<   2012年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
2012/7/31 新たな次元に
一年前 失ったものを求め

己は咆哮し さまよっていた

大切なものを連れ出して

一年 自由と平穏を取り戻し

混沌と戦い続ける今に

一年前の己と同じか いや

まだ異なる深き哀しみをたたえた

世界の入り口が見え始めた

明るい光の門の入り口の

その先に救えるものがあるなら

咲かせる花があるのなら

ただ救うために 飛び込みたい

たとえその先に己が報われなくとも

構わないから

――――――――――――――――――――

今日の(・∀・)イイ!こと
最近知り合った人が自分の友人と同じ出身地だったこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2012-07-31 23:08 | 詩文形式 | Comments(0)
2012/7/30 旅の名残、四年の時を経て
昨日、職業訓練の昼休みで、海外旅行にどこに行ったかという話になり、
僕がこれまで一人旅した中で、パリに行った時の話になり……

今日は、その時に使っていたパリのガイドと、
現地でゲットした地下鉄地図などをお貸しすることになりました。

ロンドンに続いてパリを旅行して早4年。
まだリーマンショックが起こる前でした。
帰国してしばらく後に東京に行ったことを除くと
10代最後の大旅行でしたね。

4年の時を経て、今こうしてガイドを貸したりできるとは思いませんでした。
借りた方がパリへの期待を膨らませることと
新しい絆の予感に、乾杯ですm(_)m


今日の(・∀・)イイ!こと
これから良い付き合いができそうなマイミクさんができたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2012-07-30 22:31 | 未分類 | Comments(0)
2012/7/29 No more overestimation
アスペルガー症候群など、発達障害の人は、
これまで人生で哀しい記憶を得やすかったがために
自己評価が低くなりがちな人が多くいます。
僕もその一人だと支援機関の方から言われていますし、自覚もあります。
ですが、己を守り、友人に迷惑をかけないように、
最低限の健全な自尊心と自己愛を取り戻してきたつもりです。

そんな僕は、忌まわしい罵り言葉やこき下ろしが、
今もフラッシュバックとして現れることがありますが……
(※アスペルガー症候群は、記憶力が優れ、言葉を字義通りに受け取るため
  辛い言葉を長く、正確に覚えているためフラッシュバックが起きやすい)

ずっと、ずっと哀しい言葉にさらされてきたかというと、そうではありません。
むしろ、その反対に誉められたり称えられたりすることもありました。


しかし、その誉める言葉の中には、問題なものもありました。
それは僕がなまじ色んなことをたくさん知っているところだけを見て、
僕を『優秀なヤツ』だと勘違いし、
そこばかりを見て、現実に僕ができる・できないことを
把握しきれていないような内容です。

例えば、僕はおしゃべりが好きな方とはいえ、
発達障害の特性を照らし合わせれば、
営業職などは大変な危険性が伴います。
特に、雇った会社側にとって。


実際、体育が苦手なので勉強だけは頑張ろうと思い
自分なりに、時折周囲の力を借りながら着実に学力をつければ、
小・中・高と成績上位に入りました。
大学でも、単位を落としたのは1度だけで、
大学3回生までに卒業単位を全て取り終えました。

昔、障害のことを知らなかったころは、
どこかで誰かに認めてもらいたい思いがすごく、すごく強くて
そのような誉め言葉も素直に受け止めてキャッキャと笑っていましたが…
今、それをすることで自分に地に足が付かなくなり、
それがどれほど危険なことかということが分かってしまったのです。


障害を明かして辛かった、というよりウザかったことの一つは、
過去の『勉強はできる』僕を見て、僕の障害を一切無視して
『そんな障害ほっといてガンバレガンバレ』とだけ繰り返す輩を見たことです。

そういう輩に限って、僕をビジネス面、キャリア面でしか見ていない。
なんだ?将来騙しやすそうな俺を使って私欲でも肥やす気か?
人間ではなくもののように見られているような感じに、
気味の悪さすら感じたのが現実です。

僕(と、恐らく多くの障害者の方)自身にとって、
『自身の障害を無視しろ』と言われているのは
『目をつぶって、信号も標識も一切見ないで車を運転しろ』と
言われているのと同じことに感じるのですが、
現実の僕のスキルや特性を無視されて、
過大評価されることに、疲れ果てました。

もう、あんな哀しい虚栄の鎧を着て、悦に浸るといった
麻薬を打ってトリップするような行為は、こりごりです。

評価はありがたく、受け取る。
でも、過大評価は、もういらない。


今日の(・∀・)イイ!こと
五輪に便乗してイギリスの観光ガイドを読んでみたらすごく楽しかったこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2012-07-30 21:37 | 未分類 | Comments(0)
2012/7/28 予想だにしなかった早起き
よもや、スポーツに全く興味ないどころか、嫌悪感さえ抱いていた自分が
世界最大のスポーツの祭典の開会式のために
休日なのに午前4時半に起きる日が来るとは……。

人生とは分からないものです。
五輪の結果だって、分からないもの。
選手たちは、一人の人としても、今日まで一生懸命生きて、
日々やるべきことを積み重ねてきた。

何はともあれ、オープニングで熱くなりました!
どこかのお国のようにウソくさかったり
変に大げさだったりしないのがいいですね。
日本と同じ島国であり、勤勉の国でもある、
イギリスの地に足着いた叡智を感じられる素晴らしいものでした

人生に残る素晴らしい早起きでした(*´∀`)


今日の(・∀・)イイ!こと
時間をゆっくり過ごせた気がしたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2012-07-29 23:30 | 未分類 | Comments(0)
2012/7/27 Japan upset Spain ~実践と挑戦~
いよいよ明日から五輪が始まる、その前に……

サッカーでは男女ともに早くも試合が始まっており
今回の男子のお相手は、
EURO2012ではEURO2008、ワールドカップ2010からの
三連覇を勝ち取り、
FIFAランクも1位と言われている、スペイン。

スペイン側も、本丸はフランス、イタリア、イギリス辺りと思って
日本は油断しなければ勝てるだろう、と見ているでしょうし
スペイン1-日本0でも大健闘では……と思っていたのですが
まさかまさかの、日本大勝利。

プレー自体は前半で点を入れる前の5~10分
ちょっと見ていたほどだったのですが
『日本、スペイン相手にしては結構攻めれてるなあ、これでもスゴい』
くらいの認識だったもので……(´w`A)

日本の選手の皆さんのプレーの様子、気持ちなど
後にテレビで見て感じた色んな部分はあったのですが、
何にせよ、実践を重ね、挑戦を重ねてきた選手の皆さんの姿は
尊く美しいと思うので、そこはちょっと割愛させて頂きます。


さて、日本勝利の報せを受けたあとは、
ちょっとだけ、英語版・大航海時代Onlineで遊んでおりましたところ
チャットログに『Oh, Japan upset Spain』の文字が。

意味としては
『おぉ、日本がスペインをビビらせている』
というところでしょうか。

いやはや、いきなり世界をたまげさせた日本の底力、
運のみならず、実践と挑戦に裏打ちされたその力、素晴らしい。
僕自身も一人の人間として活力を頂いたのでしたm(_)m


今日の(・∀・)イイ!こと
少しレベルの高そうな仕事を任せて頂けたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2012-07-27 19:08 | 未分類 | Comments(0)
2012/7/26 No more overkill
発達障害の人は、言葉で今の自分の感情を伝えることが難しかったり、
自分自身の状態を把握しきないこともあります。
これを放っておくと、うつ病などの精神疾患を患う可能性があります。

僕も正直、自分の感情を伝えることはあまり得意ではありません。
それを少しでも補うために、学生時代からは
知識を深め、論理性を磨いてきました。

しかし、人間としての倫理観がいかんせん欠如していたり、
自己評価の低さから、どこか理論武装して認められたい部分があったりして
関係ない人にまで、理論武装の兵器で人を傷つけてきたこともありました。
自分を『愛した』人間たちは、
理論武装の兵器で他人を『虐殺』しても何とも思わないような輩ばかりでした。

今はそんな『虐殺者』は、すっかり僕の周りからいなくなりました。
今後近づいてくることがあっても『虐殺者』受け入れたくはありません。
もう、『虐殺者』の仲間入りをするのは、イヤだから。
そこは境界線を引いて、しっかり守らなくてはいけないと思います。

こればっかりは、コミュニケーションの不得手を言い訳にしたくはないですね。


『戦争は人の心の中で生まれるものであるから、
 人の心の中に平和のとりでを築かなければならない。』
 (UNESCO憲章前文)


今日の(・∀・)イイ!こと
午前から夕方にかけて精神的に辛かったが夜に安定したこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2012-07-26 23:44 | 発達障害 | Comments(0)
2012/7/25 向けるべき方向
ブログに書きたいことが出てきたが、
書く前に待ったをかけることは
思ったことを口にしやすいアスペルガー症候群の僕ですらある。


それは、人との付き合いにおいて、
自分が一人の人間として、一人の大人として
『これは、いかがなものか…』『これはいかんよなあ』
と思ったことについてです。

こういうことは、もちろん実名を出して書くことはしないのですが
それでも自分で怖いのは…

関係ない人にまで『銃口』を向けてしまうことでしょうか。
やっぱり僕も人間なので、憎しみを完全に捨て切れません、というより
余りにも酷い言動・行動・態度に対しては、やはり憤りを覚えます。
ただ、どうしても捨てきれない憎しみは、せめて向けるべき方向に向けなくては
関係ない人を巻き込んでしまい、非常に危険……。


もちろん、向けるべき銃口を向けるべき相手に向けたからといって
なんでもかんでもこき下ろさないようにするにはどうすればいいのか、
その辺りはいつも考えさせられます。
特に、第三者的目線で書くならまだしも、
相手に話しかけるような形で書く上では、これがかなり難しい。

例えばmixiやフェイスブックでこうしたやり取りになると、軌道修正が難しく、
必要以上に相手にダメージを与えてしまうことにもなりかねません。
嫌でも慎重になります。結果、言うのをためらうこともありました。
この辺りは、『言葉が鋭い』という評価をこれまでの人生で受けてきた
自分自身のこととも関係します。


今、昔よりは憎しみや怒りが『私的』なものばかりではなく、その中に
幾分かは、人間として守るべきルールやスタンスに反するものに対する
『義憤』に近いものを混ぜることができていれば……と思います。

最近は、『大航海時代Online』の英語版でも遊んでいますが、
大学生の時にやっていた日本語版(=本家)でやっていたときのことについて
今だからこそこう思う……ということも多々あります。
その件についてもまた、改めて考えて書いてみたいこともあるので
今度は前よりも私怨に囚われない文章を書きたいものです。


今日の(・∀・)イイ!こと
久々にゆっくり本屋で楽しい時間を過ごしたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2012-07-25 22:52 | 未分類 | Comments(0)
2012/7/24 ネムネム。
この日はなんだか……異様に眠い日でした。
0時睡眠~6時起床が続いたり
他にもいろいろやらかしたからでしょうか。

明日は休みなのですが、22時半には寝たいと思います…(-_-)Zzzz


今日の(・∀・)イイ!こと
思っていたことについてゆっくり話すことができたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2012-07-25 14:17 | 未分類 | Comments(0)
2012/7/23 守り人になるために
人を愛するって なんだろな

愛するつもりが 人に押し付け

人が思い通りになることを望むという

歪んだ価値観を持っていたオイラはふと考えた


共に歩むって できてるかな

地に足つけて 腰を据えて

その人という現実に向き合う 勇気と優しさ

それをちゃんと取り戻せているのかオイラはふと考えた


人を愛するって できてるかな

ススだらけ血だらけ 痛みに満ち満ちた道

赤黒くべったり染まった自分と向き合って 

自分を守り癒すことの大切さを知ったオイラ

痛みを救うためにまず自分の痛みを知りそれを癒す

孤独に闘う人の痛みも見捨てたくないとオイラはふと決意した

――――――――――――――――――――――――――――

今日の(・∀・)イイ!こと
思わぬタイミングで自分の顔立ちを誉められたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2012-07-24 00:05 | 詩文形式 | Comments(0)
2012/7/22 腕時計との別れ、その後
腕時計をなくして2日後の今日。
外出をしたのですが、時計が無いことがなんだか切ないです。
どこかしっくりこない感じと言うのか。

つい最近、ツイッターでの友人のリツイートで
こんなつぶやきを見ました。

『腕時計に対する思いは、恋人に対するそれとよく似る』
と。

この話が本当だったとしたら
僕は恋人と別れたときにこんな気持ちになるってことでしょうか。

今まで、人を好きになったり云々……の気持ちとは
自分のことだけで精一杯でアップアップして
内心は血だらけでボロボロになって生きてきた自分には
分からなかったことだったように思います。

また少し、真っ当な人間へと近づけているのだろうか?
切ない別れのあとに、感じたことでした。


今日の(・∀・)イイ!こと
読みたかった本を立ち読みできたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2012-07-22 22:52 | 未分類 | Comments(0)