<   2014年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
2014/4/30 成長を噛みしめる、振り返り、未来へ
色々あった4月も終わりました…
仕事がゆっくりペースになるに当たり、プライベートに避ける時間が増え、
その間で、改めて自分で感じ直すこと、考え直すことの
多かった1か月だったように思います。

今日はちょっと、あまり良くないことがポツリポツリと起こったりもしましたが
最近は自分でも驚くくらい精神が落ち着いています…。
『前はこういうことに遭遇したら、内心マジギレしてたり
 半分パニックみたいになること、よくあったよな…』
という感じです。



僕も発達障害の診断を受け、2年3か月がたちますが、
自分との向き合い方―――障害の事実は受け入れつつも、囚われすぎない―――が、
また開かれていく時なのかもしれません。
自分の周囲の事柄、特に人間関係を整理し、改善することによって、
僕自身も改善出来てきた、証拠なのでしょうか。

他にも、自分自身というものが許せるようになってきたのかな、という感覚を
以前より顕著に感じることがあります。
甘えは良くないですが、許しです。
特に、過去に自分がしてきたことを、過ちだ、過ちだと責めることが
減ってきたように思います。
この件については、僕一人では到底解決できなかった、
人とのご縁がもたらす奇跡というものがありました。


友人たちにも、新たな転機が次々訪れている中、
僕もこの先、どんな運命が待ち受けていることやら……


『一昔前の自分が信じられない』という感覚がすごく濃厚
長年抱えてきた十字架のようなものが
下されるようなイベントが起きたからだろうか。

救い。


今日はすぐ前に迫るGWの予定に向けて、
最後にやるべきことを一気に消化。

仕事のほか、もう他にやり残したことがないか、最後まで確認しなきゃと
ちょっとハラハラしております。


今日の(・∀・)イイ!こと
職場の避難訓練で模擬消火器の訓練を受けれたこと

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2014-04-30 22:53 | 未分類 | Comments(0)
2014/4/29 おちるしずくが
いつからか

ぽたり ぽたりと

おちる しずくが

まっくろのつちのなか

おびえて ねむる たねを

つよく のびる き へと かえた


―――――――――――――――――――――――――――――――――


今日の(・∀・)イイ!こと
今日会った友人が紹介してくれたお店がまた行きたいと思えるお店だったこと。多謝…。

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2014-04-29 22:21 | 詩文形式 | Comments(0)
2014/4/28 ブラックオプス=知られざる闘いに会えなくて
最近、『コール・オブ・デューティ ブラックオプス2』をプレイした際、
キャンペーンでやられてしまうと、そのまま画面がブラックアウトしてPCが止まったり、
ミッション前の画面で突如フリーズしたりとバグが連発しております。

改めて見直したいストーリーもあるのですが
このバグのせいで思うようにプレイができず……。

特に何かをいじった記憶は無いのですが
急にプレイする上で支障がでてきました。
PC上で何かあったのか……?


怒りや憎しみに呑まれてしまいそうだった去年、
『復讐とは何か』『怒りがもたらす破壊的作用とは』を考察・振り返るのに
非常にいいゲームソフトだったので、残念です。。。

キャンペーン画面ならYoutube見ればいいんじゃないかと言われそうですが
やっぱり自分で、大きな画面でプレイするのとでは心身への染み渡り方が違います。
それに、グロ描写・暴言の設定をオンにしている状態で
UPされている動画がほとんどなので
学ぶものを学ぶ上で、受けたくないマイナス影響を受けてしまいそうになるのもあります。


どうにかしたいなあ。また心置きなくやれるようになりたい 025.gif


追記:
5月3日~6日とちと遠出をする予定です。
今年はお金も結構かけました……。
どうしても人生で見ておきたいかな、と思ったのと
人生一度くらい、これくらいお金を使うことが自分にも許されていいのではないか、と
思ったのがきっかけです。

近日、行先を公開します。


今日の(・∀・)イイ!こと
 自分のコミュニケーションの傾向を分析できたこと。
心を許した人にはつい話過ぎてしまう、気を付けた方がいいかもしれない。

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2014-04-29 22:19 | ゲーム | Comments(0)
2014/4/27 春の新陳代謝
今日は一日中、特に用事が無い日でしたが、
やっぱりせっかく暖かくなってくると、外出したくなるもの。

ゲームばっかりするのは無しにして、
ちょっと梅田のデパ地下をうろうろ。
やっぱりいい運動になりました。

しかし、ゆっくりしたのと、運動したのとで…
身体の新陳代謝がよくなったような気がします。
やっぱりちょっと散歩するのとでは違いますなー( ´w`)


今日の(・∀・)イイ!こと
去年靖国神社で買ったお神酒を開封。
スッキリしていて非常に素晴らしい飲み口だったこと。
(靖国さんのお神酒は確か1本1000円也。ぜひ皆様もお試しください…)

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2014-04-29 22:09 | 未分類 | Comments(0)
2014/4/26 全国のコーヒーを味方に?
昨日の記事は、街でコーヒー店を探すことについてでしたが、
そんな話をしていたら、こんなサイト を発見してしまいました。

『日本全国 チェーン系カフェマップ』です。

目的地検索をかけたら、その周辺の様々なチェーン喫茶店・カフェを
自動で検索してくれるHPです。
自分が旅行で行ってみたいエリアや、
旅先で途中下車する予定の駅周辺カフェなど、楽々検索できます。

サイトの下の方に行けば、お店の名前がズラリと並んでいますが、
全国でそのお店がどこにあるかのリストを見ることもできます。
京都で有名な『イノダコーヒー』などもあります。
スターバックスやドトール、エクセルシオールなど、
広いネットワークを持っているわけじゃない店を探す際には
こちらの方が便利かもしれません。

僕自身、日本国内でまだまだ行ってみたいところもありますので、
これもまた、旅の大きな味方となってくれそうです( ´∀`)


今日の(・∀・)イイ!こと
偶然入った酒屋さんで、お世話になってる外国の方と会えたこと

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2014-04-28 15:00 | 未分類 | Comments(0)
2014/4/25 探してしまう珈琲
063.gif

今年に入って、めっぽうコーヒー好きとなっていますが
日本国内を旅行する際、色々ルートを検索しながら、
珈琲店や喫茶店を探すのが好きになってきました。

特に、電車(青春18きっぷ)での旅行でルートを想定する際、
昼時~おやつ時に、1時間くらい止まれそうな駅があると、
(地方だと、降りて次の電車まで1時間…なんてこともありがちです)
これ、駅周辺で何か無いかな?とか思ってしまうのです。

時にこれは、去年末にお多賀さん に行った際、
帰りに彦根駅で缶コーヒー(ブラック、ホット)を買い、
新快速に乗りながら滋賀⇒京都⇒大阪と向かう際に
(*´Д`)ポワワ……となった経験も大きいと思われます(爆)

ついこの間も東京から帰ってきて関空に着いたとき、
なんとなく南海電車に揺られながらコーヒーが呑みたくなり
駅の自販機で買って飲んでました。
でもこの1杯が、なんだか印象に残るんですよね……w

ただ、コーヒーを飲めばトイレも近くなるので
車両にトイレはあるか、トイレ休憩を取れそうな駅までどのくらいかを
電車の旅では調べておかないといけませんし……
バス旅なら、少々高くても、
広い3列シート・トイレ有りで行くのが良さそうです。

去年7月、津山・倉敷を回った 際は、本当は新見にも行こうと思ったのですが
朝カフェインが欲しくて、大阪駅を出たところで緑茶を飲んでいたら、
西明石で膀胱がバクハツ寸前になり…
やむを得ず途中下車をしたことがあります(つ∀`)
ラッシュ時だったため、電車内のトイレに行けなかったのも原因でした。
(神戸以西は工場などとても多く、そちらへ通勤される人々がいっぱいのご様子)

旅行のお供は、その辺りも考慮して
この素晴らしい嗜好品、コーヒーを味わいたいですね。
1杯100円程度のコーヒーでも、旅を格別なものとしてくれます( ´∀`)


今日の(・∀・)イイ!こと
会社帰り、おいしいドイツワインの試飲ができたこと

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2014-04-24 00:46 | 趣味 | Comments(0)
2014/4/24 Who put seeds
心に植えられる『愛情の種』というものが
数年後に芽吹くことがある。
芽吹いて伸びてきた時、花が咲いてきた時、
『ああ、あの時あの人は俺の心の中に"種"を植えてくださっていたのだ』 と、
気づかされることもあるのだ…。

大人になった今、その種が植えられた瞬間、
出来るだけ早く気付けるようになりたいものだ。


今日の(・∀・)イイ!こと
連休中の計画を改めて見直せたこと

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2014-04-24 00:37 | 未分類 | Comments(0)
2014/4/23 今行くべきところへ
今年のGWは、4月~5月と連続10日の休みにはならず、
4月30日~5月2日は、仕事です。
とはいえ、中の4月28日(月)もちゃんと休みになっているのはありがたいですし
5月も、3日以降の休みは、+1日されて7日まであります。

去年は休日出勤 が突如入ったりで
バタバタ大変ながらもちょっと面白いことになっていました。
ワイン西洋美術 など新しい趣味の眼ざめも、
去年のGWは結構きっかけになっているようです。

とはいえ精神面は、半年近くカウンセリングに行けておらず
『去年の、仕事できていない時よりは良くなってる』
『障害者枠でこの会社に入れたんだ』と、自分を励ましながらも
かなりギリギリ、死にかけの状態で、
連休最後の日にカウンセリングに行けて、なんとか死中に活を得たのを覚えています。
今みたいに、色々とあれをやってみたい、これを経験したいなどと
考える余裕がほとんどありませんでしたね。

今年のGW、5月3~7日は、ちと旅行にでかけます。
毎年毎年、貯金を確保しつつ、どの程度娯楽にお金を使うのかを決めるのですが
今回は確保すべき貯金は確保したのち、
かなりふんだんに旅行にあてることにしました。
今のうちにしか行けないし、行く価値がある、そう思ったためです。

去年は会社のこともはじめ、自分の人生の糧になる、趣味の芽生え。
当初は旅行に行けなくて残念だったと思いつつも
必要なステップでした。

来年からしっかり節約&奨学金返済するために
今行くべきところ、行くため、今準備中です。
予期せぬことも起こるかもしれないけど、しっかり計画を練っておかないとな( ´w`)


今日の(・∀・)イイ!こと
課内の人と久々に色々盛り上がりながら作業ができたこと

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2014-04-23 21:49 | 未分類 | Comments(0)
2014/4/22 正論という爆弾を超え
大学時代の僕は、『正論』を言うのがとにかく大好きだった気がする。

でも、何故そういう『正論』を言うのが好きだったかというと、
『正しい』ものに寄りかかっていたかったからだと思う。
それは時に、歪んだ『正義』に寄りかかることすら許してしまった。
人間として最も大事な『自立』が無かったという点では、致命的な欠陥だ。

なぜ、よりかかっていたかったか?
とにかく、将来を生きるのが怖かったから。
大人になること、社会に出ることの恐怖感がすごかった。

誰でも社会に出る時、それなりの緊張や脅えもあるだろう。
だが僕のその水準は、あきらかに異常なほどの高さだったのだ。

口では希望を口にしながらも、
心の底では、社会に対する絶望、不信感、恐怖感……
ありとあらゆる不健全な社会観が渦巻いていた。
自信、プライドなど、持てなかった。
(なぜ僕がそうなってしまったかは、一部の友人には事情を詳しく明かしている。)

まるでその暗黒の感情が引き寄せるかのように
自己啓発セミナーや、病んだ人間たちが寄ってきた。


今僕が生きている世界がウソのようだった。


正論ほど、時として人の心にとどめをさしてしまうものは無いかもしれない。
もう今は、正論だけに寄りかからなくていい。
このような兵器だけに頼らずに生きていける、
自立して生きる方法を、自分はようやく学べつつある。

本当は子供の頃からそうなのが一番だった。
ブラック企業とか、そりゃあ色んな社会のひずみもある。
解決されるべきことが。
でもせめて子供は、それらの闇に覆われすぎないようにあれるようになってほしい。
そのために、僕らができること、まだまだたくさんありそうだ。

そこに正論ばかりはいらない。
僕ですら、正論という爆弾のアホらしさが分かったのだから。


今日の(・∀・)イイ!こと
1から基礎をやり直した外国語の勉強が楽しくなってきたこと

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2014-04-23 21:41 | 葛藤 | Comments(0)
2014/4/21 小部屋を脱するダイバー
その小部屋の中

その世界が全てだった

たとえ良心も五感も全て麻痺しても

それが私たちの正義だったのだ

そしてその小部屋のからくりに気づいた今


私が私の中に潜り続ければ潜り続けるほどに

私が潜り続けることを支えて下さる人が

一人 また一人と 増えれば増えるほどに

小部屋にいる間に沈んでしまった 宝が次々発掘される

たとえ小部屋に拘泥する者がまた現れても

私はただ潜り続ける

そして宝は光を放ちながら 突きつけるだろう

その小部屋に拘泥することの愚という真実を

―――――――――――――――――――――――――――――――


今日の(・∀・)イイ!こと
駅前で新しい缶コーヒーが試供されていたこと。今度会社で飲もう。ありがたい…

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2014-04-22 23:33 | 詩文形式 | Comments(0)