2014/8/13 【旅行記】ついに来た、芸術めぐりの日
※2015年2月14日更新。


昨日は靴の裏が剥がれるという騒動もありましたが、
今日は気を取り直して、美術館めぐりに出発です。
昨日は火曜日だったので、多くの美術館が休みでしたが…
今日はほとんどの美術館がやっています。

まずは、ホステルで出る無料の朝食で腹ごしらえ。
e0120944_23033367.jpg
6年前来た時とあまり変わらない感じですが…。
同じタダなら、ブリュッセルのホステルの朝食の方が質は上だったかも…。


ともあれ、腹が膨れたら、まずはオルセー美術館へ。



【オルセー美術館】
e0120944_23033368.jpg
開館時間に着くように行きましたが、
美術館の周りは、既に長蛇の列が……。
驚きであります。

かつては列車の駅だった建物を改修しただけあり、
天井から光が取り入れられるつくりとなっていて広々としています。
e0120944_23033349.jpg
撮影はちょっと自粛した方が良さそうだったのですが……
これだけは撮ってきました。自由の女神さん↓
e0120944_23033332.jpg
e0120944_23033346.jpg
かつては乗客たちに時間を告げていた時計だったのでしょうか。
この時計がもはや芸術品に思えるのですが…
e0120944_23035497.jpg
以降、素晴らしい作品の数々は写真撮影禁止のため、
残念ながら写真はありませんが…
建物がとてもきれいなので、UPしていきます。
e0120944_23035446.jpg
e0120944_23035467.jpg
e0120944_23035484.jpg
時計の真裏
e0120944_23035546.jpg
e0120944_23035538.jpg
e0120944_23053990.jpg
e0120944_23060466.jpg
【セーヌ川のほとり】
オルセーにて、大好きなルノワール先生をはじめとした画家の絵を堪能した後は
オルセーさんもセーヌ川の近くにありますので
セーヌ川周りをぶらぶら。
e0120944_23064056.jpg

e0120944_23064087.jpg

e0120944_23064022.jpg
e0120944_23064093.jpg

e0120944_23064011.jpg
ブラブラしているうちに、ルーブル美術館からも近いチュイルリー公園に到着…
この広々した感がたまりませんね。
e0120944_23064091.jpg

e0120944_23064058.jpg
頭だけひょっこり、オルセー美術館↓
e0120944_23064079.jpg
一昨日、ノルマンディーへ向かうバスに乗る前に見た、ジャンヌダルクさん。
太陽の光に照らされてまばゆさが激しくUP。神々しさがすごいぜ…。
e0120944_23064084.jpg
チュイルリー公園の辺りをさらに北上すると、
日本に関係するお店などが多くあるエリアへ。
ジュンク堂書店を発見。
e0120944_23074198.jpg
昼食ですが…いったんホテルに戻り、
レンジでチンして食べるクスクスと、
ベルギービール"レフ ブロンド"の缶を買いました。昼ビール……
e0120944_23083656.jpg



【昼の部:まずオペラ座へ】
先のレフブロンドのビールを呑んでから、酔いがすごい勢いで回りました。
そんな中、オペラ座のツアーに行きたいなということでオペラ座まで出たのですが…
e0120944_23084524.jpg

どうにも酔いが回っているので、
オペラ座近くの素敵なスタバへGO!
酔い覚ましのコーヒーかお茶が欲しい。


オペラ座のスタバにて。
ディズニープリンセスやジャック(骸骨みたいなの)の右隣には、
『鋼の錬金術師』の主人公、エドワード・エルリックの姿が…!
e0120944_23084511.jpg
トトロやら、アナ雪姉妹に挟まれている巨人、どういうことなの…!
オペラ座のスタバ、歪み無ぇっす……
もうこれからオペラ座の怪人のマスク、この巨人の顔でええやん(ウソ)
e0120944_23084577.jpg
フランス式?のミントのグリーンティーを飲んだら、酔いがおさまってきましたので、
再びオペラ座へ足を向けます。
e0120944_23104504.jpg
パフォーマーたちも元気です。
e0120944_23104527.jpg
しかし、今日はツアーが既に予約一杯でした。
別の曜日の、この時間からやってますと受付の方に言われたので
次はその時間に余裕を持っていこうと決めたのでした。


代替案としては、じゃあオルセーに続いて、
印象派の絵画がたくさんある美術館に行くことにしました…。


【チュイルリー公園~オランジュリー美術館】
またまたオペラ座から南下し、チュイルリー公園へ。
なんだあのデッカいオベリスク……… ヴェアアアァァ!!!
e0120944_23110186.jpg
『コール・オブ・デューティ モダンウォーフェア3』では激戦の舞台にもなった
エッフェル塔とイエナ橋を撮ります。
e0120944_23110152.jpg
さて、印象派の巨匠、モネ"睡蓮"の輝くオランジュリー美術館です…
e0120944_23110158.jpg
ここも、中は撮影禁止です。

しかし、天井がガラス張りになっていて、
しかも朝に比べて空も晴れてきており、
印象派の絵画には本当にふさわしい、柔らかい太陽光が降り注ぐ中の
絵画鑑賞となりました。

モネ"睡蓮"の穏やかな雄大さもさることながら、
ここでもルノワール先生の絵画がたくさんあってもう……
これは一生モノですわ……(´;ω;)ブワッ



e0120944_23113696.jpg

芸術鑑賞したら、また公園散歩です。
思索にふけりつつリラックスするには、最適…。
e0120944_23110103.jpg

e0120944_23113632.jpg

e0120944_23115854.jpg

【ロダン美術館】
今日はせめてもう一つくらい、素晴らしい芸術を拝んでおきたい……と思い、
自分には縁の遠かった『彫刻』に手を出すことに。
あの彫刻家、ロダンの美術館があったので、行ってきました。
e0120944_23120987.jpg
e0120944_23121962.jpg
e0120944_23121926.jpg
美術館は基本、屋外展示ですが……

入って右側、草木に囲まれた中に『考える人』が。
e0120944_23121901.jpg
アップ。
e0120944_23121920.jpg
更にアップ。
e0120944_23121947.jpg
正面から。
e0120944_23121989.jpg

e0120944_23135369.jpg

e0120944_23130035.jpg
地獄の門。
このたくさんある人型の超克の中に、考える人もいるという…。
e0120944_23131003.jpg
あ、いました。
e0120944_23131025.jpg

e0120944_23131070.jpg
美術館敷地に入った中にある、きれいなフランス式の建物。
e0120944_23141170.jpg
綺麗に刈られた草地と撮ると、美しさ抜群です。
e0120944_23145855.jpg
上の建物の中です。もう、建物が既に美しい…。
e0120944_23141728.jpg
ここは彫刻だけではなく、
ゴッホの絵画も飾られています……。
e0120944_23141785.jpg
e0120944_23141723.jpg


e0120944_23141762.jpg
e0120944_23145514.jpg
ロダンのサイン?が彫られています。
e0120944_23145519.jpg
e0120944_23152386.jpg
これは確か、ヴィクトル・ユゴーの肖像。
e0120944_23153103.jpg
ユゴーさんはちょっと顔がコワいですが
ロダンさんはどこかひょうきんそうな男性に見えました↓
e0120944_23152370.jpg

【ポンピドゥーセンターの周辺】
夕方は、世界的なモダンアートの美術館、ポンピドゥーセンターへ…。
e0120944_23154430.jpg
ただ、この美術館を観る機会は次に譲りまして、
今日はここで、がっつりと夕食を食べたいということで、
6年前もお世話になってフランスのセルフ式レストラン"flunch"で夕飯です。

大盛りのディナー。
流石に取りすぎた……
少しだけ、イモ類を残してしまいました……申し訳ないorz
この分だと相当盛り付けたみたいだな。腹の中がパンパンだぜ……!
e0120944_23154387.jpg
ホテルに戻ってからは、ブリュッセルで買ったビールで乾杯!
e0120944_23154487.jpg
さあて、明日はルーブルだぜ…。


今日の(・∀・)イイ!こと
スーパーにて話しかけてきた人がドイツの方で少しだけドイツ語を試せたこと

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2014-08-13 00:00 | 旅行記 | Comments(0)
<< 2014/8/14 【旅行記】... 【旅行記別記】夜の凱旋門から >>