2014/8/9 【旅行記】天才の眠る地、大いなる劇場
※2015年1月18日公開。


今年のお盆は、人生で最も行きたかった場所の一つである、
フランスの"D-Day"=『ノルマンディー上陸作戦』の戦場跡に行くことにしました。
今年は、D-Dayからちょうど70年が経過した年でもあります。

また、昨年今年と西洋絵画の美しさに惚れたり、
ワインも好きになったりで、フランスという国の叡智に触れる機会も増え、
改めて、芸術的感性を磨いてみたい、と思ったのもきっかけです。


さてまずは、日本からフランス・パリに向けて飛び立ちます。
お正月頃から探していた安いチケット、引き当てた航空会社は……
e0120944_20310320.jpg
これまたフランスの航空会社、『エールフランス』です。
日本からパリへ、直行の飛行機なのは大きなメリットです。
昨年のニューヨークみたいに、目的国についてさらに国内線……に比べれば楽ちん。

しかも機内食がとてもおいしいと聞いたので楽しみです。ワインも……


【エールフランス機内にて】
さて、日本時間の夜かなり遅くですが、
離陸して間もなく、機内食の登場です。

わくわくしながら梱包を外してみますと……
e0120944_20310791.jpg
写真では伝わりづらいかもしれませんが、
第一印象からして『おおっ!うまそう!!』でした。
そして、その期待を裏切らないおいしさ。

右下にあるグリーンピースのサラダと、サーモンがウマいこと。
左下のメインディッシュとおぼしきお肉も、ソースが激ウマです。
そして右上のケーキも、まさにトレビアン。うますぎ。
『これ、ホンマにエコノミーの機内食なん!?』と
僕の脳みその中で驚きが大爆発していました(爆)


そして映画を一つ見終えたら、いい具合に消灯時間になったので
まずは就寝……


そして朝。
朝ごはんがやってきました。
体内時計を整えるためにも、是非に頂きます。
昨年のニューヨーク、朝ごはんはなんと
あぁん!?ホイホイチャーハンだったのですが……
e0120944_20313071.jpg
これまた、朝からトレビアンな見た目でございます…
クロワッサンにオムレツ……うまそう。

実際食べてみたら、これまたエコノミーの機内食とは思えない、旨みたっぷりの味。
後はヨーロッパの上空で食べる十勝ヨーグルトもいいものでした(爆)


朝食からしばらく後、空港に着きましたが
着いた時間は午前の3時。
ここからはちょっと治安に注意して動かないとです。


【早朝のド・ゴール空港】
朝3時、僕らの乗った機意外ではあまり飛行機自体着いていないようです。
空港の中のスタバやイリーといったカフェも、空いていません…
変な人に絡まれ無さそうな範囲で、空港内を歩き回ってみたり
テレビを見て過ごしました。
e0120944_20313052.jpg
オシャレな木造建築

e0120944_20313094.jpg

e0120944_20313056.jpg

e0120944_20320476.jpg
どうも、ゴッホさん…
今日、会いに行きますぞ。
e0120944_20320453.jpg
午前6時頃、日が昇ってきたので
パリ中心部を目指すことにします。
RERはちょっと危ない、と聞いていたのと
空港⇒パリ中心部直行の快速電車が無かったので、今回はバスで。
e0120944_20320470.jpg
パリ中心部に入った時には、さすがに『おぉ~…』という気持ちになりますね。
人生で2度目ですが、やっぱり感動的。
それに降りる場所がオペラ座の近くともなるとねえ…

下の写真は、きれいな駅舎です。
e0120944_21312496.jpg



【北駅/Gare du Nord にて】
オペラ座についてからは、なんか懐かしいなーという気分にしばらく浸った後、
今日、夕方からベルギーに行く予定だったのですが
それまでの時間を別の場所で費やすため、荷物預け場のあるパリ北駅へ。
e0120944_16175772.jpg
治安がヤバいと噂でしたが、ちょっと警戒していれば普通に歩けました。
e0120944_16175796.jpg
ちなみにその目的地というのが、
ゴッホが自らの胸を銃で撃ち最期を迎えたというパリ郊外の地
『オベール・シュル・オワーズ』です。

ゴッホは、僕と同じく発達障害を持った人物だったのでは?という説もあり、
その特性・傾向と合致する部分も多々あります。

亡くなった友人を思わせる人物でもあったので…
今、芸術が好きになったという理由以外でも、ここに行きたかったのです。
今の僕には、エッフェル塔上るより、こっちに行く方がよかったのです。


【オベール・シュル・オワーズ】
そのオベール・シュル・オワーズですが、
写真がとても多くなったので、別記にて。


【パリ北駅⇒ブリュッセルへ(リール駅経由)】
オベール・シュル・オワーズにて
田舎のフランスをちょっとかじってみたり
ゴッホの眠る墓の前で友人を思い出して涙した後には
ベルギー・ブリュッセル行きの電車が出る3,40分ほど前に駅に戻るようにしました。
電車がうまく乗り換えられるかが不安でしたが、無事にスムーズに乗り換えられて、
北駅にすんなり戻ることが出来ました……友の加護か。

さて、ちょっとしたおやつとコーヒーを買って、今日乗る電車はコチラのTGV↓
e0120944_16285363.jpg
日本で予約入手していたチケットに書かれた座席に座り、
電車はどんどん、ブリュッセルへ向かっていきます。
e0120944_16290612.jpg
風車が回っております。
e0120944_16290669.jpg
まずは、途中乗換駅である
フランス・リール駅に到着。
空港を思わせる空間です。
e0120944_16373755.jpg
なんかもう、ホント、空港みたいです。
e0120944_16373703.jpg
リール駅を出てすぐのところにあったオシャレな建物
e0120944_16380613.jpg

e0120944_16380653.jpg
リール駅で数十分を過ごした後、ブリュッセル行きのTGVに乗り換え、
無事にブリュッセルに着きました。電車に乗っていた合計時間は2時間弱。
e0120944_16382967.jpg

ドイツからの高速鉄道である『ICE』も停まっていました。
e0120944_16382972.jpg

そのまま地下鉄に乗り、今日泊まるホテルに向かいます。
早朝から行動していて、オベール・シュル・オワーズでもあちこち歩き回って
ちょっと疲れ気味でしたが、ホテルからの眺めはかなりいい感じにヨーロッパしてます↓
e0120944_16382963.jpg

【グラン・プラスへ】
とりあえずは、何かウマいものでも食べたいな…と思い
明日夕方にはブリュッセルを出るので、それまでに楽しむこと楽しみたいと思ったので
ブリュッセルの中心『グラン・プラス』(大広場)へ。

せっかくなので歩いて広場まで行くことにしました。
道中にはこんな立派な柱も…↓
e0120944_16385746.jpg
e0120944_16385791.jpg
e0120944_16385778.jpg
グランプラスの方角を示す看板。
仏語だけでなく、オランダ語の表記"グローテ・マルクト"も書かれています。
e0120944_16385756.jpg
NATO行のバスだと……Σ
EU本部があるだけありますな。。
e0120944_16385724.jpg
広場が近付くにつれ、どんどん人でにぎわってきます。
e0120944_16385795.jpg
日本人の間でもおなじみ。ベルギーと言えばワッフル!
e0120944_16393560.jpg
そしてこちらが、きれいな建物が周りにいっぱい、
テレビでもちょくちょくやってる『グラン・プラス』です。
e0120944_16394323.jpg

e0120944_16394385.jpg

e0120944_16394352.jpg

e0120944_16394331.jpg
四方八方、建物が美しすぎる件……
これだけの建物を、歴史の荒波の中、守り抜いてきた
ベルギーの人たちの気骨には頭が下がるばかりです。



ベルギーといえばワッフル以外にも有名、ビール↓
e0120944_16394384.jpg
そして、お腹減ってきたのでここのワッフルを食べました↓
e0120944_16401803.jpg
何とも言えないイチゴの酸味、チョコの甘苦い味が忘れらない。
e0120944_16401810.jpg

ベルギー名物、ワッフル、ビール以外にも
フライドポテト"フリット"が有名ですね。

こちらは小便小僧を模したフリットの看板。
ちょっ、何してんねんw って感じの看板です(つ∀`)www
e0120944_16401814.jpg
この後、ポテトも食べました。マヨネーズつけてモリモリ食べます。
結構食べれてしまう不思議。


そして下の写真ですが、街中に堂々と、ゲイバーがありました。
ベルギーのお隣、オランダも同性愛に寛容な国として有名ですが…
街中にこうしてLGBTのシンボル、レインボーフラッグがあるとは本当に『歪み無ぇな』。
日本でも最近、テレビ番組『アド街』で
新宿のゲイバー(ゲイでない人も入店可)が取り上げられるようになったな。
e0120944_16401826.jpg


【小便小僧】
さて、あとやっぱり外せないのはこの御方です↓
e0120944_16403704.jpg
『世界3大がっかり』で名高い(不名誉だなあ)小便小僧ことジュリアン兄さんです。
ですが、僕はがっかりしませんでした……
小さくてがっかりする、といいますが、僕はがっかりではなく、びっくりしました。

e0120944_16403778.jpg
余りの小ささに、本当にびっくりなのです…
それくらい小さくて驚きました。僕だけでしょうか?
因みにこの像の下、写真でも人が少し写っていますが
実際は、黒山の人だかりができていました(爆)

e0120944_16462998.jpg

e0120944_16413283.jpg
近くで撮るのは諦めました(つw`)


【その後の街歩き】
小便小僧を起点に、グラン・プラスまで戻ってみることにしました。


『Famous Beer Inspector』=有名ビール監査官 って(つ∀`)ww
e0120944_16413293.jpg
トラピスト(修道院)ビールが並んでいる辺り、だったかな。
e0120944_16413230.jpg
ベルギーといえば、あとはチョコも有名。
下のは店名もずばり『Chocoholic』=チョコレート中毒、と
なんともあぁんひどぅいな店名(つ∀`)
さっきの小便小僧なポテト君といい、なんかこういうシュールさがベルギーっぽい。
e0120944_16450410.jpg
サッカーショップです。
今年のW杯ではベスト8まで進出したベルギー代表(アルゼンチンに敗退)。
他にも、ベルギー代表選手であるアザール、フェライニ等のユニフォームもありました。
e0120944_16413251.jpg
パッサージュです。ガラス張りが美しい……。
e0120944_16413294.jpg

e0120944_16413242.jpg
チョコレート以外のスイーツも、とってもおいしそうなり。
e0120944_16413212.jpg
さて、暗くなってきたので、帰ります。
駅舎内、地下鉄の入り口になっている所も壮麗です。
e0120944_16480824.jpg
ホテルには9時ごろ戻り、そのままシャワーを浴びて、
10時半ごろには眠りにつきました。

今日、主に見たい所はグランプラス&小便小僧と抑えたので、
明日は美術鑑賞にワクワクです……(´w´)


今日の(・∀・)イイ!こと
広々としたシャワールームで快適にシャワーを浴びれました。

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2014-08-09 00:00 | 旅行記 | Comments(0)
<< 【旅行記別記】ゴッホ最期の地 ... 2014/8/8 花の都、第2の訪問 >>