2008/6/4 今日の学び舎、京の学び舎
『こちらスネーク、近畿が誇る最優秀の頭脳の集まり処に潜入した』
e0120944_113054.jpg

天ぷら学生しに行ってきましたよ(´・ω・`)
京都大学吉田キャンパスの正門の光景でございます。

いやはや、京都です。
阪急電車で河原町まで行って、バスに揺られて20分ほどでつけました。
久しぶりの河原町の町並みは、とてもいい雰囲気でした。何年ぶりだろう。

バスに乗っている間も、お寺や神社を結構目にするあたり、京都らしいです。

さてバスに揺られてしばらく、無事京大に到着。
かつてはここの英語の問題とか受験勉強でやってたのか・・・
当時は畏敬の存在でしたね。そしてそれが強迫観念になっていた時期もありました。

さて、実はここ京大にて今日は会う予定の方がお一人。
それは長年電脳のお付き合いをさせて頂いているHolmesさん
かれこれお付き合いは5年になります。僕が中学の時からですね(´∀`)

とはいえ、氏とお会いするより早く着いてしまったので
国際交流センターと図書館を見に行くことにしました。

まずは前者。
赤レンガの建物が歴史を感じさせます。
しかし中身は、僕の大学とは随分と趣向が違いました。
国立大学は、外国の大学と学術協定をあまり結んでないからでしょうか。
研究室や、外国語学習・文化交流に関連する宣伝のみ。
私立と国立では、随分違うようです。

して、後者。
30分くらいの見学が無事許可されました。
ソファのすわり心地が良すぎて、こりゃ寝てしまいそうになります・・(つ∀`)
全体的には、自分がこれまで見てきた図書館より、カタい本が多いように思いました。
かなりアカデミック志向が強いようです。
(個人的には、そうでない本も立派な知識と知恵の集積であり
立派な資料になると考えていますが・・・)
『地球の歩き方』や英語のペーパーバックなどもなかったです。
その代わり、ペーパーバック以外の外国書籍の量は、すごいものがありました。
雑誌は結構充実していましたが、やはり個人的にはNewsweek日本版が(´・ω・`)ホシイ

さて、AM11:40。京大吉田キャンパス正門入りの、楠の下で座って待つことしばらく。
目印のたれぱんだを鞄から召還させて構内に入ってきた一人の女性。
まさにこの方がHolmesさんであります。うーん。感動の出会い哉。

この時点でお昼時だったので、正門すぐそばのカフェに行きます。
ちょっとオシャレなイタリアン風のお店です。(京大の一部の高級学食は結構有名かも)
入った瞬間びっくりです。きれいすぎる(゚∀゚)
2時限目の授業が終わる前だったので、すぐに入れました。

僕は、パスタ(トマトソース)と、メインディッシュ(舌平目のフライ、タルタルソース)、
そしてパンとスープとサラダがついたセットを注文。これで680円前後。
しかもこれがまたウマい。ウマすぎる。
Holmesさんとの会話も弾みます。受験期の会話とか(´∀`)
しかし、12時を過ぎてくると、このレストランも人が行列を形成するようになりました。
すごいなぁ。

食後は、天ぷら学生としての本来の目的、即ち授業の聴講まで時間があったので
Holmesさんと一緒に少し学内を散策することに。
まずは先のレストランよりさらに高級な、学内のフランス料理店のメニューを覗き見。

・・・ナンデスカ、コレハ!!
大学内に昼間っから2000~3000円クラスのランチメニューがっっっΣ(゚Д゚;)
『○○のゼリー固め』とか『仔牛の○○○』みたいな高級そうな名前が並びまくり。
カレーですら『豚肉とじゃが芋の・・・』と書くだけで高級そうに見える罠。
実際900円超えてましたがw
Holmesさんも『教授クラスだね・・・』と呟きながら二人で笑っておりましたww

さて、このあたりでちょいとアクシデント発生!
実はワタクシ・・・受けたい講義の名前覚えてるのに教室の場所把握してなかった・・・!!
Holmesさんごめんなさい_| ̄|○
というわけで、法学部の校舎の中を探索します。
(Holmesさんは理系なので、初めてこの校舎に入ったそうです)
しかし、教室の番号が、あまり統一されてなくて苦労しました(´・ω・`)
最後は、歩き回った挙句に地図を見つけ、『こんなところにあったのか!』と驚き。
歴史がありすぎて怖いくらいなんだぜ(つ∀`)

一段落したことなので、次は売店を見に行きました。
ウチの大学に無くて驚いたものは、薬局があることでした。薬学部の存在を感じます。
(それともウチの大学は正門を出てしばらくすると薬局があるから需要が無いのだろうか)

面白い商品が所々にありましたね。
個人的には、外国の電源プラグの変換コネクター。
極めつけは、6ヶ国分くらいがひとつに全部くっついてるコネクター。多すぎる!w
これを5分近く見つめてしまった(つ∀`)

もうひとつ強烈な品物というと・・・ バ ナ ナ (゚∀゚)
まさにエネルゲンだ!!あ、そういえばプロテインも大量に売ってたなぁ・・・

さて、面白い経験させていただいたあとに、そろそろいい時間に。
3限目の間のみ、ちょっとHolmesさんとお別れです。
して、いよいよ講義へ。果たして京大の講義とはいかなるものなのだろうか?
因みに、潜入した講義は『アメリカ政治』という講義です。

教室はそんなに大きくないので、他校の学生とバレないかがちょっと怖かったですが
無事潜入できました。ちょっと惜しいですが、少し後ろに座ることに。
しかし、始業になってもチャイムが鳴らないのですね。驚きです。

講義ですが、教授がテンポ良くお話を進めてくれる方だったので、面白く聞けました。
周りの学生も、優秀な少数精鋭の大学らしく、結構まじめ。
ウチは私立なので、どうしても学生が多く、また倫理観が少し欠如した学生も多いです。
そのあたりは、流石ですね。なんだか予備校時代に帰ったような感覚を覚えました。

充実した講義や京大生を垣間見て、再びHolmesさんと合流。
お次は京大グッズ売り場や、展示館を見てまいりました。
グッズ売り場ではソーダ味の京大飴を購入。(後から食べたらウマかった)
展示館は、1939年の京大の全景の模型が。今と余り変わらないのですね。

そして次は、吉田キャンパスの隣の吉田南キャンパス。
学長の像が毎年ある時期にコスプレさせられるので、撤去されたりもしたとか。
大きな運動場や書店がありました。
書店は面白い書籍があって、目に留まってしまいましたなぁ・・・w
マンガ類はないですが、なかなかの充実振り。
ウチの大学がマンガが充実してるのは、やっぱりミステリーだなぁ(´・ω・`)

お次はHolmesさんの学び舎でもある、北部キャンパスです。
(移動の最中、京都仕様の色のマクドナルドを発見)
理学部・農学部のキャンパスです。
他のキャンパスに比べて緑が多く、また、建物の色も自然と調和した感じがします。
新しい校舎である建物も、古い建物とそんなに変わらないあたりが京都らしい。
並木道は、Holmesさんに教わってからイチョウ並木と気づきました。
秋は美しいだろうなあ・・・においもすごそうだけど(爆)

時間が押してきたので、最後にはまた売店へ。
吉田~北部移動中にある、ルネという学食を含んでいる店です。
1Fがパソコン関連・旅行関連・そして書店。2Fが学食です。
今回は1Fだけ見ることになりましたが
パソコン関連の店はすごい!
ウチの大学もIPodとか周辺機器、メモリースティックはございますが、
PC本体はあまり見かけないのです。
ここはその本体が並んでいるあたり、ちょっとした電気屋でございます。

本屋は、外国の書籍がかなりたくさんありました。
また、独英辞典とか独仏辞典とか・・・
英語圏の人がヨーロッパ言語を学ぶときに使われるような辞書もありました。
時に、一番目にとまったのは、グリル料理のかなり分厚い本。
牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉、七面鳥、魚、野菜、果ては豆腐まで!?
幅広くグリル料理を取り扱っていました。
更には調味料・香辛料、料理機材までも・・・!
あまりに詳しすぎて二人して笑いが止まりませんでしたw

奥へ進むと、またまた面白そうな本がいっぱい!
読書欲をかき立てられそうな本がいっぱいです。ズラリと!
こりゃ、去年の3月にようやく活字が好きになった僕でも、本の虫になれそうだw

ここまで歩き回ったら、時が経つのは早いものでもう午後5時になってしまいました。
いや~、Holmesさんとはほぼ絶え間無く色々なことを話すことができました。
せっかく現実にまで発展したこの出会い、別れるというのはやはり寂しいもので
バスが着てるのに長らく話し続けてしまいました(´・ω・`)
挙句の果てには、Holmesさんがバス停までついてきてくださるという珍事。
申し訳ございませぬ・・・感無量でござる_| ̄|○

別れ際は、ドアでバスを締め出されそうになりコケかけるというギャグ結末でしたが
バスが来た際には『お迎えがいらっしゃった』ような感じでした。

Holmes様、素敵な一日と思い出をありがとうございました!
穏やかな『うふふ(*´∀`)』という笑顔が印象的でありました。大和美人風。

追記:
優秀な国立大学では『自衛隊イラク撤退』や『学費控除』といった
まじめな議論を論じた立て看板も多く見かけるのですが
京大で特に見かけたのはこの類↓
e0120944_11301691.jpg

39年前の学生闘争がごとく、社会主義的内容の濃いもの。
マルクス並に武力革命を叫んでくれるものもしばしば。


今日の(・∀・)イイ!こと
友達からの頼みごとがあったこと。頼りにしていただけることは嬉しいことです。
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2008-06-05 13:17 | 旅行記 | Comments(0)
<< 2008/6/5 心の目を考える 2008/6/3 祝福記念日 >>