<   2009年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
2009/2/28 抜けて帰って繰り返して
♪遠回りするたびに見えてきたことがあって
 早く着くことが全てと 僕には思えなかった(ELLEGARDEN『ジターバグ』より)

展覧劇場さんの芝居を見に行って参りました。
今回の脚本・演出を担当した友人が
正月の頃から脚本・演出に決まったことを教えてくれたので
ひそかに楽しみにさせて頂いてました。

ちょうどほぼ1年前は、僕は役者としてこの劇団にいました。
更なる成長を求めるが為に仲間の足を引っ張ることを厭うが故にここを抜け
早くも1年が経過しようとしております。

やることやって、最後に心の底から言葉を述べさせて頂き
一年間分の感謝を捧げたら受け取ってくださった皆様方。
もったいないくらい、今も大事な人々がいっぱい。
その思いは、確かにこの1年の成長の土台になっていたでしょう。

この展覧劇場に入って自分を見つめなおすことなく
1年早く欧州に旅立ったりしていたらどうなっていただろう?
恐らく、今僕にある旅の経験ほど、経験は蓄積しえなかっただろうな・・・
今回のお芝居は、肉体は大人になったものの精神はまだ青い
そんな一人の青年の物語。
どこか甘えていた自分の姿とダブる青年でした(『青い年』とはよく言ったものだなぁ)。

実際、あちこち旅行した中でも、その他の人生での様々な出来事でも
思わぬ回り道から思わぬ幸運が舞い降りたことがありました。
そしてそれは、誰にだって起こることだと思います。

1年前、抜けるにあたっては同回生のとある女子が
『(役者として)最後には必ず成功させてしまう凄腕さん』と
僕には重過ぎるほどの賛辞の言葉をくれたのですが
(そりゃ君の方じゃないか、と今でも正直言いたくなるくr・・・ゴホゴホ)
凄腕じゃなくても、多少回り道しても最後には成功する、笑えるような
そんなポジティブさやタフさ、明るさ、粘り強さに探究心・・・
素朴でも不恰好でも田舎っぽくてもいいから、持ち続けることが大事なのかな。
僕のような愚鈍の徒でも人に凄腕と呼ばれうるその成功ができたのならば、きっと・・・


今日の(・∀・)イイ!こと
面識のある方に『男前になった』と褒められたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-02-28 23:59 | 未分類 | Comments(0)
2009/2/27 Guilty Pleasure
※この記事は、政治・メディアに関わる内容が含まれております。
 苦手な方は、ご注意ください。


まず、try-angleの管理人として一言申し上げます。
政治・メディア系の記事では『More』を使わない方向で行こうと思います。
これからも宜しくお願い頂ければ幸いです。

では、本題に入ります。

今回の話題は、先日(2009年2月11日)の記事
少し内容がダブって見えるかもしれません。

今日、東京では激しく雪が降りました。
大阪も最高気温が8℃ほどで、重く曇った天気になっておりました。
2週間くらい前は非常に暖かく過ごし易い時期が続き
去年の2月があれだけ寒かったのが信じられないくらいです。
世界的には、今月半ばにロンドンで結構雪が降ったということもありましたか。

しかし、ここ2年間の冬を
今までの人生で経験してきた冬(僕の場合大阪の冬)と重ね合わせてみたら
『温暖化』って本当なのか疑わしくなってきています。

少し僕自身の、僕の生まれ育った大阪での経験になりますが
小学校低学年のころ(1990年代中頃)くらいは、年に一度は雪が積もって
その中で遊んだこともあったのですが
1990年代末、僕が小学校中学年・高学年になったころには
その雪が積もらなくなってきて、子供心に『温暖化』を感じ取り
環境破壊について学習し始めてきたこともあり、エコへの意識が芽生えました。

しかし、ちょっとした歴史や哲学をかいつまんでいるうちに
そしてこの2年ほどでの実際の体験を思い起こすうちに
大学生に、大人になった今、その考え方が変わってきました。

何万年の前、人類が『文明』を興すよりも前の話・・・
地球には『氷河期』が到来していました。
46億年も存在していた地球には、暖かい時期・寒い時期が周期的に存在しており
それは、人間でも明るい時期と憂鬱な時期があるようなものではないでしょうか。

最近目を通した文献によると
14世紀から19世紀のおよそ500年くらいの年間は
地球においては寒い時期に相当する期間だったということが判明してきたそうです。
ゆえに、今暖かくなってきたのはCO2や温室効果ガスの力というよりは
地球全体のバイオリズムのためというか、自明の理かもしれません。

昨今話題になっているバイオエタノールですが
あれはCO2より遥かに高い温室効果ガスを出すことが分かってきたそうです。
加えて食料を育てている畑をバイオエタノール燃料の作物の畑にするために
飢餓が進むことが懸念されています。
じゃあ埋蔵量の少ない石油はどうなるんだ、というと
これまたどっこい、まだ未確認の石油は非常に多く眠っていて
実際に計算すると数百年単位の埋蔵量があるそうです。
一応、数値的な『数百年』という制限はあるし
石油を燃やすとやっぱり『クサい』わけですから
ソーラー等への移行は望ましいと思いますが。

しかし、では温暖化によって死滅した、あるいは死滅しかけている動物はどうなるのか?
これは、動物たちは何百年単位の気候変動に合わせて
住む場所を変えていたのかもしれない・・・と僕は仮説を立てています。
その移動すべき場所が、人間の分布が大きく広がりすぎて
もとある自然に近い環境が大きく変わってしまって死滅に至った・・・とも考えています。
どの生き物もゴキブリ並みに適応力が高ければ死滅は無かったかもしれませんが。
(それはそれで人間はまたいろんなトラブルに巻き込まれそうだけど)

あと、その人間が生み出した災厄としては・・・『ゴミ』があると思います。
ビニール袋を餌と思い込んで食べてしまい窒息死した生き物の話とか。

このゴミの問題のほうがもっと取り組まれるべきではないだろうか、と考えます。
散らかってると、やっぱりいい気分はしないものです。
なので、ゴミだらけの環境に住んでるとやっぱり人の心も荒むものだと思います。
せっかく海水浴にきたのに浜がゴミで汚れていたら・・・

真に人類に、自然に貢献するとするならば、環境破壊問題においては
温暖化・CO2よりも、ゴミ等他の問題に目を向けるべきかもしれません。
政治的な動きでも、CO2削減ばかりが喧伝されて
他の汚染に関する動きがあまり見られないことも不思議に感じています。
もっとも、日本にCO2排出権を厳しく求めるのは
欧米諸国が日本を出し抜いてビジネスチャンスを広げようとするために
日本を『CO2問題』で孤立させようとする意図も裏ではあるとも言われています。
確かに日本は世界一といっても差し支えない原子力技術を持っていますが
それを崩壊させようとする勢力にも若干の注意を払わねばならないでしょう。

そして、昨今叫ばれるエコの裏に自分だけが幸せになるビジネスを張り巡らせて
人間を無駄に緊張させ、惑わせるようなビジネスには警戒の必要がありそうです。
たとえばエコバックはその最たるものなのだとか。
そのエコバックを作るほうが、ビニール袋を使うよりもエネルギーを使い
結局はエコバックを作った小売会社だけが儲かるというもこともあるそうな。
どうせなら、ゴミ処理のビジネスでも拡張させた方が
そのビジネスをやった会社のみならず、周辺住民も助かるのではなかろうか?

もっとも、何百年ぶりに暖かい時代に突入した地球は
以前に暖かかった時代よりも遥かに技術が進歩し
人間は科学や数学などでさまざまな事象の理由を理解できるようになりました。

今、こうして暖かくなった地球の構造につけこんで騒ぎ立てる連中を見ると
いったい母なる地球はどのような心情なのだろうか?


今日の(・∀・)イイ!こと
無くしたニット帽が見つかったこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-02-28 01:32 | 政治・メディア | Comments(2)
2009/2/26 春計画
3月3~10日と台湾の台北に行きます。
10日に成田空港で降りて帰国してからは、14日まで東京に滞在します。

今年春の旅行計画です。
温度差で体を壊さないようにしないと。


今日の(・∀・)イイ!こと
近所のお菓子屋の店員さんがすごくチャーミングでした
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-02-27 13:07 | 未分類 | Comments(0)
2009/2/25 かつて悪魔でありし者
君がいつぞやの昔に建立した
硬い硬い金属の壁

ある少年のために建立した
冷たい冷たい金属の壁

かつてその少年は悪魔だった
己を信じすぎて盲目となり暴れ回り
幾多もの楽園を荒らし金属の壁に隔てられた

やがてその悪魔はその盲目のもたらす災厄と己の罪悪に気づき
自分が不幸にせしめるべき輩とそうでない者にも気づいた
ある日、目を開いた悪魔が出会いし人間は
ほぼすべてが災厄を与えるべきでない人々であった

悪魔であった少年はやがてさまざまな愛を知り世界を知り
少年は青年となり、『かつては悪魔だった』者となる

青年となり出会いし人々は今や
その青年が懺悔のために自ら過去を語らぬ限りは
かつてその者が悪魔だったことを知らぬよう

青年は再びかつて荒らした王国へ踏み入れた
己が罪悪のために打ち建てられた金属の壁
ある者は過去は過去とだんだん壁を取り払ってくれた
ある者は悪魔だった青年のために復活した自らの王国を見せてくれた

そしてある者は壁を取り払わず青年に過去の呪縛を味あわせることとなった
願わくば重く冷たい金属の壁を取り払いたいと願う青年の思考
『いつまで待てばいい?どうやって動けばいい?
だが俺は未だに消されるべき災厄を持つ悪魔なのだろうか―――』

青年は苦悩する 自分が蒔いた災厄の種に
青年は立ち上がる 
かつて悪魔だった、今も悪魔の片鱗が生きてるであろう
己を受け入れて愛してくれた人々のために
そして、これからかような己を愛してくれるかもしれない人々のために

未だに壁を持つ君よ 己が罪に悩める青年となった悪魔少年の
この話を聞きどう感じる?

青年と私は 一切を君に委ねよう 成すべきことを成しとげて


今日の(・∀・)イイ!こと
昔懐かしい高品質の牛乳がスーパーで安売りしていたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-02-26 14:36 | 詩文形式 | Comments(0)
2009/2/24 Walking learner
先日、梅田を中心に東西に大阪の街を歩いてみたのと比較して
今日は南北に歩いてみることにしました。
大阪から御堂筋を歩き、ビジネス街の淀屋橋・本町を通り
その近郊の心斎橋筋商店街に出て、そこを端から端まで歩いてみることにしました。

本町~心斎橋辺りの心斎橋筋商店街は
一人で行ったことも、父と行ったことも、知人と行ったこともあり
結構僕にとって馴染みのあるエリアなのですが
他の地方の人にとってイメージしやすい『大阪』とはかけ離れているかもしれません。

この心斎橋筋商店街は大阪ミナミの入り口のような所の難波まで伸びており
心斎橋~難波の方のエリアはこうして足を踏み入れたことはなかったので
大阪北部で生まれ育った僕にとってはまたなんとも新鮮。
道頓堀のグリコの看板を写真撮影している人も見かけたり。

商店街を全部抜けたら、難波駅の高島屋が目の前にそびえ立っていました。
しかし、この辺りは前に日本橋に行った時の帰りに見覚えがあったので
『これはまさか・・・?』と思って、ここより更に足を伸ばしてみました。

すると、大阪の秋葉原、日本橋に辿り着いてしまいました。
まさか梅田から歩いてここまで来れるとは思ってもいなかったので
僕にとっては改めて大きな発見でした。

大学の講義にて『大阪はちょっと歩けばすぐに目的地に着けますよ』と
ある教授からお話を伺ったことがあったり
御堂筋や四ツ橋筋といった大きい、まっすぐな通りを目印にしたり
大阪の地理的な分かりやすさはここ数ヶ月で少し実感しつつあったのですが
まずは梅田~日本橋が僕の中で開通したことで
その薄い薄い実感が強い確信へと変えられたように思います。
思い切って外に出てよかったと思えた瞬間・・・!

明日も、ちょっとどっか行ってみよう。

追記:
先日、2月21日分の記事にて
書き加えたいことがあったので、一部書き加えさせていただきました。


今日の(・∀・)イイ!こと
天気予報に雨とありながらも激しい雨に見舞われなかったこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-02-25 00:00 | 未分類 | Comments(3)
2009/2/23 NARUTO ナンバー429~432
※この記事には、週刊少年ジャンプにて連載中の「NARUTO」に関する
所謂「ネタバレ」が含まれております。
読まれる方は、記事下部の『More』を押して続きをお読みください。


この記事で初めて使ってみる『More』機能。
少しワクワクします。


今日の(・∀・)イイ!こと
オークションのお得さに気づいてきたこと

More
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-02-23 23:08 | NARUTO | Comments(0)
2009/2/22 ビールフリークス
一日の間で3種類のビールを飲んだのは今回が初めて。
鍋を囲んで、銀河高原ビール、ハイネケン、エビスビール(緑缶)の3種類を飲む。
個人的には、今回のような食事では銀河高原ビールが最高。
きめ細かい泡とやわらかさがいいですね。

ハイネケンのガツンとビールというような芳醇な小麦の香りも
エビスビール(緑缶)のさわやかで自然なキレ味ももちろん好き。

思い返してみれば、20になって5ヵ月半、10種類ほどビールを飲んだでしょうか。
ビールにも、ここまで魅了されるものなのですね。

ビールは弱点としては・・・カロリーが高いので、病気を患わない程度に
これからも美味しく楽しく、健康的にお酒を嗜みたいと思います(´w`)


今日の(・∀・)イイ!こと
大航海時代Onlineで二人艦隊で海賊退治したのは楽しかったし助かった
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-02-23 00:27 | 未分類 | Comments(0)
2009/2/21 新旧入り乱れ
中学時代の友人、僕含め計7名と遊びに行きました。
昨年、中学時代の友人を連れて遊びに行った時には
僕の中で『同窓会』の心構えが強かったのですが
今回は普通に遊びに行くような心構えになっていました。
昨年も会った人、数年ぶりに会う人・・・様々です。

昼は7時間ほどカラオケに行きましたが
この時間が思いの他早く過ぎる、過ぎる。
いやはや、実際かなり楽しかったです(*´ω`)
歌の予約された数が10を超えたのも久しぶりに見ました(爆)

ここで盛り上がったのが、カラオケの採点。
何故か僕がレミオロメンだったかELEGARDENだったかで
みんなの中での最高得点で93点を出してしまいまして
そこで、この点数を打ち破ろうとする動きが何故が出てきましたΣ(゚∀゚)
結局最後までこの最高点を維持してしまいましたが
一時この点数をひっくり返えそうという動きが過熱してました(爆)

ともあれ、なんだか今回はいつに増して歌が歌いやすくなった気がします。
特に、高いキーが意外と歌いやすくなりました。レミオロメンとか。
演劇とかしばらく全然やって無いのに、いつの間に僕の喉は進化したのだろうか。
それとも、他のどこかが進化して、その結果歌いやすくなったのか(´・ω・`)
人体の不思議だ・・・!

一方、友達がすごくうまくバラード曲歌ってるのに70点代しか出ないという
奇妙な事件も発生。これは一体どうしたことか・・・

ともあれ、みんなで楽しくやるのがカラオケです。
点数はあくまでちょっとした遊びのためのアクセントといいますか
このシステムによって『遊ばれる』ことなく、しっかり楽しめたかと(´w`)

カラオケで盛り上がった後は串かつ食べ放題のお店に行きまして・・・
お酒を飲んだりはしなかったのですが、美味しく楽しくやれました(´∀`)
しかしこのお店は、串かつ以外にも色んなものが食べれて楽しいでござる。

その際、お腹が膨れてきたところで
昔々、僕を『ロックマンエグゼ』(GBA)の世界に誘ってくれた友人が
そのシリーズに繋がっている『流星のロックマン』(DS)をやらせてくれました。
2年ほど前に始まったシリーズで、今は3作目が出ている流星のロックマン。
出たばかりのときは公式サイトをチラ見していた記憶が蘇ります。

僕自身はニンテンドーDS未所持だし、流星~シリーズはエグゼとシステムが
随分変わっているところもあるという噂しか小耳に挟んでおりませんでした。
しかし、いざプレイしてみると、これが段々ハマっていく・・・!
エグゼシリーズの味のあるキャラクターや世界観も未だに大好きなのですが
そのキャラクターや世界観の持ち味をそのままに、DSに戦略的奥深さと
戦いのダイナミズム、グラフィックの美しさを持ち込んだかのような作品。
うーむ、DSには気になるソフトもいくらかあるけど・・・DS買おうかな(´・ω・`)
つい先ほど、臨時収入が入ったので本気でそういうことを考えていたとさ。

最後の方は男性陣のみで
スタバにいってコーヒーを嗜んだりしておりました。ウマー。

旧友達へ。
何よりも、楽しい時間をありがとうm(_*)m


今日の(・∀・)イイ!こと
電車の中で本格的なロリータファッションを目撃したこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-02-22 17:15 | 未分類 | Comments(0)
2009/2/20 梅田中ノ島ボンバードメント
東京や名古屋は周辺範囲2kmくらいは歩き回って知ってるのに
自分の故郷、大阪について知らないのはいささか不自然だなあと思い
ふと思い立って大阪駅、中之島近辺を歩き回ることにしました。

まずは大阪から海老江の方面まで2、3キロほど歩き
ネットで見つけたおいしいうどん屋でおいしい釜玉うどんを頂き
昼食を済ませた後はそのまま中之島へ。

中之島をほぼ端から端まで歩きましたが
京阪電鉄の進出により整備が進んでいることと相まって
かなりきれいな地域になっています。
淀屋橋・本町のような大阪のビジネス地区は僕は結構好きです(*´-`)

その後は大阪近辺で旭屋書店に入り
立ち読みでいろんな本をつまみ読みしていました。
時に、軍事関連の本のコーナーで
風呂もろくに入ってなさそうなオタク男がボロボロのかばんを肩に書け
本を読んでいた所は辟易したと同時に驚きましたねぇ・・・。

色々な本を読んで色々考えた後は
スカっとしたくて大阪駅前のショッピングビル、HEPの上にあるゲーセン
JOYPOLISへ足を運んでまいりました。
なんとなくタイムクライシス4でもやろうと思っていたら・・・
なぜかそこにはこの間名古屋に行った時にプレイした『ゴーストスカッド』が!!

どこかのお店から筐体を譲り受けたのだろうか・・・
1PLAY200円が少しイタかったですが、思い切って一人プレイしてみました。
まともにこのゲームを一人プレイするのは高校2年以来です。
ステージ1を任務レベル10、2も同じく10、3は7にしてプレイ。
自分でこのゲームで心がけるべきこと、攻略サイトで学んだことを脳裏に浮かべつつ
いざやってみると、ステージ3のボス手前までなんとゲームオーバー無しでいけました。
こんなことは実は初めてでした。

このゲーセンは1プレイ200円のせいかゲーマーが集まりにくいらしく
最高得点が50万点くらいのようです。(ウマい人は80万、90万とか出します)
48万点取った僕は、久々のプレイなのに何故かランキング50中4位入り。
これまた、度肝を抜かれてしまいました・・・!Σ(゚∀゚)

ただ、これには大学に入って僕なりに得た
『落ち着き』のようなものも大きいのかなあ・・・と思いました。
熱狂して燃えることは、高校時代ほどなくなりましたが、より落ち着いて、緊張することも無く
なかなかよいコンディションでプレイすることが出来たように思います。
ゲームしてるうちに、僕が授業を受けた教授が仰っていた
『(学期末の)テストは総力戦である、皆さんの知識や知恵も答案に反映させてほしい』
・・・という言葉を思い返しましたが
この場合も、ひょっとしたら似たようなものだったかもしれません。
そういう意味では、普段友達と会話する時も僕はある種の『総力戦』をしているのだろうか。
もちろん友達と戦って敵になりたいなんてさらさら思わないけども・・・

自分の街を知ると同時に、自分も知れた日になったかもしれません。


今日の(・∀・)イイ!こと
ひそかに顔を出しているブログに残したコメントに返信があったこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-02-20 23:37 | 未分類 | Comments(0)
2009/2/19 We want "More"
遂に、エキサイトブログでもこんな素晴らしい機能が・・・!

それは、他のブログを使っているとよく見られる
『続きを読む』『More』で続く記事を隠して
その文字の部分を押すと続きが読めるようになるという・・・
簡単に見せるべきではない文章(ネタバレや人を不快にさせうる文章)を
ラクラク隠すことができます。

現在、拙ブログではNARUTOの月間感想などで
背景と同一色の文字にして、ドラッグで読めるようにしていますが
これもまた、読者様からすれば結構な手間になりえます。
長い記事を決められた範囲だけドラッグするのは時として難しいことも・・・

このMoreの場合は、マウスをカチッと一発クリックするだけで
記事の全容が見れるという点では読者様の負担が減るかもしれません。

エキサイトブログはその簡潔さがウリですが
簡潔さ故に、他のブログでは置けるものを置けないことが多いのもネック。
未だにブログペット(ココロ)を拙ブログでも隔離してるのはそのためです。

昨年8月半ばにやっとYoutubeを貼れるようになった時も食いつきましたが
今回の『More』は拙ブログ開設時にも考えていた事柄だったので
個人的には大きな革命になりそうです。

とりあえず、来週になったら今月のNARUTO感想に使ってみよう。


今日の(・∀・)イイ!こと
浪人中の友人からイラスト付メールがきたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-02-20 16:53 | 未分類 | Comments(0)