人気ブログランキング |
2009/6/3 オーストラリアの旋風@OSAKA
オーストラリアのロックバンドの
『The Living End』のライブに行ってきました(´∀`)ノ
本国ではメジャー級の国民的ロックバンドなのですが
日本では知ってる人が少なく、ややコアかもしれないバンドです。

チケットが2枚あったのですがなかなか誘う相手が見つからなくて
高校生の友人にチケットを進呈することにしました。

今回の会場は、200~300人ほど入る心斎橋のライブハウスです。
前の方にスタンディングコーナーがあって
後ろに行くと階段状にバー状のスペースが。
こうして、前で暴れまわる(!)人たちと
後ろでまったりと楽しむ人との住み分けが出来るわけですな(´w`)

去年の6月半ばにガガガSPのライブにも行き、そこでもオールスタンディングでしたが
こうした住み分けがあるので、その時みたいに必要以上に押しくらまんじゅうにならないし
暴れ回り具合もこれなら調整しやすくていいですね。
周りとゴッツンコしない程度にある程度の調和をもって暴れればOK。

僕らは最初は人が多かったので後ろに留まっていたのですが
一曲目が終わった所でメラメラとハートに炎がついたもので
人の隙間を抜けて前の方へ侵入し、そうして暴れ回ってきましたw

僕でもわかるギターテクのすごさやソウルフルな歌詞
アクロバティックなウッドベース演奏や
パワフルでテクニカルなドラムさばきにただただ大興奮ッ!!
ほどよく低めのテンションの曲を挿入するタイミングも抜群です。

去年の教訓を生かし、穏やか目な曲になった隙に
しっかりとメガネと耳の裏の汗を拭き取ります。
もうメガネを破損させはしないぜ(`・ω・´)

そしてこの前の方へ行ったことで、僕は本当に貴重な経験を味わうことになりました。

The Living Endのボーカル・ギターのクリス・チェイニー氏と僕は
今回のライブでかなり『絡ませて』いただきました。
こんな体験はじめてだ・・・

銃を撃つという描写が出てくる曲で、ちょっと意味ありげに僕が銃を撃つアクションをしたら
クリス・チェイニー氏が『おう、分かってるねぇ』と言わんばかりに
こちらにニヤッと笑みを浮かべてくれたところでもうウッホウホです(*゚∀゚)=3

周りの熱い熱いファンの熱に感化されテンションは最大に達し
僕は興奮極まって『ブラボー!』『Amazing!!!!』と結構叫んでおりました。
(しかし最初の方で『F**k you!!』って叫んでたの誰だww)
その際、このThe Living Endのクリス・チェイニー氏が
『俺達は大阪にかえってきたぜ!』という旨のことを言ったので
ここで興奮200%の僕は『Welcome back sir!!(おかえりなさい、サー!)』と叫び
その際になんとこの方、『Pardon?(なんだって?)』と聞いてくるのでもう一度シャウト。

『おいおい、俺はサーじゃないぞw』とツッコミを入れたのでこちらも負けじと
『Yes sir!!Sir yes sir!!!』と軍隊なノリで叫んでみたら観客側から笑いが∑(゚∀゚)
(念のため、嘲笑でも冷笑でもない穏やかな笑いであったと記憶しております)

そして彼はこう続けました。
『ハッハッハ、この少年は俺の新しい友達で・・・
ここにいる皆が俺の新しい友達さ!ありがとう!!』と。
これには感動しましたわ(*つ∀T)
自分の好きなバンドのボーカルに
こんなに反応してもらえるとは夢にも思っていなかった故・・・。

あとは、この一連のやり取りがMixiとかでドヒンシュク買ってなければ万歳ですm(_)m

さて、今回は洋楽のバンドであり
オーストラリアでは国民的ヒットを遂げているバンドのライブなので
欧米系の人、特にオーストラリア人と思しき人たちもチラホラ参加しておりました。

しかし、『笑わない日本人』以外がいるとやはりライブは違いますな!
僕もその日本人の一人ですが、ちょっとイレギュラーな『笑う日本人』な僕には
これくらいが丁度いいし、なんつっても楽しいです。
音楽は国境を超える、この際カタい理由はいりまっせんっ!!(゚Д゚)ゝ

今回は、The Living Endと同じオーストラリア出身なのに
わざと日本語で『クリス、ダイスキヨー!』と叫ぶオーストラリア人女性とか
このお祭りムードが本当にたまらんですw

んでもって僕はというとこれまたたまたま近くにいたオーストラリア人男性と
顔も名前も知らないのに、大いに盛り上がってしまいました(゚∀゚)ノ

White Noise!!(*゚∀゚)bd(゚∀゚*) White Noise!!←"エア"メガホンで叫びあう二人

【White NoiseのPVはコチラ

Pictures!!(*゚∀゚)db(゚∀゚*)Pictures!!←写真を撮るポーズをする二人

【Pictures in the MirrorのPVはコチラ
極めつけが、アンコールで一番最後に流れてきた『West End Riot』という曲。
大阪=『西』日本で『終』わる『暴動』のようなライブだから
最後に『West End Riot』という曲を持ってきたのだろうか・・・と
思わず妄想しかねないのでありますが、ひとまず置いといて。

オーストラリア人二名と僕含む日本人二名がこの曲の途中で
ラ イ ン ダ ン ス で盛り上がっておりました(核爆)
珍しく不慣れな絵文字を使って現わすと、こんな感じですw↓

   ♪         ♪            ♪      ♪
Weee-st Eeee-ndヽ(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)ノ RIOT RIOT!!
      ♪       へ |へ |へ |へ  | ♪  ♪
          ♪      く   く   く   く         ♪

【West End RiotのPVはコチラ

もう、サイコーっす・・・
貴重な体験できるし、暴れ回れるし、お土産にカッコいいライブTシャツ買えたし
このバンドをそもそも知らなかった友人を連れて行って喜んでもらえるし
皆で盛り上がれる、というのが本当にたまりませんなあ・・・(*´Д`)

3年ぶりの日本ワンマンライブに、まことに感謝感激!
『SUMMER SONIC』とかじゃなくて、ワンマンですからね。

Thank you for coming to Japan, The Living End!!!
Otsukare sama!!!


今日の(・∀・)イイ!こと
本屋に足を踏み入れたら面白そうな本が大量に発売されていたこと
by sannkaku-shikaku | 2009-06-04 11:49 | 未分類
<< 2009/6/4 Is thi... 2009/6/2 Back t... >>