2009/1/14 そして新天地へ
此度、大航海時代Onlineにおいて
1年8ヶ月少々在籍していた商会(≒ギルド)『フランス貿易公社』を去りました。

大航海時代での『商人』としてではなく
普遍的な、『人』として成長を望んだ結果、2009年に入って退団を決意しました。
今年1/9、1/11、1/13の記事は、このことと関連しています。

以下、退団に至った詳細な理由を、『フランス貿易公社』の商会長へ
メッセージとして書いた僕の言葉を載せさせて頂きます。

★商会長さんへ

始めて1年9ヶ月。誘ってくれた件はどうもありがとうございました。
あなたに誘(いざな)われ、私はこの電脳の海の世界へやってきました。
 
この1年9ヶ月は楽しかったです。
理想的な商業システムだったと思います。

が・・・
ただ一つ、大きな『しこり』が心の中で気になっていました。
1年半ほど前からの話です。
そのしこりの原因は・・・言わずもがな、でしょうね。
あなたの言葉を浴びるたびに、そのしこりはどんどん大きくなりました。

紆余曲折を経て、今僕は参ります。
『プレイヤー』としてではなく、『人間』としても成長するために。
この紆余曲折を耐え、この商会に居れたのは
生憎ながらあなたの力でないことは分かって頂いてるかもしれません。

商会の中の人、かつてこの商会にいた人、商会の外にいる人
このような人々の助けがあってこそ、いることができました。

私達は、あなたに人形のように扱われてきました。
私達は、あなたに人として認められることはありませんでした。
あなたが好きなのは『人間』じゃなくて『人形』なんですね。
でも、画面の向こうにいるのは血の通った『人間』なんです。

残念ながら、あなたは生まれてくる時代を間違えてしまったかもしれませんね。
もしくは、目的とするものを間違ったのかもしれませんね。

『人形』ならうまく機能しないならボロカス言ってもいいわけですよね。
(僕はそれでも大事に扱いたいと思いますが)
要は、『人形』とされた人達は
ただの消耗品のように精神も肉体も扱われることでしょう。
そして、あなたは人と触れ合うことを忘れた。
そうである限り、あなたはどれだけ見た目豊かでも心は貧しくてみずぼらしく
どんなに着飾ってもその姿はまるで目の前に突然現れた気持ちの悪い蟲のよう。
それも、毒持ちときているその蟲は、見ただけで心が戦慄せざるを得なくなります。

あなたにとって、僕も恐らく害虫のような『人間』だったでしょう。
どんなにあなたが僕を『人形』たらしめんとしても
僕は、それこそ英語でcで始まる生命力の強い虫並みに
しぶとく、自分の『人間』の部分を生き残らせてきました。
それは、自分の成長のためであり
自分と、大切な人々の幸せのためであったと思っています。
あなたが『自分だけの』帝国を作って仮初の王になろうとしたのと違って。

頭とプライドだけでかくて、心は小さいあなた。
意固地で、柔軟さがない。自分が王、他人はおもちゃ。
人の過ちを認められない、寛容さが無い。
自惚れる愚者に捧げる敬意はさすがに僕も持ち合わせていません。

人形しか信じられない、不幸な人間の仲間入りをしてしまえば
僕の大切な人々までその不幸を何らかの形で伝播させてしまうと考えたからです。
僕のことを反乱軍だ、穢れたやつだというなら、ご自由に。
私の心は、嘲笑、妬み、軽蔑、恨み、差別・・・
残念ながら、僕はそのようなものは浴び慣れた悪魔なのです。
私の発言の一つや二つくらいで傷ついたとわぁわぁ騒いでいるような
そんなあなたの穢れた、空虚な言霊で、私の存在は消せません。

ネットでも、現実でも
あなたとは違う、謙虚で、寛容で、調和を愛し
穏やかで、見習うべきべき人々に多数お会いしました。
多少の困苦はありながらも、人生を力強く
そして、自他共に幸せに楽しく生きていこうと願える人々です。
僕は、そういう人達を見て少しは成長できたことが喜びです。
僕は、こうした『人間』と共に生きられることを感謝しています。

あなたがもしそれを知らないなら
おそらくあなたは私などよりも愚かで不幸です。
私でも得られた、人間としての幸福・・・
それも分からない人間というのは、いかがなものか。

いい年こいて自分だけの幸せばかり願い
自分がしてきたことを偉大かのような言い方や振る舞い
低脳な我がままの垂れ流し。
あなたは所詮は『大きな子供』ではないですかね。
あなたより5歳前後年下の僕にしてみてもそう見えるくらいなら
それはもう、ね。
『人』としての成長なんて見込めるわけが無いわけです。

自分だけの幸せだけを求めて幸せになろうなどと土台無理なこと。
『人』として自他共の幸せを探せない貴方はただのハリボテです。

付け加えておきましょう。
僕と似たように思っている人は
僕一人では無いと言うことを。
内部でそう思ってる人の名前を知りたければ
僕を洗脳でもしたら分かるのではないでしょうか。

この事実を知り、ここまでの文章を読んだなら
あなたも本当に聡明なら分かったのではないですか?
自分の傲慢や不敬、独善的な正義が
ここまで自分を不信と哀しみの渦に陥れてしまったということは。
ひょっとしたら、分かっているかもしれませんが。

もうあなたは、『人間』には帰ってこれないのですか?
そんなことはない、とは本当にわずかだけ思ってはいるのですが・・・ね。

人を変えたい、と思うならば
自分が変わることも必要になりましょう。
僕もその点においては未熟ではありますが
そうしたことを学んでいくためにも、僕は旅立ちます。

さようなら。


♪どんどん強くもっと強く 歌声響く痛みの塔
 そのてっぺんにしがみついて 震ええてるのはどちら様
 (BUMP OF CHICKEN『ハンマーソングと痛みの塔』より)
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-01-14 20:38 | ゲーム | Comments(7)
Commented at 2009-01-14 22:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-01-14 22:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-01-15 11:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-01-16 01:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sannkaku-shikaku at 2009-01-16 19:18
お返事頂いた皆々様、誠にありがとうございます。
胃腸風邪を患っておりましたが、今、お一人ずつお返事させて頂きます。

>最初の方
あなたには、恐らく僕は1年8ヶ月耐えた挙句に機関銃を乱射し始めたようにしか見えないかもしれません。
ですが、そのつもりはありません。
いたずらにその人への不信を煽るという意図もありません。
僕もただ良い印象をもらうためにこの声明を出したわけではありません。

どんなに僕が穢れても、嫌われても構わない・・・他の皆さんが商会に在籍し続けるのも自ら立たれるのもその人の道、と拙文を読まれる方々に委ねました。

残念ながら、『ギスギス』した雰囲気というのは各人の中にもう用意されてしまったものではないのだろうか、と、僕は商会を抜ける前に何名かの方々とお話して思いました。
既に、この『ギスギス』の種は、以前ほど萌芽しなくなったかもしれませんが、多くの方に蒔かれてしまっていると感じました。最良なのは、そのような種をばら撒くことのない人間づきあいができることです。

ただ、恐らくあの人もそろそろ僕のことはゴミ当然だと思っていたと思いますが・・・ね。
Commented by sannkaku-shikaku at 2009-01-16 19:25
~続き~
だから、あの人の反論や主張も聞く『ディスカッション』をしようとは思いませんでした。
今のあの人とそれをするなら、僕だけならまだしも、双方の崩壊も目に見えていたからです。
これは、貴方には話していないことや当然貴方が存じないこともあるのですが・・・今まで僕があの人と1:1で繰り広げられたやり取りを回想するにつけても、そう思わざるを得ませんでした。
僕の行動はまるでイラク戦争を正当化するアメリカ・ブッシュ政権のようなエゴイズムに見えるかもしれませんが・・・
もしもそうお思いでしたら、そうとられても仕方がないという覚悟も出来ています。
Commented by sannkaku-shikaku at 2009-01-16 19:35
>二番目の方
自己中、というのもあの人にはあったかもしれませんが・・・
それが、あの人に画面越しの『人間』を『人形』に見せる何かがあったのかもしれません。
ゲーム内での野望?理想?・・・
でも、女性の貴方にとっては『敵』ともとれそうな発言もしていたと思います。

貴方のコメントで、(こんなこと思う僕こそ自己中たりえそうだが)少し心の緊張がほぐれました。ありがとうございますm(_)m

>三番目の方
僕自身、強く打たれるのを覚悟で書かせて頂きましたが
僕なりに訴えたかった『人間』は――、という部分をご理解頂けたことは、恐れ多い次第です・・・ありがとうございます。
そのご理解の仕方は、あなたなりで良いです。もちろん・・・

状況を異にしてでも、画面越しにはそれぞれの『人間』がいて、それぞれ素敵な人がいっぱいいる、この大航海時代Onlineの世界は僕は今も好きです。

貴方にも、『人間』として幸訪れますことを願います。
<< 2009/1/15 Ironi... 2009/1/13 決意の前の鼎談 >>