2015/6/8 頭と心を満たす会話
最近、歯の治療を行っているのですが
少し気掛かりなことがあったので、
セカンドオピニオンとして、昨年できたばかりの
新しい歯科に昨日お邪魔することにしました。

その前の電話の予約にて、既に
受付の女性の方と、ドクター(女性)との会話のもと、
治療などのプランを練っていったのですが…
その段階から、実は結構いい予感がしていました。
親身で真摯な感じ。"ヒーラー(癒し手)"としての誇り。
今まで自分が行っていたどこか事務的な歯科と、全然違う。


そして昨日、歯科衛生士さん、そしてドクターとの
相談も兼ねた話し合いがあったのですが…
何と言いますか、話しているだけで
こちらまで、なんだか賢く、心が豊かになるような
そんな気持ちになっていくのです。

医学的な単語などや生物学的な概念なども
スイスイ頭に入ってきます。
患者さんと一緒に直していこう、
そして最後は心から笑顔になりますように、というのか
そんな哲学というのか、ひしひしと感じられてくるのです。


今回は時間の関係もあり簡単な検査だけで終わりましたが
もう俺、ここに決めた。
前の歯医者さんも10年間くらい行っていたが
そろそろいい潮時だろうか。時代も変わった。
俺も変わった、ってことだろうな……。


……そういえば、大体丁度1年前に一緒に食事に行った友人が
『君と話してると、頭良くなった感じがしたもん』と
僕のことを誉めてくれたことがあったのを思い出しました。

友人も、僕が発達障害であることは知っており、
僕が障害の診断を受けるずっと前から、
僕と友人関係を持ってくれていた子でした。
僕自身も、友人から学んだこともたくさんあっただけに
とても救われ、自信が持てる言葉となりました。
その後、心無い、残酷な言葉を言われることがあったとしても
こうした言葉が心の中にあった分、生き延びれていたのかもしれません。

自分も、今日お会いした歯科の方に恥ずかしくないような
1年前に会った友人に恥ずかしくないような
そんな人に近づけておれば。


今日の(・∀・)イイ!こと
しばらく止まっていたMOOCをまた動かせられたこと

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2015-06-10 00:00 | 未分類 | Comments(0)
<< 2015/6/9 Where ... 2015/6/7 ベルリンにて... >>