2007/7/10 Language
ドイツ語、トリプルコンボ!
なんとか無事単位は保護できましたかね。
まま、せっかく学び始めて楽しかったドイツ語。
このまま楽しく身に付けたいものです。

高校の時までは
「外国語なんて英語だけでほぼ大丈夫じゃないの?」
という思考がありまして
第二外国語習得にはあまり乗り気では無かったのですが
いざ大学に入って始めてみると、これほど楽しいとは・・・

更には、実を言うとドイツ語・フランス語は
最も興味の無かった第二外国語でした。
だがしかし、うちの大学は第二外国語はフランス語かドイツ語が必修。
最初は相当な衝撃でありました・・・。
ドイツ語は、主にドイツ、オーストリア、スイスとその範囲はそこまで広くなく
フランス語の方が広く使われていて(植民地が多かったですからね)
国連の公用語にもなっているのですが
個人的な好みでドイツ語を選択してしまいました(´∀`)グーテンターク

でも、この選択は間違いではなかったと思います。
他にも外国語を学んでみたい、という感情も芽生えるきっかけとなりました。
ドイツの人とも一度話してみたいかも、というきっかけも。
(仏は、下手に話すとなじってくる人もいるそうです。僕はこれでは萎えますわ_| ̄|○)
生涯学習のきっかけまでつかめたような感じで、すごく嬉しいです。
いろんな角度からさらに物事が見えるのがもう嬉しくて嬉しくて。
だから外国語って楽しいのだな、と実感。

スペイン語も面白そうなのですが
あえてアルファベット以外の言語に挑むのも面白そうですね。
アルファベット圏以外で興味あるのは、現在ロシア語です(´ω`)ズドラーストヴィチェ

そしてここを訪れてくださる人々が
今まで何語を学んできたかも少し気になるのであった(´∀`)

追伸:久々に板チョコを一枚まるまる食べた。ンマイ。


今日の(・∀・)イイ!こと
英語講座がいつも以上に盛り上がったこと
[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2007-07-10 23:36 | 未分類 | Comments(2)
2007/7/9 NARUTO ナンバー361
WARNING!!
※この記事には、週刊少年ジャンプにて連載中の「NARUTO」に関する
所謂「ネタバレ」が含まれております。
まだ先の展開を知りたくない、という方はご注意ください。

今日は朝早めの外出&テストということで、ブログは朝回し。
しかし、コーヒーを飲んだり、昨日も少し遅く起床したためか
なかなか寝付けませんでした。
睡眠のこと書いておきながら、これはイケナイ(´・ω・`)ショボーン


今日の(・∀・)イイ!こと
早期終了した授業が多かったこと

<以下、NARUTO感想欄>
_____________________________________

デイダラファンの方、ほんとすんません・・・_| ̄|○
読む前から「デイダラが負ける」という思考全開でした(核爆)

そして今度のC4は少し小さめ。
サスケが取り込まれた・・・

写輪眼で自分の体内を透視していましたが
白眼と完全に違う点は
「経絡系が見えない」
というところでしょうな。
写輪眼が白眼から派生した瞳術だとも言われてますが
この能力はそれの簡易版のようなものでしょうか。
(「カカシ外伝」ではオビトもリンのチャクラの動きを見ていたことですし)

デイダラが千鳥のことを雷切雷切言っていたあたり
これは恐らくカカシパワーですなぁ。ネームバリューといいますか。
コピー忍者の名は伊達ではありませぬ。

そして「喝」、ここでもサスケはどうやって生き延びたのかが謎で謎で
ある意味サスケ信者になっていたかも・・・(つ∀`)ウヒ
サスケがデイダラを殴るときの瞬間、サスケの目が据わりすぎてて少し怖いw
その後サスケに殴られたときのデイダラの顔のひしゃげ具合がまたすさまじい(爆)
ナルトのお次はサスケですかw

千鳥を全身に流して事無きを得たサスケ。
そういえば「状態2」の羽の部分だけがモゲてましたね。
千鳥が通っていなかったのでしょうか。

それにしてもデイダラの「芸術」は全部土遁だったのか!
まぁ、カカシ外伝でも土遁使いまくりの岩隠れ出身だからなぁ。
土遁使って雷遁にヤラれるとは・・・角都と同じだ(つ∀`)アイター

最後のサスケの「チャクラを色で見分ける」という台詞。
この「色」というのは、火・水・土・雷・風の5つを見分けるのでしょうか。
だとしたらナルトvsサスケになってしまったら
風遁系が見破られてしまって、火遁で打ち破られる可能性も無きにしも非ず
・・・ということですよねぇ。果たしてナルトに勝機はあるのだろうか?

追伸:「銀魂」と新連載のマンガも読んでみました。
    前者、読みきりで読めた上に感動的な話でしたのぅ。よかったな、神楽(*´∀`)
    後者は、大航海時代OnLineを思わず思い起こしてしまいましたよ(爆)
    設定もなかなかイカしてるように思います(・ω・)来週も読んでみよう。

[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2007-07-10 07:55 | NARUTO | Comments(0)
2007/7/8 そこで会えた
うーん、すっきり。

テスト勉強に向けてしっかり大航海を遊んでおけたかな。
今日は北欧圏でドカドカ投資、投資、投資!
ロンドンでしっかり北欧圏の公用語、ノルド語を覚えておいたのでらくらく。
ぼでぃーらんげーじ(=身体言語)だけでは辛すぎます、サー!

しかしバルト海で雪が降るとあそこまで視界が悪化するとは_| ̄|○
ホント目が悪くなりそうでした。特に夜間。。。(つД`)
しかもあの辺りは海賊強いわでもうてんやわんや。

でも良い事もありました。
ストックホルムの酒場娘(=イングリト)には
ずっと前に使い古しのプールポワン(衣服)あげただけなのに
しっかりワシのこと覚えててくれてました。
NPCなのに、すんごく愛着が湧きますなぁ・・・。
ゲームシステムなんて超越してしまいますよ。
こんな娯楽を作れるコーエーという企業って、すごい。
他の仲良しの酒場娘も「あら、さんかく関数さん」と言ってくれるのですが
もうね、アンタらみんな大好きだよ!と(゚∀゚)b
皆オンラインゲームのNPCキャラなのに、すごく愛着がもてます。
こんなゲームに出会わせてくれたある方に感謝。

出会いというものは、不思議なものです。
現実にしろ電脳にしろ、出会いがあるからこそ、変化したことってあるんですよね。
入学試験受けて入った大学だって
もし別の大学に入っていればどんな運命が待ち受けていたのだろう?

それ以前にも希望よりレベルの低い学校に入ってしまった、という経験があったのですが
そのお陰で逆によかった、と思えたことも沢山沢山あります。
そこにいなければ、今のすばらしき友人とも出会っていなかったのですから。
逆にその学校に行っていればどうなったろう?などと
考えてしまうのは、果たしてただの予測か、それとも愚かしき傲慢か。
出会いのチカラ。

大航海時代OnLineを薦めてくださったある方に会うにしても
そのプロセスを遡ってみればそれはそれは神秘的なものです。
あらゆる要素が複雑に絡みあって出会ったのだ、と。

今、あなたがそこにいるのも
遡ってみれば・・・神秘的な運命のねじれが存在するかもしれません。
人生の不思議とは、なんとも甘美な匂いがするような気がします。

追伸:電脳で出会った方々の中には、現実でも是非お会いしたい方もいますね(*´ω`)


今日の(・∀・)イイ!こと
リアル友の運営するBLOGに招待してもらえたこと
[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2007-07-09 00:56 | ゲーム | Comments(2)
2007/7/7 I don`t want to forget
さーさーのーはーわーしゃわしゃー♪ヽ(´∀`)ノ

・・・え?何かが間違っているですと?そんなことないですよ(・∀・)

うーむ、七夕だというのに今年は笹の葉を見ていない・・・
子供の頃は親が花屋で買ってきた笹を飾って
乙姫と彦星の幸運を心から祈ってましたなぁ。

小学校一年の頃は、クラス毎に大きな笹を飾ったりで
子供心にワクワクがとまりませんでしたなぁ。
小六の頃は小一のクラスに行き
子供たちが短冊に願い事を書くのをサポート?したのですが
僕が見てあげた子供が短冊に「たんこぶ」と書いたのを見て
「君はたんこぶになりたいのかw」とツッこんで笑っていたのを覚えています(爆)
その「たんこぶ」と書いた子も今は中二。
元気であってほしいものです。

しかし、ドイツ語の試験やその後の家族での食事で脳みそがいっぱいで
こういうことを忘れてしまってました。
なんだか残念無念。
こういう純粋さというかけがえの無いものを失ったかのようで・・・
お盆やら誕生日やらクリスマスやら正月やら、毎年こういう時が来るたびに
少年時代の純粋な心持は思い出したいものです。

しかし今日は少し曇り気味だったっけ?
果たして織姫と彦星の愛は大丈夫だったのでしょうか。

♪愛をもらったり 愛をあげたりを繰り返して
 いつごろ僕らは大人になるのかな(ガガガSP「ひとりぼっちの世界」より)


今日の大航海時代OnLine。
e0120944_0501734.jpg

イジー(-3-)
隅っこでいじけてみる。
当のワタクシは、天の川のかわりに北海を渡っていました。まる。

追伸:ライフログを少し大げさに改訂しました。


今日の(・∀・)イイ!こと
ドイツ語満点の予感!思わず友人とアツイ握手!
[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2007-07-08 00:50 | 未分類 | Comments(0)
2007/7/6 深く静かに
音楽を聴きながら夜道を歩く

イヤホンを外す

振り向く

静寂

なんという心地よさか。


今日の(・∀・)イイ!こと
曇っていたお陰で、涼しかったですなぁ
[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2007-07-07 00:15 | 詩文形式 | Comments(0)
2007/7/5 蘇る旧き電脳の記憶
最近、あるゲームに運命を感じています。
それはメダロットです。
ゲームボーイのソフト引っ張り出してたら、ハマってしまった・・・(´∀`)ナハハ
小学校の頃は腐るほどやってたもんですw
中学の頃に出た「Navi」からだんだん冷めていって、
友達の薦めもあってすっかり
ロックマンエグゼに転向していきましたが
まさか今になってハマるとは・・・w

実はこのメダロット、僕がインターネットを始めるきっかけとなったゲームなのです。
初めてこれに関わるサイトを見つけ、カキコミを始めたのもメダロットHP。
初めての書き込みは、マナーサイトを見てからのドキドキ書き込み。
そのマナーサイトもメダロット絡みなものだから
今になってみれば驚きです。
この頃、まだ西暦2000年、小学5年生。
現在の「さんかく」というPNもまだ使っていない状態でした。
このPNを使い始めたのはだいたい小6か中1くらいの頃です。

あれから、7年。ちったぁ成長した模様です( ´ω`)y-~~
その間のことを全部吐露してみたいのですが
恐ろしい文の長さになりかねないので、今回は撤退(´∀`;)

子供だった故に、今以上によく過ちを犯してきました。
感情的になって問題発言をしたこともありました。
管理人さんの言うこと聞かずに、好き放題やってバカやったころもありました・・・。
書き込み禁止にもされたものです。
こういった電脳の生き様もしっかりこのPNに刻み付けて、忘れずにいたいものです。
個人の「負の遺産」は、己が過ちを犯さないためにも必要だろうと考えています。
あの頃僕が迷惑かけた人達は、今どうしてるのかな・・・

今年になってメイプルストーリー(以下メイプル)から大航海時代に転向しましたが
メイプルは無料ゆえか、小中学生ユーザーが占めてる割合も高め。
対して大航海は有料、しかも少し高級なので、成人ユーザーが殆どです。
18歳の僕が一番若い域にいるくらいやもしれません。

話は変わって、当時11~12歳の僕でも
敬語、句読点は最悪使うように心がけていたのですが
今の子供はタメ語、命令語をインターネットで使うことが当たり前になっているようです。
文字だけでは表情が伝えにくいので、顔文字などの表現技法も全く使わずに
「あり」「よろ」「おめ」「どけ」「かえせ」などと述べる。
本人である子供たちはそうは考えていないかもしれませんが
まるで冷たいロボットのような・・・。
少し、心配です。

子供は、周りも使っている言葉を
自らも自然に覚えて、無邪気に使おうとします。
例えば「2ch語」や「VIP語」の連発にしろ―――
これは画面の向こうの他人を不愉快にすることもしばしば起こるのですが
子供はそれに気づかないパターンも多い様子・・・。
「子供は残酷」と言われる所以と思われる部分ですね。
しかし何よりも、大人達がインターネットのコミュニケーションの特性・礼儀を
子供たちに分かるように啓蒙しきれていない気がします。
小学校でもインターネットを教えるなら、そこを徹底的に教えないと
今後のデジタル時代において変な大人を量産することになりかねない気がします。

同じ過ちを繰り返させないためにも
大人として、インターネットを愛する者として・・・

今日の大航海時代OnLine。
e0120944_072488.jpg

西部劇くさいことをやってみるテスト(・∀・)
樽の間に隠れて、銃を背負って・・・


今日の(・∀・)イイ!こと
久々に生の「NARUTO 疾風伝」を見れたこと
[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2007-07-06 00:08 | ゲーム | Comments(0)
2007/7/4 教育改革?
昨晩は疲労状態にあったので、早めに就寝。
このBLOGを朝に持ち越すことに。

昨日は学内ボランティアなるものに参戦。
内容はといいますと、図書館の本の落書き消しというものです。
楽しく会話しながらで、有意義でした!
消しゴムがみるみるうちに消えていきました(爆)
一般参加として、これからも参加させていただこうと考えています。

しかしこの落書き消し、すごいものがありますな。量が。
よくもここまで公共物に対して傲慢になれるものです。
「おまえのものはおれのもの」と主張しているかのごとく書かれています。
ジャイアンもびっくりです。いや、むしろ彼はそういうことはしないか。根はいいやつだから。

せっかく興味ある本を開いたときに、このような落書きがあったら、もう萎えます。
この気持ちが分からないのでしょうかね。
解決のためには、やっぱり根本から見直してほしいと思います。
注意書きを貼るとか、罰則を設けるとか。
それ以上に、やはり図書館の本は「公共物」であり、その公共物を
傷つけたり汚してはいけない、という意識を啓蒙する必要があります。
それにしても、こういうのって、本当は小学校でやるべきなんですがのぅ・・・。


今日の(・∀・)イイ!こと
三国志トークなんて久々にしたよ(*´д`)
[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2007-07-05 09:06 | 未分類 | Comments(0)
2007/7/3 革命の半年
今年も半分が過ぎました。
思い返してみれば、あれこれと転換や革命の半年間だったように思います。

今年は受験という緊張の真っ只中からの出発。
そして追い込みの冬季講習に、センター試験。
今となっては遥か昔の出来事のようです・・・。
センター二日目終わってから新聞見る時は、心臓が核爆発起こしそうでした_| ̄|○ノ

そして月が過ぎて私立受験、国公立受験。
いやぁ寒い寒い。
受験がまるでちょっとした冒険劇だったかもしれません。
この頃から早起きを習得しました。
そして早起きの気持ちよさを実感しました。
夏休みにでもまたやりたいですなぁ。この早起き(・∀・)ニヤニヤ

3月は国公立後期受けて
更にはうちの高校が「履修不足」があったので、それをやっておりました。
そのため春休みはかなり短くなってしまったのですが
良き友達に恵まれたお陰で、それも良い思い出となっております。多謝。
そしてやってくる「別れ」。
しかし、僕の絆は終わりません。
僕が皆を忘れなければ、そして皆が僕を覚えていてくれたら、友情は続きます。
制服からスーツに着替えて・・・

大学入学っ!
3月の国公立は没だったので、私立に進学しましたが(浪人は嫌だったので)
現在お陰様で有意義な大学生活を送らせて頂いております。
初めての大学は、何もかもが新鮮でした。
図書館の大きさに驚き、図書館に行く楽しさに出会ったり、
思わぬ高校の知人に会ったり、大学の食堂に入ったり
この頃、初めてTOEFLにも出会いました。アカデミックな英文にびっくりしたものです。
「私立は私立の良さがある」と「どらごらむ」のオレ竜氏が仰っていたのを思い出しますが
確かに、サポート体制、校内設備のデジタル化等はかなり進んでいる校舎も多いです。
身をもって私立大学のメリットも実感しました。
(国公立はオープンキャンパスや入試で立ち入って、大まかな構成は把握してます)
しかし一方で、国公立に落ちたが故に(周囲からも色々と期待されてましたなぁ・・・)
自分は楽しくとも、親の表情や言葉から
親の心理的な様相を考えてしまって大きく苦悩しました。
「口では『大学に入ってくれて嬉しい』と言っているが、本当は
『息子国公立大学合格』という名誉が欲しくてたまらなかったのではないか・・・」
と、一人悲しんだこともありましたっけ。
どうも、感情的な親であります故、自分にもしっかり遺伝してしまったこの性格は
抑えられるようになるといいな、とも考えました。
この月の末から「大航海時代OnLine」を始めました。

5月。昨年は受験のストレスがあったので、GWが物凄く新鮮でした。
叔父・叔母、曾祖母が僕の大学入学を本当に心から祝ってくれて
ああ、受験してよかったな、と思えた気がします。
この月からはサークルに入団しました。。
何でも良いことばかりではないですが、あえてこういう所に身を投じることによって
己をより磨いていけたら、と思いました。
より大人っぽい、大学の「先輩」と人付き合いできることも大きな発見です。
自分は「温室育ち」で育ってきたのだな、と実感できて
自分の弱さに気づけるきっかけをくれたと思います。
仲のよい友人もできましたよ(´∀`)Thanks
そして、大学ではじめたかったもうひとつのこと・・・
この「try-angle」を始めた月でもあったりもしますヽ(・∀・)ノ

いつも6月というと、祝日が全然なくてあまり好きな月ではなかったのですが
大学に入るとそうでもなくなってきました。
授業もやりがいのあるものになってきましたし
サークルもたくさんの行動に参加させて頂きました。
半袖でラフな格好で通学するというのも、なかなか乙なものですなw
この月、センター試験前で切って以来伸ばしていた髪を
バッサリ散髪してきました。スッキリ!!(゚∀゚)b

いやはや、あれこれ終焉したり開始したり
本当どんでん返しの人生だな、と(爆)
まだまだ他にも始めたいこともあるので
計画的にうまく進めていきたいものです。
まず、今年の夏休みは、いろんな所をうろついてやろうかと画策しております!

今回は長くなりましたが、これだけ長くなったということは・・・
それだけ充実していたってことでOKかな(爆)


今日の(・∀・)イイ!こと
たまたま出くわしたサークルの友人とたくさんおしゃべりができたこと
[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2007-07-04 00:56 | 未分類 | Comments(0)
2007/7/2 NARUTO ナンバー360
WARNING!!
※この記事には、週刊少年ジャンプにて連載中の「NARUTO」に関する
所謂「ネタバレ」が含まれております。
まだ先の展開を知りたくない、という方はご注意ください。


さて、まずは目先のレポートをしっかり片付けて
その傍らもうひとつのドイツ語試験や定期試験にも全力で当たらねば。
初めての高校の定期テストも緊張したものですが
大学は手続きとかがややこしいので、更に緊張が・・・
自由な反面、ぼーっとしてると置いてかれてしまいます。
しっかり注意を払わねば。

今日の(・∀・)イイ!こと
大学内で面白い講義に出くわしたこと

<以下、NARUTO感想欄>
_____________________________________

いやぁ、壮絶な嘔吐でしたね(´∀`;)
てかイタチを殺すって、人柱力を集めたらそうするつもりだったのでしょうがねぇ。
どんだけ恨んでるんだ・・・。しかし、イタチを恨んでいるという予想は当たりの模様。
出てきたのが粘土分身。
それにしても「カルラ」ちゅーと、我愛羅の母の名前ですわな。

膨らんだC4カルラが、子供の頃に遊んだ「ふわふわマリオ」みたいに見えます。
全長4メートルくらいに膨らんだマリオの中に入って遊ぶあれです。
今更ながらやってみたいかも・・・

しかしこのふわふわデイダラ分身、爆発後がもう怖いのなんのって。
わずかでもこの破片を吸い込んだら
デイダラに滅ぼされる。なんだか生物兵器くさい。

それにしてもデイダラの技って、C1からC4になるにつれ
どんどん非人道的になっていく気がする。
以前もC2が非人道的だ、などと言いましたがなんだか一次関数的に酷くなってますな~
C2は地雷・クラスター爆弾
(実際では爆発しなかったクラスター爆弾の破片を子供が拾って
腕を無くす事故も発生しています)
C3は東京に燃料気化爆弾落とすようなものです。
「東京で核テロ!」という本も見たことありますなぁ・・・怖っ
「芸術」と称してあんなもの落としてたのかも_| ̄|○
そしてC4は、わずかでも吸い込んだら死に至る・・・
日中は呼吸をあまりしない植物にはあまり影響がないが、動物は次々と滅ぶ。
まさにBC兵器・・・。
某国大統領も、テロとの戦いとかいうならまずはこいt(略)

・・・コホン。
こういう小さな命が、通りがかっただけで滅ぶというのは、痛ましすぎます・・・
そしてサスケ。
サクラが見たら、もう第一巻みたく泡を吹いて倒れるどころじゃすみませんぞ。
逞しくなった今のサクラでも、当分飯が食えなくなりそうなほどの残酷描写_| ̄|○
粉々ぢゃないですか。

幻術でしたけど!(゚∀゚)

しかも前回に破壊された羽は、蛇になって再生してます。まさに大蛇丸。
暁で、千鳥で体貫通!のパターンは二人目ですね。(一人目は角都)

そして貫かれたデイダラ、こいつもまた分身というあたり、まさに
「忍者は裏の裏をかけ」という基本戦略ですなぁ。
しかもデイダラも、瞳術とはおそらく違う方向で
写輪眼に対抗していた術を編み出していた。
瞳孔を絞ることで、あまり瞳術の影響を受けないようにした、というような
肉体的な感じですかね。あの世界は結構医学が発達してるみたいですし。

次回は、誰か第三者の介入が入ってくるやもしれません。

追伸:どうにも、以前から写輪眼マークが二つ並ぶのを見ると
    東方永夜抄の鈴仙・優曇華院・イナバを思い出してしまふ。
    写輪眼でもある意味狂いますから、共通点っぽく感じるのです(´∀`;)

[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2007-07-03 01:15 | NARUTO | Comments(0)
2007/7/1 インドア100%
昨日より目覚めたら、正午でした(爆)
先週は忙しかった分、今日は「大航海時代OnLine」に目いっぱい耽りました。

航海距離はそんなに長くないにしろ
今日はあるお二方に能力UPを手伝っていただきました。
その能力UPは、自分はひとつの町に篭っているだけでいいのですが
お二方はわざわざ、他の町まで行って
能力UPに必要な品物をそろえてくださり・・・
面白いチャットも多くできました♪
おかげさまで滅茶苦茶強くなれました。多謝。
人との良き繋がりの威力というやつでしょうか。

こういう気前の良さ、良き繋がりは、持ち合わせたいものです。
電脳の世界でもそうですが、現実でも
自分の後に続く人々を導ける・支えられる・幸せに出来る器量を身に付けたい。
それが本当にささやかであってもかまわない。
それが本当に身につくだろうか?
今必要な力は、なんだ?
一抹の不安がよぎりますが
そのためには多くのことを乗り切っていこうと思います。

さて、まずは今週に提出するレポートを
二日間でしっかりと練り上げて提出するとしましょう。
楽しいことを100%楽しむために!


今日の(・∀・)イイ!こと
たまには一日中家にいるのも、いいものです(*´ω`)
[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2007-07-02 00:28 | 未分類 | Comments(0)