2009/3/10 【旅行記】順調なる、戸惑いある帰国
(※この記事は2009年6月2日に更新されました)
(※旅行中の相場は1NTD(元)=約3円です)

台湾最終日。
東京一日目。

出国の際、東京〇日目だった一週間前に続き、今日から一日目。
その『一日目』を踏み出すため、この台湾の地に別れを告げます。

飛行機が11時45分くらいには出発するので
6時くらいに起きて『健酪』というカルピス風の飲料で心身を潤し
昨日にお会いしたおじさんと少し会話を交わしまして
帰宅したら必ずメールする、と約束して1週間お世話になった宿を出発。
うーん、しかし名残惜しいけどさみしくはないような
そんな温かさのある土地だったナ・・・(´ω`)

宿からすぐ近くのバス停から、空港行のバスに乗ったのが8時頃。
空港から台北市内にバスで向かったときは夜中だったものだから
昼間の台湾の活動ぶりがどことなく印象的。

さて、空港到着です。
台湾ドル→円の両替なども済ませておきたかったし
ホイホイと荷物チェックイン&検査を済ませます。
・・・しかし、何故こんなブツがあったんだろう↓
e0120944_23275887.jpg

『あ、誰かがパソコンやってるー』と思って目をやや上にやると・・・
これは本当に『ビビるわぁ!!』(byビリー・ヘリントン)でした∑(゚∀゚)

パスポートチェックを終えてからは
飛行機がどこから出発するかの電光掲示板があったので撮影↓
e0120944_2362375.jpg

中国本土はともかく、日本が以外と多くてこれは仰天です。
新千歳にも行ってるのか・・・ビックリ∑(´w`)

して、数時間後は離陸して台湾に別れを告げたわけですが・・・
名残惜しさとこれから東京で人と会うことのワクワクの中間にて
昼間に飛行機に乗る快感を味わっていました。
飛行機は昼に乗るのは本当に気持ちいいです(*´∀`)

オマケに、台北→東京は追い風。
昼食の機内食にパイナップルケーキが出て喜んでたりしてるうちに
予定よりも早く、2時間半弱で帰国できました。
行きの搭乗時間より1時間くらい早くて、これまた『ビビるわぁ!!』ですな。

さて、帰国後は手荷物チェックで
僕の服装のポケットの多さを見た空港職員さんに驚かれたりしながらも
無事に、あとは旅慣れてきたせいかすんなりと帰国手続き完了。
成田空港から、上野行の京成線の特急に飛び乗ります。

ギリギリに飛び乗ってからは、1時間ほど待ちぼうけ状態。
しかし、行きは熱心にガイド読んだりしてたから
この1時間はそんなに長く感じられなかったんですが
拙ブログで昨年秋に書いたことを帰りでは実感することに。
『ところで、この1時間を見てくれよ。こいつをどう思う?』
『すごく・・・長いです・・・』

学校図書館で読んだある雑誌記事を思い出しました。
技術立国・JAPANをイメージしてワクワクしながら成田に降り立った外国人は
最初に電車に1時間乗って、それから延々と住宅地が続き
技術の国らしいハイテクなビルディングが見えないことに『WHY?』と感じる、とか。
なるほど、日本に来た人々はこんな気分だったのだろうか(つ∀`)

50分くらい乗ってたら、だんだん高架を走るようになったり
ちょっと高さのあるビルが見えてきたり、だんだん東京らしくなってきました。
そして上野について、しばらく街中歩いてみることにしたら・・・
ううむ、成田と東京ってギャップあるなー、と本当に実感です(´・ω・`)
さて、ここからさらに東京・代々木のユースホステル(以下YH)に移動。
上野からは皇居を軸にほぼ反対に位置する代々木へ移動です(爆)
ここからは30~40分ほどかけて地下鉄で移動です。
しかし、この段階でおよそ午後3時半くらいだった記憶が・・・

して、代々木に帰ってからYHにつくまでも
徒歩で15分・・・思ったより距離があって、ちと大変でした。
中央駅前に宿があった台北とはエラい違いに(´∀`A;)
おまけに、たまたま風の強い日で、寒いであります(´・ω・`)

YHに着くころにはちょっと黄昏時でありました。
カウンターに行くと、日本語でチェックインしてるフランス人らしき団体が。
うーむ、円高のご時世でも日本へ旅するこの方々の胸中とは何だろう。
今まで東京に行ったときは本当に外国人が多くて
大阪にいる時とは違う刺激があるのですが
金融危機の嵐吹き荒れるこのご時世、どれだけ外国の方がいるかも興味アリ。

しかし、日本のYHを初めて利用することになったのですが
外国のものに比べれば、なんだかとてもマジメでカッチリしてる、というか
ちょっとしすぎてる気がするかも?(´・ω・`)
風呂・シャワーの使用制限時間があるから気をつけないと・・・
フロントの人は、『GAIJIN』から見た典型的なJapaneseのイメージそのもの。

これにもちょっと驚きましたが、本日三度目の『ビビるわぁ!!』は
ちょっと疲れた状態で部屋に入ってからのこと。

『・・・すごく、キレイです・・・』

時に、この代々木国際ユースホステルは、YHに珍しく個室制。
駅から遠くてやや都心の隅っこのがデメリットだけども
この部屋のキレイさに、ハンガーや机に椅子までついてて・・・
これで一泊3000円はかなり安いです。
衛生的にもカプセルホテルを凌駕しているのは素晴らしい。

しかし、今年の春休みはキレイな国内の宿に恵まれるぜ・・・。

さて、疲れ気味なので寝る・・・にはまだまだ早すぎるであります。
多少寒くとも、外に出てニッポンの大都会を堪能しに行きました。
代々木から歩いていけるところで、今夜は新宿へ。

・・・しっかし、やっぱり台北より東京ってデカいと実感しました。
上海や香港くらいになると流石に負けそうですが・・・
この高層ビルの多さと人口密度の高さでそれを実感します。
YHもそうでしたが、台北より何となくキレイな気がする。
日本が『オーダー』な感じなら台湾は『カオス』な感じで・・・
それぞれに、良さがあるんだよなあ(´ω`)

夜の街中、コクーンビルをついでに撮影しました↓
e0120944_2363387.jpg

ロンドンのシティや名古屋の駅前を思い出します(´∀`)

さて、帰国したということで
中毒とかいうわけじゃないですが、日本に切り替えるという意味も込めて
和食が食べたくなって、ケータイでチェーンの定食屋『やよい軒』を探して
ちょっと新宿都心から離れて食べにいきました。
チェーンの定食屋と『大戸屋』もよさそうでしたが、ちと高くて(´・ω・`)
それに、ご飯のおかわりし放題もしたかったので(爆)

いやあ、飽きることなくモリモリと中華ばっかり食べてたもんで
久々の味噌汁や焼き魚の味がたまりません(*´∀`)
九州方面へ旅行中の友人とメールしながら、ご飯を2杯半は食べました・・・
『すごく・・・大きいおいしいです・・・』

そういえば、日本に帰って最初の夕飯。
台湾より物価が高くて嫌気でも差しやしないかと懸念しておったのですが
自分の母国故・・・『結構すぐ慣れるんだね、仕方ないね』と
懲りずにビリー・ヘリントンことアニキ語(ケツドラム語)で納得。
(元ネタは『結構すぐ脱げるんだね、仕方ないね』だったりしますが)

くそみそでガチムチなネタはこの辺でさておき、胃と心が満たされたところで帰宿。
その後は入浴ですが、台北のYHのちょっとサバイバルなシャワーと違い
清潔、清潔。心まで洗われそうです。大浴場までついてます。
前まで使ってたカプセルホテルも大浴場あったけど、これは超清潔。
しかも湯加減もちょうどいいです。
『歪み無ぇな』『こん位が丁度イイ丁度イイ』とそれでも脳内でアニキ語の出る
だらしn・・・もとい不甲斐無い学生旅行者の僕をお許しを(´・ω・`)

明日から早速人にお会いする予定もあるし
4度目の東京個人旅行だけど行きたい所を改めて発掘したのでワクワク・・・
旅プランを練ってから(こういう時に椅子と机は本当に助かる・・・)、
期待を胸に、就寝!

~続~


今日の(・∀・)イイ!こと
お土産で送った故宮博物館の写メに対する感謝の声が到来。
受け取っていただきこちらも感謝感激m(_*)m
[PR]
by sannkaku-shikaku | 2009-03-10 00:00 | 旅行記 | Comments(0)
<< 2009/3/11 【旅行記】... 2009/3/9 【旅行記】中... >>