<   2008年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
2008/12/31 Great farewell for next year
クリスマスと同じく、太字やカラー文字は大晦日の挨拶でも封印です。
業務的な連絡としては・・・
12月末日のNARUTO感想を明日・明後日の新年早々に書き出そうと思います。
木の葉隠れの里に、忍達に、凄まじいまでの動きがございました。

皆様、最後まで楽しい2008年があったことを願っております。
ビール飲んで日本酒飲んでコーラ飲んで
紅白歌合戦でPerfumeのダンスの完成度に驚嘆し
羞恥心&Paboのテンションの上がりっぷりにびっくりしたり
バラード系アーティストの素晴らしさに触れたり
(因みに個人的にはaiko、アンジェラ・アキが良かった)

いやはや、エトセトラ、エトセトラ。

そんなエトセトラがぎっしりぎっしり!凝縮されたこの2008年とももうすぐお別れ。
それなりの成長に伴い、個人的にも社会的にも忘れられがたい一年になりそうです。

今年出会った素晴らしいめぐり合わせとは
来年でもその先でも大事にできますように。
今年もついてきてくれた素晴らしい人間関係とは
来年でもその先でも輝ける状態であれますように。

皆様の幸を願って、10の言葉でお届けします・・・

センキュー
メルシー・ボクー
ダンケ・シェーン
グラーッツェ
スパシーバ
キートス
カムサハムニダ
シェイシェイ
ダンニャワード


アリガトウゴザイマス

e0120944_2384838.jpg



今日の(・∀・)イイ!こと
演劇をやってる年下の友人からアドバイスを頼まれたこと。
嗚呼、こんなところでかつての杵柄がまたも僕を目覚めさせてくれるとは。
人生とは、かくも不思議な輪廻なり
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2008-12-31 23:16 | 未分類 | Comments(0)
2008/12/30 今年の十項
さて、いよいよ今年もあと20時間ちょっとという所。
皆様にとっては今年はどんなことがあったのでしょうか。

2009年1月、『CHANGE』を掲げたバラク・オバマがアメリカ大統領になりますが
これまで生きてきた中でも、皆様も多種多様な『CHANGE』を遂げ、成長してきたはず。

不祥の徒である僕にも、自身を一皮向けさせてくれたり新たな観点を与えてくれたり
また、色々な初めてのことを経験させて頂きました。
総称するなら、『今年の(・∀・)イイ!こと』ということでしょうかね。
楽しいこと、悩んだこと、見つけたこと・・・色々含めて。

今日の記事は、そんないいことを10個書き出してみることにしました。
ちなみに、『トップ10』という訳でもありません。
一部、少々マニアックな単語が出てくることもございますが
そこはご愛嬌ということで生暖かく見守ってくだされば幸いです(爆)

さて、皆様だとどんな十項が出るのだろうか・・・


①【20歳になりました】
10月6日、成人を迎えました。
日本で日本人として成人を迎えるにあたり僕が足を踏み入れた世界は
お酒の世界でございます。
現在、一番好きなお酒はワインと日本酒といった、味わいのあるお酒が一番好きです。
その他は、黒ビール、ウォッカベースのカクテルも好き(*´∀`)
案外酔わないことも判明しましたw

タバコはやりません。顔文字だけで( ´ω`)y-~~~~

②【サークル辞退】
これから大学生活やっていくうえで
本当に自己を成長させたいことやるにはサークルと両立は難しい&迷惑になると考え
今年3月、演劇サークル『劇団展覧劇場』を辞退しました。
『抜け忍』扱いされるのは覚悟の上でございましたが
座長さんがしっかり僕のお話を聞いてくださった上で判断してくださったり
3月の公演が終わった後に覚悟を決めて辞めるにあたっての事を述べたとき
僕のような輩のメッセージにも拍手してくださった事が忘れられません。
今も、何名もの方が僕に親しく接してくださり、感謝という言葉で果たして足りるものか。

自分の成長のためにも、今もこの劇団のお芝居は見に行ってます。
そして、ここでの経験は今年の僕の成長の大きな土台となっております。
日々、色々な場所で色々なときに、それを実感させて頂いてる次第です。

③【中学時代の友人との同窓会】
中学時代の友人、某O氏とのメールでやってみようと思い立った同窓会。
今までも、他の人が中学の同窓会をやっていたそうなのですが
以前にやってた人が頓挫してしまったこともあり、それなら僕がやってみようと
O氏の助けも借りながらも、思い切って僕が引っ張ってみることにしました。

ビリヤード行って、中華バイキングを食べるというコースを僕が設定して
それぞれ楽しんで頂けたようで安心しました。

しかし、真に素晴らしいことは、今回参加してくれた某H君等の力で起こりました。
僕が作ったコースの後に、飲み会やカラオケオールが臨時出てきて
そのまま、参加者全員でこのコースに大突入!
しかも、この時間がともすれば一番楽しかったのではないでしょうか・・・
僕が言いだしっぺで一応リーダーを努めながらも
そのメンバーさんのパワーや気配りにも大いに助けられました。
今から思っても、またこういうのやりたいものですね(*´ω`)

④【OFF会というもの】
ネットで知り合った人に会う、というのは昨年にも一度やったことがあるのですが
今年の3月には一気に6~7人の人とネットでなく現実で会う、というのを体験。
リンクを貼らせて頂いている『風の棲む街』琥珀さんの率いるOFF会でございました。

開催場所は名古屋でございました。
この時、たまたま名古屋を観光しておりまして・・・
幼き自分は名古屋のあまりに独特で面白い活気に押されたのと
今まで画面越しにお世話になった人や初めてお会いする人に『生』で会うのとで
その勢いでテンションが核爆発起こしてしまいました。。。
迷惑度は、きっと放射能レベルのはず。

しかし、今も普通にここで会った方々と接せているのは運命の悪戯なのでしょうか。
そればかりか、何名様から20歳のお祝いのメッセージまで頂いてしまいました・・・
次にこの人たちと、『生』で会う機会はおそらく無いかもしれない。
いや、ともすればこの素晴らしい人たちのために『無いほうが良い』のかもしれない。
でも、もしも機会が降りてきたらば―――

と、この後にもOFFでお会いした人もいらっしゃいます。
月日は流れ、夏の日差しが照りつけるころ、長くお付き合いのあるHolmesさんと。
前述の琥珀さんと同じく、リンクを貼らせて頂いております。
とある大学に『天ぷら学生』しに行ったときにご一緒させて頂きました♪

元から興味のある大学だったので、売店や研究棟などを沢山案内して頂き・・・
良い思い出になっております(*´∀`)
最後は僕はバスに乗ったのですが
名残惜しくてしばらく話し込んでしまったことを覚えています(爆)

さらに一つあったのは、ガガガSPのライブのチケットが余ったので
それをライブ会場でお渡ししようとMixiでちょっとした取引をしまして
その際、取引した方とマイミクになった、ということも御座いました(´w`)

⑤【アルバイト】
サークルを辞めてやりたかったこと・・・の一部です。
日雇い派遣のアルバイトなので、日程は不定期なのですが
体を使うことも多く、ここではサークルでの10ヶ月程での経験が
僕の心身を支える非常に大きな助けになりました。

万博記念公園や大阪のイベントホールでのバイトもあったり
イベントに身近に触れながら仕事をすることもあったりとか
工場で、いわゆる『ブルーカラー』っぽそうな仕事に少し触れてみたりとか
ゴミ清掃など公共的なことにたずさわったりとか・・・
色々な仕事を垣間見ました。

この際、自分は苦手と思いきや結構接客が好きかもしれないと思うようになりました。
来年は、フロムエーであるような定期のバイトもやってみてもいいかもしれない・・・

⑥【ベルリッツのパーティー】
語学学校のベルリッツには昨年の11月からすでにお世話になっておりましたが
このベルリッツの大きなの魅力のひとつとして
数ヶ月に一度の割合で大きなパーティーが開催されることがあります。

昨年12月のクリスマスパーティー、今年2月か3月のパーティーには参加できず
今年7月のビアパーティーにて初めて参加いたしました。
これが余りに楽しくで味を占めてしまった僕は
9月のバーベキューパーティー、12月のクリスマスパーティーも続けて参加。
国も言語も超えた人の温かさに支えられて、どれもかけがえの無い思い出です♪

日本語英語交えて先生方や事務の方
たまたま知り合ったベルリッツの生徒さん方(ほぼ9割は社会人の方)と
大いに盛り上がって参りました。
来年も是非ご参加くださいと主催なさってる方からも言われてしまった僕としては
もはやある意味感動の領域でございます。

これからも、機会あらばしっかり楽しませて頂きます。お疲れ様でした。

⑦【本格的・ガチムチパンツレスリング】
なんだこれはと思われるかもしれませんが
ニコニコ動画で人気のネタの一つです。
筋肉ムキムキのアメリカ人がパンツ一丁で取っ組み合うというものなのですが
その際に発せられる『空耳』があまりに滑稽で爆笑モノw

最初は、星のカービィの『激突!グルメレース』のMADムービーを
高校時代の友人が見せてくれたのが始まり。
絶妙なタイミングで使用される男達の声の空耳の組み合わせがもう最強▲トンガリコーンw
このパンツレスリングのシリーズは他にも超秀逸なMADが数多くあり
これによって何度僕の腹筋は破壊されかけたか・・・分かりません(核爆)

⑧【音楽】
邦楽ロックばかり聴いていた僕は
何だか、新しい音楽を聴きたいという欲に今年の7月あたりは本当に駆られていました。
その際出会ったのが、耳についてどことなく気になってた『Perfume』と
ベルリッツの先生に薦められたオーストラリアのパンク『The Living End』。
それまでは女性アーティストも洋楽も全然聴いていない状態だったので
この二つが最初に旋風を起こしてくれました。
僕の音楽の幅もぐーんと増えて、胸のつかえが取れたようでした。

『Perfume』は今年に大成長を遂げ、あれよあれよと紅白歌合戦に出陣。
僕と同い年のメンバーの3名はギャグセンスにも溢れた女性三人組みでござい。
現在は、『燃え尽き症候群』とも葛藤することもあるのだとか・・・
僕の好きなバンド、レミオロメンを見ているようかもしれない。

三人の仲のよさ、チームワークのよさ、ダンスのユニゾン度の高さ
長い下積みで身に着けた謙虚さ、etc....
彼女たちはその良いところをこれからも磨きつつ進んでいくだろうと思いつつ
僕も、頑張っていこうと思うのです。

『The Living End』は、本家オーストラリアでは国民的ヒットを遂げているバンド。
オーストラリアの人に知ってるかどうかを尋ねたら皆知ってるというくらい人気です。
実際、Youtubeでもカッコいい、でもどこかメッセージ的なPVが上がっているので
是非一度お耳に入れて頂きたい曲の数々。

月日は流れ秋の10月になると、大学での友人でMixiでマイミクにもなった某Hさんから
色々なパンクバンドを教えてもらいまして、その際に気に入ったのが
カナダのパンク、『Sum 41』。
思い切って借りてみた『Does this look infected?』が
短く構成されてはいますが、聞けば聞くほどあれよあれよとハマっていく!
つい最近は、『Chuck(チャック)』というアルバムを借りましたが
これもアツくてスカっとしたメロディで燃えさせてくれます。

時に、YoutubeからMP3音楽ファイルだけを取り出せるソフトの存在を知りまして
特に自分がやってきたPCゲーム系のBGMを落としております。
個人的には『シムシティ4』のBGMは懐かしすぎて、悶絶しそうでした(*´Д`)

⑨【PCゲーム】
ここが一番文章が長くなりますが・・・
ひとまず、今年出会ったPCゲーム4人衆をご紹介。
・東方緋想天
・東方地霊殿
・Battlefield 2(+拡張パック『スペシャル・フォース』)
・Command and conquer 3 Tiberium Wars(+拡張パック"Kane`s Wrath")

うち2つが同人作品の『東方project』シリーズという罠。
大体年一回ペースで出るシューティングゲームで有名な同シリーズですが
今年は、格闘ゲーム(=緋想天)も出たので二作品のご登場です。

東方の格闘ゲームは、『緋想天』で実は二作目。
前の格闘ゲームも(受験のお供に)しっかり遊んでましたが
今作品は目新しいシステムが続々盛り込まれていて注目どころでした。
独特のキャラクターのおとぼけぶりも磨きがかかっておりました(爆)

何といっても驚いたのは、同人作品でありながらネット対戦システムを備えていること。
対戦したい人のIPアドレスを打ち込むだけでその人とつなげて対戦ができるという
シンプルかつ面白いシステムです。光ファイバー回線ならほぼ問題なくプレイできました。
コミュニケーションをメールやSkypeのチャット等で併用すると楽しさ倍増!!

高校時代の友人の某S君や、Mixiで知り合った某D氏と
ネットでやりあいながら、楽しい夜を過ごすこともありました(*´∀`)

さて、東方の本家本元(?)のシューティングである『地霊殿』は
体験版が出たときにそれから一応プレイしましたが
VRAM128MBに相当する画像や今までの東方に無かった演出には嘆息するばかり。
新しいボスキャラクターも一人一人が独特のテイストで濃い!!
特に、4面目のボス『古明寺さとり』はちょっとしたカルチャーショックでした。

『ゲーム中の』女性率100%!だけどまったり雰囲気で機知にも凄く富んでいる
そんなゲームをやりながらも、傍らで大航海時代Onlineと一緒に手をつけていたのが

ミリタリーもののゲームで御座います。

実は、今年の春にパソコンのVRAMがイカれてしまいまして・・・
ゲームはおろか、パソコンそのものが起動できないという状態に。
なので、この際なので新しいVRAMに取り替えてもらったのです。
その際に購入したPCゲームが、2、3年前から欲しかった『Battlefield 2』でした。
(下がそのプロモーションビデオです。やや暴力描写注意)

アメリカ軍、中国軍、中東連合軍(ロシアの武器を使用)の三勢力が
西暦2010年前後くらいにドカドカというそんな設定があるのですが
メインは、陣取り形式の迫力の撃ち合いです。

こっそり裏側の陣地を取りに行ったり、情報網を破壊しに行ったり
このスリルがまたたまりません(*´Д`)
戦い方次第では一発逆転もあるので、この駆け引きもまた面白いところ。
コンピューターもかなり優秀で、追加マップもWebに沢山あるので
オフラインでも十二分に楽しむことができました。

さて、最後に僕に旋風を巻き起こしたゲームが
今年にヨーロッパへ旅行に行った際に買った『Command and Conquer 3』です。

『タイベリウム(Tiberium)』という、宇宙からきた謎の緑色の有害な鉱石を巡って
地球文明の秩序を守ろうと奮闘する『GDI』、
タイベリウムを用いて人類に革命をもたらさんとする過激組織『Nod』
そして、タイベリウムを基にした虫型生命体で構成されているエイリアン『Scrin』との
三つ巴の戦闘が描かれています。
(下がそのプロモーションビデオです。やや暴力描写注意)


グラフィックもさることながら、大迫力のBGMに演出の数々!
北米では有名な俳優・女優を起用し、このゲーム独特の世界観を引き立たせる
映像シーンも任務の合間合間に用意されて、このゲームの世界に引き込まれていきます。

時に、そんな演出も英語で何言ってるのかが分からないということになりえますが
日本での有志が作成した、映像シーン日本語字幕化ツールも頒布されています。
(Googleでこのゲームのタイトルを入力したら、このゲームのWikiがあって、そこです)

もちろん、これらゲームが楽しいのも現実と協調してこそのこと。
今年はまた素晴らしいゲームライフを送れました☆

⑩【旅行】
国内は長野(野沢)、名古屋、東京、福岡(博多)、京都へ。
今年はついに海外に手を出して、一度はヨーロッパを体験したかった僕は
ロンドンとパリへ旅行へ行ってきました。

一人で旅することが多かったのですが
その旅先の雰囲気、旅先で僕を助けてくださった方々・思い出をくださった方々
良きも悪きも思わぬ出来事、食べたもの、見たもの・・・
思い起こしてみればキリがないことだらけです。
本当に同じ年にここにいたことが信じられないくらい
こんな自分には勿体無いくらい素晴らしい思い出でいっぱいです。

一つ一つの歩みがまるで星屑のように、キラ星のごとく輝いております。
お金と時間が許せば、これからもどんどん外へ歩き出していって
また、さらなる経験を積んでいければ・・・と思います。

細かくというと、やはり異国のロンドン・パリで一週間ずつ、計二週間過ごしたことが
今年の一番大きな変化でございました。
世界を見れるって、やっぱりこんなに楽しいことなんだ。

あれから、何だか自分でも不思議なくらいに物を見る目が落ち着いてきたような
それが確かなものかは分かりませんが、そんな気がしております。
(確かかどうかは、ある程度はこのブログにも反映されているかもしれないので
そのあたりは来訪者の皆様方のご判断に委ねることにいたしましょう)


一年あったことに並んで
もちろん今日も今日とて書きます↓

今日の(・∀・)イイ!こと
両親がおいしそうなお酒をいっぱい買ってくれたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2008-12-31 02:03 | 未分類 | Comments(0)
2008/12/29 NARUTO ナンバー422~425
WARNING!!
※この記事には、週刊少年ジャンプにて連載中の「NARUTO」に関する
所謂「ネタバレ」が含まれております。
まだ先の展開を知りたくない、という方はご注意ください。


帰省する友人と、インド料理に舌鼓を打ってきました(*´∀`)
このインド料理店、実は中学時代のクラスメートのお父さんがやっているお店です。
中学から高校に進学する際に、卒業パーティーも兼ねて
中学のクラスメートのみんなでここのインド料理を食べたのを覚えています。
それ以来行ってないので、実に5年ぶりです。

カレーの辛さやうまみをUPさせる唐辛子ソースがついていたり
マンゴージュースがおかわり自由だったり
舌も胃も心も満足な素敵なサービスもいっぱいでした♪

あれから他にも、日本では一風変わった料理も食べてきましたが
やっぱりインド料理って美味しいですねぇ・・・
洋食やサンドイッチ、ハンバーガーももちろん大好物ですが、ここで一言。

日本人でよかった。アジア人でよかった!


今日の(・∀・)イイ!こと
友人のお土産購入に入った和菓子屋でお茶を頂けたこと

<以下、NARUTO感想欄>
_____________________________________
反転してお読みください。

年の初めは、木の葉隠れの名家の兄弟がエラいことになっておりましたが
年の締めは、木の葉隠れの里そのものがエラいことになってしまいました・・・

さて、まずはその里の名を冠した木の葉丸について。
先月色々憶測した中で、少なくとも伝言カエルのことではありませんでしたが
たまたま戦闘に巻き込まれた様子でございますな。

木の葉丸が見かけたペインはエンマ大王のような幻覚を見せて相手をやるようですが
エンマ大王=嘘をつくと舌を抜かれる、から、あれの前で嘘をつくと死ぬという訳で・・・
なんとも恐ろしい尋問術!

木の葉丸危うし!のところで颯爽と現れたのは・・・なんとエビス。
ムッツリスケベがどうこうと罵られながらも
ここでしっかり教え子のために命を賭して戦う覚悟を決めるとは流石。

あわやエビスも同じようにペインに捕まえられナルトの場所を尋問されますが
最初はナルトを露骨に軽蔑していた彼も、いつしかはナルトを認めていたのですね・・・
里の人間から見たナルトの成長と里との繋がりが印象的です
ナルトは木の葉の仲間、暁に居場所は教えないと言い切ったエビスも
ナルトが成長し変わることで変わったのでしょうか。

里の人間のこの見る目は、もしかしたらサスケも気にしていたのかなあ、と想像。
彼のプライドと焦りがこの里のナルトを見る目をキャッチし
最終的には抜け忍、ナルトとの絶縁を決意したきっかけにもなったのではないか、と。

エビスがペインにやられそうになるそのとき、木の葉丸の参戦でございます。
しかし、この木の葉丸のダークホースぶりには本当に驚かされることになります。

木の葉丸も、このペインにやられた忍達と同じく首を捕まれてしまうわけですが
この年齢にして冷静にこれがどのような術かを見極める辺り
流石猿飛一族でございます。
そして、この中にうずまきのエッセンスが加わり・・・奇跡を生み出す!!

首を捕まれた木の葉丸はなんと影分身でございまして・・・
後ろから木の葉丸が放つ術は・・・なんと、螺旋丸ではございませぬか!!
(ナルトのように二人に分身して放ってましたが)

不意打ちで一撃でペインを倒してしまいました。
うーむ、こりゃ木の葉丸のウン代目火影の座も近づいたようだ。
この段階で、もしかしたらナルトを除いてズバ抜けて強い木の葉下忍なのかもしれない。

しかし、この木の葉丸が始めてナルトに螺旋丸を教えてもらっているとき・・・
(時間的には、ナルトが綱手を木の葉に連れてきた時分でしょうか)
チャクラ操作のコツを教えてもらってるときの木の葉丸の頭の中の桃色具合が
どう考えても危なすぎる気がするのですが(´∀`;)
木の葉丸って、この時点で恐らく8歳か9歳だと思うんですけど
ポールダンスとか知ってるこの年の子供って・・・_| ̄|○ノ
木の葉の風紀というものはエロスに寛容すぎるのでしょうか(´・ω・`)
まあ、木の葉丸は『お色気・女同士の術』とか使ってるからなぁ・・・(´∀`;)
岸本先生がエロ本で出ても遜色ないという確信をますます深めてしまった僕(核爆)

一方の木の葉の司令塔・中枢部では
綱手はカカシの具合を察知したようですが、その際の綱手の怒り具合を察するに・・・
カカシは死亡orこの状況では助けられないことが分かったのでしょうか。
写輪眼という一種の『戦術兵器』を失ったという実利的な損もあるでしょうが・・・
それを超える何かがあったでしょうね。

油女一族は虫を使って小南の紙の除去をしている様子。
犬塚一族はゲリラ的先方でペインのうちの一人を追い詰めております。
時に、このペインは例の黒い棒状の物体を死体に取り付けようとしておりましたが
やはりあれはペインになる肉体をラジコンのように操る代物なのでしょうか。
ガイ班は里の遥か外側にいて、どうやら任務の帰りのようですね。
しかし、流石は上忍マイト・ガイ。木の葉に危機が訪れている予感を迅速に察知しました。
彼らの参戦は間に合うのでしょうか・・・

そこを報告に駆けつけるチョウジ。
さっきまで泣いていた顔は消え、凛とした忍の顔に戻っております。
いやはや・・・やはり成長したチョウジは何だかんだで燃えます。
第二部で成長した下忍で一番燃えさせてくれるキャラですね・・・(´∀`)
幸いにして、チョウジの父チョウザは助かるとも綱手から聞かされ
あまりの感動に涙が止まらないチョウジ。
忍としては×かもしれませんが、人としては暖かいですね・・・

さて、チョウジが去った後に、またも綱手のところに人影が現れましたが
・・・今度の人影は、味方ではなく
この混乱の真犯人であるペインでした。

『お久しぶりです、綱手様』と切り出すペイン。
そしてペインが誰かを思い出す綱手。

ここからは術のぶつかり合いではなく・・・
里を担う長としての綱手、世界を変えんとする革命者としてのペインの問答がありました。
現実で言うなら、ブッシュとビンラディンが面と向かって問答するようなものでしょうか。

さて、この先の話は少し現実との関連を織り交ぜながら進めさせて頂きます。
綱手とペインの問答は、現実の世界に置き換えるならば
忍5大国=常任理事国(アメリカ、イギリス、ロシア、フランス、中国)
尾獣=核兵器(因みに、上記の常任理事国は全て核兵器を保有しています)
・・・とすると分かりやすいですね。

特に、核兵器に見立てた尾獣はNARUTOの世界でも小さな国が持ってることもあり
これは、現在も争っているインドとパキスタンが良い例になりそうです。
因みに、このインドとパキスタン間の『カシミール紛争』は核兵器が使われる可能性が
最も高い紛争だと言われています。

尾獣が世界に分散している様は、かつての英国首相サッチャーが説いた
『世界中が核兵器を持てば世界は平和になる』という考え方が少し実現したような
そんな感じの世界を見たような気持ちにさせられました。

うちはマダラが15年前に九尾を人為的に口寄せして木の葉を攻撃した、という話が
結構前のNARUTOに上がっておりますが
これも本当なら、ニューヨーク辺りで核テロを起こしたようなものなのかもしれません。

綱手とペインの問答から少し離れてしまいましたが
この二人の話を見てると、ますます現代の世界と
世界の歴史(特に欧米の世界)が浮かび上がってくるようです。
綱手は『私達大国も痛みを受けてきた』
『木の葉隠れのやってきたことが全て正しいとは思わない
だが、お前達のやっていることはおかしい』・・・と。

ペインは、今の『平和ボケした』忍5大国の現状、世界に紛争が散らばっている現状を述べ
おびただしい殺意を帯びた目で『驕るな』と一言。

大国が痛みを受けてきた歴史は、恐らくは幾度かの『忍界大戦』をはじめとする出来事で
これは現実の歴史で言うなら第二次世界大戦でしょう。
今の5大国を『平和ボケ』とする様は、これら大国を『先進国』にするならば
少し前のG8(アメリカ、イギリス、イタリア、フランス、ドイツ、イタリア、カナダ、日本)か。

綱手と舌戦を繰り広げる間に、別の(魂抜き取って情報得る奴の)ペインが
いの達と行動しているシズネから核心的な情報を得ていきました。
ナルトが、妙木山にいるという情報です!
綱手との問答で怒りが頂点に達したこともあったのかもしれませんが・・・
ペインはそれこそ『神』の如く上空高く舞い上がり、木の葉の里を見下ろします。

木の葉の里の前景というものにしばらく見惚れてしまいましたが・・・
火影の執務室を中心に半円状に区画が整備されていて
ヨーロッパの都市を見ているようでした。
(近いものはパリの凱旋門とその周りの通りでしょうか)

それに合わせて、全ペインが突然の撤退。
いつの間にやら里の外へ退いていた小南の元に
綱手と会話していたペイン以外が全部口寄せ式に戻って参りました。

と、ここでペインの話題から、我らが主人公ナルトのお話へスイッチを少し切り替えます。
九尾の影響で仙人モード発動が未だ成功していないナルトは
フカサクと共に走って走って、修行を続けています。
あまりのナルトの執念に遂にダウンしたフカサクが
『右を見て左を見る』ような修行とこぼした途端・・・

ナルトが閃きとともに歓声を上げました。
これは、恐らく『風遁・螺旋手裏剣』の修行をカカシとしていた時に
影分身をしてオリジナルの自分と影分身の自分がそれぞれ右・左を見ると・・・という
その着想を思い出したのでしょうか。
カカシ死す、が本当ならばこの発想はいまやカカシの大いなる『遺産』ですね・・・。

さて、この修行法で修行を開始しようとしていたのかのその時
遂に伝言カエルがやられてしまったことがおたまじゃくし(下忍相当?)を通して
ナルトとフカサクの耳に入りました。

口寄せ蛙の名前というものは竹簡のようなものに書かれていて
口寄せ蛙は息絶えるとそこから名前が消えてしまうという。なるほど・・・
木の葉の危機を察知したフカサクは、すぐに木の葉への急行を決意します。

フカサクの連れ、というか奥さんであるシマは
この時たまたま木の葉隠れへ買い物に行っていたそうで。
(あの虫料理に使う調味料でも木の葉で買っていたのか・・・?(´・ω・`))
伝令のおたまじゃくし蛙(さっきのやつより成長しているようだ)から
妙木山から木の葉隠れへのお達しです。
ここから口寄せして、ナルトやフカサクを呼ぶのかもしれません。

大混乱の木の葉、木の葉隠れを俯瞰するペイン。
里の外にいる小南と、他のペイン達。
突如、そのほかのペイン達が小南の前でバタバタと倒れていきました。
小南はこれが何のサインかが分かっているようで・・・
どうやら、ペインが恐ろしくとんでもない術を発動させる様子。
今まで冷静沈着だった小南でさえ、汗を垂らし『あなたの命を縮める』と叫びだすまで。
『あれをやるのね、長門』と、小南は初めてここでペインを『長門』と呼びました。
しかし、かつての友人の寿命を心配してここまで焦燥するあたり
小南の心の中にはまだ優しさという感情が残っているのではないでしょうか。

そして、『世界に痛みを』と唱えたペインが放つ究極の術―――

『 神 羅 天 征 』

それは、まさに『核兵器』に相当する威力でした。
実際の核兵器が熱で溶かしつくすというよりも
まるで恐ろしく強大な力の奔流が木の葉隠れを内から外へと押し流していくような
そのような余りにも莫大なるエネルギー・・・!!
そのエネルギーは、栄華を誇った木の葉の里を
あっという間に更地へと変えてしまったのです。

カツユが取り付いていたお陰で、里の怪我人の治療にあたっていたサクラは
かろうじて生き延びておりましたが、そこで彼女が目にしたものは・・・
慣れ親しんだ里が一瞬で更地と消えてしまうという、悪夢のような風景。
強敵とも闘ってきたサクラも、流石に耐え切れず涙を流す。
そして彼女が呼ぶ人の名前は、ナルトでした。
昔だったら、これはサスケだったでしょうね・・・(´-`)

ところで、カツユが取り付いていなかった忍達が非常に心配です・・・
先程少し出てきたシノやキバ、チョウジにカツユはついていなかったのでは・・・?!

と、何もかもが消え去った木の葉に一つの巨大な煙。
これは、ガマブン太とナルト達でしょうか・・・

『ヒーローは遅れて登場する』とナルトは言いますが
今回ばかりは、少し遅すぎたかもしれません。

来年は、NARUTO10周年の年。
10年を境に、NARUTOという作品もいよいよ佳境に入ってきたと思います。
少なくとも、恐らく僕が大学に在学している間にこの作品は、
そうでなくてもこの『第二部』は終結するのではないでしょうか。

現実に生きる僕達にとっても示唆に富んだ部分が垣間見えるこの漫画は
まだまだ見るべきところがあると思います。

ともあれ。2008年のNARUTO感想は、これにて終了です。
ご覧になっている皆様、誠にありがとうございますm(_*)m

散!



注:感想に関して書かれる方は、右側「最新のコメント」欄に表示されないよう
最初の一行は挨拶などで埋めてくださるよう、及び、必ずこの記事に対して
返信するようよろしくお願いします。

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2008-12-30 00:34 | NARUTO | Comments(2)
2008/12/28 PREPARE
年賀状の準備を進めたり
家族と一緒に百貨店へ買い物に出たり
ああ、いよいよ年末本番だなぁという気分です。

今年の年賀状は、郵便局などで買える真っ白の年賀状に
Googleなどで『無料年賀状』と検索をかけたらすぐに出てくるような
絵柄をプリントアウトし、年賀状を作成しました。

Mixi年賀状、なるものも今年は出てきたので・・・
現実でも、Mixiでもかかわりのある友人達に
出しても大丈夫かお触れに回っている最中でございます。
(喪中回避などの意味も含めて)

百貨店への買い物、時に年末の百貨店デパ地下への買い物は
ワクワクを通り越して人ごみで死にそうになるものですが
今年は(理由はいくらか類推できるのですが)デパ地下の人口密度は控えめ。
楽といえば楽でした。

その後はおいしい中華を頂きました!
あの値段であの量、質は安いくらいの激ウマ中華でした(*´д`*)


今日の(・∀・)イイ!こと
おいしいワインをいただけました
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2008-12-29 22:44 | 未分類 | Comments(0)
2008/12/27 輝く、志士と共に
12月22日の記事で少しお知らせさせて頂いた
維新志士さん主催のイベント『第一回リーダーシッププレゼンテーション』に参加しました。
前日のサバイバルゲームですこし腕と足に筋肉痛がありましたが
これは行かねばならぬという思いから少し痛みを覚えながらの参加でした。

なんだなんだ、大それたイベントだなあと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが
ところがどっこい。
このイベントで講演やパネルディスカッションをしてくださる方々は皆
とってもユニークで頭の柔らかく、心もみずみずしい方ばかり。
向上心を大切にしながらも、余裕も持って、落ち着いていて
それでいて心の奥に熱い信念を秘めている人々のお話を聞けました。

5時間以上という結構長い講演型のイベントでしたが
椅子に長時間座っている苦痛も忘れてしまうくらい有意義なものとなりました。

頂いたパンフレットの後ろ側にメモ欄があったので大事なところをメモし続けておりました。
その中で伺った特に素晴らしい言霊(ことだま)の数々を
最後に少しご紹介したいと思います↓

『感謝する前に感謝される仕事をする』

『感謝、謙虚、素直、情熱。これら4つを大事にする』

『自分の隣の人に自分の熱い思いをブツけ、自分の熱い姿を見せる』

『広く世界を知り、世界を俯瞰(ふかん)する』

『人生の『経営者』は自分である』

・・・エトセトラ、エトセトラ。
さて、今ご紹介した言葉がこれを読まれた皆々様にとって大事になるかはわかりません。
皆様方、それぞれこの言葉の受け止め方があるでしょう。

とはいうものの、やはり生でそう語る人を見ることは
上のような電脳の文字を見ることとは大きな違いがあるし
実際、人生を生きてきたその人達の生きた言葉を聞くことが大きな力になります。

さらに進化を遂げるための第一歩としての熱き講演会、ここに第一回終幕。
だから世界は面白い。To be continued!!


今日の(・∀・)イイ!こと
面白い学生さんとお話ができました
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2008-12-29 01:02 | 未分類 | Comments(0)
2008/12/26 Hold weapons high
某Y氏からお誘いを受けまして・・・
現実でもMixiでもお世話になっているもっちぃさんと3人で
大阪は住之江の方にあるサバイバルゲームに行って参りました(´w`)

サバイバルゲーム(以下サバゲー)というと、エアガンで撃ち合うアレです。
そのある方はサバイバルゲームをするフィールドや
それに使う銃器や防具、その他の器具を一定料金で貸し出してくれるのです。
15分試合を不特定多数の人たちと2チームに分かれ闘い
その後は10分ほどの休憩に入るというスタイルを繰り返していきます。

Y氏は昼12時からバリバリやっていたそうです。
僕はバイトをやった後に、初めてこの施設に訪れたのが16時前くらいで
このゲーム・施設説明を受けて17時からゲームに参加し
もっちいさんは18時半か19時くらいからの参加で、22時過ぎまで暴れまわってましたw

いやはや、元からサバゲー自体にちょっと興味があって
さらにはミリタリーにも興味がある自分にとっては、これは面白かったです!
銃器の選択肢も非常に幅が広くて驚きました。
M9ピストル、コルトガバメント、MP5サブマシンガン、M14アサルトライフル・・・
ずいぶんいろんな種類の銃器があり
さらには僕がサバゲー初心者でもあり迷った末に、こんな銃を選びました↓
e0120944_23522789.jpg

フランスで正式採用されているアサルトライフル『FAMAS(ファマス)』です。
マシンガンというと普通は引き金の前にマガジン(弾倉)が付いているのですが
このFAMASは後ろ側に着いているという変わった特徴があります。

大きな銃のエアガンは一度持って見たかったのもありますが
店員さんの薦めもあったので、これで闘い続けておりました。
因みに、僕はこのFAMASの実銃を今年夏にパリで見たことがあります。

某Y氏は僕がこれを持ってゲームに参加し始めたのを見ての一言が印象的でした。
『うわ、でかっ!うわ~恐いわあこれ(´∀`;)』
腕前も確かなY氏がこの驚きようでございました。(因みにY氏はハンドガン使用)
後に、僕がこのFAMASを片手にY氏のいる方へ走って接近していったら
さらに驚かれてしまうというネタまで降り注いで参りました(核爆)

いやはや、隙間から撃って仕留めたり、フルオート射撃OKの時はブイブイ言わしたり
隙間からこっそりいってる所をやられたり、一気に至近距離で攻撃したりされたり
一回一回がアツい試合でございました(*´∀`)
試合終了後に知らない人とも交流が生まれたり、気持ちいいですね!
汗かきの僕は走り回ったりしたことによって汗をドバドバかきまして
他の人からはあまりの発汗に驚きの目で見られるというハプニングも(爆)

時に、ず~っと撃ち続けてばかりいたかというとそうでもございません。
銃の試し撃ちコーナーがあったり、マンガが結構充実していたり
休憩中しても十分に楽しめる設備がございます。
僕は、コンビニのペーパーバック漫画で好きになった『スーパードクターK』を3巻読破。
僕が生まれたころあたり(1988年~)に連載開始された漫画ですが、面白かったです!
徹頭徹尾医師としての生き方を貫き、権力悪に立ち向かう主人公Kの姿が最高です。

他にも、あっと驚くナイスシステムがございました。
このサバゲー施設の近くには弁当屋のかまどやがございまして
出前でこの施設まで運んできてくれるというのもありました。
施設から歩いて100メートルほどの距離にかまどやがありました。

今回の夕食はそこだったのですが
Y氏ともっちぃさんが出前で弁当をとった際に僕は弁当はいらないかと思っていましたが
やっぱり欲しくなってしまい、運動がてら100メートルほど走ってかまどやで弁当GET。
すっかり暗くなった頃でしたが、サバゲーの影響で寒さをあまり感じず。

サバゲーを楽しんでお腹が空いた頃に一緒に食べる弁当は最高でした(*´∀`)
それにしても、かまどやのような弁当屋は今回初めて利用しましたが
これはなかなかのウマさでびっくりしました。しかも安い。
僕の弁当はちりめん山椒ご飯に、ちくわの天ぷらやひじきの煮つけ、玉子焼き、煮物
これだけついて400円で、かなり美味でびっくりしました。
家の結構近くにもかまどやがあるからまたいつか試してみようかな(´w`)

会話で盛り上がりながら弁当にパクつき
それからは銃を構えて(安全上、マガジンは外した状態で)写真撮影をしたりしました。
こちらの写真がこれまたいい具合に仕上がったので
2,3日後くらいにUPしようかと考えておりますm(_)m

さてさて、撃って、食べて、読んで、笑って、遊んだ後には
借りている銃や防具類を返却すればOK。
この銃を借りた際は最初に僕に施設案内してくださった店員さんと
軍用銃の話について盛り上がってしまいました(爆)
中年世代の人たちにとっては第二次大戦中の銃が馴染みがあって
最近の銃だとあまりよく知らないものも出てきたというお話も伺えました。

体も心もホットになって帰るか~となった段階に
なんと、Y氏がここまで車で来たのでそれに梅田まで乗せて頂けることになりました!
もっちぃさんはこの夜に故郷の広島に夜行バスで帰られるので梅田へ
僕も阪急に乗れたらOKなのでそのために梅田へ
Y氏も道中梅田を通過することになるのでOKということで
3人の意見が一致して丁度よかったのもあったはいえ
車で送っていただけるだけでも電車賃が浮いて本当にありがたい限りでした。
ここでY氏に、今一度感謝の念を捧げます。

Y氏の車がこれまたミラクルワールドでございまして・・・
車の中に独特音響装置を車内各部取り付けておりました。
後部座席右側のシートを外してちょっと大きな方の暗闇で青く光るスピーカーを
車の後ろ側に左右二つ、天井から着けるタイプの小型スピーカーを
そして、ギアの前にも音響装置らしきものがひとつ置いてありました。
ベースやドラムといった重低音が効いており、大迫力でした。

時に、この時流された曲は『マクロスフロンティア』の楽曲。
僕はその存在は知っていながらも、楽曲は聴いたことがなかったのですが
聴いてみたらかなりいい曲でちょっとびっくり&感動してしまいました(爆)

もちろん、夜中にユーロビートとかを爆音で流して走っていく車のように
近所迷惑になるくらいデカい音では勿論無いのでご安心を。

さて、住之江から梅田まで、四ツ橋筋を一気に通って大阪を北上していきます。
今改めて見てみると、住之江~難波くらいは商業・レストラン街が多くて
ネオンもかなり明るかったのに
四ツ橋、本町に入ってから梅田にかけてはビジネス街になっており
歩道脇の道もコンビニやカフェがほとんどになってくるのはなんだか新鮮でした。
そして、梅田に入ってJR大阪駅前のビルACTYやヒルトンホテルが見えてくると
これまた明るくて眩しくてきらびやか!

送って頂いたY氏には今年最後のご挨拶と感謝を述べてお別れをし
その後はもっちぃさんが阪急梅田駅の方面まで少し付き合ってくださって
バスに乗るもっちぃさんともお別れしてきました。

今年も暮れる中、でっかい思い出がまたひとつできました(*´∀`)
来年も、またこのような素敵な思い出を
僕一人のときもそうでありながら、誰かといるときにもっと作っていきたいですね。


今日の(・∀・)イイ!こと
バイト~サバゲーの道中で見知らぬおじいさんに親切にして頂いたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2008-12-28 00:40 | 未分類 | Comments(2)
2008/12/25 ご法度しときましょ
人から見れば迷信やジンクスと捉えられうるのは十分に承知ではありますが
僕の中ではあるひとつのルールがあります。

僕は、クリスマス、正月、終戦記念日、冠婚葬祭のイベントがあった日には
軍事モノ・戦争モノのゲームはプレイを控えるようにしています。
大航海時代Onlineにおいては、海事も控えるようにします。
特に、一人で遊ぶことが多いので、そのときにおいてであります。

そんな僕は、心のどこかでは八百万の神々を慕ってはいる
一人の日本人なのか。それとも・・・もっと他の何かなのか。
単なる迷信深いやつなのか、なにか罰が下ることを恐れているのか・・・

なんとなくやめておこう、とそう思う気持ちを
掘り下げてみるのもまた面白い試みであったりしますね。


今日の(・∀・)イイ!こと
ごくたまには、バラエティ番組もいいものがあって、見ていて面白いです
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2008-12-26 00:29 | 未分類 | Comments(0)
2008/12/24 聖夜が今年もやってくる
ここ最近やれ色文字や太字をすっかり封印しておりますゆえ
今回は昨年のクリスマスのようにはいきませんが、

みなさま、HAPPY MERRY X`MAS~~~!!!!!!ヽ(*´∀`)ノ

成人して初めてのクリスマスを迎えたわけですが
やはり、心のどこかにあるのはこのワクワク感です!

今日は授業のある最後の日だったのですが
夕飯などを楽しみにしておりましたw
して、今日の夕飯は鳥のモモ肉の照り焼きに寿司でした♪
ビール(バドワイザー)飲んだりスパークリングワイン(プロセッコ)飲んだり
お酒の方も満足満足♪
時に、バドワイザーは缶で2~3本は軽いかも・・・(爆)
ケーキもちゃんと用意してあってウハウハ。コーヒーも美味しいぜ(*´Д`)

ツリーの下に豪華なプレゼントが!ということはなかったのですが
それに匹敵するようなことが起こりました。

成人の祝いが親戚から届けられたり
クリスマスをテーマにした映画をWOWOWで見てちょっとまったり気分になったり
久しぶりに前に買ったシミュレーションゲームに手をつけてたら
その時には分からなかったことが分かったり・・・

うーん、ハッピーな発見と体験がいっぱいだ。
どんなに景気が冷え込んでも、この暖かさは忘れたくないものです。

さて、時に皆様にお知らせです。
皆様、ここまで遅らせてしまって本当に申し訳ございません・・・

今日、今年8月20日~9月4日のロンドン・パリの旅行記を完成できました!!
数ヶ月にわたってこのtry-angleには二週間分の記事の空白があった訳ですが
今日、それを埋めることができました。
特に旅行記を楽しみにしていると仰ってくださった方々には
申しわけない思いをさせてしまいました・・・が
それでもこの不束者に温かい言葉を与えてくださることになんといえばいいか・・・

今後もまだまだ旅に出たい所があり、実行に移したいと考えておりますが
その経験も、より皆様に楽しい思いを伝えられるような形で書けたら、と思います。
僕の思考の片隅でもよければ、どうぞ覗いてやってくださいm(_)m

欧州旅立ちの日、しかし最後の最後まで旅は続く!
今までちょいちょい国内を旅行してもそれを思いつつも
ヨーロッパでもまた同じように最後の最後まで心動くことが起こってしまいました。
新たな友人、体の異変、謎の少女、思わぬ場所での娯楽・・・
最後までワクワクがいっぱいの欧州旅行記、おひとついかがでしょ?・・・と。
さて、最後に欧州を旅立つ日の旅行記はコチラです。

同じことが同じ一年に起きたとは信じられないなぁという気持ちが
今年の9月末か10月くらいから心の中を去来しております。
自分でも、今年の1~3月くらいのブログを読んでいて
そんな妙な実感が湧いてしまいました。

さて、今年も後一週間。
人生も旅と同じく、最後まで何が起こるかわからぬもの。
実際、まだまだちょっとした予定があって、今からニヤニヤもしています(爆)
最後まで楽しんでいってやろうと思います。
それが私に生きる力を下さった方々への恩返しとも信じつつ・・・!

皆様にも幸あれ★Merry X`mas!!


今日の(・∀・)イイ!こと
オススメの昼食メニューを薦めたら友人が喜んでくれたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2008-12-25 01:03 | 未分類 | Comments(0)
2008/12/23 die Weihnacht
大阪・梅田スカイビルにて
ドイツのクリスマス市をやっていたので行ってきました(´∀`)
e0120944_0233666.jpg

Willkommen=ようこそ、とでかでかと書いてある入り口をくぐると・・・
そこはちょっと不思議な世界。
メリーゴーランドが回り、華麗だけどどこか落ち着いた装飾がいっぱい♪
e0120944_0244039.jpg

e0120944_0244974.jpg

上はケーキの家をモチーフにしたような感じのお店です。
下は、砂糖菓子のお店です。
ドイツの砂糖菓子がこれまた独特で、千歳飴よりも長い飴のようなものが売ってました。

さて、食いしん坊な僕が一番興味があったものは食事。
ドイツソーセージと、ホットワインを頂くことにしました↓
e0120944_0561832.jpg

ソーセージはジューシーでプリっとしててなかなか美味でした♪
しかし、なんといってもホットワイン。
もとよりワインがかなり好きなのですが、温かいとまた独特の風味が・・・
ドイツワインを使っているのかな、と思われるような風味もございました。
アルコールの力もあってか、体も温まります♪

他にも、ポップコーンを売りに回っているドイツ人の少年がいたので・・・
思い切って少年が近くに来たところを見計らって・・・
『Entschuldigung, Wie kostet es?(失礼、それいくら?)』と聞いてみました。
200円というお手ごろ価格だったので買わせて頂きましたが。
軽い挨拶『ダンケ、チュース(ありがとう、さよなら)』で最後はお別れ。
短いやり取りでしたが、なんだか心が温まりました(*´-`)

さてさて、ドイツ祭りを楽しんだ後はしばらくヨドバシカメラで時間を潰し
その後は高校の友人(男子2名、女子1名)に会うことになっておりました。
うち男子1名は卒業してから本当に会ってなかったのでわくわくです。
そして久々に会ったところ、変わらぬ所もありながらなんだか立派になったような!
みんな、成長してきてるぜ(`・ω・´)

さて、この4人で僕オススメのラーメン屋に行き、昔話や近況話に花を咲かせ
その後は飲みに行きました。
いやー、もうみんな20歳でございますよ(´∀`)

飲んだ際は、僕はホットワインが予め入っていたので
ソフトドリンク(マンゴージュース)とカルーアミルクのみで。
カルーアミルクはサークル所属期の友人が好きだったのを覚えていて
どんな味なのだろうかと思っていたのですが
ケーキをお酒にしたような、不思議な味でした。
甘いのも結構好きなので美味しくいただけました(´w`)

僕は飲んでる量も比較的少なかったせいか
一番しらふ状態でございました。
結構酔いが激しい人もいましたが無事帰宅できた模様。えがったえがった。

して、この4人で集まるのは僕が言いだしっぺだったのですが
また呼んでくれと言って頂けて感謝感謝でございますm(_*)m
こういう場合に僕が引き金になって、皆が笑える機会を作れるというものは
よく考えたら光栄の極みなわけです。

みんな、ありがとうな。

追記:
ニコニコ動画で『シムシティ4』のBGMを集めた作業BGM集を発見!
あまりに懐かしいので聞いてみたら・・・
や、やばい、聖夜を前にゲームやりまくりたくなってきた・・・!!
今夜、ヨドバシカメラで三国志やりたいなーと漠然と思うだけに飽き足らず・・・
僕の大学生活もまだ新しいゲームがやってくるかもしれません(´・ω・`)


今日の(・∀・)イイ!こと
大航海時代Onlineで大学生プレイヤーに遭遇したこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2008-12-24 00:55 | 未分類 | Comments(0)
2008/12/22 出会いは世界を変える一陣の風
来春への布石をひとつ、打つ日になりました。
近日、その内容を明らかにしようと思います(・∀・)

さて、今日は僕の住む大阪府池田市につい数日前にオープンした有名な博多ラーメン屋
『一風堂』へ母と行って参りました↓
e0120944_11271017.jpg


僕自身は今年のGW、福岡に行った際に現地の友人と初めてここのラーメンを食べ
以後、2,3ヶ月に一回は大阪・梅田の一風堂へ行きたくなってしまうほど好きに(´・ω・`)
スープはとんこつベースでもどこかあっさりしていて、それに絡む細麺が最高!

一風堂は行かれた方も多いかもしれません。
ただ、この池田の一風堂は他店と少し替わっており・・・
一風堂の定番『赤丸』『白丸』以外に
インスタントラーメンの祖・安藤百福をリスペクトした『百福元味』や
コシの強い麺をベースにした『つけ麺』もあります。

今日、僕らが足を踏み入れたころはもう夜の8時になっていたのですが
それでも待たされてしまうほどの満員でした!

いよいよ僕らの番が来て席に座るメニューを見てると、サイドメニューもうまそうです。
ラーメンと、一口餃子、もやしいため、バンズ(ハンバーガーのようなもの)を注文。

う~ん、これは美味でした(*´∀`)
さすが博多、これまた食べるものがうまいぜ・・・
一口餃子は、本当にご飯が欲しくなるくらい美味ですw
ラーメン、やっぱりこの細麺がたまりませんなあ(*´Д`)
博多ラーメン流のおかわり『替え玉』もしてしまいました。
2杯目は硬めの麺にしましたが、このコシがたまりませぬ・・・(*´Д`)

いやあ、我が住処の近くに新たな『風』が舞い降りてきました(`・ω・´)
末永く愛されていって欲しいですね。

さてさて、ここでガラっと話題転換です。そして読者の皆様へのちょっとしたお知らせです。

ここより少し下に御座いますのが・・・
僕の友人が参加している団体『維新志士(いしんしし)』のイベントのお知らせなのですが
すごく面白そうな内容なので、ここにも掲示して見ることにしました。
12月27日(土)にて、『リーダーシッププレゼンテーション』なるイベントでございます。

『現代日本に強烈な光を注ぐ20代~40代の志士が語る。
日本一熱く、感動し、やる気が爆発する講演会!』
という、熱さとワクワクが漂ってくるイベントです(´∀`)b

前にも、この友人が主催側の一人として行われていたイベントに行きましたが
とても面白かったのです。(コチラの僕のBlog記事にも書いたことがあります)

最近京阪電車が拡張されて伸びてきた大阪・中ノ島の公会堂が会場でございます。
関西圏の方、年末の思い出にひとつ、いかがでしょう(´w`)

参加費、時間帯、また、申し込み制なので、申し込みは下のお知らせよりどうぞ↓
下記のお知らせ維新志士さんより引用させて頂いておりますm(_)m

_____________(↓お知らせの項↓)______________

■□■□■□■■□
第一回
日本リーダーシップ
プレゼンテーション 
12月27日 (土)
■□■□■□■■□

リーダーシッププレゼンテーションCM
http://jp.youtube.com/watch?v=lGM1bkEYA8A

申込は→http://uemachi.cotocoto.jp/event/28927 までお早めに!

維新志士~輝(きらめき)~公式ブログ
http://ameblo.jp/kiramekistaff/


【日時】
2008年12月27日(土)

 開場 12:30
 開始 13:00 
 終了 18:00 (途中退出可)

【会場】
大阪市中央公会堂 大集会室

http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=34.68987453&lonfiltered=135.50600315&sc=3&mode=map&prop=map

 
 大阪市営地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅下車1番出口から徒歩約4分
 京阪電鉄「淀屋橋」駅下車徒歩約5分
 京阪電鉄「なにわ橋」駅 徒歩約3分
【内容】
①リーダーシッププレゼンテーション
現代日本に強烈な光を注ぐ20代~40代の志士が語る。
日本一熱く、感動し、やる気が爆発する講演会!

②リーダーシップの秘訣
今からのリーダーシップを発揮できるやる気・仕組みを手に入れる!

【ゲスト】  
Ⅰ 輝く未来を作るリーダーとしてのメッセージ 
・加藤秀視~極道から一転。少年更生、社会起業家育成の第一人者!~
・大嶋啓介~飲食業界で今最も注目の風雲児!~
・須田達史~子供教育に格闘技を!話題沸騰!Kリーグを主催する、須田兄貴!~
・新間竹彦~現役教員でありながら、伝説のイベント「10代を真剣に考える一日」の仕掛け人!~

Ⅱ 関西の熱い起業家からのメッセージ
・柳生雄寛~船井総研トップコンサルタントから学生教育支援へ転身~
・小西正行~年商30億の企業を作りあげた関西を代表する起業家~

Ⅲ 輝く20代代表としてのメッセージ 
・成田直人~最高の接客コンサルタント、10000人の家族の輪を作る~

Ⅳ 維新志士~輝(きらめき)~を代表してのメッセージ
・大石倫太朗~学生から日本維新を!~


【なぜこんなことをやるのか?】
現代の日本を取り巻く問題、例えばいじめの常態化、自殺者の増加などの原因の一つは「自分という存在の意義や尊さが認識できていない・本当の志を持てていない」ということに一因があるのではないでしょうか。

そこで、波乱万丈な人生を歩み、現在では様々な社会貢献活動をされている熱い社会人の姿・魂のこもった言葉を受け取ってもらうことで、全ての人の心に自信・勇気という火をつけ、本気で日本社会をより良くしていこう!という意気込みを持つ人々を増やしたい!志を持つことの大切さを知り、自らも輝きたいと思える場を創り 出していきたい!そう考え、本会を開催するに至りました。


余談ですが、ゲストの一人である加藤さん・大嶋さんは単独で数千人の講演会をされるような人物です。1000名の定員も予想以上に早く埋まる可能性があります。少しでもピンときた方は是非!今すぐお申し込みを!! 代表 大石倫太朗

【参加費】  
社会人   4000円
大学生   2000円
高校生以下 1000円

【定員】
1000名(定員に達し次第締め切り)

主催:維新志士~輝(キラメキ)~
協力:NPO法人SEE・考育団体MaxVision・NPO法人JAPAN元気塾


今すぐ!【申込フォームへ】http://uemachi.cotocoto.jp/event/28927

■輝mixiコミュニティ http://mixi.jp/view_community.pl?id=3685574

■輝紹介ムービー(第一回日本リーダーシップフォーラム時オープニングムービー)
http://jp.youtube.com/watch?v=DcHb6GTX-kw&eurl

■輝オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/kiramekistaff/
_____________________________________


今日の(・∀・)イイ!こと
大航海時代Onlineで白熱したチャットができたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2008-12-23 11:46 | 未分類 | Comments(0)