2008/3/7 別れと再会
♪手に入れるために捨てるんだ 揺らした天秤が掲げた方を
  こんなに簡単な選択にいつまでも迷うことはない
  その涙と引き換えにして 僕らは 行ける
  (BUMP OF CHICKEN『同じドアをくぐれたら』より)

今日は、4回生の追い出しコンパが終わったら
サークルに別れを告げなくてはならないことをサークルの集会で発表しました。

これは、将来的なことを見通して
今後、大学生活中に本当にやりたいことに力を注いでいくと
サークルに十分な力を注げなくなり、大切な仲間達が迷惑を蒙るのを防ぐために
僕なりにとった行動です。

最後はみんな集まった中で僕の意思をまとめた手紙を読み上げたのですが
読み終えたら、皆さんがなんと拍手をくれました。
僕の努力云々でも認めてくれたこの寛容性がこのサークルのすごい力なんだなぁ・・・
と実感。新しい一回生がこのサークルに入ったら、それが実感できますように。

ちなみに、他のサークルに入る予定は全くありません。
残りいく皆の冒涜にもなりえる、とも個人的に思いますし・・・。
(掛け持ちしていてそっちに回る、のともまた訳が全く違いますからね)

1年弱で様々な側面での成長を僕にくれたこのサークル。
他のサークルでは恐らくなかったような、本当に珍しい体験をしたと思います。

ありがとうの気持ちを。。

さて、このありがとうの気持ちを胸に、私はある場所へ向かうことになっていました。
その場所は―――関ヶ原。

408年前の1600年、石田光成と徳川家康が戦ったあの関ヶ原です。
しかし、勿論戦いにいくのではありません。
母の弟夫婦、つまり僕の叔父・叔母に会いに行き
僕が生まれる少し前に亡くなった母の父、僕の祖父の墓参りに行くためです。

大阪から新快速で米原に向かい、そこからJR東海に乗り換えて4駅目が
叔父・叔母の住む家に最寄の関ヶ原駅です。ちょうど滋賀と岐阜の境目の辺り。
この家、行くのは実に5年半ぶりです・・・。
そして、一人でそこに行くのは初めてです。

というわけで、サークルの部室でさよならの挨拶をした後
JR大阪駅に向かい、格安切符店で買った大阪~米原間の切符を
悠々と改札口にイン。うーん、なんだかいい気分(*´∀`)
昼食をとっていなかったので、カロリーメイトとミニッツメイドを買って、新快速へ。
最初のうちは立っていたのですが、大阪から2,30分経ち、京都に着いたら座れました。
しかし京都駅、ビックカメラがでっかいな~。
このあたりを探索してみたくなりましたよ( ´ω`)

そこからはBUMP OF CHICKENの音楽を新型IPodで聞きながら
懐かしい車窓の風景を楽しんでおりました。
昨夏には東海道新幹線でこのあたりは通ったのは通ったのですが
のぞみ号はやっぱり速いので、あんまり分からなかったのです(´∀`;)
新幹線だと新大阪~米原が2,30分ですからねぇ・・・
先ほどの『大阪から2,30分経ち、京都に・・』と比較し
京都~米原の距離を知ってるといかに新幹線が速いかが分かります。
それよりも遅い新快速だからこそ、見えるものもあります。

特に驚いたのは、京都~米原間で新快速が停車する駅の周辺では
高層住宅・大型ショッピングモール(マイカルとか)の数が著しく増えたこと。
京都・大阪・三ノ宮辺りへ出勤する人達の
ベッドタウンとしての機能が強くなっているのでしょうか。

しかし、能登川を越えた辺りからは田園風景が広がっております。
懐かしい気分に浸れます・・・
e0120944_22394288.jpgそして、80分ほど新快速に揺られ、ついに米原到着。ああ、ここまで来たんだ!と、そんな喜びが胸いっぱいに広がって勢い余って写真撮影♪左写真はその時とったものです。この田舎のターミナル駅というのがたまらん(*´д`)
さて、米原に着いたら一旦下車して関ヶ原行きの切符を購入。一旦駅の外にも出てみました。
なんともいえぬこの牧歌的な雰囲気がたまらんです。BGMはくるりの『ハイウェイ』のイメージ。
そんな米原駅も、改装中の所も結構ありました。なんでも平成21年には生まれ変わるそうですが・・・

さて、米原のJR東海方面のプラットホームに足を踏み入れました。
立ち食いそば屋、お土産も売ってる売店、目の前に新幹線駅のあるこの場所
懐かしい雰囲気です。
乗車の際に、足を高く上げなきゃいけないのも変わらない(爆)

米原から関ヶ原は4駅目なのですが
一つ一つの駅の間隔が結構長く、4駅といえど2,30分はかかります。
そして、結構雪がまだ影に残っていたのが印象的でした。
緑の田園と山の雰囲気の中に、所々白い化粧の残滓が見えます。
そんな中、白いまま威風堂々と佇んでいるのが伊吹山。
他の山と比較しても、その白さと雄大さは圧巻でした。

大阪から約2時間、ここがゴール地点です。
e0120944_22521027.jpg

田舎の駅らしい、静かな、静かな駅です。
僕の家の最寄の阪急池田駅が最も静かであろう時よりも静かです。
この静かさが大好きです。

そんな駅も、5年半前とは打って変わってる場所が一箇所ありました。
自動改札機がデジタル化されていました。SuicaやPitapaみたいな装置付。
後は、僕が幼いころからずっと同じまま。

駅前では、叔父が車で迎えに来てくれていました。
車の窓から、懐かしい関ヶ原の町が見えました。変わらないなぁ。

家に着くと、いくらか家具のレイアウトが変わっていたことに気がついた。
叔父母の息子が立命館、娘が筑波大に行って(つまるところこの二人は僕の従兄妹)
叔父の母=僕の祖母が老人ホームに預けられたこともあり
この家庭の家族構成要素が変わったことも原因だろう。
あと、最近叔父と叔母は新しい犬を飼い始めていた。利発で賢い犬だ。

しばらくは田舎の住宅の静かで落ち着いた、豊かな生活を愉しんでいた。
最近僕が出た演劇の話や、僕の将来の話、政治の話など
雑談の内容は多岐に渡った。
僕の方は5年半のうちにそういう話も出来るようになったようで、成長を感じました。
成長を感じた、といえばこんなことも・・・
この家の奥には仏壇の飾られている広い和室があるのですが
昔はこの部屋が怖かったのに、そういう恐怖がなくなったこと。
むしろ(東方やってたから?)そういうものすら受け入れられるようになりました。

さて、この晩は叔父母が僕の夕飯に、焼肉に連れて行ってくれました。
車でかかることおよそ10分。
これまた道中の田園風景がのどかで美しい・・・

この焼肉屋、飛騨の牛を使っているそうで
結構沢山人が並ぶそうです。三重から来る人もいるとか。
駐車場に着いてドアを開けると、肉のにおいがプンと漂ってきました。
叔母が順番を確保しに行って、僕と叔父は車の中で待っていました。
外は結構寒かったので・・・

待つこと10~20分、焼肉屋に無事入店。
これがまた結構広々としたお店です。明るくて天井も高い。
琴欧州などの著名人も、何人かここに訪れているようです。サインがありました。

着席した所で注文です。
飲み物はカルピスを頼んだのですが、なんとでっかいジョッキで来ましたΣ(゚Д゚;)
最初の付け合せには牛肉の時雨煮が用意されていたのですが、これがウマい!

焼肉は、うちの家族では母が苦手な内臓を結構食べました。
テッチャン、ミノがウマ~い!!(*´∀`)
ロースなどの部位もすごくおいしかったです。
しかもこのうまさでリーズナブルな価格。そりゃ並ぶわ、と納得。
キムチなどの副菜もまたまたウマい!
食べてはいないけど気になるメニューも沢山ありました。
気になっても・・・そのころにはお腹がか~な~り満腹でした!(*-д-)=3
こんだけ食べたのは久しぶりかも。帰りが車でよかった・・・

帰宅したらメールが届いていました。
サークルで、今回のお芝居でも競演した同回生の子からでした。
それは去り行く運命にある僕へのメッセージでした。
とても心温まる、勇気付けられる内容でした。

関ヶ原の夜空は満天の星空。
オリオン座と北斗七星が輝きます。

残りゆく人々に、負けない人生にしていこう!

♪いくつ年を数えてみても 自分以外にはなれはしない
  誰もが一度は子供だった あの日のことを思い出した
  (レミオロメン『日曜日』より)


今日の(・∀・)イイ!こと
新型IPod搭載のゲームの新たな魅力に気づいたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2008-03-07 10:33 | 旅行記 | Comments(3)
Commented by ガチャ at 2008-03-09 00:46 x
それで早く帰ったんか!ちゃんと喋りたかったわ!
いつでも帰ってくればいいよ。アンタのポジションは他の誰にもなりえないところだから。
そして芝居は毎回観に来いよ!!!w
Commented by NAOSOS at 2008-03-09 03:36 x
そうか!関が原か 私は東京に来ていますよ
何時か 風OFFをしましょう
Commented by さんかく@BLOG主 at 2008-03-09 15:37 x
>ガチャさん
実はそうだったんです。僕の側は「居残りすぎたかなぁ」と思っていたのですが・・・そう思っていただけるなんて嬉しいm(_)m
僕のポジション、かぁ・・・
毎回観に行くつもりです、Maam!(・x・)ゝ
>NAOSOSさん
東京は今月の23~27に滞在予定です。
風OFFはMixiの風の王国コミュニティで行われたことがあったようですね。
何人かで集まると楽しそうです(*´ω`)
<< 2008/3/8 それとも逆か... 2008/3/6 あちこち落ちてる >>