2016/3/11 忘れ得ぬ…
東日本大震災より5年。


東北への思いも一緒に乗せられそうな洋楽を聞きながら
何となく凛とした気分で、会社に向かえた今日。
夜は日本に滞在中の海外からの友人たちと会い、
ビールを愉しみました。
こうして生きて笑えることって、やはり幸せなことなんだな。


震災が起きて当時より、
正直こんなきっかけが許されていいか分からないけど
この大災厄を目と心に刻み付けておかねばならないと
心に決めてはおりました。
震災より前から、東北には何となく興味・関心があって
旅行をしてみたいという緩い思いはあったのですが…。


2011年以降、色々あった個人的な紆余曲折を乗り越えて、
その3年後の2014年の7月。
遂に東北へ行く機会に恵まれ、まずは仙台、石巻、女川へ。
特に石巻、女川は6~7時間ほどしか滞在できなかったとはいえ
その短い時間は衝撃を与えるには十分だった。
その前日は、仙台は海の間際、荒川地区にいて、。
そこから見た街の灯の感覚が忘れられない。


次の年の2015年、お盆。
新潟から始まった東北一週。
山形、秋田、青森、岩手、宮城……と周り、
時間の都合で仙台から大阪に帰らなければならず
福島県だけ行くことができませんでした。

この際も、石巻・女川に行く機会に恵まれました。
2014年は代行バスだった区間が、15年の3月に完全開通。
仙台から石巻、女川まで電車一本で行けるようになりました!
(B級グルメ、石巻焼きそばがメガトン級のうまさだった…)

復活した女川駅は2010年代の建築らしくとてもきれいで未来的。
僕は津波前の女川駅を知らないのですが……。

温泉にも浸からせて頂き、良い経験をさせて頂きました。
まだ開店前だった復興商店街を前にして、
雨が降る中立ち尽くしていた。
涙があふれてきた。


また東北行かないといけないな、これは…。
というか、行きたい。
しばらくは被災地関係の特番なども多いでしょうが、
どれも結構印象に残りそうですね。


今日のいいこと:
仕事のピンチで事情を聞いて下さった人が
次々と色々な手を差し伸べて下さったこと。感謝。

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2016-03-13 20:53 | 未分類 | Comments(0)
<< 2016/3/12 『友情』と... 2016/3/10 闘いを奪う... >>