2013/8/12 【旅行記】王道?イロモノ?博物館めぐり
※2013年10月6日更新。


今日の朝食は、普通にコンビニで買った冷凍食品でした。
まあまあ美味でした。

まず今日は、YH周辺をちょっと散歩。
e0120944_20343422.jpg

セントラルパークに近いから、というわけではないでしょうが
結構緑も多く、安らげます。
朝のニューヨーク、空気がうまい!

さて今日は、博物館をちょっとめぐってみるとしますか。
その前に、ちょっと眠気もあるから、スタバにも寄るとします。
アメリカのスタバは日本より安いヽ(´w`)ノ

【アメリカ自然史博物館】
まずは、『ナイト・ミュージアム』でおなじみのこちら。
素敵な外観!既に入口は憩いの場になっています。
e0120944_20345024.jpg

e0120944_20345239.jpg

『ナイト・ミュージアム』にも登場。恐竜の骨格。
映画を見ていればニヤニヤ必至。
e0120944_20345456.jpg

それにしても、すごい行列です…。
昨日ゲットした『City Pass』のお陰で、
まだそれほど並ばずに済みました。

さて、入場して、いよいよ中を見てまいります。


余りにも広大な博物館なので、
ごくごく一部しか写真を撮っていません。
全部隅々まで見てたら、一日が終わってしまうので……
その一部を紹介させて頂きます。


アフリカのピグミー族みたいな……
こんなリアルな人形で世界が表現されていること100カ所ほど。
e0120944_20345572.jpg

黒人奴隷があった頃の負の歴史。
『Sales of negros』=黒人大安売り。 これは衝撃的でした。
e0120944_203457100.jpg

マヤのピラミッドのような。
e0120944_20345847.jpg

チベット文化の紹介。
e0120944_2035036.jpg

日本文化、といっても
なんとアイヌ文化が紹介されていました。なんと細かい…!
e0120944_2035251.jpg

こちらは本当に典型的な日本文化の紹介。
e0120944_2035351.jpg

ハニワまで紹介されていました。
e0120944_2035430.jpg

またまた『ナイト・ミュージアム』にも登場。モアイ。
写真を撮る人、GUMGUM!と言う人……
映画を見てニヤニタなのは世界共通なのですね(爆)
e0120944_203568.jpg

僕が結構好きだったのが、この自然科学のコーナー。
鉱物リストがずらりとあるこのコーナーは、素敵でした。
e0120944_2035730.jpg

e0120944_2035966.jpg

宇宙の誕生を短いムービーで紹介するプラネタリウム。
e0120944_20351159.jpg


これにてアメリカ自然史博物館は終了。
午前だけでかなり歩きました(爆)

ここから、またまた南下していきます。

【ダコタ・ハウス】
アメリカ自然史博物館からまっすぐ南下していくと、
マンハッタンでも屈指の高級マンション、『ダコタ・ハウス』。
ビートルズのジョン・レノン最期の場所です。
e0120944_20405594.jpg

この門の前で、撃たれて死んだ↓
門のところには今も、鎮魂の火のようなものが灯っていました。
e0120944_2041439.jpg


【タイムズスクエア(昼)】
お腹も空いたので、お昼のタイムズスクエアへ。
e0120944_20413451.jpg

チケット売り場は憩いの場。
e0120944_204157100.jpg

歩いてるだけで楽しすぎ!すごいにぎやか。
It`s EXCITING!!!!
e0120944_2042775.jpg

ニューイヤーでおなじみの時計塔……と思ったらちょっと違いました。
e0120944_20423131.jpg

おなじみの時計塔は、こっちですね。TOSHIBAの。
e0120944_2043161.jpg

昼食はあれこれ探し回って、迷っていたら……
目に飛び込んできた『自助餐』の文字。
おお、これは台湾でお世話になったバイキング式中華じゃないか(´∀`)!
ウホッときたので、そのまま店に飛び込みパクつきましたw
e0120944_20431559.jpg


【???博物館】
この後、ちょっと衝撃的な博物館に行きました。
これ、見る人が不快になるかも……な部分もあるので、
見たい方は、この記事一番下の『More』を押してお読みください。

【ソーホー、ノリータ】
ちょっと街歩きやお土産探しを楽しもう、と思い
マンハッタンを南下し、ショップの多いソーホー、ノリータ地域へ。

気の利いた小物などを売ったお店もいっぱいあります。
東京とはまた違った楽しいオーラが漂っています。

そこで見つけた酒屋さん。日本酒がいっぱい。
e0120944_20562162.jpg

店主さんがいましたが、日本人だったかも…?でした。
話しかけませんでしたが……。

チベット雑貨のお店なんてのもありました。
これぞまさに \FREE TIBET!!/ ですかな。
e0120944_2057530.jpg


ニューヨーク大学発見。
ニチイ学館さんのCOCO塾しか思い浮かばないぜw
e0120944_20575273.jpg



【ハンバーガーBBQパーティー @YH (写真なし)】
……さて、夜。
今日はユースホステルで焼き立てハンバーガーを食べれる
BBQパーティーなるものがありまして
7ドルほどで参加して、ハンバーガー食べました。
サラダバー、ソフトドリンク1本もあって、超オトク!

……そして、人生で食べたハンバーガーで一番ウマかったですw
何と言っても、涼しい風の中、旅人同士集まって楽しむハンバーガー。
会話も本当に楽しい思い出でした。

この日話した人たちも、またまた多国籍。
イギリス、フランス、デンマーク、ブラジル、アルゼンチン……
ニューヨークは世界から人が集まる、と実感した夜になったと同時に、
昨日のパブに負けず劣らずの、最高の夜となりました(*´Д`)


今日の(・∀・)イイ!こと
コンビニで無糖のジャスミン茶を入手できたこと


↓???博物館、気になる方はコチラ↓



―――――――――――――――――――――――――――――――――

ここから先は、どうぞ自己責任でお願いします。



さて、タイムズスクエアで昼食に中華を食べた後に行ったのは、


『セックス博物館』という博物館でした。

その名の通り、性行為などの博物館です。
エロイエローイのを前面に押し出してハアハア……という感じは無く、
学術的に性に関する文化を考察した博物館……です。

そのためか、エロイエローイ感じではなく、
建物内部はMOMAとかにも近いようなオシャレさもありました。
1Fはチケット売り場兼お土産屋になっており、
お土産は確かに使い道がナニでアレなものも多々ありましたが
いるだけでムラムラするような、そういうのは一切なし。

というわけで、ちょっと紹介してみます。

【セックス博物館】
入口。
エンパイアステートビルやフラット・アイアンビルがよく見える界隈に建ってます。
e0120944_20504040.jpg

注意書き。
『触ったり、なめたり、愛撫したり、乗りかかったりしないでください』
これはさすがに吹きました……(つ∀`)wwww
e0120944_2051184.jpg

ゲイとノンケ、それぞれ嗜好はどう違うの?
ネット検索で調べられた性的な言葉としてはどのくらい人気があるの?
そんな解説や客観的データがいっぱい出てきます。
(この解説文の近くには、過激な写真もいっぱいでしたが……)
e0120944_20533185.jpg

e0120944_20533927.jpg

出口。
てか何がplayじゃい(つ∀`)wwww
e0120944_2054208.jpg


他にも性器を模したモダンアートやポスターの紹介やら、
自然界における動物たちの交尾や性差なども扱っており
色んな意味で真面目に『性』を扱っている、という点では面白かったです。


いやしかし、ここは間違いなく、
一番『Oh my god...!!』とつぶやいてしまった博物館でした(核爆)
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2013-08-12 23:59 | 旅行記 | Comments(0)
<< 2013/8/13 【旅行記】... 【旅行記別記】エンパイアステー... >>