<   2009年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
2009/1/31 酒は証明か その2
前日の話題、いい足りない部分があったので続きを書くことにしました。
あのままでは誤解を招いてしまう可能性があったと判断し
前日の拙記事に追加を書かせて頂こうと思います。

その際には、まずは酒の効能から。

酒は百薬の長、と言われています。
適量の酒が人々の命を強くさせることは
僕もそれなりに色んな酒を飲んできたり、本などで酒に関する情報を得たりして
その通りである、と思っています。
もう一つは、精神面の部分でしょう。

酒が、日ごろの鬱憤を晴らすための材料となることを、僕は否定していません。
アメリカでは、1920年代では禁酒法なるものがありました。
人々はその法の抜け穴を通って酒を求めたものですが・・・
この法律を『破った』人々を糾弾するつもりなどさらさらありません。

この当時の世の指導者は、確かに酒の負の側面に頭を悩ませたかもしれません。
しかし、人間とて自然の混沌より生まれしもの。
社会の多少の混沌の流れを、ある程度作っておき、
そしてその混沌が多くの人間が人間として楽しめる余地があり
それをある程度の秩序をもってコントロールできるのであれば・・・
存在してもよいものだと思います。
ルールを守り、人に迷惑をかけない飲酒も、そんな混沌の一つでしょう。

ただ、どうしても愚痴っぽくなったり、悪い酔い方をしてしまう人も
ある種の体質や気質もあるでしょう。
しかし、その人のチャイルディッシュさ(注:『子供っぽさ』とはまた違う意味です)や
単眼的すぎる物の見方、短慮さ、不寛容が
その人を悪い酔い方に走らせていることもあるのではないか、とも思うことがあります。

―――飲酒は、本当に『大人』であるための証明なのか?
それを問うために、このようなことを書かせて頂いた次第ですが
前日は少し負の側面ばかり単純に掘り下げすぎたが故に
ともすれば誤解を与えてしまったことをお詫び申し上げます。

世界、という視野で見つめて見れば
イスラム教やヒンドゥー教では禁酒が宗教戒律という
昔からの、伝統的な、そこに生きる人々の根本を成しうるものにより支えられております。
(宗派や生きる場所によっては、そこを配慮せずに酒を飲む人々も一方ではいますが)

そういう人でも、もちろん立派な人は大勢います。
人が大人たる証明に、どうして酒でなくてはならぬのか。
あまりに簡単に、単純に、早急に大人であるための定義を求めすぎることは
かえって危険をはらむものかもしれませんね。


今日の(・∀・)イイ!こと
父が美味しい寿司を買ってきてくれたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-01-31 13:18 | 未分類 | Comments(2)
2009/1/30 酒は証明か
成人。

して、その証明とは、何であろうか。
ひとえに、酒を飲めること、とするのは私は間違いだと思っています。

たとえ下戸であっても、立派な観点を持ち、日々一生懸命人生を生きてる人は
この世に多く存在します。
日本人の場合は、肝臓においてアルコールを分解する酵素が
少ない体質の人が多いこともあるでしょうが。

しかし、大人だから酒を呑む・・・果たしてこれは存在するに値する通念なのでしょうか。
僕は酒が好きでそこそこ飲める方ですが、この観念には疑問符を持たざるをえません。

時に、気をつけるべきなのは
大人だから酒を呑む、としながらも
悪い方向で『酒に呑まれる』人ではないでしょうか。
僕の場合は、酩酊状態になりながらでも
幸いにして呑まれても睡眠に入るだけで済みそうです。
また、どうしても寝ないとやってられないというわけでもなく
運動してたり、何しか活動していればこの眠気も耐えられないわけではありません。
飲酒後に起こりうる状況に合わせて呑むことが肝要でしょうか・・・

僕の知人でも、呑まれる人がいます。
何しか、精神的にグラついた面が垣間見える人が多いです。

この中でもまだマシなのは
物言いがいつにまして人の心に土足で入るような言い方になりながらも
自分でまだ呑まれているという実感がある人のこと。
しかし被害は少ないにしろ、酒に精神乗っ取られて悪魔になりかけてますよ、あなた。
この場合の『悪魔』は、人に迷惑をかけ、人のネガティブな心の闇を拡大し
直接的に、下手すれば連鎖的に混沌や悲しみを生む人のことです。
これが『大人』のすることなのか、考え物ですね。
後に続く子供がこれを見ていたら、何らかの災厄を生みそうな気がします。

酒に呑まれて、『悪魔』と化す人間。
大体、悪魔と化し人に迷惑をかけるようになるタイプの人間は
考えが傲慢なところが少し垣間見える時が残念ながらあるように思います。
どれだけ密接な関係があるかはわかりませんが
酒が呑めることが大人である証拠ではないということはこれでも明らかではないでしょうか。

どうせ美味しい酒を呑むなら、周りと楽しく
『大人』でありながら酒を嗜みたい。

心にスキがありすぎるが故に『悪魔』に戻ってしまうのはごめんだぜ。


今日の(・∀・)イイ!こと
素晴らしいゲームのPVが見れたこと。
ナルティメットストーム、こりゃすごいです。
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-01-31 00:52 | 未分類 | Comments(0)
2009/1/29 久々の出立
結構久しぶりに梅田・心斎橋といった中心街へ足を踏み入れました。
不景気、不景気といいながらやはりこの賑やかさはいいものですな(´∀`)

20年来大阪の住宅地で生まれ育ち、中心街にも親しみがある自分にとっては
こういう場所は帰巣本能のようなものがあるのでしょうか。
田舎の方面に行った時の経験と比較してみると
自動販売機や夜の照明が多く、かしましい都会の方が慣れを感じることと
田舎には田舎でまた僕にとっては独特の雰囲気があるところとか・・・
人が住む場所ということに関して、頭をもたげるのであります。

久々に東急ハンズ行ったり
昼は物凄くウマい牛重を食べたりおいしいコーヒーを飲んだり
好きな漫画を立ち読みしたりで大満足☆
・・・と、同時に少し疲れてしまいましたかね(´∀`;)


今日の(・∀・)イイ!こと
おいしい日本酒を試飲できたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-01-30 13:32 | 未分類 | Comments(0)
2009/1/28 たとえ戦を前にしても
テストが終わり最初の日は、溜まった分だけゲームを遊びまくり!
ミリタリー系のゲームをやりまくってスッキリ爽快!
熱く楽しいプレイを満喫しておりました♪

しかし、やっぱり思うことは架空でよかった、ということ。
以前も、ゲームの戦争において実際の戦争から排除されてるものが多くあるが故に
ゲームの戦争は楽しいものでありえるのだということを書いたことがありますが
今回は、とある大学の講義を受けてまた違う思いが浮上しています。

それは、軍人とは平和を愛するものである、ということ。
戦争の際には身を張って戦うものでありながら
心の奥底ではともすればその辺の市民よりも強く強く平和を希求する人も多くいます。
そして、そのような人は戦前の日本にも存在しました。

ナチス・ドイツと同盟を組みながらも
亡命途中で酷寒の中路頭に迷ったユダヤ人達を鉄道で運輸し
鉄道でユダヤ人を運搬し、彼らの第三国への亡命を助けた将軍がいます。
後にナチス政府から日本がやったことはわが国への裏切り、という抗議を受けながらも
このユダヤ人救助を命じた将軍をかばった上層部の存在もありました。
(現在でも、ユダヤ人の親日感情は非常に高いと言われています)

昨年の後半に物議を醸した田母神氏も
国際社会を含めた平和と繁栄、全体的な秩序を希求するために
あのような論文を書いたと思います。
あの論文もまともに読めば、戦争と破壊、征服と覇権、混沌を望む者の文でないことは
一目瞭然です。
あれをまともに読めない人は、どこかで(国際平均から見ても)変な教育を受けて
平和を考えるための戦争・軍事に超がつくくらいのアレルギー持ちにしか思えません。
(田母神論文に関する拙意見はコチラに記載)

僕が今日やっていたゲームでも、キャンペーンシナリオで一人の将軍が出てくるのですが
その将軍もまた、平和を希求する軍人の一人です。
そしてそのカウンターパートが、政治家、つまるところ文民なのです。

ある政治家は敵を排するために、プレイヤーに大量破壊兵器のしようをそそのかします。
ひとたび使えば、何千万という命が絶たれる恐ろしい兵器です。
しかしそれを止めるように促したのは、なんとその将軍。

結末としては政治家の選択を取るか、将軍の選択を取るか
どちらかで結末は変わるのですが
あなたならどちらを選びますか?

かつてヨーロッパを、果ては世界を混乱へ導くきっかけになった
ヒトラーもムッソリーニも、軍人ではなく『文民』出身でした。
もちろん全ての文民を差別し軍人をヨイショするわけではないですが
軍人が戦争を望むということは間違いではないか、ということを伝えたい。

軍人・東条英機は、アメリカによって資源供給を絶たれた日本をどうにかするために
半ば仕方なく東南アジア進出を決めた面もあったでしょう。
また、いたずらな排除や差別、混沌に殺戮も望んでいなかったでしょう。
だったら、何故彼が前述のユダヤ人救済にも協力したのでしょうか?
(南京大虐殺などはウソということを前提にしてのお話です)

戦争放棄で平和がそりゃいいに決まってますが
現段階ではあまりに理想主義すぎて、現実的な考えに欠けます。

更なる平和を希求するためには
やはり防衛もセットで考えなくてはならない。
少なくとも、いまの時代はそうであると考えています。

軍人は、戦争になると最前線に立ちながらも
冷静に平和と戦争を考える、最も平和を望む人間の一種だと思います。


今日の(・∀・)イイ!こと
中学時代の友人と『ロックマン・エグゼ』トーク。懐かしい・・・
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-01-29 00:44 | 政治・メディア | Comments(0)
2009/1/27 NARUTO ナンバー426~428
WARNING!!
※この記事には、週刊少年ジャンプにて連載中の「NARUTO」に関する
所謂「ネタバレ」が含まれております。
まだ先の展開を知りたくない、という方はご注意ください。


テスト終了です。
ここより、大学生は長い春休みが始まる・・・

帰り際は、澄み切った夕暮れ空。
この春にまた経験するかもしれない色々なことや
予期せぬ出来事にも思いを馳せつつ・・・

冒険心が止まらないぜ。


今日の(・∀・)イイ!こと
夕飯時に美味しいビールがたくさん飲めたこと

<以下、NARUTO感想欄>
_____________________________________
反転してお読みください。

2009年、NARUTOは十周年を迎えます。
作品全体として大きな分岐点です。
懐かしの白や再不斬が描かれたDVD-BOXも発売予定だとか。
個人的にはもうひとつ、格闘ゲーム新シリーズ『ナルティメットストーム』が注目どころ。

去る2008年はサスケとイタチの骨肉の死闘でジャンプ連載が始まり
劇場版のNARUTOにもサスケが出演し
岸本先生自身も仰ったとおり『サスケの年』。
今年は、回りまわって、我らが主人公ナルトの年になりそうですね。

さて、新年早々ナルトを襲った大きな衝撃―――ペインによる木の葉壊滅。
ガマブン太ら3匹の大蝦蟇と共に颯爽と現れたナルトは
自来也にも四代目火影にも見えそうな衣装で登場。
それも、最初から仙人モードになっているではありませんか。

破壊された里、そしてその張本人へと怒りの矛先を向けたナルトの怒り具合が
激昂するシーンも今月にあったのですが、今までに無い静かで激しい怒りといいますか。
また、あれほど向こう見ずな感じだったナルトが仙人モードの力で
周囲のチャクラを感じ取り冷静に振舞う場面が新鮮です。
角都と闘ったときに加えて、更に進化しましたね。
師であるカカシの死まで感知するに至りましたが
そこでも冷静さを崩さず、いや、師の思いをまるで受け継がんとしてるようだ。

里が全部崩壊するような破壊の中、多くの忍びは無事でした。
綱手が額のチャクラをカツユに流し込んで・・・
分体になって取り付いていた忍達を爆発の衝撃から守ったようですね。
先月絶叫していたサクラに、ヒナタやシカマル・・・皆こうして命は取り留めたようで安心。
気がかりなのは、木の葉丸辺りですね・・・
あの芽吹いた才覚は、健在であってほしいですね・・・。

今月一月は、ペインとナルトとの死闘。
疲労困憊の綱手に襲い掛かるペイン一体を螺旋丸一撃で倒したり
仙人ならでは体術である『蛙組手』、両手に螺旋丸を作りぶつける『螺旋連丸』と
独特の新技でペインをさばいていくではありませんか。
角都を一撃で倒した『風遁・螺旋手裏剣』も更にパワーアップして帰ってきました。
直接ぶつけるのではなく、手裏剣、の名の通り投げる技に進化した上に
敵の領域に入ると、なんとその螺旋手裏剣が巨大化して敵を切り裂くという。
あまりの威力と、妙木山で隠れて修行をしていたために
あのフカサクですら驚きの声をあげる有様。

6体いるペインと、肩についたカツユの分体と情報コミュニケーションをしたり
大蝦蟇三体、フカサク&シマの支援を受けながら互角に戦うナルトでしたが・・・
あまりのドデカ技の連発に仙人チャクラが切れてしまいました。
ここで、ガイ班か日向ヒアシ辺りが助けに来たりするのでしょうか・・・。

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-01-28 17:23 | NARUTO | Comments(0)
2009/1/26 10数センチの武器
剣より強き武器握り締め

あの感覚 あの記憶

あの時よりも長き時間を あの時よりも多き文字を 書き綴り託す

かつてこうして握り締めたときとの

このハートの中の違いはなんだろう

あのころは心中に熱きマグマが 黎明期の地球のように吹き荒れていたというのに

今は煌々と青い炎が燃えるのみで

それ以外は無風の如く佇んでいた

知識と知恵の岩が その無風を更に確かなものとする

さあ その岩で剣より強き武器を磨け


今日の(・∀・)イイ!こと
友人との冬休みの計画が一歩実現に近づいたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-01-27 01:25 | 詩文形式 | Comments(0)
2009/1/25 古き旧き予兆
2009年1月25日、日本、関西圏に大規模地震が発生するということが
『マヤの予言』に出ているという・・・

現在のところ地震は幸いにしておきてはいないが
とりあえずは、明日の15時くらいまでは気を抜かないことにしようと思う。

マヤ文明は中南米にあるものだし
日本と中南米なら時差は最低14時間はある。
向こうの時間での『1月25日』かもしれないなあ、という憶測も頭にいれつつ
自信の予言に関しても頭の片隅で留意しておくのであった。

単なるオカルトで、ノストラダムスの恐怖の大王のように外れてくれたら万々歳ですが。

いやはや、小学校4年生くらいに『1999年7月、人類は滅びる』というのを本で見て
1年間くらい凄まじいまでに戦々恐々として生きていたのですが
小学校5年生の夏、無事外れた時のあの安堵感。

二学期になって、学校放送が流れてきて女の子二人が
『恐怖の大王来なかったね~w』と言ってるのを聞き
『人類が滅びるかもしれなかったというのを何でそんなに笑えるんだ!?』と
自分で薄気味悪く感じでいたこともあった少年時代。

その後、『2000年問題』の疑惑の浮上でも
核ミサイルでも飛んでくるんじゃないかと戦々恐々。
小学校には『はだしのゲン』が全巻揃っていて読んでたし
夏の登校日には『平和学習』がいつもあったし・・・余計怖かったです。

今でこそ、心中余裕が持てるようになってきましたが
まだ、『明日死んでもいいように生きる』段階には程遠いか、と思うのでした。


今日の(・∀・)イイ!こと
久々にビールを飲めたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-01-25 23:43 | 未分類 | Comments(0)
2009/1/24 未知なる誘い
突如、ある方と遊ぶ約束が具体化してまいりました。

今しばらく耐えて、やがてくる春へと向けまして・・・


今日の(・∀・)イイ!こと
探していた参考図書がすんなりと見つかったこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-01-25 13:48 | 未分類 | Comments(0)
2009/1/23 アップダウン・ビギニング
新年始まり、早3週間ちょい過ぎ去りました、が
僕個人には早速アップダウンの激しい年となっておるかもしれません。

新年早々は酒が飲めるようになった、加えて酒に適度に強く、酒が好きということで
ビール、日本酒、ワイン、ジンといった酒をグイグイ飲みながら
年末よりご馳走続きで御節やら生ハムやら博多ラーメンやら食べまくり
ゲームをバリバリ楽しんでいたところに
さぁ、テストがんばるぞというところでちょっと胃の疲れを感じ
そこで突然の胃腸風邪に襲われ、何日か引きこもり生活を過ごした後に復活。
現在は鼻炎と格闘中ですが
小中学校の時にくらべればまだ鼻が詰まらない=呼吸できるのでマシなものです。

年賀状が今年はきた枚数が少なめで
人間関係で自分なりに考えることが出てきて
そのために心がいつになく曇ることもありましたが
今日はお褒めの言葉や感謝の言葉で友人知人に元気付けられて
本当にびっくりどっきり。感謝感激。

学業面では水平飛行、という感じではございますが
うまく、平穏にこのテストを乗り切れることを願っています。
今のところは、まぁ、最低単位は取れてはいることを願おう・・・と
少しは希望を見出せる段階ではあります。
もちろん、僕も素晴らしい春、素晴らしい将来の為にも努力せねば(`・ω・´)b

これくらいの上下で乗り物酔いしてる場合じゃねぇな。

追記:
秋葉原建設中のビルの火災、電気街のど真ん中の所ですね、確か・・・
昨年6月のあの無差別殺人の主な現場になったソフマップの向かいの場所のはず。
自分もよく知ってる光景の中での事件だったのでニュースを見入ってしまいました。
それにしても、犠牲者が軽症数名で本当に良かった!


今日の(・∀・)イイ!こと
The Living EndとSum41の間に思わぬ関係を発見したこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-01-24 00:08 | 未分類 | Comments(2)
2008/1/22 自慢の侵攻、外界の友好
自分大好き人間、というものに困らされたことが
拙ブログの読者の皆様にも困らされたことがあるかもしれません。

私は、自分が体験したことを会話で話すことも多いし
このブログに書き込むこともままあるのですが
果たして、自分はどれほど『自分大好き人間』と距離を置けているのか・・・。

僕自身として心がけていることは、自己主張の『行き過ぎ』をしないこと。
会話でも拙ブログでも、自身の経験を語ることはままあるのですが
それが『俺ってすごいことしてきたんだぜ』とか
『俺はこんなことをしてきたからこんなに素晴らしいんだ』とか
自分の主張や経験談で自分を無理やりヨイショしないこと、
それから、会話を聞いてくれている相手の言葉もしっかり耳を傾けるように。
都会の一人っ子で育ってきた僕ですが、試みるようにしています。

具体的な話題として・・・僕の場合に多いのは旅行のお話でのこと。
僕としてはこれをネタにお互いに面白い話が出来たらうれしい、という感じで
こういう話をする際に何が一番うれしいかというと
自分が旅してきたことを誇れる・・・のではなく
相手がそれを聞いてくれて興味を持ってくれることであったりします。
(僕自身も、自分のためになる相手の『経験談』を聞くのが好きです。)

最近、そのような自己を見るきっかけとして
僕の通う大学のある教授の授業風景を思い出しました。

政治学に関連する講義なのですが
この教授の語ることは結構自分本位で
ちょっと思慮が足りないんじゃないの?というような独裁的な意見も聞かれます。

極めつけで、『ああ、この人は自分大好き人間なんだ』と思ったの瞬間は
資料が配られたので見てみると自分が意見を述べた新聞記事の印刷がビッシリ。
資料で新聞記事の印刷もらった時には、必ずその教授の名前が書かれている。

まぁ、だけど講義内容は特に面白いわけでもなく・・・
むしろ、独善的で客観性に非常に欠けた意見を通す節があって
学生にいらん偏見でも植えつけかねない講義。
学生に政治学を教えるよりも自分が可愛いのかと思ってしまいました。
(オマケに、細かい挙止動作を観察してると、そうともとれうる行動も多いこと)

今まであった教授の中でも、本当に糞と呼べるような輩がいる中
この教授はまだマシな方なのですが
やはり、人間のあり方として考えずにはおれませんでした。

自分の書いた本を教科書として使う教授は大学にはいるものです。
僕はそういう教授にあたったのは今まで4,5人ほど。
うち、その教科書をちゃんと生徒に知識を啓蒙するために適切に使えた教授は
僕の見てきた中では1人だけ(1人いただけでもラッキーかもしれない)。

この1人の教授は、教科書を媒体に非常に論理的に分かりやすく
それでいて静かに熱く語りかけるように講義をしていたばかりか
自分の考えを『押し付ける』武器に自著を使わなかったことがあります。

僕も、これまでこのブログでつづってきた文章
時にはあえて攻撃的・威圧的な言葉を使用することもあります。
全くカウンターパートの意見を述べることもあります。
しかし、我ながらすべてが正しい、100%的を得ているなんて心の底から思ったことは
ほとんど皆無だと思います。
『だいたいあってる・・・かな?とまぁ、これが私の意見です。』という感じで。

これへの意見も、また殺すことを無いようにしたいと思います。
例外は感情的で幼稚な攻撃、自分の意見が認められた瞬間に調子付く輩
論拠も無い軽率なニヒリズムや悲観主義を垂れ流す弱虫を相手にした時でしょうか。

基本は、生産的な、肯定的な文章を目指して
安易な愚痴や悲観主義は表層だけ考えてださないようにしようと常々思ってます。

何でこんなこと目指すのか、何で自慢の行き過ぎを恐れるか?というと
別に僕が教養を深めて人類の英知の王になりたいとかそんなことは全然無くて

もっと、もっと単純であると思います。

その方が、人生が真の意味で楽しくなるからです。
それも自分自身だけじゃなく、自分と共に生きる人も一緒に・・・

『こんな僕を大切にしてくれる人たちと一緒に幸せに生きたいけど
こう願うのもまた自分本位なのかな』

考えの芽は、かくてまた芽吹く。
しかし、それを苦とは思わない・・・


今日の(・∀・)イイ!こと
しばらく会ってなかった友人と笑顔の挨拶。
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-01-23 00:00 | 未分類 | Comments(0)