2009/8/9 【旅行記】どっぷり和の世界
※文章は2009年8月15日にアップ完了。

金沢二日目。

I君宅でもしゃもしゃと朝食をとり、仕度を整えてから
まずは金沢の有名な庭園、兼六園へ向かいます。

あらかじめ金沢のバス一日乗り放題の切符を
JR金沢駅近くのバスセンターで購入。1枚500円なり。
今日は観光の際には気兼ねなくバスに乗りまくれます(`・ω・´)b

さて、小雨が降ってきましたがやってきました兼六園。
e0120944_1164037.jpg

後日聞いたところによると、昔は入場料が無料だったそうですが
今は入場料が300円になっています。
とはいえ、それでも安いと思えるくらい、素晴らしいまでの和風ムードを満喫しました!
京都の和風建築とはまた違う、温かみある庭園でした(*´д`*)

夏なので緑が本当に美しい庭園でした。
秋や冬にも来てみたいですねえ。
後々知ったのですが、この兼六園はフランスの
ミシュランガイドで三ツ星(=絶対に見るべきエリア)に登録されております。
そのためか多くの外国人観光客がここを訪れており
和風のオーラを愉しんでいらっしゃる様子(´w`)

以下5枚、兼六園の写真です。
e0120944_1164685.jpg
e0120944_1165384.jpg
e0120944_1165868.jpg
e0120944_117455.jpg
e0120944_117988.jpg

そして、最後のほうには兼六園内部にある時雨亭にて
おいしい煎茶と和菓子を頂き、その後は庭園を望みながら座ってI君とおしゃべり。
e0120944_1171412.jpg

e0120944_11721100.jpg

シリアスな話題も出てきたのですが、落ち着いた雰囲気の中会話が盛り上がります。
普通こういう場で、こういう雰囲気で話すことではなかったかもしれないが
それすらも受け入れ吸収してしまうかのようなこの自然の雰囲気は偉大だ・・・。

兼六園の次は、その隣の金沢城公園へ行きました。
e0120944_1172949.jpg
e0120944_1173587.jpg
e0120944_1174067.jpg

すごく大きな公園なので、中でちょっと迷いそうになりました。
こんな立派な石垣が突如間近に現れたりとか・・・↓
e0120944_1174610.jpg

2,30分ほどでなんとか城は脱出(?)できました。

そして昼食。近江町市場の、昨日お世話になった700円の激ウマ定食屋さんを
I君に紹介しようと思ったのですが、今日は閉まっていました(´・ω・`)
そこで、肉が食べたいというI君の提言で、ステーキ丼を食べることに↓
e0120944_1175030.jpg

予想より割高の昼食となったものの、ジューシーお肉とふっくらご飯の丼でした(´∀`*)
カフェやバーのようなお店だったので、これにアイスコーヒーも付いてきました(゚д゚)ウマー

エネルギー充填完了!のところで、もう一つ名物を見に行くことにしました。
その前は、I君が銀行に行きたいのにその銀行がことごとく閉まっていて
ちょっと『あぁん、ひどぅい!』な目にも遭いましたが(つ∀`)
大阪だと土日でもATMだけはやってることも多いのですが
金沢だとどうもそうはいかんようです(´・ω・`)
最終的にはI君のカードが使えるATMのある系列店に入れて無事解決。ふぅ。

さて、気を取り直して、『忍者寺』の異名を持つ妙立寺へ参ります。
e0120944_1175710.jpg

写真は壁越しに顔を出したI君。顔はプライバシーの関係でうっすら隠しております。

入場料800円、と少々割高ではありましたが、ここは『忍者寺』の異名の通り
敵を欺くための仕掛けがわんさかあるお寺でございます。
ガイドさんに案内されて進んでいく、というツアー形式をとっているのもウリです。

次々とあっと驚く仕掛けやギミック、お寺の機微を紹介され驚くばかりでしたが
このお寺は実は『忍者寺』と呼ばれるようになったのはその仕掛けの存在のせいであって
忍者とは実は全く関係無い、という事実にも驚きであります。
分かりやすい異名をとってるお寺ですが、実は事実無根のあだ名なのですな。

さて、この忍者寺、もとい妙立寺の回りは神社や寺が本当にたくさんあります。
そんな界隈をうろうろしながらどこに行ったものか考えて
ここから比較的近い『にし茶屋町』に行くことに決定↓
e0120944_118495.jpg

本当に、普通にある町のちょっとした一本の細道がこれです。

大正時代の小説家、島田清次郎の記念館なるものを発見し、見学してきました。
僕は彼については全く知らなかったのですが
何でも、20歳で発表した作品が大ブームを巻き起こしたものの
その後調子に乗って傲慢になり、女性スキャンダルも起こしてしまったりなどして
数年後には廃人のようになり、若くしてこの世を去った人物だったそうです。
僕ら二人と同じ20歳の時に、大成したものの滅んで行ったことを考えると
切ない気持ちになると共に、なんだか人生について考えさせられました。

さて、今日の和風情緒を味わう旅もこれで終了。
次のバスでは外国の方に金沢駅の行き方を教わったので
久々に英会話を使い、I君の助けも借りて道のりを教える機会がありました。
何を隠そう、彼らの乗りたかったバスに僕らも乗る予定だったのですが
彼らにとっては遥か東アジアの土地で、こんな助けが出来る機会はありがたい。

その後は金沢駅へちょっと寄り道させてもらいました。
目的は、明日お土産に買う日本酒を試飲するため。
2種類呑んで、どれにしようか決定しました(´∀`)
ついでにバスセンターにて、明日のバス一日乗り放題切符を僕の分だけ購入。
その後ちょっと小走りしたのですが、ちょっとだけ酔いが回りました(爆)

金沢駅の次は、香林坊よりもう少し奥へ行った繁華街、片町へ。
京都の河原町を髣髴とさせるような町並みの繁華街です。
そこにある、ガイドブックで見つけた食べ物『笹寿司』のお店へ行きます。
これまた、昨日のお昼ご飯のごとく『安くてウマい』代物だとにらんでいたのです。

メイン通りからわき道へそれるやいなや、すぐに見える場所にそのお店はありました。
柿の葉寿司のように、笹の葉で包まれたお寿司、笹寿司。
6個入りで600円弱、なので一つ100円を切る5センチ平方の寿司と
レンコンの入ったおいなりさんを購入し、一時間ほどカラオケを楽しんだ後
香林坊と片町の境目にある公園で食べました↓
e0120944_118812.jpg

e0120944_1181332.jpg

e0120944_1182063.jpg

・・・いやあ、これはまたスバラシイものを見つけました!
これは明日大阪に買って帰ることにします。
しょうゆ無しで食べましたが、すごくウマかったです・・・。
シャリと具の相性が抜群。デカさも考えたらこれで一つ100円以下は安い!
いなり寿司も、これで5個入り400円前後だったはず。
ジューシーな揚げに、しつこすぎないご飯、そしてシャキシャキのレンコン。
この三位一体に、僕ら二人してヤラれてしまいました、良い意味で(*つ∀`)

いやあ、素晴らしい一日を過ごさせて頂いた所で、I君宅へ戻りました。
その後も銭湯行ったり、僕的には笑いが止まらなかったナニでアレな店に行ったり
夜中にはガンダムやNARUTOのゲームをやってました。
操作がうまくいかず少しイラだったものの、後半でカンを取り戻してきました。
うむ、しかしNARUTOの格ゲー、ナルティメットヒーローはやはりイタチが一番最高だ。

・・・待てよ、NARUTOといえば忍者ではないか。
実際のものとはそれはそれは随分異なるが、兼六園行って忍者寺行って
寿司食べてという和風な一日を過ごした締めくくりとしては、うまく出来てるなあ・・・。

明日はお世話になったI君の都合で、朝は早めに出て、途中で別れます。




今日の(・∀・)イイ!こと
傘を失いかけたもののI君が見つけてくれたこと
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-08-11 01:20 | 旅行記 | Comments(0)
<< 2009/8/10 【旅行記】... 2009/8/8 【旅行記】百... >>