2009/3/7 【旅行記】Taiwanese worships
(※この記事は2009年4月28日に更新されました)
(※旅行中の相場は1NTD(元)=約3円です)


台北4日目。

昨日よりずいぶんマシにはなりましたが、雨がパラついています。
と、一方では朝、二浪していた友人から国立大学合格の報せを受けまして
内心雨をよそにバンザーイ!となっておりました(゚∀゚)ノ
昨日の残りの乾パンと、甘みのあるミルクで祝杯です↓
e0120944_23512038.jpg

一応、これがこの日の朝食ですが
乾パンの腹もちのおかげでパワーが出ます(´∀`)b

さて、台北滞在が半分を過ぎ、実質滞在できる日は明後日まで(帰国は明々後日)なので
ホステル前の階段を下りて地下鉄駅に行き、台北地下鉄の三日間の乗り放題券購入↓
e0120944_23512969.jpg

今日はこいつを入手したおかげで、雨がまだパラつく中でも移動が楽でした。
いや、これはものすごく楽になった気がします。足伸ばしが。
台北中央駅周囲でも十分な見どころは沢山あるのですが
やはり、こうした乗り放題チケットってあるだけでも全然違うものです。

ただ、台北は地下鉄の切符が普通に安いので
乗り放題チケットを買うか少し迷ってしまうのですが
それでも、初めて着た場所の安心料としてはやっぱりいいものですな・・・
ヨーロッパにいた時もそうでしたが、やはりアジアでもそういうもののようです。
(因みに僕は、東京メトロ一日乗り放題券を買うときはいつも結構検討して買います)

さてと、今回の目的地は・・・
三国志が好きな僕としては、関羽を祀った寺社があるらしいとのことでそちらへ行きました。
途中の乗り換えで地上を走る地下鉄路線にも乗りましたが
台北の町が俯瞰できてすごく面白いです(´w`)

駅から降りて10分ほど歩いて着いた、関羽のお社はこちら↓
e0120944_23513443.jpg

赤は中華圏ではおめでたい色・・・ということで全体的に赤っぽいです。
中は、儒教的といいますか・・・日本人にとっては見慣れない独特な雰囲気。
寺社で働いている人が質素な服装で身を包んでいます。
日本の線香の倍はある長さのお香を立てたりとか・・・
文化の流れのようなものを感じることができました。

しかし、やっぱり寺社ってどんなに賑やかでも落ち着けるものですね(*´Д`)

お次は、お昼時になってきたので・・・
2日前に屋台で夕食食べた中山の方面へ向かいます。
ただ、そこの屋台が目当てではなく(そも、お昼は開店していません)
そちらの下町に面白そうな場所があったので行ってきました。

とりあえず、腹が減っては戦は出来ぬ。英語のできる店員さんに案内されて
ちょっとキレイな中華料理レストランでランチを↓
e0120944_23513949.jpg

中がかなりきれいなお店でしたが、テイクアウトもできる店らしく
値段もやっぱり割安で、これで300円弱相当という驚異の価格。

財布もおなかも満足してから、台北の下町のようなところへ向かいました。
平日の昼なので静かでしたが、なんだか『市場』という感じです。
・・・写真を撮っておけばよかった。。。

さて、そんな下町空間の中にあるのが下のお堂です↓
e0120944_23514663.jpg

月下老人を祀っているお堂でございます。
いや、ゲッカロウジンがどうしたんだよ、と思われるかもしれませんが・・・

なんとも恋愛成就に絶大な効果を持つ神様だそうで(´∀`)

相手がいない人の場合は、その相手に導いてくれるのだとか。
実際、ここにお参りをしたら3日後に恋人が見つかったという珍事もあるそうな・・・(´∀`)
口コミでそんな噂が広まって、年々参拝客が増加傾向の模様。

僕はそこに恥を忍んで(!?)お参りしてきました。
線香とお供えに使う札を買って・・・
時に、これに別途お菓子などお供え物を買って献上する人も多かったです。
確かに、50メートルごとにコンビニがあるような台北ですし、菓子程度なら簡単に買えます。
この下町も、実は例によらずちょっと歩けばコンビニに遭遇できました。

でも、僕は少しドキドキしてテンパっていたのでこのことに頭がいかず・・・
月下老人さんも食べ物ばかり献上されては飲み食いするのも大変だろうと思い
旅で調子が悪くなったとき用にとっておいた胃薬を献上しました。
一応、ここは昔の中国の人にも飲みやすいであろう漢方ベースの『大正漢方胃腸薬』を!w

キンチョーしてお参りした後は、近くのコンビニでジュースを買って一服・・・↓
e0120944_2352442.jpg

アップルサイダーですが、これがまたうまかったです(´∀`)
『人工着色料使用』を示唆する言葉が缶の下のほうに・・・w

この段階で結構時間にゆとりがあったので
台北中央駅にいったん戻ってデッカい地下街で時間を潰したあとに
このあたりの学生街と言われる『公館』というエリアに行ってきました。
中央駅から地下鉄で10~15分くらいで着けた記憶が・・・

学生向けのファッショナブルなお店の数が多くなるこのエリア・・・
まずは、気になる台湾の最高学府、国立台北大学へGO。
この大学は日本が台湾を統治している時に建てられた、昔の『旧帝大』のひとつ。
帝大の中では早くできたほうで・・・
間違いで無ければ、東大、京大に続いて3番目の帝大だった気がします。
(↑正しい情報をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご遠慮なく仰ってくださいませ)

台湾国民党旗のはためく正門をくぐりぬけると
図書館を一番奥に、ヤシの木がズラリと並ぶ通りが続きます↓
e0120944_23524179.jpg

この写真、よく見ると木の根元にテントらしきものが見えると思いますが
これは台湾の就職活動ブースの模様。なんと軍隊までリクルート活動してます。

さて、キャンパス内をぶらり歩きしていると・・・
キリスト教の学生から話しかけられて『イエスはあなたを見守ってくれています』とか
何やら中華的な紅白色全開なイベントブースで賑やかなイベントやってたりとか
アップルストア並にきれいで充実したPCショップに驚かされたりとか(京大と似てるかも)
そうこうしてるうちにお腹空いてきたので大学構内のバーガーキングで夕食↓
e0120944_23524613.jpg

日本だと『ワッパー』みたいなでかくて割高なハンバーガーの多いこのお店・・・
バーガーキングは日本ではレアだということもあり、手を出してみました。
・・・普通に、ロッテリアやウェンディーズみたいな感じでしたね(´w`)
飽きないとはいえ中華ばっかり食べてるから、たまにはアメリカンも(´∀`)
台湾のファーストフード事情がチラ見できておもしろかったかも・・・w
しかし、屋台や自助餐のウマい料理と比較すると、ファーストフードはちと割高かも。

・・・ここで、僕は一つの悩みを抱えておりました。
実は、このとき履いていた靴のかかとの方がかなりすり減っていて
今回雨がちの台湾旅行、かかとから水が入り込んでくるのです。。。
ここは決心して、オシャレも兼ねて一発靴を買うことにしました。
公館ではめぼしいお店が無かったので・・・ここと同じくらい若者が集まる西門へGO。

しばらく見つくろってから、円にして1500円程度の青いスニーカーを購入。
『中国強(CHINA STRONG)』という台湾のメーカーのものだそうですが
確かになかなかよさげな履き心地。革製品だからそのうちもっとフィットするでせう。

新しい靴を入手した所でちょっと暗くなってきたので、屋台に繰り出します。
さっき夕飯でハンバーガー食べたんですが、ちょっと小腹もすいた感じで(´・ω・`)
e0120944_23531345.jpg

今日の夜市はこちら↑
ガイドブックによると結構でかい夜市ですが
確かに、なんだかこの間行ったところとは熱気が違う・・・
何が違うかというと、雑貨、CD、UFOキャッチャーの店がかなり多いこと。
食べるだけじゃなく、遊ぶところも相当に充実しております。
それにしても、ここでもドリフを目にすることになるとは思わなかったぜ・・・(つ∀`)
道行く台湾の人々が笑っております。かくて、笑いは世界を超えるのを実感。

日本語でアヤシイお姉さんに話しかけられるのを華麗にスルーしたり
車椅子に乗った不可思議な男と英語で適当問答してスパっと切り抜けたり
これまでの旅行で培った自己防衛スキルを初めて台湾で使った夜でもあったり。
(僕の場合、パリでの経験が生きてます。あそこのお陰で怖いものが減りました)

結局ここでは何も食べなかったのですが、楽しい夜になりました(*´∀`)
宿に帰るときは、日本よりも遥かに安い、おいしいハイネケンを買いました。
このビール、日本では500mlなんてコンビニはおろか、スーパーでも見ない・・・
しかもそれが円で200円を切るとは・・・!日本で同じもの買うなら350円以上しそう。
安くて好物のビールを飲み、ウハウハしながら夜を過ごしましたとさ。

追記:
e0120944_2353569.jpg

夜の台北101です。青い照明がきれいですね(´∀`)

続く。


今日の(・∀・)イイ!こと
ユースホステルのトイレにちゃんと紙があったことが分かったこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-03-07 00:00 | 旅行記 | Comments(0)
<< 2009/3/8 【旅行記】エ... 2009/3/6 【旅行記】一... >>