2011/10/8 次の世界へのUターン
最近、このブログでも、
自分の人生に転機が来てウニャラホニャラとかよく書いていましたが
これからは、その『転機』についてお話したいと思います。


…この度、次の就職先が大阪の方で決まり、
大阪にUターンすることになりました。

今の会社に入社し、半年ほどになりますが…
ここで、このままいくと、一生を小豆島で過ごさなくてはならない可能性が
非常に高くなりました。

そこで、自分の心の声に耳を傾けたら
『やっぱり、大阪・関西圏で、せめて都会で働きたい』
『島でもお世話になって、成長させて頂けたこともたくさんある。
 でも今は、その方が、もっといろいろな人に会ったり、勉強できる機会も多い』
『今なら、かつての自己啓発セミナーのような呪いに堕ちることもなく
 地に足をつけて、更に自分を成長させられそう、いや、させたい』

…といった声を無視することができず、そのために行動していました。
次の転職先に内定が決まったのは、9月の半ば頃です。
今はまだ、最初の会社に勤務中ですが
僕の退職が分かっても、いつも通りに接してくださったり、仕事を与えてくださる皆様に
ただただ感謝の日々でございます……(つ-`)
(今日は、フェリーに乗って帰った時に、その会社の人がいて
 港から自宅まで、車で送って下さった方もいらっしゃったほどです)

小豆島に来て、一人暮らしを初めたこの半年ほどは、
自分が過去にしてきた悪いことや、自分の性格の悪い部分など
『なんで俺って、あんなひどいことする人間になったんやろう…』という具合に
自分の『闇』と向き合ってきました。
そして、その原因が何かも、分かってしまったのです。

その原因が分かった時から、
20数年間、自分の中で放置されてきた何かが目覚めはじめました。
それに気付くことは、いいことばかりでも無かったです。
残酷で醜い事実と向き合うにあたり、家の中で発狂に近い状態になったこともあります。
勤務中も、突然憂鬱な気分になって、
『俺みたいな、クズが……』と、絶望に近い感情を抱いたこともあります。

しかし、それが真実。
そしてその真実に向き合わないと、僕が自分の中の闇で、
もっとたくさんの人を不幸にしてしまうことは分かっていました。
その真実と向き合い、闘う勇気を下さったのは、僕の周りの人達でした。

そして今……この闇と向き合って、自分なりに行動したり
長年にわたって僕に闇を植えつけ育ててきた要素に真っ向勝負を挑んだからこそ
昨日のような素晴らしい誕生日を迎えられたりとか
また、こんな自分にはもったいないような一時を、
心に本当のぬくもりを持った人達と味わえたりするようになりました。
次の転職先に内定が決まったのも、このことが関わっているような気がします。

小豆島で取り返した、『人』としての、真っ当で、当たり前の感情と
人として当たり前にやるべきことを当たり前にやっていく、倫理観や正義感。
理論に溺れてマシーンになりかけた自分だから、
今度は、もう一度大切にすべきものを大切にして
自分の故郷、大阪で再スタートを切りたいと思います。


今日の(・∀・)イイ!こと
プレイしたゲームで印象深い台詞と出会えたこと。
自分も一人の人間として、地に足つけて真っ当になれてるのだろうか。
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2011-10-08 20:47 | 未分類 | Comments(0)
<< 2011/10/9 言葉よりも... 2010/10/7 Recog... >>