2010/12/18 【旅行記】さらば四国、ただいま本州
青春18きっぷを使って、四国北部を旅行した日記(6/6日目)

今朝高松を出て、岡山から津山に寄り道して
夕方5時に大阪の自宅に帰って参りましたm(_)m

朝は6時前に起きて、日が昇る少し前くらいに寒さを堪えて外に出て
製麺所にうどんを食べに行きました。(中心街から歩いて10分ほど)

気さくなおじさんおばさんに出していただいたかけうどんに
皿からはみ出るくらいのアナゴの天ぷらと
お椀が埋まるくらいのかき揚げをダイナミックに乗せました。
それでもたったの350円…。

麺、ダシ、そして天ぷら、最高のコンビネーション!
唯一の誤算は、でか過ぎる天ぷらがダシを吸ってしまったことですが(爆)
もうすこしダシを入れておくべきだったことを除けば、最高のうどんでした。
昨日も4杯うどんを食べました。どれもおいしかったのですが、
最後の最後でスペードのエースを引いた気分です。

今日は朝8時20分頃から高松を出て、ひたすら帰り道でしたが
行きは雨だった瀬戸内海も、帰りは晴れていたので
その写真をたくさん撮ったりしました。

何といっても、岡山から姫路まで、直接山陽本線を通るルートではなく
岡山→津山→姫路と、南北にアップダウンのあるルートを通った際に
西日本の山間部を通ってきたことが印象的でした。
都会に住んでいる自分にとっては、珍しい風景ばかり…。
IPodを聴きながら、ただただ走りますが、これが何とも愉しい…。

周囲は山だらけで、自然豊かな中に家が点在しています。
また、ほとんどの住居は一戸建てで、マンションは殆ど見当たらない…
4階建て以上のマンションが無いんじゃないか?と思えるくらいです。

ですが、とても好きな光景です(*´д`*)
この中でも確かに人々が生きて、営んでいるのだなと思うと
胸が震えるような感じがしつつも、どこかやさしさのような感覚を感じる次第です。
今回の旅では、そのことをより深く、より自然に理解できるようになったと思います。
どう理解できた?と言っても口では説明しにくい部分もあるのですが
こういうことこそ、あえて理由として言わない方がいいのかもしれません。
そして、この『当たり前に』あるべき感情を忘れて、正論や理屈を語る愚かさというものも
なんだか想像できたような気がします。

四国の路線(香川と愛媛を結ぶJR予讃線)もこのような田舎でしたが
山の色が微妙に違っていたり、雰囲気の違いを楽しむのも奥の深い楽しみです。

因みに、津山では、名物B級グルメの『ホルモンうどん』を是非食べたかったのですが
昨日と今朝と、うどんを食べ過ぎていたので、今回は止めておくことにしました。
年末に向けて胃を整えておきたかったので、カルピスを飲んでいました(爆)
それに、どうせ食べるなら、最もおいしく食べれるときに食べる方がいいかもしれません。
せっかくなので、街だけでも歩いてみましたが
ソースの匂い(それも酸味の強そうな)が漂ってきました(´∀`)

津山もまた、鳥取や広島へと路線が繋がっています。
旅のロマン…それを想像するだけでもハァハァ(;*´Д`)
中国地方の山間、山陰地方…一度車窓を拝みたいですね。

しかし、普段は電車が5分に1本は走っていて
8両~10両の電車に満遍なく人が乗っているのが当たり前の環境に住んでいる自分が
しばらくは、電車といえば1~2両、人がまばらな時もざらな環境に身を置くと
再び自分が元々いた環境に戻ったときのショックは結構大きなものでした(つ∀`)アヒィ
姫路に戻ったとき『うへっwすっげえww』と正直思ったくらいでした(核爆)

その後は、自宅に最も近いJR駅の川西池田駅まで電車に乗っていましたが
乗り慣れた電車に乗っているのに、なんだか違う世界に来たような感覚でした。
うーん、日本ってなんて奥が深いんだ…。

旅先の日記や写真は、また別途UPさせて頂きます。
写真のほうは、簡単にUPできるかと思いきや、案外そうは行かないようでorz
もしかしたら、UPは年末になるかもしれません、ご了承ください…。


今日の(・∀・)イイ!こと
明日の夕飯が中々楽しみなこと



(※写真の更新は大いに遅れて2011年1月24日更新。申し訳ございません…)

1.かき揚げとアナゴの天ぷらが乗って、合計350円、『丸山製麺所』さんのうどん。
  午前6時からの開店ですが、僕は6時半頃に行きました。
  寒さを我慢して行った甲斐がありました!
  後、僕以外にもすでに4人ほど先客が。そりゃこのウマさにこの量だものな…。
  お店のおじさんおばさんもとても親切な方でした。大感謝。
e0120944_2044653.jpg

2.朝の高松の商店街。何ともいえない閑散とした感じ。
  青色LEDのツリーは朝でも点灯中w
e0120944_2044599.jpg

3.一つ前の写真の、ツリーの真上のドーム状の天井。
  ドーム越しの青空がまぶしい…。
e0120944_2044351.jpg

4.岡山駅にて。津山へ向かう電車です。
e0120944_2044124.jpg

5.1時間ほど電車に揺られ、中国地方の山野を抜けて、津山駅に到着。
  本線から離れたこういう駅にはほとんど縁が無いので、新鮮。
e0120944_2043992.jpg

6.JR西日本の路線図。僕にとっては大阪からのものなら見覚えがあっても
  津山から見たこのような路線がまたとても新鮮で見入ってしまいました。
  大阪からの路線図だと、ここ津山も、鳥取も見えません。岡山が見えるかどうか…。
  うーむ、旅のロマンが掻き立てられる…!
e0120944_2043015.jpg

7.四方を山で囲まれた静かで自然溢れる津山の町。
e0120944_2041355.jpg

8.津山城。ゆっくり見ている時間が無いので、天守閣だけ下から撮影。
e0120944_2033743.jpg

9.B級グルメ『ホルモンうどん』のお店。
  本当は昼食に食べたかったのですが…(´・ω・`)
  前述したように、またおいしく頂けそうなときに、是非ともいただきたい。
e0120944_2033640.jpg

10.津山のお土産PRのポスター。
   津山ロール、は食べてみたかったですが、お店が見当たりませんでした。
e0120944_2033470.jpg

11.津山発のワンマン電車。
   僕は鉄道マニアというわけでもないのですが…
   都会に住み慣れてしまっていると、こういう電車のロマンが感じられます。
e0120944_2033319.jpg

12.はばタン電車。
   津山~姫路間で乗り換えの必要があった時に見かけた電車です。
   スポーツの祭典が終わった後も、兵庫県の田舎で、はばタンは走り続ける!
   (そして、姫路に着いたとき、8~10両編成の電車にびっくりした僕)
e0120944_203302.jpg

[PR]
by sannkaku-shikaku | 2010-12-18 22:18 | 旅行記 | Comments(0)
<< 2010/12/19 障害ありて 四国旅行・その他色々写真集 >>