2009/3/8 【旅行記】エスニックインパクト
(※この記事は2009年5月7日に更新されました)
(※旅行中の相場は1NTD(元)=約3円です)


台北5日目。

しばらく曇りや雨が続いていたところ・・・ようやく晴れてきました(*´∀`)
朝食買うにも、ちょっとコンビニから離れて歩いてみることに。
しかし、朝から台北は元気いっぱいで、この活力がいいですね(´ω`)b

この活力に交じって指差しでサンドイッチを購入しました↓
e0120944_23594589.jpg

台湾のヤクルトのようなものも購入です。
こういう朝食は適度に甘いものを入れると、なかなかいい感じになるなあ(´w`)

そして、僕はこの晴れ日を待っていました。
今までは台北の街中ばかりをうろついていた僕も・・・
これで、台北郊外へ思いきり足を運べるというものです(*´∀`)

今回、足を運ぼうと決心したのは台北郊外から更にバスを乗って進んだところにある
『烏来(ウーライ)』という温泉地です。原住民の一つの発祥の地でもあるとか。
さっそく、台北中央駅からメトロに乗って終着駅まで南進します。

都心のにぎやかさとは打って変わってこちらは本当にどこか静かな雰囲気です。
周囲を見渡してみれば、深い緑に染まった山、山、山。
駅からバスに乗っての道程は下の写真のような感じで本当に山道です↓
e0120944_23595494.jpg


乗ること30~40分、無事に烏来に到着です(´∀`)ノ
バス停から見えた美しいお堂のような建物を一枚パシャっとな↓
e0120944_00048.jpg


さて、ここから温泉街を目指して賑やかな商店街を突っ切っていきます。
とても賑やかで、歩いてるだけでもう楽しいのなんのって・・・(*´ー`)
原住民の息吹を感じさせるこんな彫刻もお出迎えしてくれます↓
e0120944_003570.jpg

ここから温泉に行くにはちと道に迷ったのですが、無事到着することができました。
そして、『ところで、この温泉を見てくれ。こいつをどう思う?』↓
e0120944_01412.jpg

『すごく・・・ワイルドです・・・』
『どう見ても川です。本当にありがとうございました。』
・・・な勢いな温泉ですが、よくよく見るとしっかり湯気がたちこめております(´∀`)

荷物置き場にロッカーなんてないので、治安は少し難ありかもしれませんが
台湾は泥棒が出にくい、ということでそこの辺りは信頼して荷物を置いて・・・
ここは露天温泉なのもあるのですが、台湾の温泉は原則海パン着用。
端っこの方の小さい小屋の中で、アクロバティックに体を動かして着替えてきました。
うーん、風が寒すぎず・・・いい感じです(´ω`)

海パン一丁にサンダル履いて、あちこちうろつきながら温泉に浸かりましたが
すごく熱い湯もあれば、川の水と混ざって温度がちょうどいい感じの湯もあって・・・
特に後者は人が結構集まるので、僕もそれにならって浸かって参りました。
うおお・・・なんだか浸かってるうちに心身が癒されてくる感じがしてきたぞ(゚Д゚)

温泉でぬくもってから川で泳いでる人も見受けられました。
水深が深いかもしれないので、僕は泳ぐのは遠慮しておきましたが・・・
でもこれって、ロシアや北欧の人たちがサウナを楽しんでから
雪の中に裸で飛び込む・・・という習慣と似ているのかな(´・ω・`)

ぬくぬくと、ワイルドな露天風呂は普段は出来ない経験なのでかなーり楽しかったです。
しかし、これは一部の人が聞いたら本当にひっくり返るかもなあ・・・ウヒヒ(゚∀゚)

体がほてってからは、おなかが空いたので昼飯タイムです。
まずは、冷たいものが欲しくなったのでキウイかき氷をば↓
e0120944_011370.jpg

芯まで温まった体がほどよく冷えてきて激ウマ!
この甘さもまた、たまらんですわい(*´д`)

して、先にデザートを食してから、焼きそばを食べました↓
e0120944_013098.jpg

グイグイ食えるウマさで大満足。

時に、こんな観光地なのに台湾には『ぼったくり価格』のようなものが
見受けられなかったのは素晴らしいと思いました。
後に、ここでお土産として台湾名物『パインケーキ』も買いましたが
これもまた、とても良心的な価格で10個入り100元≒約300円。
そしてこの価格、台北の街中で買ってもあまり変わらない値段です。

さて、ここからちとトロッコに乗って山のさらに上の方へ目指します↓
e0120944_023070.jpg

この小ささが、またいいですなあ・・・
時速20kmくらいで過ぎゆく景色もなんだか新鮮でした。

トロッコで登った山の上は、本格的な原住民の人々の領域です。
民族に関するお土産や展示もよく見られ、エスニック色がひと際強くなってきます。

市街地と違うのは民族がどうこうだけでなく、やはり何といっても自然。
烏来の名物・・・最後に一発、美しい滝をパシャっとな↓
e0120944_023649.jpg

不思議なもんで・・・こういう水流ってずっと見てしまうのです。
そろそろ移動しようかな、と思っても
やっぱりここは時を忘れてもう少し見ていよう、と思ってしまいます。
この閑静さも、普段都会に生きてる人間にとっては貴重なものなので・・・

最後に、ふもとに降りてからは小腹が空いたので台湾風のフランクフルトを↓
e0120944_024352.jpg

すごい行列の屋台でした。肉厚がジューシーでたまりません(*´∀`)
ウマいトンカツ屋の店主は豚に似てくる、ステーキ屋の店主は牛に似てくる・・・と
寺門ジモン氏の本で読んだことがあるのですが
ここでソーセージ焼いてる人はどことなく猪か豚に似てたかも・・・!(´w`)

思いっきり観光してからもちょっと名残惜しいのですが
昼2時~3時くらいにバスで烏来から台北の都市部へ下山です。
帰りもまた、多くの観光客に混ざって自然のロマンを感じておりました。

さて、そこから1時間ほどかけて台北の中央部、つまるところ宿まで戻り・・・
一旦お土産やら温泉に入るときの支度を置いてからは
もっと別のお土産を買うために台北の町へ繰り出しました。
その土産は・・・お茶です。

宿から歩いて10分くらいのところにあるお茶屋さんにいきましたが
日本人観光客が多いのか、店員さんが日本語を話してくれました。
店主と思われる70代くらいの方は、日本統治時代の名残か
僕らと全く遜色ない日本語の堪能さ。
しかし、日本人を目にして日本語で話すとき、本当に恨みの色を見せないばかりか
日本人にここまで親切に説明してくださるというのはありがたい限りで・・・(*つДT)

数日後に東京でお会いする人たちや、家族と
大阪に帰ってから渡したい人たちの分と・・・
プーアル茶やジャスミン茶、ウーロン茶の葉を購入しました。
ティーバッグがお手頃だったのですが、ここは普通の茶葉にしました。

これでお土産の第一段階の購入は完了。
続きは明日に行くアソコで・・・ということで
そろそろ夕食の時間になりました。
ただ、今日はかなりエスニックな路線を突っ走ることにしてみました。
烏来に続いて、台北の街中でもエスニック路線丸出し。嗚呼!

さて、そのエスニック路線とは『東南アジア料理』です。
台北の中央駅から地下鉄で南へしばらく行くと『華新街』なる場所がありまして・・・
そこは、東南アジア系のお店が結構並んでいます。
たとえば、本屋さんだとこんな感じです↓
e0120944_025699.jpg

僕らにとっては見慣れない、ビルマ語やタイ語の文字がずらり。

駅から10分ほど歩くと、タイ料理やベトナム料理など・・・
日本ではそれほどなじみのない料理のレストランがずらりと並びます。
僕は、ここでミャンマー料理を食しました↓
e0120944_024851.jpg

食べてる途中の写真でちょっと恐縮ですがm(_;)m

注文の際に身体言語&簡単な英語で特攻でした。
衛生は、おしぼりも出ましたしその後腹痛なども全く起こしませんでした。
辛味に酸味、そしてうま味・・・ごちそうさまでしたm(_*)m

最後は甘みが欲しくなったので、お店でライチジュースを購入↓
e0120944_03610.jpg

台湾もマンゴーとかありますが、このライチジュースは本当にウマかったです。
しかもこれが60円程度で買えるなんて・・・うらやましいっ(*つ∀`)

ただ、ここでまたお腹が空くもんで・・・
性懲りもなく台北中央駅から近い中山方面の屋台へ行き・・・
エビの入ったオムレツを一丁。少しお好み焼きみたいでウマーです↓
e0120944_031643.jpg


その後は、台北中央駅の地下街をうろうろしておりました。
そしてキリがいいところで部屋に戻ってシャワー浴びて就寝・・・しようとしたら
なんと、この8人部屋を僕一人で独占してる状態になってることに気付きました。

しかし、YHのこの広い部屋で独占状態というのも何とも寂しいような!(´・ω・`)

最初から最後まで何かと珍体験の多い一日でしたとさ。


~続~


今日の(・∀・)イイ!こと
日本語のアナウンスが流れてくるお店があったこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-03-08 00:00 | 旅行記 | Comments(2)
Commented by ローウェン at 2009-05-08 18:56 x
いいなぁ・・
海外は恐そうで、
本当はあまり行きたくない派だった私ですが、
この記事を見て
行ってみたくなりました^^。
いつか、行ってみたいです^^。
Commented by さんかく@Blog主 at 2009-05-09 13:28 x
>ローウェンさん
おほめのお言葉、ありがとうございますm(_*)m

台湾は、治安は日本と同じくらいに良いので、手をつけやすいと思います。
日本国内を旅行している時みたいな感覚で、異国の雰囲気を味わえます。
なんといっても、物価も安くてウマいものがゴロゴロ・・・(*´д`*)
<< 2009/3/9 【旅行記】中... 2009/3/7 【旅行記】T... >>