/1/6 IKIGAI
去年の今頃、僕はまだ自分の『宿命』も確定していませんでしたが、
僕は定職に就いていませんでした。
いわゆる『ニート』の状態です。

明日より長き休みが終わり、また仕事が始まります。
会社で扱っているものの性質上、
春先にかけて、土曜日出勤も増えてくるでしょう。
(その出勤分は、閑散期の休暇に回される)

緊張することもあるのですが……
ですが、去年の年末年始には無かった、この安心感。
まともな職場で働け、まともに成長できる、この生きがい。

ニートなら、確かにある意味『楽』です。
しかし、大阪ダブル選挙(2011年11月)の際の
東国原前宮崎知事の言葉を借りるなら
『無職はつらい』です。
真っ当な仕事がもたらすものの素晴らしさを知っていれば、尚更です。


これまで、学校が始まる時などで、
こんなに充実した気持ちになることはありませんでした。
ずっと、こんな気持ちが続くかどうかは分かりませんが…

今自分は、障害者であるということを含めて考えても、
たくさんの人に支えられて社会に出ることを許され、
その先の楽しみを追い求めていくことが認められていることに
深い、深い喜びを感じ始めている次第です。

最近ちょっと寝すぎていたので
ドラスティックなリズムの変化に体はもつかどうか、など、
ちょっと考えてしまうこともあるのですが……
これまで支援機関の方々や、今の職場の人たちに言われているように
『無理はしすぎない』ように生きることにしたいと思います。


今日の(・∀・)イイ!こと
年末年始にかけてたまっていた心のしこりが取れたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2013-01-06 22:07 | 未分類 | Comments(0)
<< 2013/1/7 円安フィロソフィ 2013/1/5 次の旅路への準備 >>