2011/12/16 【旅行記】大きな銭の寄り道
※2011年1月24日写真UP。
 2011年1月25日文章UP。


青春18きっぷを使って、四国北部を旅行した日記(4/6日目)


☆移動ルート☆

松山(8:20発)→(11:30着)観音寺

観音寺(14;49発)→(16:20着)高松


夕べ?もちろんちゃんとシャワーを浴びましたよw
1年半くらい前に友達と行った、東京・南千住の安宿を思い出しました。
寒かったです、換気扇を切って、蒸気をシャワールームいっぱいに満たしても、
シャワーを止めたらかなり寒い。
もったいないですが、シャワーを出して湯気をたちこめさせながら
体を拭いておりました…。

【道後温泉】

1.朝の道後温泉。午前7時ごろ。
  昨日行ったのは午前6時前後だったのですが
  その時より人が少ない感じがします。この閑散とした感じもまたいいなあ。
e0120944_1957677.jpg

2.帰りは捕りそびれていた『坊っちゃん』関係のものを撮影。まずは時計。
e0120944_1957271.jpg

3.そして、坊っちゃんに『マッチ箱みたい』と酷評された機関車。
  『坊っちゃん列車』として実際に松山市内を走っておりますが
  実際ボロカス言われているのにそれを名物にしてしまうあたり
  松山の人たちのおおらかさを見た気がしました。
e0120944_19565417.jpg

【松山市内】

4.路面電車から撮ってみました。ちょっと名残惜しい気もする…。
e0120944_19564873.jpg

5.右上のほうに、チラッと松山城が見えます!
e0120944_19564310.jpg

6.これも路面電車からの写真です。
e0120944_19563889.jpg

7.さて、ここから18切符で移動します。
  高松に向かいますが、途中で観音寺に寄ります。
  JR松山駅でポンジュース購入!
  外で飲むのが間違いでした。寒くて味があまりわからない。ウマいのに(つ∀`)
e0120944_19563317.jpg

8.ポンジュースの工場が見えました。
e0120944_1956281.jpg

【観音寺】

9.正午より少し前に、観音寺駅に到着です!
  お昼ごはんは、食費をケチるために、昨日愛媛大学の生協で買ったカステラです。
  このカステラは朝ごはんでも食べました…w
e0120944_19561912.jpg

10.銭型の町…ワクワク(・∀・)
e0120944_195657.jpg

11.駅舎を外から撮ってみました。虹の輪は観音様の放つ光の輪でしょうか。
e0120944_195611.jpg

12.町のマンホールも銭型!
e0120944_19555692.jpg

13.途中、琴弾八幡宮や観音寺に寄りながら、銭型に着きました。
   一日でこれを完成させたという伝説があるのだとか…。
   因みに、是非見て頂きたい琴弾八幡宮と観音寺の写真はコチラから。
   金毘羅さんのように、心と体が洗われるような感じがありました。
e0120944_19555120.jpg

14.もう一枚、銭型。海岸沿いにあるのがよく分かるかと思い、撮影。
   それにしても風が吹き付けて寒い…でもなんだか不思議な高揚感。
   というか、僕を中心に、半径50メートル以内くらいに
   人が誰もいないような感覚なのです。これは初めてです…。
e0120944_19554693.jpg

15.銭型を『つまんで』みました(爆)
e0120944_19552992.jpg

16.銭型が見える場所から、曲がりくねった道を歩いて降ります。
   本当は車が走るような道ですが…。
   これはなんというロンリーロード。
e0120944_19552511.jpg

17.根っこの部分がせりあがった『根あがり松』。
   実際の松の根ってこんなんなんだろうか。
e0120944_19552294.jpg

18.松林を抜けると、海岸に近づいていきます。
   ここを抜けると、先ほどの銭型を間近で見れるのです。
e0120944_1955184.jpg

19.松林の中に砂浜ありて…。
   これが間近で見た銭型です!
   ひゅうひゅうと北風が吹きぬける寂寥感がありますが…。
   改めて、これを一日で作るのはどうやってやるんだ?と首をかしげるばかり。すごい。
e0120944_19551165.jpg

20.銭型の近くにあった井戸です。
   冬は井戸水は暖かく感じる…と聞きましたが、確かにそうでした。
e0120944_1955943.jpg

21.銭型に因んで、世界のコイン館なるものがありました。
   見学はしませんでしたが…。
e0120944_1955512.jpg

22.琴弾八幡宮は、太平洋戦争の戦没者を弔う碑がありました。
   靖国神社のような感じでしょうか…。
   その碑の近くにあった、インドネシア人のジャーナリストの残したメッセージです。
   靖国神社をメッカに見立てる辺り、イスラム教徒らしい観点ですね。
   (※インドネシアは世界最大のイスラム教徒人口を抱えている)
   しかし一日五回礼拝か…それはそれで英霊の皆さんも仰天かも…?
e0120944_1955251.jpg

【高松】

23.夕方、高松駅に到着です。
   結構降りる人が多いですね。
   ちょっと大阪に近い雰囲気を感じました。
e0120944_19545886.jpg

24.北風に吹かれながらホテルにチェックインした後は、
   レンタサイクルで町を走ります。
   (24時間100円、高松市内に数箇所ある自転車置き場のどこでも返却可能!)
   商店街が多い高松も、イルミネーションがきれいです。
e0120944_19545594.jpg

25.さっきのクリスマスツリーの上のドーム。
   下の光とのコントラストがいい具合にw
e0120944_19545245.jpg

26.JR高松駅近くのツリー状のイルミネーション。
e0120944_19544811.jpg

27.正ウン面体?のイルミネーション。赤青緑白…シンプルな色使いがいいですね。
e0120944_19544585.jpg

28.夜の高松城のライトアップ。
e0120944_19544114.jpg

29.自転車で走ってるうちに腹減った!ので、名物さぬきうどんを探してみたら…
   ホテルでゲットしたガイドを見てもほとんど閉まってる。
   そんな中、夜から開店するうどん屋があったので、そこで晩御飯。
   これが本場の味…うまい。少々値段は張りましたが、確かにこの味はたまらん。
   なお、本場のさぬきうどんは、サイドメニューにおでんがあることが多いことが判明。
   独特の甘みのある(名古屋の味噌に似てる?)からしをつけて、おいしく頂きます!
e0120944_19542242.jpg


明日の朝は製麺所を見つけて食べるぞ!と不安と期待を抱えていたところに
幸いにして、ホテルのロビーでパソコンが無料で使えました。
ネットを開けて見ると、お気に入りに『讃岐うどん遍路』というポータルサイトが。
早速アクセスすると、ホテルから近いところのうどん屋がずらり。製麺所もあります!
2,3箇所マークして、明日の朝昼を狙って、食べにいきます。ワクワク…。

次の日はコチラ
観音寺や琴弾八幡宮の境内で撮った写真はコチラ


今日の(・∀・)イイ!こと
久々に高校時代のクラスメートからメールを受け取ったこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2010-12-16 00:00 | 旅行記 | Comments(0)
<< 【旅行記別記】琴弾八幡宮&観音... 【旅行記別記】松山城・写真いろ... >>