【旅行記別記】ルーブル美術館内部
ここではルーブル美術館内部の写真をまとめています。
オルセーよりは写真撮影に厳しくないようです……


下は彫刻の並ぶ広間。
太陽光がよく採光され、明るく清楚な雰囲気。
e0120944_00445687.jpg
確かこの人はジャンヌ・ダルクを処刑したにっくきおやっさん。
e0120944_00445689.jpg

e0120944_00445683.jpg
そこまで威厳全開、というほどでもなく、リラックスした雰囲気。
e0120944_00445650.jpg
e0120944_00452950.jpg

e0120944_00452947.jpg

e0120944_00452901.jpg
ニケー像。この辺り(1階)はかなり人が多くなってきます…。
e0120944_00452991.jpg
この通り。
e0120944_00454806.jpg
人がたくさんいる回廊を抜け、ついに出会えたのが
この御方。
e0120944_00454899.jpg

e0120944_00454832.jpg
写真のモナリザさんを数百万回見ても
本物を見た時のあの衝撃には勝てません………。
僕の読んだ本で、モナリザを見た時『見た瞬間立ちつくしてしまった』と
本に書いていた経営者の方がいましたが
その感覚を肌身で感じたのでした。

しかし、どこかとても安らぐ
ありがとうございます、ダヴィンチ先生。
発達障害者としても、あなたは本当に僕らの誇りです。生きる希望。


さて、モナリザさんにニケーさんの後も、まだまだ傑作がたくさんあるのですよ……。
e0120944_00461289.jpg
民衆を導く自由の女神。
これの前に、上の階層で見たドラクロワさんの絵も素晴らしかったけども…
これも本物はすごく大きくて迫力が。
e0120944_00461288.jpg
Viva la vida!!!
e0120944_00461264.jpg
こちらは高校の時、世界史の資料書で見たことがあった
ジャンヌ・ダルクの絵です。
彼女を処刑したオサーンの後にこれが見られたというのも、また何かの因果だったのか…。
e0120944_00461293.jpg
月夜に照らされた、黄金の像となったこの御方もよかったが
この絵画も凛々しすぎます……。
e0120944_00463215.jpg
上の改装より、宮殿らしさが残っています。
e0120944_00463275.jpg
こちらもまた世界史の資料集で見た絵画
『ナポレオンの戴冠』です。
下にいる人だかりはあえて写してみました。
e0120944_00463205.jpg
王冠を取り上げてジョセフィーヌにかぶせてしまうナポレオン…
驚き失望する教皇たち、の有名なシーン
e0120944_00463229.jpg
最後はもう一度、ニケーさんを正面から。
e0120944_00464841.jpg

そしてまた、ナポレオン関係のものが出てきました…
実際にかぶっていた王冠だそうです。
e0120944_00464834.jpg
e0120944_00464814.jpg
こちらは、ナポレオン3世が食事に使った空間だそうです。
e0120944_00464859.jpg
その御姿がこちら↓
e0120944_00513826.jpg
e0120944_00513884.jpg
e0120944_00513817.jpg
一番最初にこの記事で載せた写真の場所である
彫刻のエリアに戻ってみました。
e0120944_00520103.jpg
e0120944_00520198.jpg
e0120944_00520130.jpg
これまた世界的に有名な、ハムラビ法典。
e0120944_00520196.jpg
しっかり文字も彫られています。もちろん読めませんが…
e0120944_00522587.jpg
e0120944_00522546.jpg
e0120944_00522533.jpg
こちらの石垣は、ルーブルがかつて城塞だった頃の名残。
その時の石垣が、今でも残っています。
e0120944_00522599.jpg
こちらの彫刻はすごく心が奪われた。ディアナ像。
e0120944_00524337.jpg
e0120944_00524363.jpg
最後にこの博物館でカメラに収めた世界的名作は
ミロのヴィーナスさんでした。
e0120944_00524357.jpg
気品に溢れ、それでいて厳しく見えすぎない御顔アップ。
正直、先のモナ・リザさんといい、
このブログにUPするのが恐ろしいくらい……
e0120944_00524329.jpg
これだけの人だかりを見ると
『美しいものを見たい』という心は、全世界共通なんだな、と思えます。
実際この美術館にいただけで、俺は何種類の言葉を聞いただろう?
e0120944_00530168.jpg
e0120944_00530198.jpg
3時間ほどいたでしょうか。お昼になる頃には鑑賞を終えましたが、
その頃には、内部のチケット売り場もこんなに人が。
e0120944_00530104.jpg
以上、世界3大美術館の一つ、ルーブル美術館の内部でした。

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2014-08-14 00:01 | 旅行記 | Comments(0)
<< 2014/8/15 【旅行記】... 2014/8/14 【旅行記】... >>