2007/6/13 口を開けば・・・
今日は大学生になって二度目の発表でした。
一発目は英語だったので、日本語でははじめてです。

本を読んで、そのことに関して
本の要約+自分の感想を述べる、という形式で発表するのですが
いやー、ちょっとやりすぎたかもしれないな(´∀`;)
一時間当たり二人が発表するタイプなのですが、
僕一人の発表+質問で60分近くかかってしまいましたよ(核爆)
リアルでもこのBlogの思想全開にしちゃったかなぁ?w

発表の際は、プリントを用意するのですが、
プリントの朗読になってしまわないように、先生や教授が力強く授業をするかのように
自分なりにエッセンスを加えながら発言していきました。
これには、一部の人たちにワンパターンな感想や淡白な朗読ばっかりだったのに対する
ちょっとした個人的な憤りもありましたが・・・

実はその発表の話題というのが、「IT社会と平和」というもので、
今現在利用しているインターネットについても発表しました。
その中には、インターネットの大きな特徴の一つとして、
匿名性を持ってるということが挙げられておりました。

今の日本人たちは匿名性が無いと物を言うのが怖いと思う人もいるのではなかろうか?
名前さえバレなければと言いたい放題してる輩もいます。
しかし、現実ではちょっとでも変わったことを言うと、白眼視してくる環境。
「言論の自由」があるはずなのに、この息苦しさはいったい何なんでしょうな。
それは、その手の人物が一人いれば、やってくることも残念ながらあります・・・。
別に『私は人が殺したくて仕方ありません。ヒャーハッハッハ』と
倫理を著しく侵害する発言を故意にした訳でもないのに
やれコイツキモイだ、コイツウザイだの、器量が小さすぎるのではないでしょうかね。
18年間日本で生きてきて、感じたこと。

友人の存在には助けられます。
白眼視されることがないし、お互い対等に物を言える、この素晴らしさ。

しかし平気で白眼視してくる人たちは・・・
こういう「議論ができる」「相談ができる」友達がいないのでしょうかね。彼らは。
だとしたら、悲しいことだなぁ・・・。

僕は『普通の人』たちと『普通に』議論がしたいだけなのだが・・・。
友人とだけ議論するのではなく、
そうでない多くの人とも議論を深め、そこから友情を深めていくのも
素晴らしいことだと思うのですがのぅ。

風の王国、メイプルストーリー、02jam、大航海時代と多くのオンラインゲームを通して
全て「さんかく」(しばしば「しかく」)という名前、あるいはそれを冠した名前にしているのは
インターネットで自分が匿名に隠れてコソコソするのは嫌だ、という思いからです。

僕は電脳のこの名に 電脳での生き様を刻みつけよう


今日の(・∀・)イイ!こと
自分の住んでる隣の市の、大航海時代OnLineプレイヤーを、ゲームで見つけたこと
[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2007-06-13 23:53 | 未分類 | Comments(0)
2007/6/12 睡眠と体力
うー
今日は朝はネムネム状態。
一時間目と四時間目だけ、というすごく奇妙な授業時間帯と
それぞれの講義がドイツ語と英語で助かりました。
どちらも楽しくできる授業だったので、ホントよかった(´Д`;)

朝食はあまりたいしたものを食べてなかったので
昼飯は和食を豪勢に頂くことにしました。
お陰さまで午後10時まであったサークル活動も持ちました。
(もちろん夕飯も食べましたよ!)

夕べは実質的な睡眠時間も6時間を切っちゃいましたからねぇ・・・
6時間を切ってしまうと、ホントに調子が悪くなります。脳が休まらないのです。
頭のちぎれたアンパンマン状態です_| ̄|○
前日の知識は収集しきれないわ、
脳・神経系が疲れてるから頭になかなか入らないわ
専門性の高い科目だともう危険危険。

昨今では子供の学力低下が叫ばれていますが、
こういう要因もあるのではないでしょうか。
自分は小学校低学年くらいは9時~10時には寝てましたし
もし将来子供ができたなら、自分もその時間に子供を寝かせるように気を配りたいものです。
おかげさんでそれなりの大学に入れる程度の脳みそは育ちました。謝謝。

学力低下がどうこう、で学校ばっかりに目を向けるのではなく
両親も含む「大人」一人一人の倫理を見ていくべきではないでしょうか。
学校学校だ叫んでたら、先生のほうがノイローゼになるのじゃないか、と。
僕が先生なら、この間某国の工科大学でブッ放した輩のごとく狂うかも_| ̄|○
家と学校が独立しすぎている気がしなくもありませんのぅ。


※ウレシイニュース!
Raindropの神無月優子様より入学祝いイラスト頂きました~!
Holicと東方Projectより一枚ずつ。
お忙しい中、誠にどうもありがとうございましたm(_*)m
大学生活もなんとかうまくやっちょります(`・ω・´)
( ´∀`)っHolicより、壱原侑子さんに
e0120944_041051.gif

人物は言うまでも無く、煙の質感、枠の形式が実にNice!!
Conglaturations! だなんて(*´д`*)

( ´∀`)っ東方Projectより、博麗霊夢さんでーす
e0120944_0422861.jpg

淡~い色遣い。まったりオーラが出ていてそれらしい。
簡易リンク集の「上海アリス幻樂団」は、東方~の公式HPです。

普段はNARUTO・ハガレンメインで、下SIDEのようなほんわかタッチの多い神無月さん。
そんな神無月さんの素敵HP「Raindrop」へ是非足を運んでみては如何でしょう!
ファンでなくとも、とても楽しめるHPだと思います!
(´・ω・`)。o ○(横の簡易リンクからも行けるんだな、これが。)

WARNING!!

これら二枚のイラストは、神無月優子様に著作権があります。
無断転載、複製、直リンク等、著作権侵害に当たる行為は絶対にしないでください。

You are not allowed to copy or link to these 2 pictures.
Please don`t violate the copyrights.


今日の(・∀・)イイ!こと
久々に昼食で友達と笑い話が出来たこと
[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2007-06-13 01:00 | 未分類 | Comments(0)
2007/6/11 NARUTO ナンバー357
WARNING!!
※この記事には、週刊少年ジャンプにて連載中の「NARUTO」に関する
所謂「ネタバレ」が含まれております。
まだ先の展開を知りたくない、という方はご注意ください。


いやはや、サークルのお仕事で初めてビラ配りというものをしました。
案外うまくいくものだったので、ホッと一息。
また少し成長できたかな。折角のサークルだから己を高められたらいいな・・・


今日の(・∀・)イイ!こと
大学へ行くときの道が空いていたこと

<以下、NARUTO感想欄>
_____________________________________

カブトとの戦闘に入りましたね。
仕掛けるのがナルトとは以外でした。
ナルト、一連の戦闘の動きを見るあたり、
やはり「綱手捜索編」の週刊少年ナルトとは違うなぁと実感。
しっかりヤマトもサポートに入ってます。

ヒナタが白眼でカブトを見た時の、体の3割が「侵食」と言ってましたっけ。
なんだか呪印みたいですね。
しかしカブト、適当に戦った所で、冷静に本来の目的を果たすために退くあたり
なかなかのものです。
綱手に匹敵する医療忍術の持ち主が大蛇の力を手に入れた。
彼は一体どこへ向かうのであろう?

これは僕の想像、むしろ妄想なのですが
大蛇丸の力を手に入れたカブトは、大蛇丸の禁術の力まで手に入れてしまって
穢土転生とかも使うようになって
水月と遭遇したカブトが穢土転生で再不斬を口寄せする・・・とか。
巻物に丁寧に死体を保管していたカブト(巻34、9ページ参照)なだけに
穢土転生用の死体はたくさん持ってることだし、
「霧隠れの鬼人・桃地再不斬」はカブトなら知ってると思います。
他にも音5穢土転生とか・・・あれ、こっちのが現実的かな?

・・・とまぁ僕の妄想はここまでとしておき
デイダラ、言動から察するにまさかイタチが嫌いなのでしょうか。
「血統に恵まれただけの勘違いヤロー」と言っていましたねぇ。
血統に恵まれててクールな人間は嫌いなのかもしれません。
もし生きてたら君麻呂大嫌いになってたかもしれません。白もかな。

それに逆上したサスケにトビが斬られましたが、なんと蘇生。
でも、飛段や角都とはまた違った感じのようです。
「ターミネーター2」の敵側のターミネーター、T1000みたいでしたのぅ。
こりゃ溶鉱炉にでも沈めないと死なないのだろうか。
飛段の時も同じようなこと考えましたが(´∀`;)

デイダラ、クモ型の起爆粘土を大量に投げるときにサスケが応戦してましたが
なんだか千鳥を千本みたいにして飛ばしていましたね。カッコイイ!

しかしトビ、デイダラに対する「あ!生きてた!」が口癖になりつつあるような・・w

デイダラ側も、巻28で出たC4チャクラとは別の「十八番」を出しましたね。
あの竜は、口から火でも噴くのか、それとも口から起爆粘土を出すのか・・・
さてはこの戦ってる中にカブトが乱入してきて3すくみになるとか・・・
デイダラは大蛇丸がカブトの中にいることを知れば逆上することでしょう。

[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2007-06-11 23:05 | NARUTO | Comments(3)
2007/6/10 切り拓くは新たな笑い
今日は生まれて初めて経験したものがあります。
それは――――落語です!

大学の友人が落語大学に所属してまして
今回はその彼に誘われて前売り券を買っていたのです。
未知の経験を前にちょっとドキドキでありました。

朝方、家で少し大航海時代で遊んだ後
昼ごろに大阪ミナミへと向かいます。
道中に雨が降ってきました。
大阪地下鉄御堂筋線なんば駅から
なんばグランド花月前の会場へとさらに向かう途中に
道に迷ってしまいました_| ̄|○
その際に花屋のおばちゃんに道を聞いてなんとか窮地を凌げました(´Д`;)

この時になんば駅から道具屋筋を通ってなんばグランド花月へ向かったのですが
道具屋筋、中学、高校と来た記憶が無いので、すごく新鮮に見えて歩いてて楽しかった!
一般の商店街より少し狭い通路がまた良い。
ここは多くは業務用の品物を扱ってるとはいえ、一般の人ももちろん買えますので
またゆっくりぶらついてみたいです(*´ω`)
陶器大好きにはタマらんのですな、これが。

しかし、さすが「現代の」道具屋筋。
メイド喫茶の看板があった時は思わず吹きそうになりましたw
世界は確実に変化しています!w
まぁ、現実的に考えると、日本橋が近いからだと思いますが(爆)

道具屋筋を抜けると、正面が更に商店街、右側がなんばグランド花月。
そして左側が今日の目的地。
しかし、さすがお笑いの殿堂。最初はグランド花月に気がとられて、
建物の前にいるだけなのになぜかウキウキするんですな~。
近くにはたこ焼き屋やラーメン屋があったりで、またこれが街の雰囲気を良くしています♪
この辺りはじっくり探検してみたいなぁ・・・

というわけで、そのしばらく後に会場に入り、
存分に落語、漫才、劇と楽しんでいたのですが
落語は、高校の数学Ⅱで出てくる指数関数のグラフのように
最初は特になんともなくとも
後半で笑いのボルテージがグーンと上がる芸能だなぁ、と感じました♪
台詞がほぼ全てと言っていいほど関西弁で構成されているのも面白いし
一人で全部の役を演じきっちゃうというのもすごい。
自分は高校で演劇をやっていたのですが、その差との比較もできて面白い分野です。

今回の落語に出ていたのは、3~4回生と高学年の方ばかりだったのですが
いつか僕の友人もあのようにして出るのかと思うと、将来の楽しみが増えますのぅ

火照った心を胸に外に出ると
雨が上がっていた。
落語が心の曇りを晴らしてくれたかのように―――

青空を見上げ、微笑んだ。
このなんばというところに、また来よう。

追伸:落語家で有名な桂三枝さん。僕と同じく大阪府池田市在住なんです(´∀`)


今日の(・∀・)イイ!こと
焼肉なんて久々に食べたよ(*´д`)=3
[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2007-06-11 00:52 | 未分類 | Comments(2)
2007/6/9 駆けよ、電脳の大海原
この記事はレビュー風味になってますが
分からない方にも楽しんでいただけたら――と
一部の用語には注をつけましたm(_)m

今日は大航海時代OnLineのために早起きしました!

6月6日で課金を切らしていたのです。
7,8日は、リアルが忙しい期間だったので、あえて課金を見送って
今日は思い切って早起き!
コンビニ決済で支払うので、歩いて2~3分のセブンイレブンへ向かいます。
土曜の朝は、交通量が極端に少なく、快適そのもの(*´ω`)
決済してから2~3時間後に、コーエーのHPで支払い確認をしなくてはならず
その後ベッドに入ってしばらく寝て、
目覚めたときには確認にちょうどいい時間になってました。
・・・その時に女が男をコケにする歌を歌ってるヘンな夢を見ましたが_| ̄|○

その後遊びまくった結果がコチラ!↓
その①
e0120944_111529.jpg

トルコ・イスタンブールにて。聖ソフィア大聖堂。デカイ!
4本あるミナレット尖塔が入らなかったのが少し残念ですが。。。
なんといっても、デカイのはもちろん、美しい( ´ω`)b
しかしこの周辺の海域(=黒海)が危険海域(※1)に指定されていて、
更に強力な海賊がウジャウジャいるのが難点か(つД`)
現在のトルコは親日さんも多いとのことなので、是非行ってみたい国のひとつ。

その②
e0120944_111717.jpg

♪空を見上げれば 星たちがほら瞬いてる(HOME MADE 家族「流れ星」より)
ドイツ北側の海、ユトランド沖での夜空!
現代の都会では無縁の満天の星空です。
ちなみに左上の舵マークに表示されている数字は航海日数。なんと51日!
水・食料はタップリあるので大丈夫だったのですが
さらに一週間が経過すると・・・

その③
e0120944_1132130.jpg

オレンジで囲まれた顔は船の「船員」のステータスです。
顔の右部分に緑と赤のバーがありますが・・・
緑が現在の船員数で
赤が船員の疲労度
あまりの長旅で、疲労度が大航海時代始めて以来の50突破!
普通高くても30くらいなのに・・・!
画面の前で思わず笑いが・・・!
もっと長く航海したかったのですが
あまりに酷かったので近くの町に泊まることにしました(つ∀`)アイター

この後、この船はもうひとつの危険海域―――バルト海に入ることになります。
救命具(※2)も無いなか、強力な海賊が出る海を走りまわっておりました(゚∀゚)
大航海時代初めて以来のスーパースリルでした!
海賊怖さに、町に入るにも飛行機のように迂回して町に入る始末(爆)
そしてたどり着いた最終目標・・・↓

その④
e0120944_120725.jpg

現在のラトビアの首都、リガに入る時の山脈写真♪
北海のBGMは寂寥感があって、この風景がまたたまらない(´∀`*)
冒険家人生万歳!
ってこの中でも「スーパースリル」に近いこと言っちゃってるよ(つ∀`)

※1 危険海域
プレイヤーが他のプレイヤーに攻撃(=PK)をしかけられる海域。
大航海時代OnLineでは、危険海域でのPKは合法となっております。

※2 救命具
船のHPが0になると、動けなくなる。
そのまま放置すると沈没してしまうのだが、これを使うと沈没を免れて
そのまま航海を続けることができる(ただし、船のHPは1からのスタートとなります)


今日の(・∀・)イイ!こと
ウニなんて久々に食べたよ(*´д`)=3
[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2007-06-10 01:35 | ゲーム | Comments(0)
2007/6/8 GIFT
一寸先は闇

幸せも不幸も

思いがけずやってくる

期待をし過ぎないでいられるから

それを喜んで受け止められるのだ

それを強く乗り越えていけるのだ

私にそれを教えてくれた

友よ

ありがとう


今日の(・∀・)イイ!こと
すごく面白い教授の授業に出くわしたこと
[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2007-06-09 00:18 | 詩文形式 | Comments(0)
2007/6/7 心のよりどころ
簡単なリンクコーナーが出来上がりました~ヽ( ´∀`)ノウワーイ
リンクを貼ってくださった方もいて、感謝ですm(_*)m


二日連続、「おかえり」の無い日が続きました。
サークルの影響で帰ってくるのが夜中になり、既に両親は布団の中。
これは「おかえり」が無いのも納得がいくというものです。

が。

最近は子供が家で一人で過ごす時間が増えているといいます。
二日連続遅く帰ってきて、僕は
「子供が家に帰ってきての『おかえり』を知らないと絶対荒むだろうな」
と感じました。
この寂しさは、ほぼ大人になった僕は普通にスルーするのが自然ですが
子供にとっては大きなトラウマになるのだろう、と思います。
そして、それが子供を歪ませてしまうのではないかと・・・

言葉の温かさも、挨拶の良さも知らずに育ってしまった子供は
きっと心をとどめる場所を知らず、不安定になることでしょう。
子供の犯罪がどうこうと言う前に、大人たちよ
そういうところももしかしては忘れてはいまいか?

何かに所属していられる喜び
これは人にとって大きな力になるでしょう。

両親とは少々色々とあったのですが・・・
様々な集団のつながりが、僕に力をくれたおかげで
ちょっと奇妙で不安定な所がある僕もここまでやってこれました。

この感謝を胸に 更なる飛翔を


今日の(・∀・)イイ!こと
ちょっと楽しい計画が浮かび上がってきたこと
[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2007-06-08 00:52 | 未分類 | Comments(0)
2007/6/6 灯りと人と
今日は、用事があって、午後4時前に大学の授業が終わり一旦家で夕飯を摂った後に
午後8時くらいに再び大学に向かいました。
道中で違うサークルの友達と絡んだりてんやわんやでした(爆)

実は僕はなかなかの吝嗇(=ケチ)&慎重者で
節約はかなり気を使いますし、
値段の張るものも、それ相応の価値が本当にあるのかじっくり考えないと
買わないタイプなのです。
CDもIPodがあるので全部レンタルですませたり
ゲーセンで遊ぶときも使う金は決めて遊ぶくらいです。
(親しい方と楽しむ為の金なら、自分が破綻しない限り喜んで出させてもらってます♪)

そんな僕は、今まで夜の町々に灯る電灯を見て、
こっちの電灯はいらないのじゃないのかな、やりすぎじゃないのかな
治安のためとはいえ、こりゃ灯しすぎじゃないのかな、とよく考えました。

しかし今日は冒頭で触れたとおり夜に大学に行く機会がありまして
電車に乗ったのですね。夜景が車窓を次々と通り過ぎます。
車窓から見える電灯を見て、無駄遣いがどうだ、ではなく
ふとそこにある人々の生活を思い浮かべました。
そこにあるはずの、人々の鼓動に思いを馳せました。

また新たな感覚を見つけられました。新鮮な夜。

それにしても、ここ最近の夜風はとても気持ちいいですなぁ(*´ω`)
昼が暑いので、本当にこの涼しさは物凄い快感であります。
今現在も窓を開け放して、この記事を作ってる次第です。
清少納言が枕草子にて
「夏は夜、月のころはさらなり(さらなり=言うまでもない(ほど良い))」
と書いていたことに非常に共感を覚えます。
夜の電車にクーラーなんぞいらんのでは・・・あ、これも吝嗇か(´∀`)
まぁ安全上窓を閉めておいた方が良いこともありますからなw

思えば清少納言の時代は電灯などなく、
僕が感じたこの夜とはどう感じ方が違っていたのだろうか?
あの頃は夜道など深き闇の深遠で包まれていたことでしょう。

僕が窓を開ければ、そこからは家の前の駐車場が見えて
「P」と書かれた電灯が灯っています
街灯がいくつか灯っています
どこかの家の窓が灯っています
そこには人々の生活が確かに存在するでしょう
今現在電気スタンドの下にパソコンをつけて、この記事を書き上げた次第です。

さて、じゃあ電気のためにもちょっとサイトめぐりして寝ますかね( ´∀`)ゝ

今日の(・∀・)イイ!こと
生まれて初めて工作が楽しいと思えたこと
[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2007-06-07 00:18 | 未分類 | Comments(0)
2007/6/5 友よ!
先程旧友に会いました。

え、こんな夜中になぜ?
それはオンラインゲーム内での出来事だからなのです♪
ここで時折出現する「大航海時代OnLine」ではなく
メイプルストーリー」の方です。

彼は現在浪人中で
彼の現役時代の苦労談も聞かせてもらったり・・・
未だ僕にとっても記憶に新しい受験期の記憶をもとに
こちらから受験トークを展開させたり
こちらなりにも受験での体験を語らせてもらいました。

「ライフログ」にも出ている
レミオロメンやガガガSPの話題で盛り上がったり
短いながらも有意義な時間が過ごせました。
つい夜中まで話し込んでしまうんですよねw
不思議なものです。

長き付き合いは、大事にしたいものです・・・
友よ、サクラサケ。

追伸:今日で、この曜日のドイツ語の講座が3週連続休み。オソロシイ・・・(´∀`;)


さーて、今日の大航海OnLineは?
e0120944_23192381.jpg

トリプルショット!
イベント好きには堪りません(*´д`*)
思わずガッツポーズ(゚∀゚)b

今日の(・∀・)イイ!こと
サークルにお菓子を持っていったら皆さんが喜んでくださったこと
[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2007-06-05 23:22 | 未分類 | Comments(0)
2007/6/4 NARUTO ナンバー356
WARNING!!
※この記事には、週刊少年ジャンプにて連載中の「NARUTO」に関する
所謂「ネタバレ」が含まれております。
まだ先の展開を知りたくない、という方はご注意ください。


しかし早くもこのブログも一週間です。
ご覧下さる皆様、そして書き込みくださった皆様、誠にありがとう御座いましたm(_)m
今度とも精進させていただきます。

今日の(・∀・)イイ!こと
サークルのお手伝いが沢山できたこと。もっと精進するぜ!

<以下、NARUTO感想欄>
_____________________________________

おーっと、先週のさんかくの予想はァ!?
大きく大きく外れたーっ!!!

デイダラ・トビは全く反対のサイドに立ち、
なんとナルトサイドに現れたのは―――――

サスケが大蛇丸を倒してから姿を消していた、カブト!
こいつは盲点でしたのぅ・・・。
音といえば(現在は「蛇」ですが)、水月、香燐、重吾で頭がいっぱいで
カブトがいつの間にか頭から消えてましたもん(´∀`;)

時にこの三人、とうとうカラーが出ましたね。香燐の髪の毛が赤なのは以外でした。
しかしこのカラー絵、いつもながら驚きつつじっと眺めていました。
よく見ると蛙の体には「忍」の文字がいっぱい。
しかし――――

――ナンデスカ コレハ!!
たくさんある「忍」の文字の中に何故か「銀魂」って書いてあるのですが!!!
何故忍者の中にお侍がいるんですか!!!
一応NARUTOにも2~3巻にゾウリとワラジがいますけどね( ´ω`)
これはサプライズでしたなww

TOPに戻った後、再び本編へ。
トビが相変わらずコメディアンっぷりを見せ付けてくれてますな~
臆病者のように振舞ってますが、そろそろトビの真価が発揮されるのでしょうか?
期待所がまた一つ増えましたな~
デイダラの「いーい目で睨んでやがるぜ!」はツボでした。
また彼のアーティスト魂が煌々と燃え出したに違いない。いや、メラメラか(´∀`)

しかし相変わらずカブトは話術のうまいキャラですのぅ。
ナルトの過去の話を引っ張ってきて
ナルトの味方か、もう関わらないのかのどっちかになるように見せかけて
実は・・・

なんと、カブトは大蛇丸を自分の体内に取り込んだのですから。

彼のことだから、手術で取り込んだ(大蛇状態の大蛇丸からの移植?)と思われます。
しかしこの一連の動きは、ここ最近の回想でも出てきた、君麻呂を思い出します。
最後のコマのカブトの言動は、巻の24で君麻呂が残した
「僕は大蛇丸様の心に永劫留まる」
というセリフの逆にも見えますな~。

このカブトも、次は何をしでかすのか、注目所です。
とりあえず、ヤマトは追跡をかけそうな気がします。
今のところ遠距離をしかけられるのが
ヤマトのみ(ヒナタが「八卦空掌」並の柔拳が出来れば別だが)なので、
そこから二人が仕掛けていく戦闘というような展開があるのではないでしょうか。

[PR]
# by sannkaku-shikaku | 2007-06-04 21:12 | NARUTO | Comments(2)