<   2010年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
2010/2/28 役者のD.N.A
久々に演劇要素溢れる一日となりました。

昼は大学にて劇団展覧劇場さんのお芝居を観賞。
毎度暖かく迎えて頂けて誠に感謝ですm(_)m

僕のことを間接的に色々と聞いているらしい後輩(に当たる)が
芝居後、僕を見るなり驚いていました(爆)
今年テレビ局に就職する先輩に就活を応援されたりもしました(*´д`*)

その後は次の用事まで時間がかなりあったので
一度帰宅し、パソコンをいじって時間を費やしておりました。

夕方になってからは、僕の友人がいる学生団体が主催する
大阪府吹田市の市議会議員さんの講演会に行って来ました。

この議員さん、まだ年若く32歳。そして無所属です。
政党に入ればラクなのは分かりながら、旧弊した組織に入ることを止め
あえて無所属となることで本当にこの国を良くする方法を模索している
新進気鋭の議員さんでございます。

実は僕はこの議員さんのお話を聞くのは3度目くらいなのですが…。
これまで紆余曲折があって、最初から公のために物事を考えていたわけでないこと
自ら淡々と明かしていきながら、今は政治を、未来を模索し、語る姿に
自分も勇気を頂いた気がします。
それでいて、自分の人生のあるべき『核』の部分を再確認させて頂いた気がします。

最も『げに、その通りだな』と自分の中でも確認できたのは以下の三項。
①志を立てて生きること―――無計画すぎる人生は良くない。
②良き友を見つけよ―――良い事も、諫言も言ってくれる、
                 本当に自分と向き合ってくれる友人と付き合おう。
                 酒飲みだけの『お知り合い』だけではよろしくない。
③自分の師を見つけよ―――生き様を学べる人間を見つけよ。
                   それは歴史上の人物の思想などでも構わない。

さて、③項目で『歴史上の人物』という言葉が出てきましたが
この3つの項目が、明治時代の人物によって唱えられたものだそうです。
『賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ』…
歴史から得られる教訓に、溺れることはダメだが、自分の物にすることが大事なのだな。

さて、そんな深くも分かりやすい講演会の後には、呑んで食べての宴会でした。
今回のイベントは、結構友人や顔を知るメンバーもいて
こちらも覚えて頂けてて何だか嬉しい限り(´∀`A)
一方では新しく話し合った人々も何名かおりまして…

そのうちの一人に、僕が演劇に触れていたことを明かしたところ
今度は演劇をやるのだけど経験者が一人もいない状態で始めるから
よりよい芝居をするにはどうすれば良いかと聞かれました。
僕としては『役作り』として、自分が演じる役がどのような人物かを探究し
それを知る為にビデオやDVD作品を参考にするのも一手だ、とか
自分が役作りをした時はこうやって行った、など
僭越ながらアドバイスさせていただいた機会もありました。

晩餐も兼ねての講演会の後は、今回のイベントを主催した団体が
次回、3月9日にあるイベントに向けての準備があって
その協力をさせて頂くことになりました。
某所で、次回イベントのEDムービーに挿入する画面を動画で撮っておりました。

内容は、手持ちサイズの黒板に感謝の思いを込めたメッセージを書き
『○○ありがとう!』と言うという内容でした。
僕もそれでありがとうを言わせて頂きました。

しかし、ほろ酔いの勢いも手伝ったのか分かりませんが…
やはり、せめて誰かに伝えたい感謝の気持ち。熱がこもりまして
本番、魂込めて拙い演技をやらせて頂きましたが
他に演じられた方より随分と輝いてしまったようで…(爆)
『おまえはなんというか…ハ○ウッドのアレだな!w』というジョークまで炸裂(核爆)

ただ、今回撮影した動画も全てEDに使用されるわけではありません。
先の僕の場合、その場の反応はありがたいことにVERY GOODでしたが
全体構成を考えると、行き過ぎて『悪目立ち』になりえるかもしれないですし
動画に写るのは期待半分・諦め半分でおることにしませう(´ω`)

演劇から離れて2年経てど、その遺伝子はいまだ色濃く残る。
その遺伝子が、人を幸せにできる力の源になっていたら
僕はなんという幸せ者なのだろう…。
2年前に去った、そして今日お邪魔した劇団にも感謝が伝わっておれば幸いだ。


今日の(・∀・)イイ!こと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2010-02-28 23:59 | 未分類 | Comments(0)
2010/2/27 Weapons Prime 
最高のコンディションではないと知ったなら
あえて身を引くのも一手である。

逃げるようで後ろ髪を引かれる思いが無いわけではないが
50%の力で10回同じことをするよりは
100%の力で1回に賭ける方が得られるものが大きいと考える。

とはいえ、習慣化する、という目的があるなら
前者のほうが効果を発揮するように思われる。
場によって使い分けることが大事なのだなあ。

…と、ゲームをやってて日々思うことがあるのです。
一つ前の段落の例なら、分かりやすいゲームが『ロックマン』シリーズ。
敵ボスから武器を入手して、その後のステージでその武器を用いながら行くと
非常にスムーズにプレイが展開できるようになる、というのがいい例です。

最近、一昔前に買ったゲームを息抜きで再びやりはじめたのですが
昔やっていた時よりそうした部分を見据えてやってみると
前に見えなかったものが色々と見えてきました。

もっと色々な『武器』を使えるようになりたい。


今日の(・∀・)イイ!こと
シルクエビス500mlを飲み干せたこと(うほ、今日もビールの話ことかw)
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2010-02-28 11:00 | Comments(0)
2010/2/26 ニ・ニロクとゴ・イチゴ
ニ・ニ六事件と五・一五事件を混同しかけました。
いかん、危ない危ない危ない…。

ニ・ニ六事件は、戦前の日本の陸軍が
クーデターを起こし、政界要人を殺害した事件です。

その時とは世相もすっかり変わり、今や、つい最近では自衛隊の連隊長が
「同盟と言うものは外交や政治的な美辞麗句だけで維持されるものではなく、
ましてや『信頼してくれ』などと言う言葉だけで維持されるものではない」
…と兵士として国を守る意志、国防のシビアさを真面目に語っただけで
更迭されるという時代になりました。
(詳しい内容は、コチラをご覧ください。)

ここで、話を変えて、僕が間違えかけた五・一五事件から
思ったことを書こうと思います。

当時の首相犬養毅(イヌカイ ツヨシ)が、銃を向けた青年将校に向かって
『話せば分かる!』と話し合いを求めたことに対して
青年将校は『問答無用!』と一方的に犬養に銃を発砲、射殺した事件です。
話し合いを、暴力で押しつぶした事件の分かりやすい例と言えるでしょう。

しかし、この暴力を用いた軍人たちも、当時の時代背景を考えて
西欧列強の脅威=日本の植民地化の脅威を身に感じていたでしょうし
首相の殺害はやりすぎとしても、その当たりの心情は理解できる気がします。

今は、むしろ今でも、そのような巨視的な観点が何一つ無いのに
暴力、それも言葉による暴力で話し合いが無くなってしまうことは
個人的な人付き合いでも、悲しいことだと考えた次第です。

被害者面をするつもりは毛頭ありませんが
自分も『戦争』ではなく『話し合い』をしたかっただけなのに
相手がこちらを力で押しつぶそうとするようなこともありました。
(小さい頃は自分もそうしようとしていたこともありましたが
 自分がバカなお陰で相手にいつも押しつぶされていました。結果的に良かったかな)

そして、その相手は大抵の場合は、『大人』と認められるような人々と比べると
非常に子供っぽいところがあることも印象に残っています。
暴力的な言葉で応酬したら戦争になって
保てる良い関係が保てなくなることは、やはり嘆かわしいことであります。

もう一つ、話し合いをするふりをして
言葉面は丁寧なことを言ってる割には、冷静に相手を見ておらず
むしろ相手の悪いところばかり目をつけて、あらを探して
相手を『蹴落とし』『自分が勝利』することばかりに目を向けている人もいました。
その言葉面は真摯なふりをいくらしたところで、まさに酸の吐息。
そこに真摯さは全く見えません。慇懃無礼とはこのことか…。
少なくとも、先に挙げた旧日本の軍人たちのような巨視的な観点はありません。
あるのは、自分にとって良いか、悪いか・自分が得をするかの主観的な観点です。

♪愛の無い言葉は胸に刺さるから 血を流すように痛みは消えない ACID BREATH!!
 (Janne Da Arc 『ACID BREATH』)

このような状況に肉薄し、及びそういう人達を鑑みて
半ば反面教師的に拙ブログ記事の題材にさせて頂いたこともあります。
僕のレトリック不足で、ますます相手の憎しみの炎を燃えたぎらせたこともあります。
しかし、それでも、哀れを感じたのは憎しみの炎で火傷した自分ではなく
幼い憎しみをぶつけ、相手も自分も傷ついてる人達でした。

幼少期の僕を知る人は、僕も恐らくそのような姿をしていたでしょう。
今では、『気がしっかりしていそう』『自分を持っていそう』と
良い方向で言って頂けることも幸いにしてありますが
『我が強い』という評価を下されて、不信の目で見られたこともあります。

少しでも、自分が『戦争』ではなく、他人との『話し合い』が出来るような器に近づけて
こんな僕と繋がって下さってる人々と、心地よい関係で繋がれることを祈ります。

言霊の国・日本の闇の世界へようこそ。
どうか愛すべき君たちは、この闇の世界の犠牲者になりませんように―――。

読者の皆様へ:
今回は政治や歴史に関わる話も少々展開させて頂きましたが
主となる内容がそれらとは違う観点のお話なので
政治・メディア向けの注意は冒頭に付けませんでした。ご了承くださいませ。


今日の(・∀・)イイ!こと
この間買ってみたビールが非常に美味だったこと。また買ってこよ…
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2010-02-27 21:01 | 未分類 | Comments(0)
2010/2/25 It may well be defeated
今日の記事は少し愚痴臭いお話しになることをお許しくださいm(_;)m

世界規模でビジネス展開している
日本でも有数の大企業の説明会に行ってきました。

第一印象の段階で自分としては良くない件、どういうことなの…(´・ω・`)
真摯さナッスィングで萎える萎える_| ̄|○

説明会を通して思ってしまったことが
ほとんどがネガティブだった件について。

欧米や中国・韓国勢をイメージして比べてみても
日本の大企業が聞いて呆れるような部分が散見。
なるほど、これでは世界でシェア取りたくても取れるわけがないのも頷ける?
タイトルの英字に示させて頂いた通り『打ちのめされて当然だ』、か。

『あぁん?最近だらしねぇな?』と思いたくなるくらい
世界に通じるような気構えの人が少ない感じがしました。
そんな大げさなことを言わずとも、人間として何かが足りないような…。
見渡してみれば、参加している学生もどこか鈍い感じの人が多くて
こちらとしても魂にシュポッと火が着きそうになる人が見当たらない。

安定を求めすぎるが余り、無粋になってしまうのも、考え物か。

♪傷みを恐れてばかりの甘えているガキはお家へ帰れ
 未来を切り裂く牙捨てる様な 奴等に興味はない
 (Janne Da Arc 『WILD FANG』)

…少しカラオケで盛り上がりたくなったお年頃( ´w`)


今日の(・∀・)イイ!こと
楽しみにしていたmixiコミュニティが完成したこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2010-02-26 01:11 | 未分類 | Comments(0)
2010/2/24 春の兆しが薫る
女子フィギュアをお母様を亡くされたというカナダのロシェット選手まで拝んでから
せっかくの陽光と青空なので、梅田の街中に繰り出してみました。
先週とは打って変わって、春の訪れを感じさせる一時であります。

上着が要りません。動きやすいです。
私服で歩く中、僕と同年代と思われる就活生も結構見かけます。

しかし、自分はしばしば『社会人の風格が漂ってる』と言われることがあって
自分も他にそういう人がいないか探してみよう、と思ったのですが
今日は中々そのような学生が見当たらないですね…。
とはいえ、もちろんそういう人達は将来どう化けるかがまた分からないですから
僕も『社会人っぽく見えるだけ』の人で終わりたくないものです。

いやあ、今日は気持ちいい気候のままにうろついてみたのですが
今まで入ったことの無かった界隈に入ってみて、面白いお店を新しく見つけたり
前に入ったことのある店を改めて見て周り、再発見したものもあったので
中々愉しいひと時となりました(´∀`)
これまた、人生をちょっぴり豊かにするエッセンスになるかも…。


今日の(・∀・)イイ!こと
昨日発見したニコニコ動画で爆笑した動画の再生数が結構伸びていたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2010-02-24 23:55 | 未分類 | Comments(0)
2010/2/23 Dental Innovation
歯医者での治療を久々に経験しました。
ドリルを使って行う、アレです。かれこれ何年ぶりでしょう…。
6~7年ぶりくらいだという記憶がありますな。

この間、歯の検診に行ったところ、親知らずに小さな虫歯が見つかりまして
それなら削って治療した方が良いと僕は思ったので
歯医者さんの了解も得て、治療してもらうことに。
本当に、痛みも無いような小さな虫歯だったのですが…
雑魚が雑魚のうちに叩いておいた方が安心かと思いまして(´・ω・`)ノ

いやあしかし、親知らずの治療は痛みが伴うということで
最初は麻酔薬を注射したのですが、刺す際の痛みがほとんどありません。
それと、よくみたら麻酔の注射器が僕の知るものより小さくなっていました。
小型化&痛みの軽減…医療機器の進化でしょうか。

ただ、口に入る薬が苦かったりするのは相変わらずでした(つ∀`)
とはいえこちらも、昔に比べれば随分耐えられるようになってきました。
お酒が呑めるようになったから昔ほどキツく感じないのかとふと思いました。
苦味が少々あるお酒ってありますし
僕もそれをロックでしばしば呑むものなので(つ∀`)

治療は完璧に終わっておらず、続きは来週になりましたが
歯の治療の領域でも技術が進化していることを実感したのでした。


今日の(・∀・)イイ!こと
twitterで興味深い名言をたくさんつぶやいてくださる方がいたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2010-02-24 00:37 | 未分類 | Comments(0)
2010/2/22 英日成長の種
↑タイトルの日付を、今日だけ西暦じゃなくて元号にしたら
2が5つ並んで気持ちよいぞ…となったかもしれませんが
今日も今日とて西暦でいきます。ご容赦をm(_)m

今日は、初めてスーツを着ての『面接』を体験しました。
面談式ということだったので、固い雰囲気をなるべくオミットしての
会合のような雰囲気もありましたが…。
いやしかし、自分の受け答えに関してもっと掘り下げるべき部分もあったので
帰りの電車で改善すべきところをメモにとっていました。

今日の所は、社員さんが真摯な方が本当に多かったのだけれど
これで見限られても構わぬと覚悟を決めた頃。精進あるのみ。

就職活動を通して、人との接し方、文章の書き方など
少しでも吸収していくのもまた大事なことなのだなあ、と認識。
また、就職活動を通じて学生が大人になっていくということを聞きますが
この辺りを意識しておると、なるほど納得な気がします。

しかし、就職活動もさることながら
今日は妙に美人の女性の写真を見ることが多かった気がします…。
おかげで目がなんだかクラクラします(+Д+)
朝はカーリングのロシア人選手に始まりました。

そして夜、今日の極めつけは
日本のアニメソングに振り付けをつけたことで名が知られている
英国・マン島出身の14歳の少女、ベッキー・クルーエルでございました。

今まで彼女に関しては、名前だけ聞いておった程度だったのですが
この美貌にはやられそうになりました…。
それと同時に、彼女のBBCでのインタビューを動画も拝見しまして
そのしっかりした受け答えにも感服。Hmmm... you are 『粋』.

ナニでアレなことが頭に浮かぶというよりは、普通に『粋』に思えますな。
一般のアイドルみたいな人達と違って、普通に会話したくなるような器と言いますか。
将来、どのように光り輝くことになるのかが楽しみでもありますね。

人は成長するからこそ、面白いのだろうな。
そしてその成長を、どれだけ信じられるかでもまた人生が変わるのだろうな。
本当の美しさもそういうところから生まれてくるんだろうかと考えた。

追記:
ベッキー・クルーエル非公式ファンサイト(英語)はコチラ
英語のHPということもあり、非常に客観性・資料性の高いHPになっています。
アイドル系に耐性が低い自分でも、このHPのお陰ですんなりベッキーに入れました。


今日の(・∀・)イイ!こと
友人がtwitterで興味深い発言を残してくれたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2010-02-22 23:35 | 未分類 | Comments(0)
2010/2/21 新たな出会い、予感
久々にすがすがしいまでの晴れ空です( ´∀`)
太陽光が気持ちよくてベッドの布団が気持ちよすぎました…(爆)

久々に就職活動以外で
色んな学生・社会人にお会いできる機会がありました。

フッカフカの布団の心地よさもさることながら
青空の下、外にでて、誰かと語らいに行くのは
気持ちのいいものですな(*´д`*)

沢山の気付きもあり、未来への展望もあり、有意義なひと時を過ごせました。
青空と共に、密かに近づきつつあるであろう、春の予感を感じさせます。
…といっても、素晴らしい出会いに季節は関係ありませんが( ´w`)
よし、まだまだいくぞ(`・ω・´)


今日の(・∀・)イイ!こと
ずっと待望していた会社の説明会にやっと予約できたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2010-02-22 00:10 | 未分類 | Comments(0)
2010/2/20 良禽木を選ぶ
たまには脱・就活で休憩をとります(´∀`)
来週にエントリーシートが多めにくるので、しっかり英気を養います。

いやあしかし、我ながら慌てふためくことなく就職活動が出来ているのには
運命にただ感謝でしょうか…。
さぁて、これからどうなることやら?

時に、そんな僕をこうして支えているのものに
古典的な教養に含まれているな要素が数多くあったりします。
今回は『三国志』の中から一つ。

三国志の中に李恢(りかい)という人物がおり、
彼は『良禽木を選ぶ』という言葉を残しております。
よく出来た鳥獣は、自らよい木を選ぶ素養がある、
転じて、仕える人間を誤ってはいけない、という意味です。
(彼は暗愚な主君を見限り、蜀を打ち立てた劉備に仕え、その際に発した言葉だそうです)

就職活動で言うならどうなるか。
これは、ある会社の人事の方が分かりやすい表現をしていたので引用します。

『会社が学生さん達を見ていると同時に、学生さん達が会社を見る権利もあるんです。
だから、会社に見られているという意識を持ちすぎずに就職活動なさってください』。

納得のいく就職活動を行い、気持ちのいい人生を会社で歩む人というのは
自分が仕えるべき主(この場合は会社)の器というものをしっかり見据えていて
自身のこともしっかり理解している人のことなのだろうか、と考えるこの頃。

そして、会社の場合は相性というものもあったりだとか
第一志望であった会社には結局落ちたけど、入った会社で愉しくやれるというのが
よりよい生き方への第一歩なのだろうな、と思う今日この頃。

そんなこんなで、ここにきてようやくですが
人事の方々が『自分を偽ることなく、ありのままの自分を出してください』と仰ることが
理論だけの李恢理解に留まらず、結構実感に変わってきた感じがあります。
大前提として、第一志望(群)に拘泥するあまり、自分を偽ることは絶対にいけない。
もし落ちたときの精神的ダメージも非常に大きいですし
仮に入社できても、そのような偽りの仮面を付け続けて働き続けることは
個人的には、死の苦しみだと思っています。

自分が『良禽木を選ぶ』の良禽になりきれている保障はありませんが
そうして企業を見て、自分で選んでいき、ふと振り返ると…
学生の人気ランキングに入るような企業にはほとんどエントリーしていませんでした。
しかし、全く焦りはありません。

最初は、確かに結構名が知られている企業(BtoCが非常に多い)を見ていましたが
その中では、名前が知られていて鼻が伸びているのか知りませんが
正直、内心不快感を抱いたこともありました。本当に有名な企業の説明会です。
それに、鼻が伸びてるといっても、外国のグローバル企業に比べたら
人間もそんなにレベル高くないんちゃうか…と思ったことすらあります。
失礼な話になりましたが、思うところを並べると長くなるのでこれにて割愛します。

風説に惑わされず、粋なものを見つけてそれらを生かしていく姿勢を持ち続け、
自分の将来の主となるであろう者のために自分を偽る・迎合することないよう
就職だけに関わらず、このようなスタンスを忘れない『良禽』でありたいものです。


今日の(・∀・)イイ!こと
新しく輸入食材のお店を発見したこと@難波
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2010-02-21 19:07 | Comments(0)
2010/2/19 ☆の下で…
今日は企業説明会を2つ受けた後に
親しい知人2名(両方社会人)と共に夕飯に行きました。
出費に備えて昼間に諭吉をおろしてきたのですが
何かとおごって頂きまくりで結局僕の支払いは野口英世一人だけの件…。
本当にありがとうございます(つДT)

時に、今日行ったお店は、今まで僕の父が連れて行ってくれた店で
最初、店が決まっていなかったので提案してみたところ
そこにしよう!ということで決定。
まずはそば屋でお腹を満たし、次はイタリア料理店でワインと軽食を堪能。
ご案内したお二方はどちらのお店でも大いに舌鼓を打ってくださり
本当に嬉しいものでございます。父にも感謝です。

いやしかし、スーツ姿でこれらの店に来たのは初めてなのですが
実際働く上でも、仕事を終えてちょっと『遊ぶ』となると
こんな感じなのかなあ、と妄想しました(爆)

そして〆はカラオケでした。
客引きのイケメンに誘われたのですが、値段はチェーンと同じなのに
部屋は広く、ムーディーなミラーボールが通路に設置されていて
ソフトドリンクも30種類(無料)あっていいカラオケボックスでした♪
1時間の予定が30分プラスして大いに盛り上がりました。

とりあえず、僕は初めて歌う曲をいくつか実験してみました。
まず一発目に歌ってみたのが、Janne Da Arcの『RED ZONE』↓

すごく思うところのある唄なので、思わず身振り手振りも熱くなりました…(爆)
一発目からうるさすぎたか、と思いながら歌い終わったところで、お二方は
『さんかくは宴会の盛り上げ役として便利だよね(・∀・)』『うんうん、便利だ(・∀・)』
という思わぬ誉め言葉(?)が。

初めて歌う&キーが高めなのでちょっと音程はズレましたが
気持ちよく歌えました。安定して歌えるようにちょくちょく歌っていこう( ´ω`)
ともあれ、聞く側としては気持ちよく聞けていたら幸いですな。

♪取るに足らない存在ならば もう寄り添ったりしないで
 僕は君に手を差し伸べたままだから


お次はPV付だったflumpoolの『星に願いを』。
まさに『願い』を込めて歌わせて頂きました。
いやしかし、flumpoolの歌自体を初めて歌いましたが、なかなか歌いやすいです。
flumpoolは爽やか系の歌も結構あるので、マスターしていきたいですね。
歌い終わった後の爽快感は気持ちよかった…(*´д`*)
因みに、このPVで走ってるシーンは、ランニングマシーンを用いて再現したそうです。

♪分かったんだ 幸せってさ ふたつでひとつ ひとつずつじゃない
 全てを分け合える二人だけに 許された願い


いやあ、気持ちのいい夜でした。
しかし、最後に歌う曲が核爆弾過ぎました↓

『ロックマン』の正真正銘の第一作目、です。
『X』でも『ゼロ』でも『エグゼ』でも『流星』でもない、無印の初代ロックマンの1作目。
その難しさを歌ったネットに上がっている歌です。
タイトルの『クリアまでが眠らない』がそれを象徴しておると
元ネタになったゲームそのものは未プレイな僕にも伝わってきます(爆)
『エアーマンが倒せない』をご存知の方は、その派生と思って頂ければ良いでしょうか。

これがまた、凄まじい喉ブレイカーでございまして…(つ∀`)
当初、まったりとそばを食み、ワインを嗜んでいたのが信じられない結末でした(核爆)
眠らないぃー!眠らないいぃぃィィー!!!!ヽ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )ノ

・・・もちろん、家に帰ってからはちゃんと気持ちよく寝ましたw
今回、同行&おごって下さったお二方も、気持ちよく眠れておれたらば
本当に嬉しい限りでございまする。
ありがとうございました!☆ミ


今日の(・∀・)イイ!こと
たまたま入ったチェーンのカフェがすごくおしゃれで快適な空間だったこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2010-02-20 12:26 | 未分類 | Comments(0)