2016/10/11~14 フレンド、一期一会にせず
SNS関係で、ここ3ヶ月くらいで
自分の中では非常にすごい勢いでフレンド数が増えています。
実際にあるパーティーなどでお会いした方々が多いです。
すごい勢い、というのは過去に
このような勢いがなかったということです。

それも一期一会でノリでくっついたというよりは
関係を末永く、良い形態で維持できればいいなあと
願える人が多いこと……
それがうれしいですね。


僕自身、SNS関係であろうが
やはり人と人との関係、できれば
誠実でお互い心地よい関係を築いていければと願いますし
そのために自分ができることはやりたいですね。

ただ、そんな自分の心を利用してくる人間も極まれにいて
そういう人は容赦なくずんばらりんと切り裂いてしまうのが
僕の性のようです。
つい最近も、ある外国人が"犠牲"になるべくしてなりました。
でも、その"犠牲"になる道は、彼が選んだ道。
国に帰る前に、彼は僕の言葉にどのように思ったのかはわかりません。
ただ、彼にも言ったように、僕から逃げても、
彼は彼の"業"から逃げ続けることは、絶対にできないでしょう。
(別の、律義な性格の外国人もまた
 『うん…彼はrudeな所も結構あったからな…』と納得のご様子。。)

このような悪いケースは、重篤なトラウマにつながることもあり
特に去年までは、自分のアスペルガー上の特性などのために
こうしたパーティーに参加して余計に恐ろしい思いをするのではないか…
そんなこともありました。
実際に、そのようなトラウマに犯しぬかれたという、
恐ろしい経験もしました。
(その"加害者"の女性は、
 境界性パーソナリティー障害とうつ病を発症しており、
 ほかにも様々な複雑な背景を抱えた人間でした。
 ですが、それが人を傷つけていい理由には、一切なりません。)

一つ、割とマイルドな事件のたとえですが、
今の職場に入ってちょうど1年、診断をうけて2年くらい経った
2013年頃のクリスマスパーティーで、非常に不快で嫌な思いを
日本人と中国人の女性一人ずつからされたこともありました。
その中には、セクハラに該当しうる内容もありましたし、
外国語の話者としては非常に屈辱的な対応をされたこともあり、
僕が、今日本語を勉強している外国人の友人たちに、
同じような態度を想像しているだけで、もう自殺したくなります。008.gif


ただ………
今はそんな傷のリスクすらはねのけてくれるような
一緒にそばにいてくれる仲間たちが、
自分をリスペクトしてくれる仲間たちが、本当に増えました。
万一、再び僕が先に挙げた2013年のように惨たらしく傷つけられても
彼らのおかげで、再び立ち上がることができるでしょう。
そして、もし彼らが傷つくことがあったならば、
僕も彼らが立ち上がるために助けられる側でありたいと思います…。

この数ヶ月を振り返ると、まるで夢のようです。
僕は今のところずっと大阪にい続けているけど、
ふとしたご縁で大阪にやってきた人たちにたくさん助けて頂いて。

何らかの形で、少しずつ恩返しはしていきたい。
海外から来た友人たちは、いつか故国に帰る日が来たとしても
少しでもその思い出に花を添えることができる側に
僕が立てていればと願い、少しでも行動し続けます066.gif



10/11 今日のいいこと:
試しに作ってみたお弁当レシピがとてもおいしかったこと。
しかも安い!

10/12 今日のいいこと:
阪急うめだ店の英国フェアを何人かのイギリス人の友人に勧めたら
一部から興味の声が出てきたこと

10/13 今日のいいこと:
行こうか迷っていたイベントに
思い切って短時間だけでも参加してみたら
そこのホストの方らにとても喜んで頂けたこと

10/14 今日のいいこと:
ヨーロッパのあるお城についていろいろ調べていたら
これがまた行きたくなってくるのと
旅程次第では意外と1週間以内で回れそうなことが分かったこと

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2016-10-19 23:08 | 未分類 | Comments(0)
<< 2016/10/15-17 次... 2016/10/8~10 知識... >>