2014/5/17 飯炊き仙人のもとへ
今日は、大阪・堺へ行ってみました。

元来、大阪といえば北摂住人の僕ですが、
南の方をほとんど知らない自分……
もっと大阪府を知りたい!と思い、
最近は南への関心も高まっています。

とはいえ、今日堺へ行くのは街巡り以外の目的もありました。
それはタイトルにある『飯炊き仙人』。
ピンときた関西の方も多いのでは……?

堺には、ご飯を炊き続けて50年ほどになる、
伝説のご飯屋さんを営む『飯炊き仙人』がいるのです。


その伝説のご飯屋さんと名高い『ゲコ亭』 さんに行ってきました。
この度、極上のご飯を炊き上げる『飯炊き仙人』こと村嶋さんが
今月いっぱいでご引退されると伺いまして
これは今行くしかない、と思ったのがきっかけでした。

初めてテレビで見てから、ずっと行きたかった場所でした。


まずは電車でJR堺市駅へ。
レンタサイクルを借り(おじさんが親切でした)
15分ほど西へ、西へ漕ぎ続け……。

昼11時半ごろ、着きましたが……行列ができていました。
店の外までずら~~~~~……とまではいかないものの
これはたまげました。
やはり皆さん、飯炊き仙人さんの最後の(?)雄姿を見たいのだろうか…。


なんとか自転車を置ける場所を見つけ、
並んで待つこと、また15~20分ほど……
とはいえ、この待ち時間の間に、
ゆっくりと何を食べようか(財布と相談しながら)決めれたのが
かえって良かったです059.gif

待ちに待ったご飯を食べるとき、僕があまりにもおいしそうにご飯の薫りをかぐからか、
前にいるおばさんが話しかけてきました…w
10年間通い続けている常連さんだそうで、
飯炊き仙人・村嶋さんとのツーショット写真も見せてくれました(・∀・)
写真の村嶋さんは上半身裸で、歪み無ぇ筋肉でした066.gif


肝心のお米ですが……その一口、
ふわっ…と、それでいてしっかり来る味が、たまらんです。

他に頼んだものは、
◎しじみの味噌汁
◎玉子焼き
◎ひじきの煮つけ
◎タケノコの煮物

でしたが、どれもご飯に合う逸品ぞろい。
玉子はふわっふわ。ただでさえウマいですが、しょうゆをかけるとうまさ倍増。
しじみも、結構入っていて濃いウマみが出ています。
二日酔いにも効きそうですが、そうでなくても体に沁みとおる濃い味でした。

ごはんとの相性ベストなのは、上のおかずの中ではしじみ味噌汁ですかね。

このお店、他にも唐揚げ、とんかつ、ブリの照り焼き、焼鮭などがありましたが、
とくにブリがすごくウマいというのを、ネットでの評判でよく見ました。


お腹も心もいっぱいになった後は、
仁徳天皇陵周辺と、その向かいにある大仙公園をサイクリングしました。
大仙公園の中も小さな古墳がたくさんあり、まさに古墳天国でした。
日本庭園なども整備されており(入りませんでしたが)
北摂とはまた違う歴史的な深みを、より一層感じます。

歴史といえば、堺は千利休が生まれた場所でもあり、
氏の茶道大成と関係があったか何かで、和菓子店がすごく多いと聞きましたが
街をサイクリングしていても、思わず『おっ』となりそうな
良さげな和菓子屋さんがあちこちにありました。


今回は、肝心のデジカメを忘れてしまったので、その辺りの写真は無いですが…
今日のように風が心地よく、すっきり晴れ渡った日、最高のエクスカーションでした。

海外旅行もいいですが
こうした地元の『味』もまた、最高でした。


秋になったら、もう一度堺を訪れたいと思います。
『ゲコ亭』も夏は長期休業に入るので
秋になれば、飯炊き仙人・村嶋さんを継いだ新しい人たちによる
新しいゲコ亭が始まるので、楽しみです( ´∀`)


今日の(・∀・)イイ!こと
久々に食べた『カペリーニ』パスタがとても美味だったこと

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2014-05-18 22:35 | 旅行記 | Comments(0)
<< 2014/5/18 自分への旅路 2014/5/16 五月、心地... >>