2011/10/19 バイクで島ぐるり~思い出と一緒に~
昨日、今日と、原付のガソリンを抜く目的も兼ねて
小豆島全体を原付で走り回ってきました。

島の外周部や、まだ自分が通ったことの無い道、
小豆島中心部にある渓谷、『寒霞渓(かんかけい)』を走ってきました。

今、自分は小豆島の中でも最も人口が密集しているエリアに住んでいるので
そうでない、いかにも『海沿いの集落』を思わせるエリアを走り回っている時は、
なんとも不思議な気持ちになったりしました。
自分は都会でずっと生まれ育ってきたけど
ここでも確かに生活して、日々を送っている人々もいらっしゃるのだ…
(そう思うと、福島原発の関連で故郷を追われた人の気持ちは
 都会で生きてきた自分にはやっぱりよく分からないのが正直な所なのですが
 すごく痛くて苦しくて、哀しいことなんだな、というのは分かるような気がします)

以前に通ったことだけはあるエリアなどで
改めてデジカメで写真を撮り直したりしました。二日間で30~40枚は撮ったはず

2日あわせて、合計6時間ほど、100キロ近くは走ったはずなのですが
もういいや、ってくらい走り回っても、燃料のランプが一向につかないので
最後の最後は、家から歩いて2,3分の所にあるガソリンスタンドで
不要なガソリンを抜いてもらうことにしました。

なんと、無料で抜いてもらうことができました。
今度の人生で、原付ありで引っ越すときに覚えておくとよさそうなノウハウですね。

さて、残る役所手続きは原付の廃車手続きだけ。

思えばこの原付、最初は大阪の方で働いている前の会社の方の持ち物で
それを譲渡して頂いて…
保険の取得、ナンバープレートの取り付け、乗り方についてのご教授や、
バイクがおかしいのでは?という時に見ていただいて、
ついでに緩んでいたサイドミラーを直して下さったり…
前の会社の人達の愛情が、いっぱい詰まっているんだなとつくづく実感します。

そして、今日はナンバープレートを、
最初にナンバープレートを付けてくれた同期に外してもらいました。
保険の住所変更などの問い合わせについても、色々教えてくれました。

更には、次に僕が住む場所は、兵庫県尼崎市(大阪から近い)なのですが
この原付を下さった方と同じ市で、しかも駅が一つ隣という近場。
その方とは『めっちゃ近所やん!是非呑みに行こう』ということになってます(爆)

この原付に乗って、この小豆島を最後に走り回れたこと、
原付と一緒に『Uターン』すること、
そして次の場所でも、その思いと一緒に、時々バイクに乗れることは
なんとも不思議なことで、すごく幸せなことなんだなあ…と考えてしまうこの頃です。

伊丹や芦屋に行くとき、実家に帰る時なんかは…これからもよろしく頼むぜ。


今日の(・∀・)イイ!こと
冷蔵庫を空にするために作った夕飯メニューが、想像以上においしくできたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2011-10-20 12:48 | 未分類 | Comments(0)
<< 2011/10/20 光にして... 2011/10/18 ※翌日分... >>