<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
2016/6/19~21 SNS、光と闇
昨年の7月、タブレットを買った影響が非常に大きいのですが、
友人たちとのSNSが大きな楽しみの一つになっています。

とはいえ、僕ももっと早くタブレットやスマホを入手して
デジタルライフを満喫したかった、と思うことは今もあります。
特に語学学習にタブレットはすごく役立っておりまして、
2013~14年からタブレット端末があれば、
その時からどんどん学習できたかなあ、と悔やまれる次第です。

通勤中もぼんやりしている時間が長かったこの時で、
その時も、スマホがあればなあ…と思うことはよくありました。
本とiPod(※現在はウォークマンを使用)を持って外出していましたが
やはりこの2つ以外のことをしたいときもたくさんあったのです。
それに、パソコンでできることのうち、
ふと確認したい・覚えたいと思った事を
外出先でも見たり、勉強したりできるのはとても大きいです。
うーん、ユビキタス!まさにデジタル社会の光016.gif


一方では、僕はSNSや、これまではネットゲームをしたこともあり、
(今も、ネットゲームはたま~にやっていますが…)
そこでは『光』のみならず、『闇』も、
タブレット端末を買う前に経験しました。
SNSでも、時には心無い発言や、人を馬鹿にするような発言、
首根っこを引っ掴まれて壁に何度も何度も叩きつけられるような経験も
何度かあったのは事実でした。
特に2013年から2014年の春から夏にかけては
SNSの使い方に非常に悩んだ時期でもありました。


実際に2013年から2014年に、SNSで経験した個人的な葛藤ですが、
信用していた人間が、まるで僕のブログの内容にあてつけるかのような
正論にまみれにまみれたつぶやきボソボソと繰り返して
まるで僕は監視されているような、指先の一本一本まで
ピーーーーーンッ!!!としてないと暴力を振るわれるのような
そんな世界にいるような感覚にさせられたり、
(実際、僕と会った時に、少しでも僕に関して気に食わないことがあると
 すごく不満そうな口調で『何やってるの?』と睨まれたりした。
 一方では、僕の話を『深イイ話』とか、僕のことを不快に思っていないとか
 行動と言動の支離滅裂さが目立つ人だった)

まるで汚染物質を垂れ流しまくっている工場のように
汚い表現や言葉をバンバンバンバン書きまくる人だったり。
この人も、僕のことを『仲間』『友人』と言いましたが
ものを書く仕事をしているにも関わらず、
2ちゃんねる由来のネットスラングなどを
不適切なタイミングで大量に垂れ流すなど、本当に不快でした。
そう言う事を書く人では

口調が猛々しい人では無く、
そうした所は素敵な部分だと思ったこともあるのですが、
自己評価が非常に低く、時には『自分が嫌いだ!!』と
自分に向けて暴言を吐いてしまう所もありました。
一方では自分の問題を僕に転嫁してくる言動も時々ありました。
(口調が大人しめに聞こえるのも、
 もしかしたら根本で健全な自信が欠落してしまっているからかも…
 ちなみに僕は昔自分に自信が全く無かった時、すごい早口でした。
 自分を見せるのが怖かった。見られるのが怖かった。
 知って欲しいと思いつつも、すごく恐ろしくてビビってた)

SNSは、そういうものが一方的に、自分の望まないタイミングで
飛び込んでくるという『暴力性』というものが存在するように思います。
大切なことは、その『暴力性』を、無差別に、
自分の思い込みで振るわないようにすること。
(もちろん、明らかに間違っていることにダメと言う勇気は大切です。
 炎上には気を付けないと危ないでしょうが…)

僕なら、同じ突然であるなら、良い突然を生みたいし、
シリアスなことを書くなら、このブログよりも慎重に、慎重に、
不適切な表現などがあるから注意…などを書くようにしています。
そうすれば、見てくれている人は見てくれたりすることもあって、
後日、実際に面と向かって会った友人から、
『そういえばあの書き込み見たけど、大変だったんだね…
 君に対してその人が行った行為は、確かに酷いと私も思うよ…』
など、温かい言葉を頂けることもあったほどでした。
使い方次第で、『光』を授けられたのは、ありがたいことです。


今にして思えば、先に挙げた人達も
社会に対する非常に強い不安や恐怖があるようで
どこか精神的な疾患(パーソナリティ障害など)や
認識の大きなゆがみなどがあった可能性も非常に高いです。
辛いいじめや、家庭環境をサバイバルしてきた過去もあります。
ですが、そうした人たちでも、暴力を撒き散らしていい理由は
この宇宙のどこにもないのです。
そして、巻き散らしたり人を傷つけたりしなくても、
こうした傷を乗り越えていくこともできます。
(ちなみに、その具体的な方法の一つは、
 無理やり過去を忘れ去ることではなく、
 その過去を、話すべき人に多少程度適切な方法で話すことです。)

これらの要因も、本人と適切なサポート次第で、十分に克服し、
健全でハッピーな人生の可能性を取り戻していけるものです…056.gif


これらの事件の後、具体的に僕はどうしたかというと、 
その後は、コメント非表示の機能などについて学習していき、
今ではある程度距離を取る方法も確立できてきました。
ただ、僕も器用な人間では無いので、
大体はフレンドリストから消してしまうという決断を取ることは多いです。

最近では、あまりにも下品な言葉ばかり吐き散らす人と
危うく関わってしまいそうになることがありました。
幸い、その人と出会う要因になった友人たちが
僕の心境については理解を示してくれたため、助かっています。

その人からのフレンドリクエストは淡々と拒否、
その後はその人が僕の書き込みをフォローし始めたので、
その問題の人と会うきっかけになった友人との話し合いの末、
一番強烈な手段―――ブロックすることを決めました。
無断でブロックすると、友人が何かイヤな目に遭わないかを懸念したためです。

書き込みの閲覧制限のみをするには
友達になっていないといけないようでしたから
ブロックするしかありませんでした。
僕は友人になりながら制限…なんてそんな器用なことは苦手なようです。
友達リストに入れるのも辛かったし、この手の人間は
認められたと思うと『付け上がる』可能性もありますから。

お互いのどちらかが破壊される、もしくは破壊し合うSNSでのやりとりは、
画面越しに繰り広げられる、核戦争です。
画面越しに打った言葉が、時には放射能のようなトラウマを与えてしまう。
厳しいことを言う必要があるにしても、
不必要な破壊をしないようにすることは、僕の中でのテーマです…。


SNSとは別視点での、ネットワークがもたらしたものについてもう一つ。
僕の好きな『コール・オブ・デューティ』でも、
主流であるマルチプレイを好まないのは、それも理由です。
画面越しのプレイヤーたちは、残念なことに
皆が皆、一流のスポーツマンシップのようなものがあるわけではなく、
負けた人を『You are loser!!(お前ら負け組wwww)』だとか
初心者の人を『Nooooooooob!!!!(初心者wwwだっせぇwwwww』だとか
おおよそ、本当の意味でゲームを愉しむ上で一切合切不要な暴言などを
吐き散らす人も少なくありませんでした。

画面越しに、言葉の核ミサイルを撃ち込むようなものです。
ましてや、初心者でも楽しみたいという意思はあります。
ゲームだけでは無く、実社会の仕事の世界などでも
このような可能性や楽しみの芽を奪い取るのは、暴力行為同然。
ネットの世界では、当然『ネチケット』違反であることは
いうまでもありません。
それが破られた末の人の『痛み』は
僕でもあかんものやという考えがつくものなんですが……

大学生の頃に僕は一度サバイバルゲームもやったことがありまして、
結構ハードコアそうな見た目の、ちょっとコワい?お兄さんがいたのですが
実際一緒にプレイするとすごく優しく、
『俺はこれが趣味だけど、初心者さんも一緒に愉しもうね』というのが
伝わってくる人だったのを覚えています。
マルチプレイで他のプレイヤーに暴言ばかり吐いている人は
こうした『本当の意味で強い人』の
爪の垢でも煎じて飲まなくてはいけないだろうか。

個人的な話になりますが、
『言葉を真に受けてしまいやすい』
『辛い経験トラウマになったり、フラッシュバックしやすい』
というアスペルガー症候群の特性を持つ自分には、
特に辛い性質となっています。
結果、一人でプレイした方が、本来の意味でゲームというレジャーを
愉しみやすいなあと思うこともあります。


ただ最近は、自分のやってるゲームを海外にいる友人が始めたこともあり、
気の置けない友人と是非遊んでみたい!というのはすごい楽しみです。
『闇』について長々と話してきましたが、
同じネットの世界にも飛び込むなら
『光』を創っていける存在でありたいな、と切に願います。
さあ、またEURO2016の話したり、
いつか友人と遊べるのが楽しみだなあ024.gif


6/19 今日のいいこと:
京都の『ポール・スミス展』を訪問。感性が磨かれる素敵空間。
ポール・スミスさんも、こんなにお茶目な人だったなんて016.gif

6/20 今日のいいこと:
少し遅い帰宅なったもののまだEURO2016の試合を見れたこと

6/21 今日のいいこと:
良い早起きが出来た一日でした

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2016-06-25 12:27 | 葛藤 | Comments(0)
2016/6/16~18 蹴球通じて、四年越しの仲間たち
更新が遅れがちになっておりましたね。
それでもブログを続けて来れているのは、
昨年の10月に一つ年を取ってから、
人生でどこかブレイクスルーを創らないといけない部分があり
ずっと数年間、あるいはもっと昔から、沈殿してきたものの昇華は
偶然出会ってきた、実ってきたもののお陰かな?
3の3乗、27歳の今年の自分。だがそれは三位一体とは言わないか023.gif


EURO2016が相変わらず盛り上がっておりますが、
4年前、サッカーを大好きになるきっかけになった前大会から
今大会の様相のみならず(参加国が16ヶ国から24ヶ国になった、など…)
僕自身の状況も、色々変わっているものだなあ…としみじみ実感。
それも、ありがたいことに、EUROに関しては、
とてもいい変化がたくさん起こっていることは、すごく嬉しいことです。

最高に嬉しいのは、今は僕の選手や国情報などちょっとは覚えて、
日本、ポーランド、ドイツ…と色んな所から来た人たちと
SNSやチャットを交えて楽しくEUROトークができること016.gif
スペインから大阪に来た友人も最近できたので、
2大会連続優勝を成し遂げ、2014年のW杯の雪辱を果たしたい
彼らの心意気はどのようなものか……もちょっと個人的にはドキドキ。
ヨーロッパの人じゃなくても、4年前はアイルランドに住んでいた
イランからの友人もサッカーが結構好きで、盛り上がりました。
お互いに情報交換などできるのも、いいですね!

いやあすごい。
一人で趣味を深めるだけじゃなく、
色んな人と交流しあって、それを高めていけることが
どれほど素晴らしいかが分かった。
そんな世界を、ずっと求めていて
それがようやく現実になってきている。
更にそれは、簡単に潰れてしまうものでは無さそうだ。
嗚呼、感謝。


6/16 今日のいいこと:
今年から始まった業務のやりがいがだんだん分かってきたこと

6/17 今日のいいこと:
職場で、意外な方が見て下さっているんだな、と実感する
暖かいメッセージを離れた本社から頂けたこと

6/18 今日のいいこと:
最近買った本が、最近自分の中で失われつつあるんじゃないか…と
危惧した自分の中のものを取り戻すきっかけになりそうです

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2016-06-25 11:25 | 趣味 | Comments(0)
2016/6/12~15 EURO、始まりました
6月10日より始まったサッカー欧州選手権"EURO2016"を
楽しみつつ毎日を送っています024.gif

今年も前半が終わるので
職場も上半期決算などがあります。
自分の仕事との調整は、腕の見せ所?
今週と来週いっぱいが一番しっかり働ける時、
決算に向けて備えます。
EUROの番組表を見ながら
どの日をどのように頑張ればやるべきことを済ませた状態で
早く帰れるだろうか?などと考えています……(爆)
4年に1度とはいえ、自分の趣味にうつつを抜かして
仕事はパッパラパー……では困りますもんね025.gif

仕事を趣味のための張り合いだ、と思えるほどの
気概にはまだ遠すぎると反省するばかり。
最近、自分自身を見直す余裕もできてきて、
ここ1年くらい、精神的なストレスや向き合うべきこと、
ズズズズズズーン……とのしかかってきたのもあるのですが、
ちと他責にする癖や、仕事に対するだらしないスタンスなどが
こびりついてきていないかがここ最近の大きな反省点なのです。

例えば転職するなり、他の人生の道を歩むなりしても
これではいかんだろう……ということが結構あったのです。

今の俺が、変えないといけねぇんだ。
4年前、俺はEUROから何を学んできた。
その与えられし希望を、今後も永劫腐らせるわけにはいかねぇ!!


6/12 今日のいいこと:
目のきれいな東南アジア系の若い男の人に
目的の駅へどういったらいいか聞かれて教えたら喜ばれたこと

6/13 今日のいいこと:
先月友人になったポーランドの人と
EURO2016トークで盛り上がったこと

6/14 今日のいいこと:
最近荒れ気味だったSNSのグループチャットが
また家に戻ったかのような良い空間に戻ったこと
ここに辿り着くまでにも、色んな人の支えや理解があったのです…

6/15 今日のいいこと:
以前食べておいしかったイタリアンオムレツのサンド、
また買って食べたらやっぱりおいしかったこと

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2016-06-19 21:58 | 趣味 | Comments(0)
2016/6/8~11 急な夏風邪に臥す
6/7の夜、風呂から上がった直後に
急に体がしんどいのと、熱いのとで
まさかこれは風邪か?と思い、
翌日もしんどいし、あちこち異変もあるので
体温計ったら37度超えなので、急きょ会社を休むことに…

近くの病院が偶然午前中開いていたという不幸中の幸いもあり、
昼に処方して頂いた薬と、スポーツドリンクを飲んでから、
午後はひたすら寝ていました。

そうしているうちに汗をいっぱいかいて、
夕方には結構体が軽くなりました。

それにしても、今回風邪をひいたにあたって
2ヶ月ほど前にメッセージをくれた友人のコメントを思い出して、
それで心理的には随分楽になりましたね。
少し前なら、風邪引いてできること後回しになってもうたとか
焦りや不安、怒りなど
ネガティブな感情がかなり湧いてきやすかったのですが…
不思議とそういうものがほぼ全くないです。

さて、サッカー好きにはたまらない4年に1度のEURO2016も始まり、
男子W杯、女子W杯と3年連続、
サッカー好きにはたまらない6月に突入…
健康を保ちつつ、後々まで残る思い出をしっかり堪能したいものです。



6/8 今日のいいこと:
夜に読み始めた本、今だからこそ感じられるし大切なものを
ひしひしと感じられる本。大事にしたい。

6/9 今日のいいこと:
先日会社を休んだ分のお手助けが想像以上に手厚く感謝。

6/10 今日のいいこと:
本日開始!のEURO2016でたまたま僕が知ってた話題、
友人に振ってみたらご家族にもそのお話を広めてくれたようです

6/11 今日のいいこと:
ヨーロッパの鉄道旅行記の番組に癒されたこと

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2016-06-14 21:31 | 未分類 | Comments(0)
2016/6/5~7 感動を与えた人が感動したもの
さて、6月4日には僕もライブを堪能し、
5日は東京で感動を広げてきたアヴィーチーですが…

彼自身も、日本にはすっかり虜となってしまったようです。
ツイッターでは、清水寺や鎌倉を訪問した写真をUPし、
『この国に恋してしまった』とのつぶやきも。
4度目にしてついに来日を果たすことができた彼の心を
日本はわしづかみにしてしまったようです。

8月末に、一旦彼のライブ生活は終了、
彼自身『アヴィーチー』としての活動に
一度終止符を打つわけですが……

紅葉の季節、11月の中旬~下旬くらいにでも
(東北などの場合は10月の中旬~下旬)
一人のスウェーデン人青年として
また日本に来ていただき、存分に
Beautiful Japanを堪能して頂きたいですね016.gif



6/5 今日のいいこと:
ふとしたきっかけで最近できたポーランドからの友人と
楽しく日本文化トークができたこと

6/6 今日のいいこと:
読書の必要性を感じるこの頃、久々にAmazonにて
自腹で本を買う。この3冊は必要な気がする。

6/7 今日のいいこと:
図書館で借りた感動もしたし考えさせられた本を
一先ずは無事読了できたこと

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2016-06-12 19:57 | 趣味 | Comments(0)
2016/6/1~6/4 最初で最後、Aviciiの夜
6/4(土)、行ってきました!

e0120944_21404901.jpg


A V I C I I !!024.gif
最初で最後の、日本でのライブです。

今年3月、ライブ活動の中止を宣言したアヴィーチー。
彼の軌跡の中で、行くにも行けなかった国の一つ、
それが日本だったのです。


これまで3度、訪日ライブが決まっていたものの、
日本のライブが近付くタイミングで彼自身が体調不良に襲われ、
3度共行けなくなってしまったことがありました。
(なお、チケット代は全額返金が原則されているそうです)

このような経緯もあってか、なんと一部界隈では
『現代の鑑真和尚』なんてあだ名もつけられたそうですが…005.gif


実際に彼は、ライブを続けながら
何度も外科手術を受けることもあったそうです。
現在、アメリカで生活している最中で、肥満が進んできており
4月19日 の記事に書いたことがあったのですが、何と言っても
アルコール中毒など様々な精神疾患にも悩まされていました。
(これについては、英語文献ですが
 はっきり指摘されている記事もありました)
また、今年4月頃にあったアメリカ・ラスベガス?でのライブを
健康上の理由でキャンセルしたことがあるそうですが、
これも、今回は何が何でも来日を果たすために
日本のために調整をしたのでは…とまでささやかれているそうです。

僕はライブが終わった今も、
彼の引退は、彼自身が決めた英断でもあったと思います。
8月いっぱい、ヨーロッパはイビサ島などの公演でおしまいとなりますが、
治療もそうですし、彼自身もやりたいことがあるそうなので
その夢の実現を応援したいですね。


そしてこの日、彼は日本に来てくれました。
僕自身、この手の音楽イベントは不慣れであり、
しかも一人で行って不安もありましたが、
本当に行ってよかったです。

彼がくれた歌を、感謝をこめて、口ずさみました。
一人の時も、今回は時々タブレット端末でやりとりしていた
最近知り合った音楽好きのアメリカ人女性の方に
いたく精神面で助けられ、感謝ですが
この人との絆も、アヴィーチーが話のきっかけになったこともあります。
(氏はアヴィーチーファンではないのですが)

時に、この女性曰く、大阪は結構雨が降ったとのことですが、
当日の大阪・舞洲は、小雨がパラついたものの、
ドーッと雨が降ることが一切ありませんでした。
まるで、アヴィーチーとそのファンの皆様が、
護って下さっているようでした…奇跡です。058.gif


4度目にして、初めて日本に来れたアヴィーチー。
前座を、イビサ島でも実績のある
日本人DJ・YAMATOさんが勤められてからの後、
3時間程度、ぶっ通しで音楽をかけ続けていたアヴィーチー。

疾患を抱えながら、笑顔でお客様を乗せ続ける。
華やかに見えながらも、やはりファンには明かせない
相当な重責もあるのでしょう。
その万感の思いを噛みしめるには、十分だった。

そして、終演となる夜9時が近づき…
最後にファンに語りかける所では、
途中、言葉が詰まっているようでした007.gif
それだけで、僕は心がいっぱいになりました053.gif
多くのファンの方々も、感じるものがいっぱいあったのでは…


しかし、彼自身も最後のコメントで言っていましたが
彼曰く、日本は『The most beautiful country』=最も美しい国
だそうです005.gif
彼の故郷、スウェーデン・ストックホルムも
街並みの美しさ、湖や森など自然との調和は
本当に美しいものがある、と聞きますが……056.gif

ツイッターでも彼は訪日中の写真を度々アップしており、
大阪公演の前は、スタッフと共に京都を訪問するなど
限られた時間の中でも日本を満喫
あれだけの楽曲を生み出せる感性を持った彼が、
どのように日本を感じ、魅了されていったのかは
本当に気になる所でもありますが、
何はともあれ、この日本を好きになってくれて、
本当に、ありがたい限りです。

前述のとおり、8月いっぱいで
彼のAviciiとしてのライブ活動は、
イビサ島にて一旦終わりを迎えます。

もし機会があれば、11月にでも、
紅葉の京都や、関東なら鎌倉、日光などに
舞い戻ってきてもらえたらいいですね016.gif
『Avicii』としてではなく、一人の『Tim Bergling』として、
思いっきり日本をenjoyしてもらえたらなあ…と願うばかりです。
音楽は続けたいみたいですから、良いインスピレーションもあると
願いつつ……



6/1 今日のいいこと:
SNSにて一気に二人、旧知の友人とつながれたこと

6/2 今日のいいこと:
歌の動画を見ながら、片手はタブレットで歌詞確認…
すごく歌詞やリズムを覚えやすいです。

6/3 今日のいいこと:
前から気になっていたハワイ式コーヒー
アイスコーヒーがいい薫り&おいしかったこと

6/4 今日のいいこと:
Aviciiのライブ、帰りは思っていたよりも
ずっとスムーズ&早く帰れました。ありがたや…

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2016-06-06 22:21 | 趣味 | Comments(0)