2014/8/14 【旅行記】真の美、近く、遠く…
※2015年3月13日更新。


今日も張り切って美術鑑賞の時間なり。
人生の糧をたくさん増やすぞ。


昨日に続き、今日も朝イチで美術館。
今日こそ、今日こそ……
モナ・リザや、ミロのヴィーナスなどを要する、あの世界に名を轟かせる
ルーブル美術館へ向かいます。


【ルーブル美術館外観】(内部は別記)
おなじみのピラミッドさん。夜は東芝LEDで光るという……。
e0120944_23172279.jpg
e0120944_23172244.jpg
ルイ14世の像。教科書で載っている御姿より若い。
e0120944_23172271.jpg
ちなみに、朝イチ、開館直前のルーブル美術館の行列。既にすごい長蛇の列です。
e0120944_23172264.jpg
並びすぎてマジビビるわあ……。
ミュージアム・パスを持っていなかったらオワコンであった……。

e0120944_23181010.jpg
e0120944_23181050.jpg
e0120944_23182513.jpg
e0120944_23182522.jpg
e0120944_23182542.jpg
e0120944_23184130.jpg
e0120944_23184120.jpg
中についてはコチラ
美術品のみならず、建物自体も美しいです。さすが、元宮殿です。

【オペラ座見学ツアー】
ルーブル美術館見た後は、先日逃した、
オペラ座見学のツアーへ。

オペラ座へ向かう前に、近くにあるベトナム料理店へ…。
黒人の店員さんは英語も結構話せて、注文が楽でした。
e0120944_23191271.jpg
腹ごなしの後は、オペラ座へ。
団体ツアーとなっており、まずはこの広間で待機。
天井や床を見ていてもなんだか格式がひしひしと。
e0120944_23192014.jpg
広間の天井。
e0120944_23192061.jpg
ツアー開始、階段を上って……。
e0120944_23192169.jpg
ステージ衣装。
e0120944_23192108.jpg
e0120944_23192115.jpg
e0120944_23192153.jpg
シャガールの描いた天井画です。
最初はもっといかにも伝統的な西洋画、みたいな絵だったそうです…。
e0120944_23192179.jpg
下のおじさまはシャガール本人らしいです……
こういうちゃっかりさがなんかかわいいな( ´w`)
e0120944_23200092.jpg
e0120944_23200594.jpg
舞台のすぐ横、2回にあるこの座席は
国王ナポレオン3世が座る予定だったものの、
普仏戦争で負けたりとかいろいろあって、結局座れなかったそうな…。
e0120944_23200599.jpg
劇場を出ても、なお、夢の空間。
e0120944_23204228.jpg
e0120944_23204255.jpg
少し写真では分かりにくいですが、
金の像となったオペラ座を建築した御方:シャルル・ガルニエさんです。
e0120944_23204206.jpg
女性の絵が描いてありますが、これは『メニュー』だそうです。
ある女性は鶏肉を持っていたりして、
それを指さすと、チキンの料理が振る舞われる……
そんな空間の使い方をしていたそうです。
e0120944_23204275.jpg
因みに一番高いメニューがアイスクリームだったそうです。
冷蔵庫が無かった時代だったのですね…。
e0120944_23204200.jpg
以上でツアーが一通り終わり、ツアーの後も自分でもう一度
色々と写真を撮りにめぐってみました。
e0120944_23232341.jpg
e0120944_23232344.jpg
e0120944_23232356.jpg
e0120944_23232999.jpg

【カー・ルージュ(2階建てバス)】
オペラ座の後は、移動も兼ねて
少し2回がオープンになってる観光バスでも乗ってみようかと思い
オペラ座から少し行った所のバス停から、搭乗。

まずは、高級ブランド店などがひしめくヴァン・ドーム広場へ向かいますが
シンボルである、戦争で奪った大砲を溶かして作ったという塔は
現在工事中でありました。
e0120944_23235104.jpg
風が気持ちいいぜ( ´w`)
e0120944_23235129.jpg
e0120944_23235181.jpg
e0120944_23235131.jpg
e0120944_23242319.jpg
e0120944_23242345.jpg
ノートルダムが見えた辺りで降りました。
e0120944_23242320.jpg
ノートルダムから、セーヌ川を南に超えた
移民の店も多いサン・ミッシェルエリアで軽い夕食。
チキン・ポテトを薄いパンで巻いたギリシャのファストフードで。
e0120944_23242304.jpg
食後のおやつはチュニジアのお菓子。
抹茶とは違う、フランスのグリーンティーのような風味で、甘すぎずおいしかった。
e0120944_23242334.jpg

【エッフェル塔周辺】
ちょっとパリのシンボルの近くまで散歩してきました。
e0120944_23245700.jpg
e0120944_23245741.jpg
e0120944_23245709.jpg
e0120944_23245715.jpg
e0120944_23245796.jpg
e0120944_23245795.jpg
なんか撮って撮って撮りまくってますけど、
エッフェル塔って、不思議な被写体です……
撮っても撮っても、色々撮りたくなってしまうのです。
写真に関しては素人の僕でも……。
うーん、不思議。


その『不思議』を生み出した親であるギュスターヴ・エッフェルさんの像が
塔の下に鎮座しております。


e0120944_23245708.jpg
因みにこのエッフェル、先のオペラ座を建てたガルニエにも
塔の建設を反対されたとか……苦労したんでしょうね。。
e0120944_23245781.jpg

この鉄骨の根本はこうなっているのか……
お店のテントのデカさと比べるとその巨大さがよくわかる。
(戦争もののゲームでしばしば破壊されることあるけど
 そんな簡単に壊れてしまうものなんやろうか。。)
e0120944_23255999.jpg
e0120944_23273736.jpg
エッフェル塔の向かいにあるトロカデロにも目を向けてみましたが
こちらもすっごい人でした。。
e0120944_23273776.jpg
明日は、これに乗るぞ~↓
e0120944_23273766.jpg


【ポンピドゥー・センター】
今日の終わりは、
ここでのお土産も頼まれておりましたので…。

最初にお土産で文具を買ってから、入場。
エスカレーターを上がると、フランス語、英語を初めとした
『OUVERT』やら『OPEN』のネオンでお出迎え。
e0120944_23280142.jpg
e0120944_23280123.jpg

e0120944_23280127.jpg
空間の取り方も、なんだかとても美しい。
無機的に見えるけど、どこかほのかに有機的?
e0120944_23280209.jpg

e0120944_23280278.jpg
インドのある施設の設計案だそうです。
e0120944_23280295.jpg
この2つのシルエットは、よく見れば分かると思いますが、彫刻です…。
e0120944_23283103.jpg
『電気の妖精』
ここだけ独特な雰囲気。
e0120944_23283141.jpg
e0120944_23283198.jpg
e0120944_23283115.jpg
ここで一番衝撃的だったのは、高校の時にプレイした
『メダル・オブ・オナー アライドアサルト』の名曲、
"Surprise"が流れてきて、ミシンなどが一斉にガーーーッ!!!と動き出す展示。

奇しくもノルマンディーに行った後にこんな曲が流れてくるなんて…。
思わずニヤニヤが止まらなくなりましたが
まさかゲームミュージックを芸術に取り込むとは思いませんでした。


明日もちょっと朝早く歩き回ることになりそうなので、
独り占め状態のユースホステルで、眠りにつきまする……014.gif


今日の(・∀・)イイ!こと
1.2ユーロで買えたミックスジュースが結構おいしかったこと

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2014-08-14 00:00 | 旅行記 | Comments(0)
<< 【旅行記別記】ルーブル美術館内部 2014/8/13 【旅行記】... >>