2013/8/22 母国語の目線、外国語の目線
ニューヨークで見つけたお店に、
こんな名前のお店が……
e0120944_21253886.jpg


『SuperdryStore 極度乾燥(しなさい)』……

俗にいう、変な日本語というやつでしょうか。
因みにこのお店、服屋さんです。
タイムズスクエアの近くで、この『Superdry 極度乾燥(しなさい)』と
文字の書かれたTシャツを着ている男の人もいました。


日本語が変なのは、ここに限らず、
他言語(ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、中国語など)が併記されている
パンフレットを読んでも、時々ちょっと違和感のある日本語表現が
混ざっている時もあります。大体の意味はもちろんあってるのですが。
こういう所で、日本語がいかに特殊な言語かを再認識する時があります。
(注:日本語が他の言語より優れている、といった
   ナチズム、エスノセントリズム的考えでは無いので念のため。)

アメリカでは、英語が母国語の人にとって
学習しやすい外国語のランクを4段階に分けているそうですが、
日本語はそのうち、最も高いランクに入る数少ない言語だとか。
(ちなみにもう一つがアラビア語だそうです)

言語系統が違いすぎて、これ英語に翻訳した人も苦労したんだろうな……。
逆に、日本人で英語が苦手な人が多いのもうなずける、というわけです。


しかし、さっきのSuperdryといい、
日本のTシャツでも妙な英語が並んでいるものもあるはず…。
ちょっと英語が分かると『おぉぅ、いかにも日本人の英語って感じや…w』
と思ってしまうことや、
『こんな単語の並び見たら、ネイティブ英語圏の人は軽く
 「What`s the...!!?」となるかも』と思うことも今まであったっけ(つw`)

そんな、言葉がらみの旅の思い出でした。


今日の(・∀・)イイ!こと
社内で当初予定されていたことがかなり長引いた中、
いろんな方がサポートしてくださったこと。
次は俺が恩返ししなければ……。
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2013-08-23 21:41 | 旅行記 | Comments(0)
<< 2013/8/23 さよなら親知らず 2013/8/21 溜まり溜ま... >>