2015/4/7 再訪したカフェでの思い出
昨日の話になりますが
少し語学の学習をすべく、帰りはちょっとカフェによって勉強していました。

一応分煙なのですが、あまりきっちり仕切られておらず、
禁煙ブースにも喫煙ブースの煙が流れ込んできます。

今日座った席のすぐ近くで、実は3年前、
久々に高校時代の友人(♀)と会うことになり、
その際は、自分が障害者であることのカミングアウトと、
前職であった経験を聞いてもらったことがありました。
事前にそのような話をすることは、彼女には伝えていませんでした。
SNS越しで、僕が障害者である旨走っていたかもしれませんが…。

しかしその時は僕も心の余裕が無くなっており、
発達障害の特性まる出しで、9割は僕ばかり話してしまったのですが
(普通、これ女性に嫌われる男性の典型なんですが…)
向こうも、僕の思いを熱心に受け止めてくれたことには
本当に頭が下がる思いでした。
彼女の真摯な態度と、時折紡がれる熱き暖かき言葉は
後々とても大きな救いとなっていったのでした。
今回、勉強のための来訪で、ますますその思いを強くしました。

逆に、今までも、ふとしたきっかけで
僕に過去の傷や本音を明かしてくれた人たちもいました。
その人たちの言葉と向き合える人間にもっとなっていきたい、
とも思いました。
自分を犠牲にしすぎず、なおかつ相手も救える方法で。
(自己中に聞こえるかもしれないが、結局この方法が
 一番相手のためにもなることでもある…僕の実践においての課題もまだ多いが)


あんなタバコのニオイするところで、よくあんな真剣に、
それも唐突なシリアスなお話聞いてくれたもんやなあ…
9割俺ばっかりしゃべってたのに。。。
本当に申し訳なくなりながらも、
その友達の心意気に、また3年後の今、心が動く。

いつか遠き空間を超えて、会いましょう。
まだ恩返しは終わっていないのだよ~ Σm9(´∀`)ドーン


追記:
このカフェでは、また違う席で
別の友人(♂)にも、中学時代にあった辛い経験について
どうしても吐き出してしまい、聞いてもらったこともありました。
(このことは、前述の友人♀も知っています)
その際も、とても共感的な態度を取ってもらって、大きく助けられました。
その後の人生を前向きにさせる原動力でした。感謝。053.gif056.gif070.gif


今日の(・∀・)イイ!こと
仕事上少し気掛かりだったことについて、陰ながら色んな進展があるよう
上司がいろいろ計らって下さっているらしい…… ありがたいです

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2015-04-07 21:35 | 未分類 | Comments(0)
<< 2015/4/8 My Rec... 2015/4/6 高槻桜歩記 写真 >>