2014/8/17 【旅行記】素敵なAu revoir
※2015年4月11日更新


朝、飛行機の中で目が覚めまして…。
まだ機内も少し暗かったのですが、ちょっと歯磨きしてテレビを見ることに。
しばらくしてから、朝食が出てきました。

エールフランスの朝食。ヨーグルト、オムレツ、パン、
トマトソースに漬けられたソーセージ……
 
マジでうまい。元気が出ます。
今まで食べた機内食で今のところ間違いなく最強……。
これほんまにエコノミーなんかよ(つ∀`)
e0120944_23235377.jpg
この後、もう一本映画で『塔の上のラプンツェル』を見ました。
アニメ映画だけど楽しんでみれた。というより、
毒親とか、アダルトチルドレンとか、そうした概念を知っている人間からすると
より一層、悪を振りほどき打ち克つ勇気というものの素晴らしさを感じますね。
虐待を受けてきたあなたにも、機能不全家族で育つしかなかったあなたにも、
必ず勇気と希望の種はある。


映画にもらった希望のように輝く朝日が出てきました。
もうすぐ日本も近いぞー(´w`)
e0120944_23235309.jpg
雲の下は天気が下り気味でしたが、羽田空港が見えてきました。
e0120944_23235381.jpg
そして着陸。只今戻りました。愛する故国……
エールフランスさん、また会いましょうっ(´w`)ノ Au revoir!!!

e0120944_23235351.jpg
飛行機から出るとき、乗務員の方(男性)が、僕を呼び止めて
『あなたのフランス語の発音、すごく良かったですよ。
 是非このまま(勉強)続けてください。きっともっとうまくなりますよ(´∀`)』
とにこやかに応じて下さったのです。

機内でのコミュニケーション、基本は英語ですが、
行けるところはフランス語でやりとりを試みていたのです。
そんな風に見て下さっていたとは…嬉しい限りです。
(このブログを更新したのはその翌年の4月ですが、
 未だにこの言葉が大きなエネルギーになっています。
 それはフランス語学習以外でも、大きな力になっている気がします…)



空港に着いて再入国をスムースに済ませたものの
荷物がなかなか出て来なくて大変でした。
しかも、乗り継ぎ時間が1時間少々しかなかったのです。
帰国しても、ハプニングは続くぅ?(´w`;)

8月の半ばですが、七夕っぽい飾りがされていました。
e0120944_23235361.jpg
e0120944_23235349.jpg
その後、駆け足で大阪行の飛行機になんとか間に合いました。
乗り継ぎも、検問くぐってから一番遠い所にある搭乗口だったので……
長い国際線の後に走りまくりでなかなか大変でした。ふーっ( ´Д`)=3

国内線搭乗後は、お土産で買った『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』などの
取説を読んで過ごしていました。
フランス語でほとんど読めませんが…(爆)
もっと読めるようになりたいぜ。エールフランスの乗務員の方の言葉がありがたい。



この日ですが、翌日仕事なのもあるので
のんびり過ごしていました。

昼は腹が減ったので、近くのおにぎり屋さんで
できたて手作りおにぎり2つと、豚汁を購入、家で食べました。

エールフランスの味噌汁もいいけどやっぱり
ニッポンの味噌汁も気持ち良いぞ……


日本にいらしたフランスの皆様も、帰国されたら
自宅近くのブーランジェリーへ駆け込み、
焼き立てバゲットやおいしいチーズやワインに顔をほころばせるのだろうか。
それぞれのお国であるに違いない……

そんなことを考えながら、旅の思い出を少しずつ心と体になじませていくのでした。


F I N / お わ り 029.gif Merci!!


今日の(・∀・)イイ!こと
自宅最寄り駅のエレベーターが新しくなっていたこと。
以前みたいに焦げたゴムみたいな臭いがしないぞ…。

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2014-08-17 00:00 | 旅行記 | Comments(0)
<< 2014/8/18 RETOUR 2014/8/16 【旅行記】... >>