2011/10/31 母になる君へ
色んなところで 色んなお母さんを見て

こんな僕でも ふと思ったことが一つ それは

家事が得意でないお母さんがよいお母さんではない、という定義が

偽 であるのと同じように

家事が得意ならよいお母さんである という定義も

偽 であるということ


僕は 例え日々の営みでうまくいかないことがあっても

子どもが 家族が どういう人なのかを見て 受け入れてきて

悪い所はしかりながらも 人の個性を無理やり変えようともせず

ありのままに愛すべきところは愛せる 暖かい心を持った人も


痛みを知らず 知ろうともせず 外面ばかりをとりつくろい

本当は自分の快楽を貪ることしか頭にないのに

子どもを 旦那を いたわっている良い母を 演じることしか脳に無い

能無し愛無しの人間も これでも両方見てきたんだ


次の春には お母さんになる君は

僕には語らないけれど 色んな痛みを抱えてきたことは どこかで知ったよ

こんな僕を何だかんだで許してくれた その笑顔の裏で

君は君の闘いをしてきたことを どこかで知ったよ


痛みと優しさとぬくもりを知っている君

きっと君は さっき僕が言ったうちでは

回りにとりつくろうような くだらない見栄張りをする母親には ならないんだろうね


だけど だけどだよ

もしも何か わけのわからない毒のようなものが君に襲ってきて

君が子どもの毒になる親へと堕ちてしまう そんな恐怖や痛みを感じたなら

その闇を薙ぎ払ってやれる人間の一人として この僕もまた

そばにいてあげることは 許されるのだろうか


そのとき君のそばにいることは

僕の闘いの中の 目的の一つと 同化してしまって

結局は君のためより僕のためになってしまうかもしれないけれど

それでも ― ― ― いいのかな


だから僕は信じていたい

僕が闘って得た力が 君の役に立つことが無いことを

僕が闘い意外で見つけた大切なものが 君と君の大切な人達の役に立つことを


尊いこの子の未来のために 僕が思うこと できること

___________________________________

今日の(・∀・)イイ!こと
近くにあるスーパーで、更なる底値を把握することができたこと。
少しでも節約するために、時間がある時はあそこに行こう…
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2011-10-31 21:00 | 詩文形式 | Comments(0)
<< 2011/11/1 再び社会へ 2011/10/30 Now ... >>