2012/10/15 Dear Mesut
※2012年10月22日更新


僕が24歳になってそろそろ10日……
そんな今日は、あるサッカー選手も24歳の誕生日を迎えました。

この御方↓
e0120944_11312966.jpg

ドイツ代表のメスート・エジル選手です。いい笑顔ですね(*´w`)

現在は、サッカー超大国スペインにて、その雄であるチーム
『レアル・マドリード』にて活躍中。

同じチームメイトであり、世界最高レベルの選手であるC・ロナウド選手にも、
『エジルが僕のサッカーを更に良くしてくれた』と言われるほどの実力者。
ロナウド選手のように点数をバンバン入れるような選手ではないのですが
そのパス、コーナーキックなどの腕前は、お見事!
僕はサッカーが好きになって間もないのですが、本当に…(*´д`)


ここから先は、サッカー選手としてではなく、
一個人、そして同い年の友人のような感覚になってみて
敢えて彼を『メスート君』と呼ばせて頂きます。
(欧州サッカーファンの方、何卒ご容赦ください。)


さて、そんな彼は、実は生粋のドイツ人というわけではなく、
トルコ系移民の3世、そしてイスラム教徒だそうです。
お酒に関してはゆるめのイスラム教徒の人かな?と思いますが
ラマダーン(断食)も選手生活に支障のない範囲で行っているそうです。

彼のご先祖さんも、激動のヨーロッパで苦労してきたでしょうし
メスート君本人も、ドイツ社会の少数派として
もしかしたら、結構葛藤があったのかもしれません。

実際に、彼が国代表に選ばれた時、トルコではなくドイツの代表を取って、
トルコの一部では『国家の裏切者』とメスート君を罵る声も続出したとか…。


僕は障害者であり、メスート君とは違う意味での『少数派』。
僕は彼よりも、自分の『少数派』としてのアイデンティティに気付いたのは遅いけど
そういう意味ではどこか彼と僕とで似通った部分があるような気がして
同い年ということもあり、他の選手とは違った目でまた見てしまうのです。
僕にとっては自然と応援したくなるし、思い入れも入ってしまう、そんな選手です。
レアル~には他にも移民の子孫である選手も何人かいるが、
やはり『同い年』っていうのは大きい……

今日はそのメスート君の誕生日!

僕はドイツにもトルコにも行ったことないけど(←どっちも行きたいな)
最後は彼を画面越しの英雄ではなく、
同い年の友人みたいな気分で祝って〆たいと思います。

Happy birthday Mesut!! X)
e0120944_11331265.jpg

d(´∀`)b Ja!!


今日の(・∀・)イイ!こと
久しぶりにかなりすっきりした気分で起きれたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2012-10-16 11:33 | 未分類 | Comments(4)
Commented by ふゆ at 2012-10-26 13:21 x
こんにちはエジル選手のファンでブログ巡りをしていて拝見しました。私がファンになったのは2010年南アフリカワールドカップの時で、そのあといろいろな雑誌の特集を読んだんですが、中~高(ドイツは一貫教育)の担任さんが「メストはいつも自分が移民の子であるという意識を持っていた」と言っていたのが印象的でした。(だから他人と合わせようという意識がたかくて、どのチームでもすぐにフィット出来るのかな…とか、だから大人しくて控え目なのかなとか)
まだ24歳。次のW杯で25、その次は29、その次は33歳。これからも長く応援出来て幸せですね!エジルとその下の世代が成熟した時、ドイツの戴冠をみたいです。
Commented by さんかく@ブログ主 at 2012-10-29 17:34 x
>ふゆさん
コメントありがとうございます!
今、活躍している人たちの幼少期を見ていた大人たちの発言は、貴重ですね。思春期のメスート君の、アイデンティティの萌芽を見抜いていたこの担任の先生も、また偉大な指導者なのかもしれませんね。
移民、ドイツ代表、レアルの選手というと、ケディラ選手(⇒チュニジア移民の子孫)に関しても気になります。

今年はEUROもありましたが、27歳、31歳の彼も含めた今後の10年は僕も楽しみです( ´∀`)
Commented by ふゆ at 2012-10-31 21:39 x
先にご紹介した記事ではないんですが、メスート君の生い立ちについてNumberの特集記事もありますよ

(ご存じかもしれませんが)『現代的トップ下を作った創造性と規律』で検索すると一部読めます。貧しくても無料の公教育で勉強とサッカーのエリート教育を受けられるなんてドイツならではです。

ちなみに担任の先生にチェスを教えられてはまり、ゲームを読む力がアップしたとか。

プレイスタイルはエレガントでインテリジェント…でもテクニックはストリート仕込みなんてかっこいいですよね!
Commented by さんかく@ブログ主 at 2012-11-05 22:12 x
>ふゆさん
僕はサッカーを好きになり始めてまだ数か月なので、まだまだ知らないことも多いのです。

なので『現代的トップ下を作った創造性と規律』はとても印象に残りました。1990年前後の彼の生まれ故郷が、そこまでシビアな状況だったとは知らなかったので、驚きでした…。
見方を変えれば、メスト君は欧州福祉の底力の象徴でもあるかもしれませんね。

僕はレアル所属ではカカも大好きなのですが、氏もチェスを少年時代に覚えて好きになったと聞きました( ´w`)
<< 2012/10/16 地下の射撃場 2012/10/14 Heal... >>