2014/5/5 【旅行記】短い滞在、思い出をかき集めて
※2014年8月7日更新。


ミラノダービーより一夜明けて、朝……。
昨日戦った選手たちは如何なる気持ちで目覚めたのか、と考えつつ
まずは朝食。

e0120944_19275639.jpg
オムレツ、生ハム、ヨーグルト……
生ハムは本場だけあってやっぱりウマいです。


朝は、例によって(?)ドゥオモに行き、閑静な時間をたたずみます。

e0120944_19281919.jpg
e0120944_19281900.jpg
e0120944_19281979.jpg

e0120944_19281902.jpg
いつ来ても色んな表情が見えるドゥオモと広場、
この空間、ものすごく好きです。
大都市の中にありながら、この静寂を保てるというのがまた素晴らしいです。


さて、今日は昨日サッカーの激戦のあったサン・シーロスタジアムの
見学ツアーに参加することに。


【サン・シーロスタジアム見学ツアー】
LOTTO駅からスタジアムまで、ファンの熱狂で包まれていたあの道路も
今日歩くと、木漏れ日がまぶしい閑静な道路に早変わり。

昨日、試合の後は軽食を食べた後の紙くずや
ビール瓶がたくさん転がっていたスタジアム周りも
一夜明けると、ごみ一つないきれいな姿に…。
e0120944_19434287.jpg
夜を徹して、清掃員の方々がきれいにしてくださったのでしょうか。
その努力には本当に感謝です…。
e0120944_19284975.jpg

クラブチーム”ACミラン” "インテルミラノ"の旗に加え、
EU旗、イタリア国旗、エミレイツ航空の"Fly Emilates"と書かれた旗が並んでいます。
e0120944_19284904.jpg
ツアー空き時間まで待っていたら、結構来る人は日本人が多い。
お父さんと息子、というパターンもありました。

ゲートが開いて、チケットを見せて中に通してもらった後、
英語が堪能な入口のガイドさんに道を教えてもらいました。
後は自分で好きに歩いていくスタイルでした。


まずは、選手がマスコミにインタビューを受ける通路を歩きます。
e0120944_19443441.jpg
勝った選手、負けた選手、活躍できた選手、そうでなかった選手、
それぞれの思いを抱えて、ここを歩いていくのですね……。
それがまた、国中、ともすれば世界中に放映されるんだもんなあ…。


お次は、ACミランの選手控室。
e0120944_19444923.jpg
天井にエンブレムが輝いています。
一人一人の座るスペースと、ユニフォームを引っかけたりするスペースが。
e0120944_19444958.jpg
近くにいた日本人の方がいたので、
椅子に座ったところを写真撮って頂きました。

昨日ここに、カカや本田さん含めて、あのACミランの選手たちがいたのか…。

e0120944_19444900.jpg
お次は、インテルの控室へ。
オーバーヘッドする選手の白黒の写真が、なんだかクールでかっこいい。
e0120944_19444948.jpg
ACミランのように一人ひとり席があてがわれているわけではなく、
広いベンチがあるだけという簡素な造り。
e0120944_19444930.jpg
でも、こっちの方がなんかチーム同士打ち解けやすそう…
と自分で考えてしまいました。
チーム全体の雰囲気は、昨日のソーロ・インテル行ったときも感じたけど
僕はインテルが好き。

e0120944_19452528.jpg
シャワー室です。
あの長友さんも、他のインテルの選手たち(パラッシオ、コバチッチなど)も
ここでシャワーを浴びて『裸の付き合い』をしていたのかと思うと
なんか感慨深いものがありますね。
e0120944_19452550.jpg

さて、いよいよピッチへ…!
e0120944_19452549.jpg
e0120944_19455420.jpg
選手がピッチに出たばかりのアングルは
下の写真に、目の前の灰色の鉄柵が無い状態、というわけか。
この数万もの観衆に囲まれる感って、やっぱすごいな。
e0120944_19455484.jpg
e0120944_19455466.jpg
ここに、本田さんが座っていたのか…。
e0120944_19540978.jpg
e0120944_19540964.jpg

e0120944_19540987.jpg


e0120944_19550948.jpg
e0120944_19550920.jpg

e0120944_23133515.jpg
芝生を刈っている人たちがいます。
選手たちが心置きなくプレーできるのも、こうした人たちが
努力をして下さっているお陰なのですね…。

当然、この草刈り機を作った人、草刈り機を整備する人もいたりして
人の社会ってつながっている、と思ったひと時でした。
e0120944_23133697.jpg
e0120944_23133683.jpg
e0120944_23135730.jpg
昨日僕が座っていたのはオレンジ色の席。
その中の、緑色の席に近い所。
e0120944_23135705.jpg
e0120944_23135726.jpg

【サン・シーロスタジアム博物館】
スタジアムを出たら、次はサン・シーロの記念ショップと、博物館です。
e0120944_23150268.jpg
e0120944_23150272.jpg
e0120944_23150278.jpg
2003年の欧州チャンピオンズリーグ決勝はユベントスにACミラン?!
なにこれ、今(2014年)でも絶対見てみたい組み合わせw
e0120944_23150247.jpg
バロンドールもとったかつてのACミランのエース、
シェフチェンコ(元ウクライナ代表)のユニフォームも。
e0120944_23150297.jpg
シャツの右下がちょっとハミケツしているのは仕方ないね(つ∀`)
(↑同じく博物館にいた日本人男性もこの件にはツッコミを入れていた)

右下にいるのは、元・伊首相だったベルルスコーニでしょうか。
e0120944_23150279.jpg
ちょっとピンぼけですが、栄光の瞬間。
真ん中、トロフィーのすぐ左に20代の頃のカカもいます。
e0120944_23153375.jpg
カップを掲げる、当時のキャプテン・マルディーニ。
(ザッケローニさんが長谷部さんを、
 君はマルディーニに並ぶキャプテンだと評したのを聞いたことがあります)

左下にカカ、右下にはアンチェロッティさん(現レアル・マドリード監督)
e0120944_23153327.jpg
マルディーニ&カカのサン¥イン入りポラロイド。
e0120944_23153316.jpg
ポラロイドアップ。
e0120944_23153361.jpg
バロンドールを取った時のカカ、かな?
e0120944_23153314.jpg
e0120944_23162263.jpg
現在のACミランを引っ張らんとするエースたちのユニフォームが…
e0120944_23162284.jpg
ACミランストアでも顔写真が大きく載っていたバロテッリ(イタリア代表)。
英・マンチェスターシティから戻ってきた時の記事のようです。
e0120944_23162292.jpg
e0120944_23162269.jpg

サン・シーロの模型。
e0120944_23162217.jpg
なぜかメッシのアルゼンチン代表ユニフォームが(´∀`)
e0120944_23170849.jpg
フィーゴのユニフォーム…
スペイン(リーガ・エスパニョーラ)でプレーしていた時に、
豚の頭を観客に投げつけられてしまったことでも有名な選手。
e0120944_23170845.jpg
そしてここにも、イケメンなサネッティさんがいますなあ…。
e0120944_23170839.jpg

e0120944_23170805.jpg
モウリーニョさん(当時の監督)も飛び跳ねるw
e0120944_23170891.jpg
e0120944_23170881.jpg
NAGATOMO004.gif
e0120944_23175305.jpg
そしてまた、サネッティの雄姿が。
長友さんの"お辞儀"を定着させた張本人でもあるこの御方( ´∀`)
e0120944_23175320.jpg
e0120944_23175381.jpg
いやはや、スタジアムとは別の意味で興奮冷めやらぬひと時でした。
御昼時を迎える前に、またドゥオモの辺りに戻りまして、
そこからガレッリア抜けて、ダ・ヴィンチ先生の像のある広場で休憩です…

今日も白亜のスカラ座は美しかった↓
e0120944_23182338.jpg
ダヴィンチ先生の背中。
e0120944_23182362.jpg

【ポルディ・ペッツォーリ美術館】
昨日訪れた"ヴァガッティ・ベルセッキ"美術館に並ぶ邸宅美術館
"ポルディ・ペッツォーリ"を訪れました。
e0120944_23213504.jpg

e0120944_23215084.jpg
e0120944_23215185.jpg
e0120944_23215157.jpg
e0120944_23215162.jpg
特に写真撮影禁止では無かったのですが、
警備の人らしき人が目を光らせていて、あまり撮影できる気分にはなれず。
というよりも、写真に撮るのもなんだか恐れ多い芸術品が本当に多いのです。
かつての家主、ジャン・ジャコモ・ポルディ・ペッツォーリ(だったかな?)の
素晴らしい感性にただただ驚くばかり。


時に、この博物館ではなぜか唐突に
モダンアートが突如として出現することがありました。

理由はおそらく、大阪・あべのハルカスの美術館でこの時
ポルディ・ペッツォーリ展が開かれていたため、
ミラノから大阪へ美術品が出張してしまっていたためと思われます。
まさか自分の地元に行ってるとはなあ(つw`)
この博物館の目玉である『貴婦人の肖像』も
大阪に行ってしまったようで、ありませんでした。


唯一写真撮れたのは、これ↓
e0120944_23215145.jpg
軍事系の博物館もびっくりの、鎧の数々。
こんなんが、行きの飛行機の中で見たナイト・ミュージアムみたいに動いたら
マジで怖すぎるやろ……とちょっとびびってしまいました(´∀`;)

e0120944_23215140.jpg
ポルディ・ペッツォーリ近くの路面電車が走る通りを少しあるいて、
一旦地下鉄乗って、ホテルまで戻ります。休憩兼昼食です。
e0120944_23231844.jpg
昼ごはんは、チャーハンで…。
何となくコーラも飲みたかったので、それもついでに。
e0120944_23233645.jpg
世界共通の味を楽しみましたとさ( ´w`)
このジャンキーな感じは時々クセになるな。


【ミラノ中央駅と街歩き
ホテルでちょっと体力を回復させた所で
また街歩きを再開させることにしました。
まずは、またドゥオモ&ヴィットーリー・エマヌエーレ大通りの界隈に戻り…
こういう活気は良いなあと思いつつ、寄ってみたのが
フェラーリのショップです。
(少し小さいですが、下写真の赤っぽくなってる所です)

e0120944_23241095.jpg
お店に入るとF1が走り抜ける『ヒュオォォン!!』というような音が。
結構びっくり(つ∀`)

お土産は特に買わなかったのですが、
お次は、最初はさっさと通り過ぎてしまったミラノ中央駅へ。

e0120944_23241006.jpg
e0120944_23241099.jpg
改めて近くで見ると、本当に芸術的な駅舎です。

電車の発車する所は、このガラス張りの見事なアーチ。
e0120944_23241019.jpg
e0120944_23241028.jpg
ここに着ておやつ時だったので、
ジェラートを食べることにしました。
慣れないイタリア語を発音しての注文に、店員さんも
『あなたの発音が分からなかったの~(つ∀`)』と苦笑い(´w`;)

まあ最終的に通じたし、英語話せる店員さんだったので
最後はそこでやりとりできたからよしとしましょう…070.gif

e0120944_23244032.jpg
その後も、ミラノ中央駅にある色々なお店をちょっとチラ見。
面白かったのは、パソコンや、ゲームソフトがたくさん売っているお店。
販売されているテレビで流れているのは、
数年前のものと思しき、セリアAのビッグマッチな試合。
さすが、サッカー強国…!

他にも、『コール・オブ・デューティ』のレゴブロックみたいなのがあったりして
こんなのあるんか!とめっちゃびっくりしたことも。
BO2のASDとか、ウッズの人形とか、爆笑でした(つ∀`)www


さて、その後もしばらくお土産に良さそうなものが何か無いかと、
ブエノス・アイレス大通りの辺りをうろすいておりましたが
少しずつ近づくミラノとの別れを予告させるかのように
日が沈んでまいります……。
e0120944_23244041.jpg
e0120944_23244067.jpg
最後は、夕飯ここにしようかな?と思いつつも
ふらふらと立ち寄ってしまったドゥオモ様。
黄昏の空をバックにたたずんでいる姿も美しい。
e0120944_23244023.jpg
因みに、結局今日の夕飯は、ホテル近くのトルコ料理店で買った
ファラフェルのバーガーと、ドイツビールです。
e0120944_23244018.jpg
成城石井で良く売られている『ビットブルガー』のビール。
石井で300円~400円くらいはするこのビールが、
イタリアでは1ユーロ弱という破格のお値段。
ヨーロッパでのビールの安さに衝撃を受けるのでした…。


今日の(・∀・)イイ!こと
テレビのスクリーンでインテル所属・サネッティ選手ご登場のCMが流れていたこと。
しかも1つじゃなくて複数……

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2014-05-05 00:00 | 旅行記 | Comments(0)
<< 2014/5/6 【旅行記】ダ... 2014/5/4 【旅行記】人... >>