★はじめに★
ようこそ、いらっしゃいませ。

当ブログでは、私自身の「発達障害」、
その中での「アスペルガー症候群」をカミングアウトしております。

この二つの言葉についてよく分からない場合、
まず私自身のカミングアウトをお読み頂けると、
分かりやすいかもしれません。

また、当ブログで私の障害特性についての記述が所々ございますが
私の持つ特性が、全ての発達障害者の方に当てはまることはありませんので
何卒ご留意の程、よろしくお願いいたします。


発達障害のこと意外については、
私自身の日常、趣味のこと――――
パソコンゲームや旅行、散歩、音楽、サッカー観戦、など―――
を主に書いています。


時々政治や社会問題等に関するマジメな話も書いておりますが
暗黒面や絶望的な面ばかり書くのではなく、
最後は、希望を求めようとする書き方で終わるように心がけています。

愉しくお読み頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2019-12-31 23:59 | 発達障害
『うらやましい』についてーーーもし、僕と友でいて下さるなら
すごく久しぶりにこのブログを上げることにした。


久々に来てみたら何やら呪詛のような言葉がいくつかあったので削除した。
言論弾圧か何かに思われるかもしれないけれど、あまりにも精神的な健康が危ないかなと思ったので、一方的なのは気が引けますが消すことにした。
一生黙ってろみたいな旨の発言もあったが、僕を殺して刑務所にでも入る気なんやろうか…140.pngなんとも無意味な。。。不快なら読まんかったらええだけやん。だれかを脅したりしてるわけやないんやし。

確かに過去は今よりもひどい上から目線だったこともあった。
今もそうだったら…今いる友人たちには恵まれなかっただろうな。

悪いが今も黙れない理由がある。。。





いいことの記録は今もノートにしている。この四週間はかなりイレギュラーなことがあってできなかったけれど。



今後はこのブログは、自分なりの考え、主に真面目な考えについて日本語で書くことに特化するかもしれない。今回はその『こけら落とし』だろうか。
あまりにも匿名をいいことに暴言や批判を書きまくる人が湧き続けるなら、考えるが…(他にもやることがあるからなあ…)







これはSNSからリンクしている記事なので、その方々に向けた記事を主に書いている。
今から僕が話すことは、『…げっ、これ私だ!😱と思われる方も恐らくいらっしゃるかもしれない。なのではじめに僕が申し上げるべきなのは、僕はその該当する皆さんに対して、恨みのたぐいは持っていないということ。今から書くことは、僕の内面も関係していることだから、決して皆さんが100%いけないのではない。このことはまず声を大にして申し上げたい。



(*以下、少し残酷な表現もあるのはご容赦ください)


何度かSNS上で、僕の明るくない過去について書くこともあった。なので、特に2015年まで、僕がなんとか取り戻そうとした心を更に貪り食おうゾンビ共と闘って来るしかなかったこと、心の中の僕は絶望を囁くこれらのゾンビ達とのいつまでも続く闘いで全身が真紅に染まるほどになったこと、それでも、なんとか本当の人間の真っ当さや、愛情を取り戻したいと願い続けたこと……。

しかしながら一方で、なりたくてなったわけじゃないけど、残虐な血だるま殺戮マシーンになるしかなかった僕が、果たして本当に愛され、愛する資格はあるのだろうか…次々と襲い来る虐待、侮辱、無理解の雨あられの中、僕はそんな不安と恐怖もあった。
それでも、当時からの友人や恩人たちか残してくれた言葉が、圧倒的絶望の真紅の豪雨の中で光るわずかな光だった。お陰で2次障害になったり、自傷行為 (※非常に強力なパニックで自分を叩いてしまったことは除く)をせずに生きてこれたのだと思う。





そんな僕でも、この一年数カ月は『ある言葉』を言われることが増えた。





それは、僕の心を貪り食おうとした化物たちの放つ『オマエハ……シアワセ………ナルナ…ナルナ…ナルナ………』『ノロワレテ…オカサレテ……シマエ…… シネエエェェェ…………』『コノクズ…ノロマ…ボーットシテルウスノロヤロウ!』といった声とは違う。






それは『うらやましい』という言葉だ。






なお、これは強調させて頂きたいが、この言葉を『いいね!』とほぼ同じ感覚でこの言葉を使っている方々もかなり多いと思う。この人達は、もちろん、先に挙げたゾンビ達のような悪影響を僕に与える意図はないと信じたい。

だが、僕はどうしてもこの『うらやましい』を浴びてしまうと簡単に心が潰れてしまいやすいことは、今日ここで明言することに決めた…。
信じてもらえるかは分からないが、今後僕が潰れることなく、皆さんと継続的により良い関係を作るために、今あえて『雨を降らす』ことにした。そう、『雨降って地固まる』ようになればと願いたい…。



今僕は、ストックホルムからヘルシンキを経由して、大阪に帰るところだ。無職の今のうちに、イギリス、ドイツ、デンマーク、スウェーデンを四週間、一人旅することにした。道中は大阪で繋がれた友人達との再会も果たした。新しい絆も図らずもできた。二ヶ月ほど前に30歳を迎えた僕にとって、20代の感謝の旅だ。
4週間近く欧州を旅するのはずっと夢だった。特に、今の旅行中になってからこの『うらやましい』を浴びることはやはり多くはなった。ある程度覚悟はしていたが…
(自分の今の状況を自慢するなんてとんでもない、と考えているが…万一そう思わせてしまったのなら、申し訳ないと思う)



僕自身は今の状況には過去と照らし合わせても感謝しかない。一人旅でも、独りじゃない』このことはいつも感謝してもし足りない。帰国しても、あの通勤や周りの汚い環境で(職場にはいい方々も多くいたが、環境負荷が大きすぎた)心身も感受性も継続的に汚染され続け、報酬や待遇でも報われることすらない前の職場(←最後の一年くらいは毎日、英語やドイツ語で汚い言葉を吐きながら通勤していた)ではなく、環境のいい大阪市内某所の発達障害向けのプログラミング学習所(ここの方々も僕の旅を後押ししてくださった。大感謝)に行ける。安心して望む真っ当な方向に心を育てることができる今の状況。
前の職場でもうヤバいかもしれないと言うときに、偶然目に止まったInstagramの広告が小さなきっかけで、今に至るまでの決断をしたのは確かに僕なのだが、それを後押ししてくれた数々の支え。心を食いつぶす化物から僕を開放し、僕に偽善やごまかしではなく真のぬくもりを注いでくださる人々。最高の友人たち。



もし僕が、常日頃からあからさまに周りを、例えば


彼女や奥さんがいてうらやましい
収入が高くてうらやましい
フリーランスでうらやましい
●●語が堪能でうらやましい
大きな家に住んでてうらやましい
●●に行ったことあってうらやましい


などなど……


『うらやんで』いることにはキリがない。そして、その先に本当に彼らが求めるものが手に入る確率が上がることについては、僕はとても懐疑的だ。
今例に挙げたうらやみの数々は、実際には僕の友人を少なからず汚すようなものばかりだ。僕は不器用だけど、真の友情への冒涜は、僕は間違ってもしたくない…。ずっと求めて、求めて、求めに求めてきた愛すべきものを、僕がゾンビになって喰らい潰すわけにはいかない。
自分の中にある卑しさ(今は大きく減っていてほしいが)の気持ち悪さが僕でもわかるからこそ、そんなことを思っている自分が今もいたらと思うと半端ない気持ち悪さに襲われる。






また、経験上、僕が良い方に向かっていることについて『うらやましい』という人は、日本人が圧倒的に多い気がする。お隣の韓国もこれは多い気が最近はしている。
反対に、西欧圏の人からはそれに相当することを言われたことはほぼ全くなく、あってもかなり冗談めかしたり……『うらやましい』の代わりに出てくるのは『素晴らしいね!』『ワクワクするなあ!』『ああ、良かった!』といった言葉だ。こうした言葉は、不毛の大地になってしまった僕の心を育ててくれた。
(南米圏、アフリカ圏については実感がなく不明です。すみません)

こうした『リスペクト』の部分は、今は西欧人の圧倒的勝利かもしれない。もしそうなら、ここは僕ら東洋人も変わらないといけないのではないのかな…と個人的にはすごく思う。こうした考え方も、豊かでハッピーな人生を送る秘訣ではないだろうか?



実際僕も、自分の中の人を羨んでしまう気持ちをなんとか無くしたいと葛藤してきた。かくいう僕だって羨んでしまう気持ちが湧いてしまうことがないといえば、それは嘘になるだろう。だが僕は、不器用な人間なりに、少しでもきれいな人間になりたかった…。たとえ、血まみれ地獄にいたことがあったとしても。

だからか、『リスペクト』と普段から密接に関わっているプロスポーツ選手の方々などは、東洋人でも『うらやましい』とは軽々しく言わないように思う。
また、過去に凄惨な経験を乗り越えながら、今ら人間らしい時間を取り戻しつつある人々なども、『うらやましい』は安易に言わない気がする。(この方々からは、僕も自分の中の羨みや妬みの感情を少しでも消すべく学んだことはたくさんある。感謝だ)



やはり『言魂』の力は、僕にとっては圧倒的に絶大だ。これについては僕のアスペルガー症候群の特性ーーー言葉を字義通りに、それも非常に深く受け取ってしまうーーーも深く関わっていると思われる。

この部分は残念ながら、僕の変えられないところの一つである。皆さんに負担をかけうるところで申し訳ないのだが、これを『治す』には、究極のところ、死ぬしかない。だから、『うらやましい』のシャワーには、僕は耐えられず心の苦しみが出てしまうようなのだ。


一度、海外旅行から帰ってきたときに会った人から、『うらやましい』を数時間で5〜10回くらい言われたこともあった。この人は僕の苦しんでいることにも耳を傾けてくれたこともあったのでそれは感謝しているが、それでもこのシャワーの破壊力はかなりのものだった。しかも、個人的にはこの時の『うらやましい』の一発一発は、『いいね!』とは程遠い、叩きつけるような感じもいささかあったように感じた。『お前なんかが●●行きやがって!』みたいな感じというのか…。冒頭に紹介した、『ゾンビたち』が与えてきたそれらともかなり似ているかもしれない。そのせいか、このことは去年、僕の中で最もショックだったことの一つだ。

僕はその旅のほぼ同時期に、僕の人生を最も奪ってきていた女性との対決を終え、その彼女によって大量虐殺されてしまった心(そしてこの彼女は、僕の訴えに対して更なる暴言や悪言を吐き、僕の人格否定を行った。ある意味かわいそうだとも言える)が少しずつ蘇り始めていた。殺された心を取り戻すためでもあった旅から帰ってきたが、その半月ほど後に浴びせられたこの『うらやましい』のシャワーで、時間もお金もかけた僕の旅のときめきは半分くらい死滅した。罪悪感のようなもので犯されたような感じが消えなかった……。

辛い記憶が消えにくく、フラッシュバックも多いアスペルガー症候群の僕にとって、これは精神的な拷問すら意味しうる。

正直、今回の旅から帰ったあとも、このシャワーが恐ろしい。殴りつけられ、拷問され、暴行されるような感じが…フラッシュバックで今も蘇る。

ボクハモウ ホントウハ タタカイタク ナイノニ




2 

もう一つ、このように『うらやましい』と言われることでしんどくなってしまうなのは、僕の明るくない生い立ちも関係していると思う。

ありがたいことに、一部の方々は僕が少しでも努力して身に着けよう、維持しようとしたものを認めて下さっている。そのお陰で、僕はどれだけ強くなれているだろう。救われているだろう。

僕は可能性を拷問され、虐殺され続ける世界にずっと独りでいた。
光を求めても、求めても、後ろから容赦なく僕を撃ち、地獄の闇の底へと引きずり込み、僕の可能性が破壊され続けるのを楽しむ悪魔たちの群れ。

そして、そこから脱出しようにもそのリスクがあまりにも大き過ぎる世界に、ずっといた。なんとか可能性を見つけようにも、次々と、ようやく僅かに芽生えた可能性を無残にも犯しぬかれて虐殺されつくされる、そんな世界をずっと見せられ続けてきた。たとえ、僕が過去の罪を清算しようとし、真っ当な人間の世界に向かおうとしても………。子供の頃は残念ながらそれが歪んでしまった。僕もまた害毒を与える化物だった。『弱者』をいじめる快楽を得ていた気持ち悪さの極みの生き物だった自分もいた。今は反対に、僕が心に暴魔や傲慢、歪みのある人に汚物を投げつけられるような事の方が多くなったが…(その根源となっているものとは七年前に対決した。今どれほど僕はまともな人であれているだろう?)

たとえ物質的には多少豊かに外から見えても、強制収容所のような生活を、子供の頃からずっとしてくるしかなかった歴史もある。



僕自身は『うらやましい』と言われることで、そんな恐ろしい世界に僕はまた監禁され続けないといけないのか、一生幸せになってはいけないのか?という気持ちが生まれてしまい、暗澹たる気持ちになることも頻繁にある。
そして、僕自身が愚かにも毒に染まったことがあるように、また僕が温かく純粋な心を持った人たちや、世界の美しい部分を犯す側の人間になってしまうのかと悲哀と恐怖が止まらなくなることもある。



それが一番恐ろしい。辛い。



『うらやましい』を浴びてしまうのは、僕の決して明るくはない生い立ちなど知らない方々も多いのもあるだろう。これは仕方ない。だから、最初にみなさんは悪くないと述べたのはそれもある。仕方がない。そもそも愉快な話では無いので、正直こちらも話すのにある程度は気を遣わないといけない。僕の話で、僕を信用してくださる人々を汚したくない、という葛藤もある。
(だから僕は、ポジティブシンキングは大事だと思うが、それも度が過ぎるとかえって余計に心と頭がおかしくなることもある、と思う。)

環境のせいにするな、なんて言う人もいると思うのだが、当時選ぶことなどできなかったあの窒息させられ続ける苦しみは筆舌に尽くし難い。政治犯にされてブチ込まれた、最近帰国を果たした安田さんのようなテロリストに捕まった、とかじゃないにせよ………。



それに就職においては僕は、選択肢が少なくなりがちという現実はやはりある。これは、後述する僕の発達障害と密に関わっている。プライベートもそうなのだが、この障害が意図せず与えてしまう僕の印象によって、害を与える何かと思われ、精神的な迫害を受けてしまうことも残念ながらあるのだ… 面接などで、致命傷になりうることもあり、これに悩む発達障害者は今もまだ多いだろう。幸い、最近の日本社会では人々の理解がようやく進んできたかと思うが…

そんなこともあってか、実は僕も自分の心の中に湧き出てくる人を羨んだりする気持ちをどう抑えるかは、僕もずっと腐心していた。というのも、僕はもう、僕が与えられてきた地獄の苦しみを良き人々に与える側には、なんとしてもなりたくなかったからだ。
潜在意識レベルで、卑劣で、暴力的で、侮辱的で、姑息で、虚栄心に満ちた僕の歪んだ心を治す必要があった。人から奪ったりしないで、自らの心を取り戻す必要があった。そのためには、人を『うらやましい』と思う心は、害毒にはなっても薬にはならないだろう。



3 


地獄の泥沼のような、人間が人間で無くなる監禁地獄のような人生をほとんどたった一人で生き延びてきて、やっと人間らしさを取り戻しつつあるのがこの2年半ほどの僕の人だ。
確実に本来の人間の世界が戻ってきている。


だからせめて、大学時代にできなかった事を今のうちに4週間くらいしていたのは、許してほしい。もう旅してしまったので、旅するんじゃねーよクソ野郎!と罵ったところで手遅れ?ではあるのだけれど…


僕をうらやましいと言った人の中には、その大学時代にそんな素晴らしい経験をできた人もいるのも知っているが、僕はそれは本当に素晴らしく、ずっとその人の宝であってほしいと願う僕は、僕のような汚泥におまみれさせられ続ける人生に人々が監禁されなくなることが幸せでもある。

そんな今の僕のもう一つの根本的な望みは、良き人々が僕の味わってきたような地獄を味わわずに済み、なおかつ幸せで温かい人生を歩むことだ。そんな人生に自分もまたともに歩むことを許してもらえるのは本当にありがたく、そして名誉なことだ。良く生きようというエネルギーも、またそこから生まれる。
(だから僕は、ネットスラングの『リア充爆発しろ』なんかもあまり好きじゃない。まさにS##Tな嫉妬だ…)






もし、これを読んでくださった方で、僕を恨まないでいてくださる方々は、これからは僕に向かっては『うらやましい』という表現は控えてくださいますとありがたく存じます。そして、こんな僕ともいつも良き時間をともに作ろうとしてくださることを、心から感謝します。

嫉妬ではなく、良き願いと共に皆様とあれますように




2018年12月10日

[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2018-12-10 23:50 | 葛藤 | Comments(0)
2018/6/15 三ヶ月の沈黙を経て
3ヶ月ぶりのブログ更新です。
気づけばもうW杯の時期ですね101.png


この3ヶ月は劇的な決断の瞬間が訪れました
職場の最盛期が終わった4月は、自分の可能性を考えるべく
以前から漠然と興味があった色々と新しいことをはじめてみました。

そんな中、『これだ、今だからこそ始められるな』と思ったのが…
プログラミングです。

もともと、アスペルガー症候群の適性が高いともいわれている職です。
実は僭越ながら、僕にはプログラマーの適性があるのではと言ってくれた
現役プログラマーの友人もいました。

現在はオンラインのプログラミングスクールに申し込み、
少しずつですが言語を学び始めています。
全くの初めてのことなので、知らないこともたくさんです。

なお、このスクールに集中するにあたり、
どうしようもない心身の疲労を生み出していたある原因と
身を置くことを決断した次第です。



それは、職場を辞めること。
人はいい人も多かったものの、環境面での限界が
5年半の勤務にて限界にきておりました155.png

そしてもう一つの原因は、
肝心の障害者支援の資格を持っている人たちに、
障害特性上苦手な所を責められたりする経験が
結局は収まることがほとんど無かったことです163.png148.png

僕がこの職場で働いてこれたのは、実際に支援資格を持つ人ではなく
僕の背景を知りながらも、相互尊重を重んじて
気持ちよく仕事を頼んで下さったり、引き受けて下さったり
そんな人々の存在でした。
この人たちが無ければ、僕はもっと早く"撃沈"していたでしょう。

有難い話は他に、一部の上長からは
僕の退職を惜しむ声もいただくことができました…
そんな中でも、少しでも僕を気持ちよく送り出そうと
して下さったお気持ちだけは……
たとえ、心身を冒涜され続けるような環境で働いていたとしても
忘れてはいけないな、と思いました。
後は、引継ぎが少しでもうまくできておればと思います。


これまでの僕の人生においても、
今いる場所が沈みかけている、あるいは、僕が死にかけている時に、
別の船がふと現れて、それにエイヤッ!と飛び乗る……というパターンが
しばしば起きました。


2011~12年に引き続き無職となりましたが、
今圧倒的に違うのは、自分の決断を応援して下さる人々の多さです。
プログラミングを過去にやっていた、という友人もいて
善き『先生』たちに教えてもらっています107.png


そんな今は、心身と感覚面ではとても楽になってるけど、
週に1度くらいどーっと、かなり疲れる日が出てきます🙄
欲を言えばもっと頑張れるかなというのがあるけど、
積年の疲れ』というのはこういうものなんやろうか…?と
考えているところです。
かくいう今日も、朝起きてもヘロヘロ、昼も眠くて疲れて仕方ない、
ちょっと勉強どころでは無くなっている状態です。
プログラミングの勉強で予想以上にエネルギー使ってるのも
一因なのかもしれませんが……
(関数、繰り返しのfor、while等がまだ僕には難しい部分も)


救いなのは、僕が僕自身を無理やり、
飛ばそう、急ごうと焦らなくなっていること、
動けない自分をだらしない、ボケだアホだなどと
罵らなくなったことでしょうか。特に去年位から。
”前職”の間で自分の疲れ傾向などがある程度わかったためです。
結局全部がぽしゃってしまう可能性も高まりますから119.png

心身と感性が削られていく日々で働いている中で
それに気づいたのは良かったかもしれない。
恵まれすぎた職場だと、そんな自分にも気づかず
今も自分を罵りイライラくすぶり続けていたかもしれないから…


お陰様で、今日も生きています。
そして、それでも前を向けています112.png



6/15 今日のいいこと:
かぼちゃコロッケが醤油と合うことを発見したこと。結構おいしい

[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2018-06-15 16:07 | Comments(0)
2018/3/16~18 利他の心を求めて
昔よりは、つい利己的なことに頭がシフトさせられがちな状況より
脱せていたらと思う。そう思える幸せ。
エゴイスティックな焦りや喪失感が湧き出る度に
更にあふれる虚無感と哀しみ。
それを止めたかった。

止めようとするたびに、更に毒を盛る人間たちも現れた。
決着を、付けないといけなかった。
修羅と化してでも。
何百人もの敵を淡々と屠ってきた特殊部隊の兵士のように
殺戮マシーンのように殺しまくるしかなかった。
叫ぶことも無く、無言で引き金を引き続けている。

心のどこかで、『人間に戻りたい』と願いながら。






一方でそのベンチマークになる善き人々との生のつながりが
存在しているというありがたさと安心感。

やっとここまで辿り着けた。長かった。長すぎた。
それでも生きてきた。
生きて、これた171.png


3/16 今日のいいこと:
雨の朝にLinkin Park聞いて通勤、いいもんです

3/17 今日のいいこと:
来る4月、新たなお花見のお誘いがあったこと

3/18 今日のいいこと:
たまには夜に一人スーパーへビール買いに行くのも楽しいですね

[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2018-03-26 14:44 | Comments(0)
2018/3/12~15 遅れ、その中での光
日常のこと、他にやりたいことで精いっぱいで
どうしてもこのブログの更新が遅れてしまう144.png
最盛期の今は……そのやりたいことも
ちょっとは封印気味になってしまうこともある。

すべては明るく楽しい春以降のため、
といってもなんやかやで
未来を待つ楽しみやワクワクも以前より感じられるし
花粉対策しながらもちゃっかり冬は冬を
楽しんじゃってる自分も出てきているかなあ101.png
孤独を好むこともあるけど、完全に一人じゃなくて
そのつながりが僕に喜びを下さっていることに感謝110.png


3/12 今日のいいこと:
最盛期の仕事が少し落ち着いてきました

3/13 今日のいいこと:
自炊した弁当に塩を少し加えると美味しさがUPした

3/14 今日のいいこと:
以前やっていたある言語の勉強がここにきて愉しくなってきた。
その言語を話せる良き友人たちのお陰だと思う。感謝。

3/15 今日のいいこと:
普段風呂場で聞くことが多い楽曲をイヤホンで。
やっぱり音質が違う。

[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2018-03-25 13:09 | Comments(0)
2018/3/8~11 相模原の事件から真の『多様性』を考える
※この記事には少々重い内容が含まれています。



前回の津久井やまゆり園、そして
その加害者である植松氏のことから考えたこと…

この加害者自身も精神疾患だったことを話しましたが
ある意味、障害者が障害者を殺した事件、
それがこの津久井やまゆり園の事件ではないか、と考えています。


私経験ですが……僕の抱える発達障害においても
未診断の中で深い心の闇を抱えっぱなしになっている人、
診断を受けたものの診断自体や自分の与える影響を軽視している人が
周囲に破壊や混沌を撒き散らしてしまうことも、少なくないと思います。
障害者が別の障害者を『破壊』することも少なくありません。

実は僕自身も、未診断のとき、特に小学生~高校生のときに、
僕と同じように発達障害だったのではないか…という周りの子を
いじめてしまったり、ひどいことを言ったりしてきたこともあります。
その懺悔の為にも、僕は一生自分の持っているものと向き合う必要があると
考えています。

そして大人になり、発達障害の診断を受けた今は……
他の発達障害、精神障害の人たちに
精神をむちゃくちゃに引っ掻き回され、
その中には、『精神的レイプ』と言っても過言ではないことも
何度も何度もありました148.png163.png

レイプとは『魂の殺人』とも言われる恐怖と暴力の行為とはいいますが
精神の世界では、僕も男ですがその恐怖を感じることがあります…。


SNSでブロックしているのに執拗に僕に話しかけてきたり
汚い冗談を放ったり、まるでナチスの強制収容所の兵士のように
すごく怖い強圧的な態度で僕にがなり立ててくる者。
初対面で僕を侮辱するかのような(SMバーのようなネタ)をしては
歴史に関する話で高圧的な態度で機関銃のようにまくし立て
汚いいじりの言葉を衝動的に撒き散らしてくる者。
TPOを全く考えず、10代後半の僕でもすることをためらうような
下ネタや性的な話題を寺院や歴史的な風致地区で夢中で続ける者。

……発達障害関係の人たちを上げるだけでもこれだけ
害をもたらしてしまう人がいます。
そして、被害妄想と言われるのを覚悟で申し上げると
彼らはどうやら、僕のような人間にはどうしても彼らの持つ
闇や暴力の衝動を抑えきれなくなり、僕は
決して掃除されない便所のように扱われ続けるようだと感じています148.png140.png


ナゼダ、 ナゼ… … …
俺が20歳ちょっとで抑える・止めることができたことを
この人たちは止めることができないんだ……
(一人理由を推測すると、こういう人たちが人間的な哲学など
 読書や考察などが足りてないのかなと思うことは普段でも多々ある137.png


僕はこうした『闇』を伝えることも、
当事者だからできることでもある、と思っています。


僕は僕自身にとってだけではなく
個人的にはこれは非常に危機的な状態だと思っています。

ダイバーシティ社会っていうのは、少数派、
ここで言うなら、障害者という少数派だけが得する社会じゃない。
僕も自分の特性の全部を何でもかんでもわかってもらって
尻ぬぐいばっかりしてもらおうとは思わない。

今は自分の持っているものを認めてくれる人たちが
ありがたいことに徐々に確実に増えてきているといっても
それでも僕は今いてくれる人たち、これから出会う人たちを
裏切ったり悲しませたくない……。
そのためには向き合うべきことにもちゃんと向き合わないといけない。
というか、そこを粗末にして、
人と人との温もりや信頼の中で生き、助け合うといった
本当の意味での幸せで生きている人を見たことがない。
自己評価も低く、闇を撒き散らす人も多い。


発達障害には『こだわり特性』ってあるけど、
僕は同じこだわるなら……
人を不幸にしないこと(かつ自分を抑圧しすぎない)ことに、こだわりたい。




3/8 今日のいいこと:
友人とのメッセージアプリでの爆笑トーク

3/9 今日のいいこと:
↑の友人と、震災2日前に東北のクラフトビールをたくさん満喫。
素晴らしい夜をありがとうございました

3/10 今日のいいこと:
1000円カットのお店でうぶ毛剃りもやってもらえました

3/11 今日のいいこと:
やっとニラの価格が98円に落ち着いてきましたね

[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2018-03-24 13:09 | 葛藤 | Comments(0)
2018/3/4~7 相模原、惨劇の現場にて
※この記事は、過去に日本国内で発生した凄惨な事件を基にしています。




2016年の7月、神奈川県相模原市……
日本全国を震撼させた事件が起きた、その場所は。
津久井やまゆり園

知的障害者の方々が惨殺された、惨劇の現場です。
犯人の植松聖(うえまつ さとし)容疑者はここの元従業員で
皮肉なことに、この植松容疑者も精神疾患を患っていたとされています。



今回、僕は仕事の最盛期ではありますが、
20代のうちに一度は、せめてもの鎮魂のために伺いたいと思い
この場所へ伺うことにしました。

夜行バスで横浜駅に到着し、
青春18きっぷを使って相模原へ(その後は奥多摩を訪問し、成田空港へ)



そこから二ヶ木行のバスに乗り継ぎ(片道210円)
施設前のバス停に降り立ちました。
e0120944_15062990.jpg

施設自体の写真は、犠牲になられた方々を考慮し
撮影は控えました。


寒かったですが、雲一つない青空、穏やかな時間。
信じられないです。

この道を、あの植松容疑者は
自身の『使命』に基づき、知的障害者の方々を屠るべく
凶器を持って歩いていたのか……
本人は狂気を狂気を思っていなかったのだろうか。
e0120944_15063159.jpg

『狂った人間は、自分を正常だと思っている』か。



施設の前で目を閉じ、黙とうを捧げました。
黙とうをささげた後、ある激しい気持ちが湧いてきました。


それは、なぜ
植松容疑者自体も、精神疾患を患いながら
その狂気以外の道を取ることができなかったのだろうか、
ということです。
自分と重なる部分がありました。


僕の障害は植松容疑者とは違い、先天的なものですが…
僕自身も、障害の診断を受ける前は、
暴力やいじめを撒き散らす側に立ったこともあります。

今はそこからは幸い逸脱できているようです。
もしそうでなかったら、今僕の応援をして下さっている人たちは
ここまで僕と一緒にいてくれなかったのではないかな?と
思うことが往々にしてあるからです。

もし、植松容疑者も自身とより向き合えていたら
このような形での終わりや犠牲も出なかったかもしれない。
『なぜだ…なぜだ……!』という嗚咽が止まりませんでした。



帰りに立ち寄った駅前の喫茶店では
優しい店主さんが消費税分をサービスしてくださいました。
あの日散華された知的障害者の方々の、ご加護かな…?

ちなみに津久井やまゆり園は
JR相模湖駅からバスで本当にすぐでした。
電車を降りて、バスの待ち時間考慮しても
1時間もあれば訪問することが可能と思います。

折に触れて、また訪れる日が来るかもしれません…。


3/4 今日のいいこと:
JRで成田空港に向かうまでの千葉県の畑の
黄昏時の光景が美しかったですね

3/5 今日のいいこと:
輸入食品店でおいしそうなドイツのクッキーを
お手頃価格で買えました

3/6 今日のいいこと:
ジャンカラのWifiの存在に今さら気づく。これはいい。

3/7 今日のいいこと:
自分でチリコンカンを作ってみたら結構おいしそうな薫り…

[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2018-03-23 13:09 | 旅行記 | Comments(0)
2018/3/1~3 "兄貴"の旅立ち
この記事は一部下ネタ注意?と一応最初に話しておきますが

言わなくてもいいあろか……





発達障害という『マイノリティ』としても、
この方からは勇気づけられる部分があった。
いつか一緒にビール片手に乾杯して語ってみたいな、と思っていた。




この方の『ガチムチパンツレスリング』『ケツドラム』は
8年前に旅立ってしまった高校時代からの友人に、
教えてもらった空耳ネタでした。


凄惨なまでに荒み切った、
7年前に僕が小豆島で一人己を向き合っていたあの時期を
明るくさせてくれた、『歪み無ぇ』御方。
太陽だった。


そしてこの御方の命日は、奇しくも
僕に『レスリングシリーズ』を教えてくれた友人の命日と同じ日である。
友人がそれを教えてくれた日から、10年が経ったのだ。
それが更なる衝撃を残した。


僕の知己と同じ日に、僕の知己の処へ行かれた。

Rest in Peace......
ありがとうございました、ビリーさん。
Thank you so much Mr. Herrington.




まとめサイトも:
https://matome.naver.jp/odai/2152011495499122401



3/1 今日のいいこと:
カフェインレス生活がだんだんなじんできたこと

3/2 今日のいいこと:
久々のミスタードーナツ、おいしかった。

3/3 今日のいいこと:
所々取り入れているミリタリーファッションを満喫。
軍服をファッションにできる平和に感謝。

[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2018-03-22 23:51 | 葛藤 | Comments(0)
2018/2/25~28 ピンチはチャンス・カフェインレス
1月下旬から胃の調子が悪い状態がずっと続いていました。
回復しては悪化する、の繰り返しで、
前々から再度呑みに行く約束をした人とも呑めずにいます155.png


そんな辛い中でちょっと見直してみたのが
『カフェインレス』生活に舵を切ってみよう、ということ。

振り返ればここ数年、職場でもインスタントコーヒーを
かなり飲むようになっている生活。
このままカフェイン中毒になってしまう危険性も
ゼロではありませんでした143.png153.png


眠くならないか心配でしたが
思い切ってカフェインレスに舵を切ることに。
コーヒーの代わりに飲むものとしては、
カフェインレスのハーブティーを買うことにしました。


400円弱で20~30パックくらい入っているものもあり、
健康のための安い投資と割り切れそうです101.png

カフェインレスをした最初の1日はなんだかダルさもありましたが
これはカフェインが抜ける際の症状といったところでしょう。
数日もすると慣れてきました。

そして数日たつと、カフェインが程よく抜けたせいか
何となく心身ともにいい影響が出てきたような気がしています。
体の底から本来のバイタリティが蘇ってきた感じ。
(タバコを止めた人なども、こんな感じなのだろうか?)

カフェは好きなので、時々は本格的なドリップコーヒーを
今後飲むこともあるでしょうし、
コンビニの100円コーヒーも時々飲むでしょうが
(ただし、すきっ腹にブラックコーヒーはなるべく避ける)
今後、お店などを利用する際も、
お金はかかりますが、カフェインレスを頼むことが増えそうです162.png


2/25 今日のいいこと:
色々とお誘いの多い1日でした。ありがたいです…

2/26 今日のいいこと:
ホームセンターをぶらぶら。
将来の生活などを想像するのが愉しくなっています。

2/27 今日のいいこと:
ふと思い立った検索ワードで調べものしたらかなり面白かったです

2/28 今日のいいこと:
妊娠中の友人にカフェインレスコーヒーをあげた所大喜び。
自分も試したくなりました 笑

[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2018-02-28 22:46 | 未分類 | Comments(0)
2018/2/21~24 FREEZING
凍てつく寒さを生きる中で
このブログもFREEZING=凍結状態144.png176.png
SNSはまだちょこちょこやっているけれど
色々ありすぎて、更新が間に合わず130.png

…それにしてもやっぱり時折かなり寒い冬はあれど
精神的・肉体的な耐久力はやっぱり上がってるなー。
本当に色々な人々のお陰だろうな。

夏の暑さより、冬の寒さの方がまだ耐えられる(大阪に限っては)



2/21 今日のいいこと:
輸入食品店でハーブティー探すのが愉しいです

2/22 今日のいいこと:
胃が回復。最近食べられなかったものが
また食べられるようになってきました

2/23 今日のいいこと:
月一で通っているクリニックでまた新しいコーヒー処を発見

2/24 今日のいいこと:
前回は分煙だったカフェが完全禁煙になっていたこと

[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2018-02-27 10:30 | 未分類 | Comments(0)